いよいよヤマト便の終了が目前に

ヤマト便がいよいよ終了します。
もう大部分をゆうパックに切り替えているので、影響は軽微ではあるんですが、それでもまとまった量の納品の際にはヤマト便は便利です。

一度に 99 箱まで 1 枚の伝票で送れるし、事実上、うちの場合は、容積重量換算をする必要がない品物がほとんどなので、単に重さを計って申告すればよいだけだったので、箱のサイズを気にせずに済みました。
このことは、120 サイズ, 25kg にまとめる、といった作業が不要で、使い古しのダンボールを納品に使い回せたりするわけで、120 サイズだと新品のダンボールは 200 円もしますから、100 箱なら 20,000 円の節約にもなるし、ゴミも減って良かったわけです。

あとは、薪の発送に便利かなと思っていたんですが、一度もヤマト便での発送の薪は売れたことがありません。

今後はゆうパックと佐川(トール)メインで発送することになると思います。

まあそんなこんなで、Amazon 納品分の発送準備をしていたら珍客が登場しました。
まだ子供ですね。

それはそうと、いい加減入荷しないとおかしいなと思っていて、ちょっと問い合わせの電話をしようと思っていた矢先、先方から連絡があったんですが、7 月米国出荷分ですが、14 日に松山に入港済みだとかなんとか。
ということはもうフリータイムは切れているんじゃないかと思うんです。
A/N を送ったと言っているけど、こちらは受け取っていないんですが、こういう場合、保管料ってどうなるんでしょうかね。
まあ、払わないと荷物が出ないということにはなるんでしょうが、誰が払うべきか、という問題です。

8 月分に関しても、そろそろのはずなんですが、こちらはまだわからないということでした。
来週通関、引き取りを済ませたいと思います。

個人的な荷物なんですが、KREG の馬等が入っていて、楽しみです。

ちなみに、注文したのは 5/3 ですから、5 ヶ月かかっている計算になります。

ほとんど忘れかけていたんですが、照明器具を作っていて、その時に黒い樹脂がどうしても気になって注文していた部品、なんていうんでしょうか、名前がわからないんですが、これも届きます。

でも、もう作っちゃってるから、今更感が半端ない。。。

あとはこの前買った硬貨の分別・計数機を使ってお賽銭を処理しました。

これ、非常に良いです。

何が良いかというと、バッチ数がセットされていて、500 円, 50 円はその枚数に到達しなかったのでわかりませんが、例えば 10 円玉なら 100 枚貯まると一旦カウントを中断してくれます。
この枚数は変更できるようなので、50 枚にしておけばコインケースに収納する分を小分けにすることができます。
それで、全ての硬貨のカウントが終了すると、合計金額や各硬貨ごとの枚数が表示されます。
なので、入金の際に、明細を記載するのが簡単ですし、釣り銭用に全部持ち込まない場合でも、バッチで枚数を小分けにしたものをまとめて抜くわけで、計算がラクです。

ただ、問題点がないわけでもない。
精度がとても低いです。
なので、硬貨のようなものであるとか、記念硬貨などがあると、おかしなことになりますし、それらを弾く機能があるといっているんだけど、コイントレーには、エラー排出用のものはないのですから、どこかに混ざり込みます。

これは良し悪しもあって、お賽銭の場合、錆びてしまったりして多少怪しい状態のものがあるんですが、これをエラーで弾かないので、一応、種類ごとに分けるのは逆にそこそこ正確です。
ただ、対人では使えても、金融機関の精巧な機械では当然エラーで弾かれてしまうわけですが。

15 時を超えてしまったので、郵便局に持ち込みましたが、エラーで弾かれたものは入金されず、返却されました。
なぜ?
日銀に交換に行かないといけないんでしょうかね。。。

夕方、カプラの修理に出して、本日は終了です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしに参加しています。 励みになりますので、足あとがわりに、ランクアップにご協力下さい。

コメントを残す