体調不良

日曜日から体調がよろしくありません。
熱中症っぽい症状はもうありませんが、お腹が痛いんですよね。
もともと頑張れないタイプなので、今日は雑貨の出荷だけです。

それはそうと、今日は夏至だったようです。
本当に日が長くなったなと思っていたんですが。
せっかく日が長いのに、調子が悪くて、全然仕事ができません。
時間がもったいない。。。
早く調子が良くなればと思いますが、無理をしてぶり返してもアレなので、しばらくは養生し持って作業したいと思います。

パレット(LTL)で出荷しようかと思っていたんですが、結局のところ、持ち込むとなると砥部までいかないとですし、面倒くさくなって、今まで通りヤマト便で出荷しました。
ヤマト便の制約で 99 箱までしか出荷できないのですが、100 箱で納品データを作っていたのと、ラベルの印刷の途中で用紙が切れたりして、どうやら同じ番号のものが 2 枚印刷されてしまい、結局ラベルを 99 箱分で作り直して張り替えて、それだけで疲れが出てしまいました。

そんなこんなで、たいして仕事もせずに、早々に切り上げて、ヤマト便は夕方 16:30 以降でないと出荷できない(営業所の都合)ので、時間になるまでのんびりしてしまいましたが、2 パレット分 530kg ほど出荷して、本日終了です。
肝心の運賃ですが、500kg を超えて、京都までと比較的近かったこともあり、1kg あたり 24.5 円でした。

薪割り機関連ですが、お客さんのところに、2 台到着して、2 台とも動作確認が取れました。

PREDATOR 20t は 1 台目ですが、現状問題ない、という連絡がありました。

茨城県の薪屋さんに送ったのですが、色々とフィードバックをお願いしているのですが、うちにあるもう一台も体調が回復したら詳細調査しつつ組み立てたいと思います。
250kg 前後だと、関西で 30 円/kg くらい、関東で 40 円/kg くらいでヤマト便で発送できます。
トールだと、ターミナル引き取りが必要なので、敷居が上がってしまうため、部品を完全にバラして 30kg 以下になるのなら、ヤマト便で送ることで、格段に受け取りやすくなります。
Brave(ブレイブ)20t はメインフレームが 100kg 未満、それ以外は 30kg 未満になるので、手間はかかりますが、バラすことで個人宅宛にも発送できるのです。
PREDATOR についても、同様に発送できるのか、調べる必要があるかなと思うところです。

とりあず、1 台嫁いだ状態なので、次の 1 台のオーダーを入れておきました。
多分、4 ヶ月くらいで届くと思います。
品質のばらつきなどを見極める意味でも、使いこなせそうな方々にテストしてもらいたいと思っています。

Brave(ブレイブ)24t の方は、先日と同じ問題、つまり、薪置き台がおかしな状態に組み立てられたものが混ざっていたようです。
当たり前ですが、左右が鏡写でないと組み立ちません。

在庫が 2 台あるので、これも調べた方が良さそうです。
現状 2/3 の確率で薪置き台が不良です。
こういう部分がアメリカンだなと思います。
いずれにせよ、これがないと動かないというようなクリティカルな部位でなくて良かったですが、流石にこの部品の在庫は持っていないで、取り寄せるしかありません。
しばらくお待ちいただくことになってしまいまい、申し訳ありません。

それと、チャイニーズ薪割り機の続きです。
おそらく NPT であろう、ということにはなったのですが、確信が持てません。
なので、ネジの現物を送って適合を確認してもらおうと思います。

まな板台車のタイヤをそろそろ手当てし始めた方が良さげな件

3 年くらい前 から同じようなことを言っているようです。

今のサイズは、11.00R20 というチューブタイヤなのです。
ホイルは 8 穴、鉄チンです。

これと互換性のあるチューブレスは、12R22.5 で、ホイールは、8.25×22.5 ということになるらしく、大型のバスのタイヤがこのサイズみたいなんですが、ヤフオクを見ていると大抵アルミホイールなのです。
アルミは鉄チンよりも厚みがあって、ハブボルトを打ち変えないとつかないだろう、とうことでした。

かれこれずっとみているんですが、あまり出てこないし、出てきてもすごく高いのです。
なんせ、車自体丸ごとで 27 万でしたから、お金をかけては意味がありません。

そうしたところ、Facebook で A さんに、275/80-22.5 もいけるんじゃないのと教えてもらいました。
JIS と ISO があるけど、どっちでもつくだろうということなので、このサイズも含めて探してみようと思います。

それと、macOS Big Sur にアップグレードしたら Rollo のドライバが認識されなくなった問題です。
これはかなり不便でして、Amazon FBA の納品ラベルのほか、クリックポストのラベルなんかも、みな 4″ x 6″ ラベル用紙を使って出力していたのです。
いちいち 5 号に Air Drop で送って印刷してもらっていました。

検索したところ、以下の対処法を見つけました。

長いので肝心な部分だけ。

  • System Preferences を開く
  • Printers & Scanners を選択
  • プリンタ等のリスト(画面左)で Contorl キーを押下した状態でクリック
  • Reset Printing System… を選択
  • 綺麗さっぱりクリアされるので、全てのプリンタを追加し直す

これで無事に印刷されるようになりました。
なりましたが、各プリンタのプリセット情報も綺麗さっぱり消えてしまいます。
まあ、致し方ありません。

新しくラベル用紙を 6,000 枚で $85 程のものに変えました。
税抜き、送料抜きで 1 枚あたり 1.6 円くらいになったんですが。。。

剥離紙が薄くて剥がしづらいです。
この辺のことは使ってみるまでわかりません。
今日のように蒸し蒸しして湿度が高いと特に剥がし辛くて作業性が悪いので、リピートするかというと微妙なところではあります。
ただ、今日一日でも、FBA で 100 ケース出荷するために、納品ラベルだけでも 100 枚印刷しましたから、これが 1.5 円と 4 円とでは 350 円違ってくるわけです。
流石に剥がす手間は 350 円もはかからないと思うんです。

ロール紙の場合は、巻きぐせがついて使いづらいのですが、Fan Fold の場合、そういうことがなく、2 枚ごとにミシン目も入っているので、これまでに比べると相当改善はされているので、しばらくは様子を見たいと思います。

日本の Amazon の Seller Central でもようやく 4″ x 6″ ラベルが使用できるようになりました。
とはいえ、出力される PDF はそのままでは Mac(Safari)の場合、うまく印刷できないんですけどね。
世間的に、まだまだ 4″ x 6″ ラベルは知られていないと思いますし、他のセラーさんはどうしているのか知りませんけど、まあ、他所が無駄なことを知れくれたら、その分こちらは競争力が増すので、本来はこういうことは秘匿しておいた方がいいんでしょうけど。

あ、今日は出荷が 100 ケースで、ヤマト便だと、一枚の伝票で 99 ケースまでしか処理できないので、初めてパレット(LTL)で出荷しようとしています。
要件としては、樹脂又は木製(できるだけ樹脂)の片面、ハンドパレットが使えて、パレットの厚みが 20cm 以上のもの、一辺が 110cm 以下、高さ 1.6m 以下(パレットを含む)、重さ 800kg 以下、まあ、そんな感じです。
うちで余っているのは、40″ x 48″ の木パレットなんですが、これが使えるのかどうなのか、かなり微妙なところです。

Amazon に確認したところ、サイトに書いてあることと同じことしかいわないわけです。
佐川(トールの元請け)に確認したところ、トールの側で対処します、ということだったので、一度送ってみようと思います。
最悪は、トール側がパレットからバラして、それで FC に持ち込んでくれて、パレットも処分しますよ、ということだったので。

問題は運賃ですね。

京都までの場合、ヤマト便だと、経験則として、1kg あたり 20 円程度で送れます。
パレットを使わないので、重さは商品と輸送箱のみ。
一箱 2 本で 6kg ないくらい。
なので、200 本だと、600kg くらいですから、税込 12,000 円程度かなと思うわけです。
持ち込み場所も 2km くらいしか離れていません。

トールの場合、隣町まで 1 時間くらいかけて持ち込まないといけません。
まあ、出荷してもらってもいいんですが、とにかく税込で 10,000 円程度でないと、メリットがない感じですね。
今までの感覚からして、1 万円はしんどいんじゃないのか、と思ったりもします。

セイノーがたしか 140 サイズだと、@400 円くらいで、6 本=18kg くらいなので、ヤマトと似た運賃になりますけど、こちらは 140 の強化段ボールに詰め直すため、箱代が @200 円ほどかかるうえ、元々の箱がゴミになります。
こちらも近くに店がない。

パレット 1 枚程度では、LTL を使うメリットはあまりでなさそうです。
まあ、一度試してみるしかないかなと思います。

5 号の内職

なんででしょうかね、ゆっくり寝るつもりがいつも通り早くから目が覚めます。
おニャー様はいないので、起こされることはないんですが。。。

今日は、蓼科高原の薪焼きパンを買いに I さんのところに行き、そのあと、軽井沢に薪割り機の配達、午後から十里木に薪割り機の配達です。
十里木は夕方というよりも夜になりそうな予感で、あまり遅くなるとアレなので、富士宮あたりで泊まって、翌日に持ち越しになるかもしれません。
富士宮といえば、やきそばが有名らしいのですが、前回富士宮に薪割り機を配達した際には時間的な問題で食べられていないのです。
まだ宿も取ってないし、まあ、予定は未定ってことですが。

自分は配達で数日留守なんで、その間、5 号は内職です。

FISKARS X25 です。

毎月、売れた数を発注していたんですが、しばらくまともに納品されなくて、気がついていたらバックオーダーが積み上がって、とんでもない量まとめて納品されました。
メーカから 2 本入ったカートン(斧の上に積み上げている空箱がそうです)で納品されます。
大体 100 — 150 本前後で 1 パレットになります。

滅多にない、というよりも、今まで一度だけですし、はっきりいって Amazon の怠慢(梱包が雑すぎた)と思うんですが、スカスカになるような巨大な箱に入れて、緩衝材もろくに充填せずに発送したものだから、シースが外れて届くという事故がありました。
運送会社にも多少の問題があると思うんですけどね。

あと、たまにあるのが刃先の傷だとか、テフロンコーティングの不良で、シースを外して一本一本点検し、ダンボールのカスがついているのでエアダスターで払ってから、ストレッチフィルムでシースを固定するのです。

ちなみに、Amazon に作業を委託すると(どこまでするかは知りませんけど)、出荷できるように準備するのにかかる費用は ¥92 /商品なのです。
これには、資材のエアキャップを含みます。
エアキャップの価格ですが、数量:500 枚, 単価:58.5 円でした。
なので、引き算をすると、33.5 円/本ってことになりますね。
一般的な作業員の賃金を 1,000 円とすると、労務費等を合わせると 2,000 円くらいかかりますから、1 時間に 60 本程度処理しないといけません。

このところ数日、5 号はこの作業をしているように思うんですが、写真に写っている量は 16 本入 x 14 カゴとのことなので、Amazon に委託すると 7,504 円で済む上、こちらの人的リソースも要らず、場所もすぐに空く、というメリットがあります。

でもなんで委託しないのか。

委託したら、商品の知識がない人が作業をしますから、細かな不良を見落とす可能性が出ます。
シースが外れないように固定したりはしないでしょう。
このことで、多少不良品の出荷事故が起こるかもしれません。
経済性を考えると、不良品は 0 にはできないし、0 に近づけようとすると、どんどんコストが跳ね上がります。

ただ、この検品作業こそが、FISKARS の X25 から、Hearth & Home 暖炉家(だんろや)の FISKARS X25 になる瞬間だと思うんですよ。
まあそんなこんなで、この作業だけはアウトソースする気はないんですよね。

倉庫というか、車庫というか、作業スペースが狭いので、かなり低い位置に限界はあると思うんですが、工夫をして対応していこうと思います。

薪割り機がようやく入荷しました

オーダーを入れたのは 2 月くらいだったと思うんですが、薪割り機がようやく入荷しました。
通関に午前中いっぱいかかってしまい、午後イチから引き取りでした。
オーダーの内容に合わせて、組み立て等を行なって、週末くらいまでには配達に出発したいと思います。

途中で電話がかかってきて、直しておいた薪製造機の具合がよろしくない、ということだったので 2 回目の引き取りの際に縁によって再度調整しました。
エンジン自体は、エアクリーナーも交換されていて、調子良く動いているんですが。

メッシュパレットの荷下ろしも終わっていて、次に乾燥する薪も少し溜まっていました。
乾燥機ですが、トレーラを回送した時に止まっていたので、乾燥が終わったのかと思ったら、久しぶりにエラーで止まったようで、リレーの不良だったようです。
予備のリレーがないということなので、忘れないうちに富士電気に国内向けの同等品の型番を聞いて MonotaRO で手配しておかないといけません。
忘れそう。。。

16 時前になってしまったので、ヘッドの修理で高知に行くのは諦めました。

園に行っている間に 5 号が入荷したばかりのもので品切れしているものの検品等を済ませてくれていたので、取り急ぎ 31 ケース出荷しました。

それはそうと、Mac を 11.4 にアップデートしたら Rollo のドライバが対応していないのか、インストールし直して選択できないんですよね。
出荷のラベルの印刷ができないので困りました。
後でなんとかしないとです。

なんだかんだで遅くまで仕事をしたので、5 号と夕飯を食べに行くことにして、今治のイオンまで出かけました。
鎌倉パスタで食べたんですよ。
卵 3 個使っているカルボナーラとやらを。
いえ、医者に卵はコレステロールが、うんぬん、言われてしまして、お昼に茹で卵を食べるのをやめたんですけどね。。。
よくいえば濃厚、悪くいえば超絶くどい。
大盛り(二倍)はやりすぎました。
鎌倉パスタの名誉のためにいっておくと、美味しいいんですけど、量が食べられるタイプの味付けじゃないってことです。
次は自分の歳を考えて、注文したいと思います。

和太鼓を落札しました

兼務神社の屋根が痛んで、雨漏りして、太鼓の皮が傷んでしまい、修理代がすごく高いのです。
ヤフオクを見ていると、修理代よりもはるかに安い金額で、和太鼓がたくさん出品されています。
そういう訳で、ちょっと小さい気もするんですが。。。和太鼓を落札しました。
タビープロダクツで奉納します。
うちの子たちが猫又になるほど長生きしてくれるようにお願いしたいと思います。

今日は今日で、普通に検品、梱包、納品でした。
天気がいいので本当は薪作業をしたいところなんですが、そうしないのは訳がありまして。。。
昨日から、ちょっと腰が痛いのです。
荷物を持ち上げるのも大変なので、水平移動になるように作業の高さを調整しています。
そういうわけで、とても、チェンソー作業は無理。

それと、薪製造機のエンジンが不調なのです。
エンジンだけが不調なのか、他にも悪いところがあるのか、ポンプを外してエンジンのみで運転してみたんですが、アイドリングできないので、少なくともエンジンの調子が悪いことは確定です。

載せ替えるとなると、候補としては GX390 なんですが、

SPECIFICATIONS
Model GX390UT2QAE2
Engine Family GX
Power 11.7 HP
Torque 19.51 ft-lbs
Bore/Stroke 88mm/64mm
Disp. 389 cc
Speed 3600 RPM
Start 12 Volt Electric Start and Recoil
Charging System 3 Amps
Fuel Tank 6.4 quarts
Shaft Horizontal
Shaft 1″ dia. x 3-21/32″ keyed, tapped 7/16″-20 UNF
Base Mount Four hole on 3-1/2″ x 7-11/16″ centers
Accessory Mount
Inner 4 bolt on 5″ B.C.
Outer 4 bolt on 6.5″ B.C.
Size 14″ X 19-1/2″ X 17-1/2″
Shpg. 89 lbs.

という仕様です。

今の EX40D ですが、セルなしなので、セル付きにすれば、12V の電気が取れるようになるので、これでオイルクーラーのファンを駆動できるようになるかなと思うところです。
ただ、EX40D は定格 12PS, 最大 14PS だったと思うんですが、GX390 は 11.7PS と少し弱いのです。
EX40D でも結構ギリギリの出力かなと思うところなので、力不足だったら嫌なだと思ったり思わなかったりです。

PTO シャフトの径であるとか、B.C. であるとか、あと、シャフトの回転方向とか、色々確認して、検討したいと思います。

探知機が届きました

今日は天気が微妙でした。

溜まっているダンボールとか、紙類を捨てに行こうと思っていたんですけど、雨がやまないのです。
仕方がないので、倉庫の整理をボチボチしました。

とりあえず、L10SK3 を出荷です。
Lodge の製品ですが、STORES.jp では、ほとんど売れないんですよね。
Amazon の方はコンスタントに売れるんです。
当然、品物は同じで、Amazon の方が大抵高いんですけど。

途中で箱が足らなくなって買いに行きました。
1 枚 240 円もします。
6 枚入りなので、1 枚あたり 40 円ほどかかる計算です。
ダンボール代もちりも積もれば何とやら、毎月、何万円分かかっていると思うので、軽トラックくらいはすぐに買えそうです。
何とかしないと。。。

そうこうしていたら、探知機が届きました。
BOSCH の GMS120 です。

アメリカのお値段。$50。

日本のお値段、10,000 円。

どちらで買ったのか、届くまでにかかった時間で察してください。
弟は持ってないというので、2 台買うと $20 値引きになったので、この間キッチンを手配してくれた(=業者の仕入れ価格で買えた)ので、そのお礼にあげようと思います。

壁の裏にある木材や金属、電線を探知できるという触れ込みですが、ボタンが 3 つあり、木材, 鉄, 電線と 3 種類の探知モードの切り替えができます。
あとは、電源、バックライトの ON/OFF, ブザーの ON/OFF です。
角形の 9V の電池を使います。(一応付属)

早速使ってみたんですが、うちの場合、壁が分厚いので、木材の探知はイマイチ、電線は探知不能、金属についてはダボ(鉄筋)は丸太の重なっている部位(鉄筋までの距離が近い)では、相当正確(と思われる)に検知できました。

石膏ボード 9mm + ラス板、その下の間柱の探知は、大体この辺かなという程度でできたんですが、仕上げはまだしておらず、遮音シート + ラス板、その下の間柱の探知は、完全に無反応です。

うまく探知できる時は、対象物に近づくと、緑 → 黄色 → 赤に表示が変わり、音がなります。
芯と思われる部分で CENTER 表示となり、真ん中の穴の空いている部分でマークがつけられる、というような仕組みのようです。

普通の壁の構造ってどうなっているのでしょうかね。

昔、安普請の借家に住んでいた時は、隣がうるさい時に壁をパンチしたら、一発で穴が空きましたけど、思い返すと、石膏ボード一枚で、壁が空洞だったんですけど、これなら、探知できそうです。

自分は、妻壁の場合、室内側からだと、石膏ボード 9mm, ラス板(杉・10mm くらい), 防水気密シート(ポリ), 断熱材と間柱, ラス板(杉・10mm くらい), 通気透湿シート, 力骨+メタルラス, 軽量モルタル、という具合です。

せっかく探知機を買ったんですが、よく考えると、断熱材は コスモプロジェクトの POWER MAX なんです。
東日本大震災の直後だったんで、サーモウール が手に入らなかったんです。

なので、石膏ボードとラス板をくり抜いた先は綿なので、ここドリルでぐりぐりしてはまずい気がするんですよね。
グラスウールとか、どうするんでしょうかね。
どう考えても、フィルムが破れてしまうので、そこの処理をしないといけないと思うんですよね。

今の考えとしては、φ75mm の穴を開けようと思うのですが、メガネ石のようなものをスタイロフォームで作って、POWER MAX の防湿フィルムは X 字型に切開して、スタイロフォームをはめ込んだのちにブチルテープで貼れば、万一、エアコンのスリーブ部分から多少水が入っても POWER MAX が濡れずに済むと思うのです。
まあ、そういうことがないように、水勾配を取る必要もあるだろうし、隙間ができないようにパテで埋めようとは思いますが。

あと、エアコンの室内機ですが、取扱説明書を読む限りでは、石膏ボードもにも直付けするようです。
ねじ込みではなく、傘が開いて引っかかるタイプを使うように指示がありましたが、うちは石膏ボードの下にはほぼほぼラス板がいるんですが、その先には気密シートがあります。
そんな長いものを突っ込んだら、シートが破れるじゃないですか。
15mm くらいのビスで揉めばいいんでしょうが、かといって、ラス板は 10cm くらいの幅ごとに 2cm くらいの隙間があるので、1/6 くらいの確率で石膏ボードにしかビスが効かないことがあるかもしれません。
数で勝負するか、それとも、金具部分の石膏ボードを剥いで、そこを 9mm の合板に張り替えるか、ですね。
そうなると見た目が悪いので、パテをして、エアコンを取り付ける面だけでも、コバウ紙を貼らないとと思いますが、せっかくなので、フェザーフィール を塗って仕上げてから、取り付けた方がいいかなと思います。

早くしないと夏が来ちゃいそうです。