検品・梱包・納品

表題の通りです。
今日は雨で、お宮の掃除は中止にして、検品・梱包、そして、納品作業を行いました。

OPP テープを大量に使うんですが、これまでは 3M のものを使ってきました。
48mm x 50m, 厚みは 0.065mm で、軽梱包用です。
MonotaRO のものとかも使ってみたんですが、結局 3M のものが一番作業性が良いのです。
大量に使うので、負担と言えば負担なのです。
8 巻で 1,200 円ほどなので、@150 円、1m あたり 3 円というところです。

物は試しということで、評価がまあまあだったので Amazon Basics ブランドのものも買ってみました。

テープ厚みについては明記されていませんが、レビューを見る範囲では、3M と同等、ということです。
100m 巻を買ったのですが、まだ使ってないので、カートンシーラーにセットできるかわかりませんが、テープを交換するのもそれなりに面倒くさいので、巻が倍なら、交換頻度は 1/2 になりますから、その点は期待できます。
あくまでもカートンシーラーにセットできたら、という話ですが。
6 巻で 1,500 円ほどなので @250 円ですが、100m なので 1m あたりだと 2.5 円です。
3M の 8 割強、ということになります。

そういうわけで、テープも品質と値段のバランスが難しいなと思うところです。

それはそうと、NO-SPILL のノズルですが、これは不良品です。
どこが不良品かわかりますか?
答えは最後の方に書いておきますけど、今までは不良品は全くと言っていいほどなかったのに、最近急に不良品が混ざるようになりました。
うちの場合、カートン単位で仕入れるので、出荷時の問題ではないと思うのです。
一応、仕入れ元には問い合わせてはおきましたが。

Brave(ブレイブ) 13t です。
組み立てたかったんですが、倉庫はものが溢れかえっているので、グッと我慢です。

頼まれていたトレーラの鉄バージョンも入荷しているんですけど、アルミの方はどうなったかは聞かないでください。
そのうちなんとかします、そのうちに。
鉄は鉄で、近いうちに配達しておきたいと思います。

納品自体は、ソータブル 34 ケースで 202kg でした。

明日は納品の続きをやりたいと思います。

さて、不良品ですが、答えは O リングがない、でした。
消耗品でもあるし、取り寄せておいた方がいいかもしれません。

なぜ 4:1 になるのか

見ての通りです。
昨日は、1, 2, 3, 4 と 6 というふうに分かれていましたが、今日は 1, 3, 4, 6 と 2 でした。
キッチン工事のため、ケージに入ってもらってますが、3:2 くらいの方が狭くなくていいじゃないのと思うんですけどね。

今日は、16 — 18 の 3 日間の春祭りの案内状を作りました。
まだ終わってませんけど。
例によって、例の如く、シルバー精工の折り機の具合はイマイチで、無理して連続動作させると詰まったりしてしまうので、3 枚づつ処理しているので、微妙に時間がかかります。
明日には終わるといいんですが。

そうこうしていると、電話がかかってきて、今日入港する予定なんだけど、いつ引き取りますかと。
搬入されたら、内容点検に行って、検疫所に書類の提出をして、それから通関です。
とにかくどこにいつ搬入されるか教えてもらわないことには、予定もへったくれもありません。
今日が水曜日、明日搬入されるとして、明日内容点検に行けたら、夕方までに広島に書類を送り、金曜日中に処理して送り返してもらえたら月曜日に何とかなるんでしょうが、月曜日に処理されれば、書類の戻りが火曜日、通関は水曜日、というのが無理のない無難なスケジュールです。

案内状の印刷の合間で、雑貨の検品、梱包、出荷も行いました。
もう薪ストーブのシーズンも終わりで、売れ行きも落ちていくんでしょうが、在庫切れしているものは納品・補充しておかないと、お店のスコアが下がってしまうのです。
その反面、長い間売れない状態の在庫を溜め込んでも、保管料(倉庫の費用)も嵩みますし、スコアも下がるので、なかなか面倒臭いです。

明日も案内状の続きと、雑貨の発送とを頑張りたいと思います。

偽ブランド

Amazon でうちで販売している X25 が偽物だと言い掛かりをつける人が現れました。
曰く、シールが貼られて、ロゴがないと。
で、そのシールとやらを剥がした様子が上の写真です。

問題はかなり深刻に思うんです。

例えば、並行輸入の時計店があって、そこで扱っている品物が「偽物だ」と騒ぎ立てる人がいたとしますよね。
その場合、買い控えたりする人が出るでしょうし、お店の信用が大きく毀損します。
それで、本物だった場合、偽物呼ばわりした人に責任はないのでしょうか?

当たり前ですが、偽物を売ることは犯罪です。
Amazon もそうですし、うちもそうですが、お客さんは基本的に嘘をつかない、そういう前提のお店です。
だから、お客さんが偽物と主張すると、Amazon はそれをまず信じるわけです。
現在、X25 は販売停止処分になっています。

本来は、偽物だと主張する側が偽物だと証明する義務があると思うんです。
ところがどっこい、「私が証拠」が、一旦は通用するんです。
痴漢冤罪と似たような話ですし、全くもって迷惑千万です。

少し前にもかなりクレーマー気質の人が現れて、廃盤になってパッケージデザインが変わっている商品があるんですが、パッケージが違うから廃盤の前のデザインのものを出せと恫喝してくるんですね。
商品の説明にはパッケージデザインが変わっている旨は明記してあるし、まあ、アンチシーズだから、容器のデザインに機能はないと思いますしね、コレクターアイテムでもないんだから。
説明を読んでないんだと思いますし、そのことを指摘したんですが、一方的に返金を要求してくる始末。
そうすると詐欺呼ばわりしてきたわけです。

それ以前に、カタログ(画像)の管理は、うちの責任じゃなくて、Amazon の問題だと思うのです。
なぜなら、相乗りというのんですが、同じ商品に対してうちだけじゃなく、他のお店も出品します。
出品時に正しい画像だったとしても、Amazon が画像を差し替えたり、最初にカタログを作った人は画像を差し替えることができるので、例えば、モデルチェンジ前の商品を Amazon に納品して販売していて、モデルチェンジがあり、新しい画像に差し替えられたら、今回とは逆に、古いデザインの商品が届くから、カタログと違うから詐欺、という話になりかねません。
これは Amazon のシステム状の欠陥でしょう。

セラーフォーラムで話を聞いてみたら、うちなんかはまだマシな方で、例えば、鬼滅の刃的な食玩のようなものの場合、炭治郎の物を販売していたら、他に乗っ取られて善逸になって、炭治郎を出荷したらクレームになる、まあ、お菓子部分は同じ商品ですけど、それを買う人は、おもちゃの方が目的でしょうから、当然そうなるわけで。同じ JAN だったりで、おもちゃ系は、結構そういう地雷が至る所に埋まっているようで、下を見てもキリがないんですが、リアル店舗にはない色々な問題が出てくるもんだなと思う次第です。

そういうわけで、うちのお店の Amazon 支店 でお買い物する機会がありましたら、レビューが少ないので、ぜひ、良いレビューも、悪いレビューも、投稿を増やしていただけたら助かりますので、よろしくお願いしたいところですが、基本的に Amazon の方がほぼほぼ高いので、Amazon ではなく、STORES.jp 本店 の値段も確認してください。

それで、15 日なので、午前中はお宮でした。
すっかり春めいてきました。
一箇所、鍵を持っていき忘れてしまいましたが。

午後から予定通り、ショールームにキッチンを見に行きました。
もともと I 型で考えていたんですが、間取り的に無理があり、キッチンの位置を大幅にずらすことにしました。
幅が足りなくて、I 型はちょっと無理というか、つかなくはないんですが、ミニキッチンっぽい感じになり、シンク周りの使い勝手が頗る悪そうなので、II 型にしようと思います。
L 型の方がしっくりきそうなんですが、天板の色が希望のものが選べないのです。
キッチンがつけば、丸太小屋も、それなりに生活が便利になりそうです。

続 丸太小屋の片付け

M くんが手伝いに来てくれて、ボチボチ丸太小屋の片付けをしました。

でも、M くん、結構やらかし系ですね。
朝イチ、軽トラ脱輪。
午後イチ、重すぎて階段破損。
そういえば、仮設階段も踏み抜いてたけど、聞いたら軽く 100kg オーバーでした。

丸太小屋から床下地の杉の厚板を運び出して、倉庫の 2F に収納しました。
4m あるので、結構運びづらい感じ。
運び込む時は、屋根をかける前にラフターで吊ったので楽でしたが。

倉庫の 2F も床はパーティクルボードのような素材で、築 40 年くらい、すっかり腐って上から構造用合板 12mm を張ってはいるんですが、弱いし、ショールームとして使うなら 30mm の無垢板を貼るとまあいい感じじゃないかと。
屋根はスレートからガルバに吹き替えましたが、壁やらはまだなので、時間とお金ができたら、そのうち着手しようと思います。
まずは、M くんが破壊した階段からですかね。

丸太小屋の方ですが、ようやく玄関っぽくなりました。
石積みからなので、かれこれ 15 年くらいやっている気がしますが、丸太を伐採したのが 11 年前、切り組みしていたのが 10 年前で、ちょうど 3.11 の年だったんです。
復興の需要と重なり、まったく建材が手に入らない状態でしたので、はっきりと覚えています。

あれから 10 年。
もう 10 年なのか、まだ 10 年なのか。
地震だけではなく、津波と原発事故。未曾有の大災害です。

丸太小屋ですが、25m の高台に建ててますが、開口部は各ログ壁に 1 箇所しか設けず、簾状になる部分をなくしている他、玄関以外に掃き出し状態の箇所はありません。
なぜなら、津波や崖崩れで外部から圧力を蹴たときに損傷するリスクを避けるためです。
また、地震にはめっぽう強いログですが、免震構造になっていたりします。
東日本大震災よりも以前に着手している建物ですから、それでそういうふうにしたわけではないのですが。
愛媛は台風被害はほぼ皆無なので、雨戸はついてなかったりします。
でも、これもわからなくなってきました。
さらに言えば、核汚染やウイルス等への防護機能までは想定していませんでしたが、原発事故、新型コロナ COVID-19 など、一個人が対処できるのか、そういう災害も想定外とは言い切れない状態です。

できることしかできないし、一度に色々は無理なので、可能性の高い問題から、備えあれば憂いなし、ということで対処していきたいと思います。

この間の Kindling Cracker XL を 10 個も何に使うのか、イタズラ注文か、と思った件 ですが、無事に決済されて出荷されたようです。
返品にならないといいんですが、在庫がなくなったので、夕方少しだけ出荷です。

明日は雨の予報ですが、弟がピザ屋さんに貸すお店を作るので、地鎮祭があります。
雨が降ったら、丸太小屋作りはお休みです。
たまにはのんびりの日もあっていいのかなとも思いますが、引っ越しには期日があるので、ボチボチ頑張ります、5 号が。

Kindling Cracker XL を 10 個も何に使うのか

今日は神社の祭日でした。

土曜日で、それなりに暖かくなってきているので、たくさんお参りにがあるかと思ったら、すごく暇でした。
でも、暇でも疲れるのは変わりません。

戻ったら、知らない間に寝てしまっていました。
夕方、雑貨の納品を多少はしようと思っていたんですが。。。

それで、相変わらず在庫切れが続いていて、雑貨屋さんは閑古鳥が鳴く一歩手前の状態だったんですが、Amazon ですごく売り上げが伸びていて、でも、オーダーリストを見ても、件数自体は多くないので、不思議に思っていたら、Kindling Cracker XL を 10(在庫全部)オーダーした人がいたようです。
法人ってことになっているんですが、支払われないとオーダーを入れた人の情報は見られないんですね。
一体に何に使うんだろう。。。

オーダーを入れても支払われるまで保留になる、また、こちらからキャンセルするとスコアが下がって最悪出店停止措置になるのですが、Amazon って生馬の目を抜くような世界のようで、特にチャイニーズ絡みだと、ありとあらゆる不正の総合商社というか、その中の手口の一つが捨てアカウントで同業他社の在庫をから注文して回るっていう行為です。
そうするとライバル店は在庫切れになってしまい、販売ができません。
その間に自分の商品が売れ、相手は品物の販売機会を失うだけでなく、商品の保管コストや仕入れのお金の金利を負担させられる続けるわけです。

流石に 10 個ともなると、そういう心配が頭をよぎります。
悪戯や嫌がらせでないといいんですが。

それはそうと、この間から配達でしまなみ街道を使ったんですが、対面通行部分で正面衝突とかの事故を被害を軽減するためだと思いますが、ワイヤーを張る工事が進んでいました。
どれくらい効果があるのかなと思ったんですが、動画がありました。

結構、効果があるように見えます。
ただ、ワイヤーを張る支柱を立てるための穴を刳れないので橋部分はどうしようもない感じです。

まあ、4 車線(片側 2 車線)にしてよとも思うんですが、それはそれで前に割り込まれたり、ということもあるし、正直、しまなみを 4 車線にする必要があるほど交通量が増えるとも思えませんし。

結局、今日まで、ヘッドの修理について連絡はなかったので、来週に持ち越しになったようです。
そろそろ戻ってこないと、かなり困るんですが。。。
もう、ナラの原木がかなり少なくなっていますので。

今後の生産予定ですが、今乾燥中がナラ。
次とその次はクヌギ。
それ以降は未定です。

もう薪ストーブ向けの出荷は終盤なので、今後はそれ以外、例えばピザ屋さんであるとか、石窯パン屋さんであるとかの業務用、それと、キャンプ等のアウトドア向けにシフトしていかないといけません。

それで、薪巻き君 のことを思い出しました。

趣味工作の便利屋:ミニチュア職人山成 さんに依頼作ってもらったらストレッチフィルムで薪を束ねる装置ですが、動画の通りの装置です。

新たに作業を委託しようと思っている作業所さんには、PP バンド結束機がないそうなんです。
フォークリフトもない、ということなので、色々と課題があるんですが、まずは、今ある薪巻き君を利用して、ロールボックスパレットに束になった薪を積んで納品したらどうかなと思っています。

そこそこの完成度なのですが、ストレッチフィルムのテンション(引っ張り)調整がうまく機能しない問題があるので、そこを解決しないといけないかなと思います。
まあ、これもおいおいやっていこうと思います。

明日は Y くんが手伝いに来てくれるので、丸太小屋の片付けの続きをしようと思います。

薪割り機の組み立て

午前中は地鎮祭でした。

恙なく式典を執り納めることができましたが、工務店さんが非常に几帳面で、万全の準備でした。
それなりに神主をやってきた中で、個人宅であそこまできっちりしている業者さんも、少ないですね。
そういう部分にまで、気を配れているのだから、家も立派に工事が行われるんだろうなと思います。

午後からは、薪割り機の組み立てでした。
というか、倉庫に入荷した商品がたくさんある状態なので、それを片付けるところからスタートしたので、残業でした。

2 台組み立てたんですが、1 台は共食い整備に使ってしまった在庫で、部品を取り寄せていたものが届いたので、組み立てようとしたんですが、ポンプにはキーがついてこないし、エンジンにもキーがついてこない、エンジンやポンプとブラケットを固定するネジもよく考えたらついてこないのですが、在庫が足りない状態です。
ボルトに関しては、ユニファイなので、松山界隈では実店舗では扱いがないのです。
あと、部品不足が結構あって、在庫が足らない部品が出てきたので、それらも取り寄せてストックしておく必要がありそうです。

ちょうど昨日、ドリーのタイヤ と 園で使っている 20t を強化するために作動油タンクを作るのに必要な部品類を航空便で手配したのですが、ちょっとタイミングが悪かったです。
ボルト類なので、少々重いとはいえ、船便で 3 ヶ月もは待てませんから。
まあ、そのうち、急ぎの荷物が出るでしょうから、その時に一緒に運ぼうと思います。

写真を撮ってから気づいたのですが、手前の 1 台は完成させたつもりでしたが、よく見ると、作動油フィルタを取り付け忘れています。
12 月に代金をいただいたものの、雪で取りに来られてないお客さんがそろそろ引き取りに来られるということで、引き取りに来られる場合、送料がかからないので、完成納品させていただいているんですが、その時にフィルタ類もサービスしているんです。
後で直しておこうと思います。

明日は朔日なので、神社です。
午後から、薪の配達の準備をしたいと思います。
トレーラが使えないので、また 4t で配達です。
ボチボチ頑張ります。