753 でした

昨日は 753 でした。

結局、戻ってきたのが 2 時くらいで、TrueNorth の件やなんかでカナダに電話をしたりして、4 時前には寝たんですが、ゆっくり寝るつもりが 7 時くらいに目が覚めて、二度寝を試みたんですが、微妙だったんで、そのまま起きてしまいました。
昼間眠くなるかなと思ったんですけど特にそういうこともなく。

8 時に M くんから電話があって手伝いにきたということだったんですけど、いや、配達から戻ったばかりだし、昼からは 753 があるから休みだと伝えたはずだと伝えて、休みにしてもらったんですが、キャロルを 10 万で里子に出したいので、誰か欲しい人はいないかということで、知っている人に声をかけてもらっていたんですが、そうしたら同僚が欲しいというので、現車確認に 11 時に来る、ということになりました。

なんで 10 万かというと、買取が 7 万だった(車検切れで)ので、車検代として 3 万乗せて 10 万かなというどんぶり勘定です。
まだ 3 万キロも走ってないし、燃費もいいから、車検もついて 10 万なら足車には最適かなと思います。
遅いけど。

気に入ってもらえたようなので、バッテリーが弱いことや、不都合(凹んでいる箇所)などを説明して、予備のタイヤがあるのでそれをあげる約束をして、とりあえず車が 1 台減るので、駐車スペースに余裕が出るのはいいことかなと思います。

昼からは 753 なので、雑貨の仕事をできないので、その前に今日の納品の予約をとって、商品ラベルを出して、後、輸送箱用のラベルも出して、準備でお宮に行きました。

大麻頒布始祭も兼ねているので、その仕分けをしようと思っていたんですが、以前、巫女で奉仕をしてくれていた女の子が子供に着物を着せてやってきました。
予約してくれればなんとかなったんですが、急だったんですが、なんとか対応できましたが、掛け持ちだし、基本的にお宮にはいないことが多いので、タイミングがよかったのかなと思います。

今年は、そういうことがとても多くて、753 の飴が足りなくなっていました。
流石に飴なしというわけにはいかないので、急遽 5 号に榮太郎本舗に買いに行ってもらったんです。
松山だと、高島屋と三越に入っているのですが、自分で行ったことはないんです。
なんでも、棚があるだけとかなんとか。
結局、高島屋に白だけ 3 本、三越は売り切れ、ということで、その 3 本だけ予備で買っておいたんですが、ひとり、白 2 本という状態になってしまいましたが、みんなに飴が行き渡って良かったと思います。

そんなこんなで夕方に戻って、そしたら 5 号はもう上がっていて、出荷する雑貨が準備されていて、伝票もあったので、積み込みをして、雑貨類の出荷をして、終了です。
後から、上がると LINE したのに見てないと言われましたけど。

それで、一件、出荷伝票を作り忘れていて、出荷から戻ってから気づいたので、今日の出荷には間に合わなくなった(締め切りが 18 時半で戻ったのが 18:29 だったため)ので、明日の出荷になるんですが、ガスケットロープと斧等をまとめ買いしてくださった注文がありました。

今、うちではガスケット用のセメントの取り扱いをやめていて、理由は単純で、滅多に売れないので在庫している間に品質問題が生じるのと送料の問題からなんですが、長期在庫しているものをサービスでつけることにしました。
ガスケット用のセメントは、硬くなっても練り直すと使えます。

グッドライフ上越 さんの記事ですが、メンテナンス用品のメンテナンスのことが細かく記載されています。

その中で、硬くなったセメントの練り直しについて、詳しく説明がありますが、ジョイントコークの空いたやつに詰め直しているのは面白いなと思いました。

個人の場合は、ジョイントコーク、これは壁紙のジョイント部分や、画鋲などを挿して残った穴などを埋めて補修するものですが、自分ちは内装屋なので持ってますが。。。、普通は持ってないと思うんだけど、まあ、似たような何かに入れておかないと、また硬くなってしまいますね。

ただ、一台しかストーブがないなら、補修したら、しばらくは使う当てがないから使い切ったんでいいと思うんですが。

もし、ガスケットを注文された方で、ガスケットセメントが欲しい方がいらっしゃったら、差し上げておりますが、送料の問題があるので、チューブを潰して送って良い(厚みを抑制するため)なら、同梱しますので、相談してください。

しかし、グッドライフ上越 さんは、仕事車もとても綺麗だし、道具類の準備やメンテナンスも素晴らしいですね。
何がどこに行ったか、いつも探している自分とは雲泥の差です。
性分でしょうね。

6 号です。
この子は本当に大人しい性格です。
お兄ちゃんの 1, 2, 3, 4 号は、結構はっきりとした性格というか、食べ物が欲しい時は、頭突きしてきたり、猛烈にアピールしてくるんですが、6 号は、こんな感じで、「ほしいんだけどな〜、もらえないのかな〜」という感じで、ガン見するくらいです。

今日は。。。
本当は、Y くんが手伝いに来たいと言っていたんですが、配達+神社でヘロヘロなので、ゆっくりしたいと思います。
昨日できなかった出荷分と、母から丸太小屋の周りの草を片付けろと怒られているので、庭の掃除をして、後、余力があれば、台車を回送しておきたいと思います。
Amazon の納品自体は、日曜日でできないので、発送の準備までは、多少進めておこうと思います。
ボチボチ頑張ります。

タビープロダクツ合同会社の登記

今日は神社の祭日でした。

天気も良く、暑いくらいでしたが、お参りがとても多かったです。
最近、注意力散漫というか、御祈願を頼まれたのですが、兄弟で名前がとても似ているため、紙を見ずに諳で言ったら、間違えてました。。。
やはりカンニングペーパーは必要です。

ちなみに、神主がもっている木の板、「笏(しゃく)」というんですが、あれは カンニングペーパー の役割があったそうです。

以前はいちいち紙をテープで貼っていたんですが、最近は Amazon に納品するときに使う、バーコードを隠すための弱粘着シールにメモを書いて、それを笏に貼っています。
こうすると、テープで貼った紙のように剥がれないし、ノリも残らず便利ですよ。
って、誰得情報でしょうか。。。

笏は結構高いし、自分は物忘れがひどいので、笏自体、どこに行ったか分からなくなるので、大量に作って、あちこちに置いてあります。

問題, Again。
この中に一つだけお高いものがあります。
残りは、余った木切れで作られたものです。
高いものはどれでしょうか、材質は一位で 12,000 円もします。
答えは一番最後に書きますね。

それで、午後、お宮が終わってから、タビープロダクツ合同会社の登記に法務局に出かけてきました。
法務局、典型的なお役所で、不親切・不寛容・無愛想の見本市みたいなところでしたが、なんとか書類を出してきました。
だからこそ、代書屋さんという商売が成り立つんでしょうね。
しかもやたらハンコを押す。

費用ですが、約款というものを作るのに、電子署名をする必要があり、その環境整備にお金がかかるから代書屋さんにそこだけ頼んで、7,600 円+税と、印紙代が 6 万円でした。
代書屋さんは、まんまの名前の 会社格安センター さんです。

ハンコもセットで売っているんですが、そんなどうでもいいものにお金をかけたくないので、注文しませんでした。
どうしたかというと、100 均で材料を買って、自分で作ったので 220 円です。
で、そのハンコ、登記以外で押すことなんてあるんでしょうか。。。
まあ 220 円だからいいけど。

法務局に行った後は、会計事務所に行ってきました。
もともと相談してあったんですが、会計をやってもらわないといけません。
ざっくり話して、年間 40 — 50 万くらいはかかるでしょうということなので、利益のほとんどが税金と会計処理に消えそうです。
世知辛い世の中ですが、神主が脱税とか、不正会計とか、面白おかしくネットニュースとかに書かれてはたまりませんし、お金のことはさっぱりわからないので、本職に任せておこうと思います。

あ、答えは左から 4 番目でした。

積み込みと 753 と

今日は Y くんが手伝いに来てくれました。

朝は倉庫の掃除や片付けをして、10 時前に積み込みスタートです。
まず、昨日運んでコンテナに積んでいなかったものを積み込んで、みかん倉庫の近くにトレーラ自体を移動しました。

というか、移動しようと思ったんですが、鍵がなくて、一旦倉庫まで鍵を取りに戻ったんですが、倉庫にも見当たらなくて、スペアを持って山に上がって、エンジンをかけようとしたら、思いっきり鍵が刺さってました。
鍵だとか、いつもどこに行ったか分からなくなるので、探知機 TrackRをつけているんですが、探知機自体の電池が切れていて探知できませんでした。
なんとも。

これ、以前はお店でも扱っていたんですが、日本国内は 超ボッタクリ で販売されていることが多いので、お気をつけください。今は、米国では、5 個パックで $18 くらい。一つ $4 くらいなので、400 円くらいのアイテムです。

電池の寿命は環境にもよるんでしょうが、1 年はもたない感じで、概ね半年くらいですが、3 つ 100 円で 100 均に売っているので、気にするようなコストではありません。
ただ、この電池自体の交換も忘れるというような今回のような失態もあり得ます。
電池さえ入っていれば、そこそこ探知できますよ。

そういえば、Apple の探知機はいつ出るんでしょうかね。

昼までで 4t で 1 台、333 個を追加で積み込みました。

お昼は北京飯店でした。
結構、久しぶり。

お昼からは 14 時に 753 の予約があるので神社に移動して、掃除をして準備をしていたんですが、予約してない方の参拝もありました。
また、15 日なので他の兼務神社も巡回しました。

結構、どんぐりや松ぼっくりを拾いに来ている人たちがいました。
小さな女の子がどんぐりを拾いに来たので、どんぐりの種類の話をしました。

どんぐりですが、皆さんは見分けられますか?
殻斗というようですが、お椀というか、栗でいうところのイガイガの部分、ここの形状で見分けるのが簡単です。

クヌギやアベマキは、クリほどではないですが、トゲトゲしていて、分厚いですし、どんぐり自体も大きいです。
これに対して、ナラとカシですが、ナラは殻斗が鱗状で、カシはシマシマです。

口で言ってもわかりづらいと思うのですが、非常にわかりやすい資料がありましたので、引用しておきます。

5 号と Y くんたちは先に戻って積み込みの続きをやってくれていたんですが、さらに 333 個積んで、微妙に足りなくて、残り 45 個必要と計算して取りに行ったんですが、4 個余っていっぱいになりました。

それで、全部でいくつ積んだんだろう、ということなんですが、昨日 16 時の時点で 51 個 x 4 回運んであったので 204 個。その後も M くんが運んだんですが、何個運んだのかわかるように、時間と個数の記録をかけて写真を撮っておくように言っておいたのに、それをしてなかったようなのですよ。
M くんは、そういうところが多くて、仕事を任せることができません。
時間的には、1 往復で 30 分はかかっているので、計算上、16 時台には多く運べて後 2 回なのですが、10 回くらい運んだと思いますと。
2 時間で 4 回しか運んでないのに、どうして 1 時間で 6 回も運べるのか。。。
やれやれです。
というわけで、何個積み込んであるのか、分からなくなってしまったので、下ろすときに計数しないといけません。
とんでもない二度手間ですが、農家さんにカゴ代を支払う必要があるので、きちんと計算しないといけません。

ちなみに今回は一つ 100 円でした。
値切ることもしないし、自分は世話するだけ(転売ではない)ので、中抜きとか、そういうセコいことをする気もないので、運んだ先でも一つ 100 円です。
ただまあ、積み込みには 3 人で半日以上かかってますし、昨日も M くんが半日近く作業していますし、積んでいくのも橋や燃料も要りますから、そっちは実費をお願いしようとは思っています。

16 時くらいに積み込みが終わったもんで、ちょっと休憩して、お宮に戻ったんですが、30 分くらい時間があったで、軽く掃除をしました。
土砂崩れの後片付けと、落ち葉掃きです。

それで、水路の土砂を少し取り除いたんですが、そうすると人が万一落ちるといけないので、グレーチングで蓋をしようと思ってはめ込んでみたんですが、全く形状が違うんです。
グレーチング自体は そもそも 2 枚しかなく、コンクリートの階段上部の横断部分の水路のものだろうということになりました。
そういうわけで、その水路のグレーチングだったのか、何らかの蓋だったと思うのですが、土砂崩れの際に破損したか、なくなってしまっているようです。

はてさて、この道路のように見える部分ですが、構造物は松山市が作ったものですが、土地は神社境内です。
土砂崩れの復旧すら市役所は放棄したわけですが、紛失した蓋は、支給されるのでしょうか?
万一、人が落ちて、怪我でもした場合、損害賠償責任は市の責任になるのか、神社の責任になるのか。。。
責任問題以前に、そういうことが起こってからでは遅いんですが、今回の土砂の撤去費用も、村が出したわけではなくて自腹ですが、これもまたまた自腹でしょうか?
グレーチングも簡単に諭吉が飛んでいくので、とても悩ましいです。

そんなこんなで、今日も 1 日無事に終わりました。

天気がすごく良かったので、コンテナ内部は蒸し風呂で、5 号と Y くんがヘロヘロになっていたので、慰労会で飲みにいくことにしました。
スシローに行こうということになったんですが、アプリを入れて様子を見ると 1 時間以上待つので、どうしようかと移動しながら相談して、太助寿司に行きました。

〒791-8005 愛媛県松山市東長戸4丁目5−33
 
〒791-8005 愛媛県松山市東長戸4丁目5−33

子供の頃、ここの大将が神社にお参りに来てくれていたらしく、亡父に連れて行ってもらったことがあったのですが、すごく久しぶりに行きました。

最近は、超大手のチェーン店ばかりで、おんまく寿司も閉店してしまったし、地場の老舗もすっかり減ってしまいましたね。
設備的にいかにも往時の回転寿司、と言った佇まいです。

値段的には、140 円、240 円、300 円、350 円、400 円、570 円だったかな?
超大手のチェーン店と比べると、値段だけ見ると高めですが、地物のネタなんかが豊富で、今日はシマアジを頼んだんですが、弾力のある新鮮なもので、とても美味しかったです。

ただ、難点はビールが高いですね。
570 円の皿になるので。

コストパフォーマンスとしては、悪くないと思うので、ちょっと余裕があるときに行ってみて欲しいお寿司屋さんでした。

明日は、神社の祭日ですが、お店屋さんの登記に法務局に行こうと思っています。

ケルマキソン — 吸引力の変わらないやっつけ仕事の掃除機

今日から 11 月ですね。
早いもので、今年も残すところ後 2 ヶ月となりました。

それで最近は倉庫の片付けをしているわけですが、ようやく行方がわからなくなっていたマキタのサイクロンアタッチメントを発掘したので、ケルヒャー WD3 に合体させてみました。
ケルヒャー + マキタ = パチものダイソン、略してケルマキソン爆誕であります。

ちなみに、すんなりはとりつきませんでした。
ケルヒャーの側のパイプ類をガスで炙って、柔らかくして差し込んであります。
なもんで、パイプをつなぐ順番ができてしまいました。
マキタの側を炙れば良かったかなと思いますが、サイクロンが使い物にならなかった場合、マキタの掃除機で使えなくなるので、ケルヒャーの側を炙ったわけです。

とりあえず、かなりのゴミをトラップしてくれるので、掃除機の掃除は楽になると思いますが、吸引力自体は、結構ロスがあると感じます。
ゴミを簡単に捨てられるのはいいです。

そのあとは、ずっと放置してあって、バッテリが完全に放電されてうんともすんとも言わなくなっていたキャロルですが、これを里子に出そうと思うので、綺麗にすることにしました。
このときに掃除機を使うので改造したというのはあります。

まずは動かさないといけないのですが、ブースターケーブルが行方不明で、3m くらいのが 1 本しかないのですが、前向きに駐車してあったので、救援車からケーブルが届きません。
完全放電している状態なので、充電器は使えないので、バッテリーを外して充電しようかと思ったんですが、Y くんが手伝いに来ていて、人力で動かすと言い出しました。
軽四ですからね、スルスルと動いて、フォークリフトで救援して一発始動です。

洗車して、掃除機をかけて、マットも洗って、なんだかんだで午前中いっぱいかかってしまいました。

終わったら、正午より少し早かったんですが、11 時を過ぎていたので、混む前にと思って、手打ちうどん政に行きました。

うどんを食べて戻ってきたら、ふと思い立って、冷蔵庫を運ぶことにしました。

丸太小屋にはキッチンがないので、基本的に食べ物を食べることはないのですが、酒とつまみ用に冷蔵庫があるのです。
でも、最近はアレルギーがひどいので、ほとんど飲まないのでほぼ使っていなくて、勿体ないので、倉庫に設置して、みんなのおやつを入れておこうと思うのです。
倉庫に食べ物を置いておくと、野良おニャー様がやってきて食べてしまうのです。

The 1234 ニャーと引越しセンターは超ブラック企業なので、細かなことは、無問題、ケンチャナヨ、マンペイライです。
ブラックぶりを 5 号に激写されてしまいました。
フォークリフトに人を乗せてはいけません!
しましまのオッサンもノーヘルだし。。。

冷蔵庫用にコンセントを作ろうと思ったら、材料が足らなくて、5 号が買い出しに出掛けたんですが、ちっとも戻ってこなくて、冷蔵庫の据付に 2 時間近くかかってしまいましたが、朔なのでお宮巡回(掃除)をしないといけません。
随分と出発が遅れてしまいました。
伊奴寝子の草刈り、土砂崩れしたものが水路を潰しているところの一部復旧、ブロワーで清掃して、戻ったら 5 時で本日終了です。

日曜日なので、Amazon への出荷ができないのですが、シーラーもまた使えるようになったので、入荷済みの商品の検品、個別梱包までは終わりました。

明日は通関を切りたいところですが、予報的に雨で、夕方お宮から戻る時点でパラパラと降り出したので、検査はさておき、引き取りは無理かもしれません。
検疫の書類は揃ったんですが、D/O が未だ来ないのですが、ボチボチ頑張ります。

あまり有り難くなさそう

今日はお宮でした。
天気がとても良くて気持ちいい1日でした。

ドラム缶ストーブ、初焚き(?)です。

のし紙だとか、そういうものをゴミに捨てるわけにはいかないし、個人の名前が書いてあるので、保管するのにも神経を使います。
古いお札もお正月以外に持ち込まれる方が少なくなくて、保管スペースも有限なのと、半屋外なので雨風で保管中に汚れてしまうため、それはそれで問題だろうと思うので、ある程度溜まったら、お焚き上げをしようと思いついたのです。

ちゃんとしたステンレスの大きな桶もあるんですが、片付けるのが大変ですし、風が吹いたりすると、紙の灰が飛ぶことがあるので、ちょっとだと使いづらいんですよね。

そういうわけで、お宮専用のドラム缶ストーブ を作りました。

ちょっと煙突が短すぎたようです。
かといってこれ以上長くしたら、しまう時に大変かなと思うんですよね。
スパイラルダクトは 4m 買ってあるので、腐ったら、次はちょっと長くするかもしれません。

周りの感想としては、有り難くなさそう、でした。

出典 宮忠

午後から、頼み事があると親戚がやってきて、何を頼まれるのかと思ったら、壁代(かべしろ) を作りたいという相談でした。
壁代 ってのはまあ、ボロ隠しや装飾のため壁から掛けている布です。
うちで作ったものも、墨汁がついてしまったり、ストーブで溶けてしまっている箇所があるので、この機会に一緒に新調しようと思います。

これを業者で買うと、1 間角のもので、単でも 2 万以上するのです。
良いものだと、3 — 4 万円するのですが、こういうと語弊があるかもしれませんが、ハッキリいって、本物の方が低品質なのです。

たとえば、布筋(のすじ)というリボン状のものが垂れているのですが、これには白蝶鳥摺型というらしいのですが、ハマグリを焼いて粉にした蛤粉(こふん)と呼ばれる塗料をシルクスクリーンの要領で転写されていて、洗うと溶けてしまうので、洗濯できないのです。

というわけで、自作したもの を使っているのです。

自作したものは、布筋もちゃんと 2 色の布を縫製して本物と同じに仕立ててあるタイプのものもあるんですが、これだとほぼ本物で、ただ縫い合わせてからシルクスクリーンで白蝶鳥摺型を印刷することができないので、あらかじめ印刷してあるものを縫い合わせるので、よく見るとそこで作り方が違うとわかります。
社殿の奥の方で、遮光の目的などに使っているものは、布筋自体も印刷なので、遠目にでもよく見るとわかるかとは思います。

これらは、のぼり用のテトロン(トロピカル)で仕立てています。

あとは、幕も一枚朽ちてきているのですが、これはいままでのぼり用のテトロンだったのですが、横断幕用のトロマットにしたら、もう少し持ちが良くなるのではないかと思うのです。
ただ、これが難しいところで、コストも上がるわけですし、質感の問題もありますから、今痛んでいるものは小さく、あまり目立たない位置なので、これからトロマットに変更して、様子を見てみようと思っています。

手すりのメッキの補修

今日は M くんが手伝いに来てくれました。

午前中は、昨日買ったばかりの WD 3 を使って大掃除をしましたが、あまりに楽しすぎて、写真はありません。

倉庫の土間には、細かな埃などは知らない間に溜まっているようです。
ガンガン吸ってくれるんですが、フィルタがあっという間に目詰まりしますね。
フィルタの掃除をすると、自分が埃まみれになるし。。。

それでふと思い出したのが マキタのサイクロンアタッチメント です。
ただ、メーカーが違うので、ケルヒャーに挟まるか、微妙です。
それよりもなによりも、容量がちょっと少ない気がしないでもないんですが、まあ、前にも書いた通り、容量が足りないようなら Dust Deputy を挟み込むのがいいように思います。

午後からは、お宮に行きました。
この前積んで帰った原木を下ろして、コンテナの修理です。
コーキングを打とうと思ったら、シリコンは固まっているし、プライマーも固まっているし、段取りが悪すぎました。

気を取り直して、手すりのメッキが傷んで錆びているので補修をしました。

MonotaRO のローバルのパチモンを使っているんですが、数字の上では多少劣るようですが、値段が随分安いし、海辺などの厳しい環境なら差が出るのかもしれませんが、うちではパチモンでも必要十分の気がしています。
スプレーなので吹くだけで、本当に便利です。

あと気になる点は、消毒液のポンプが手押しだということです。
それで、足踏み式の消毒液スタンドを買おうかなと思ったんですが、よく考えると、消毒してから手すりやドアを触ったのでは意味が薄いような気もしないでもないのです。
鈴緒だとか、手水の柄杓だとか、気にしだすとキリがないのですが。。。
年末・年始に向けて本格的にチャイニーズ・ウイルス対策をしていかないといけませんが、なかなか難しいです。

明日は Y くんが手伝いに来てくるのですが、雨漏りの修理をしたいと思います。

それはそうと、今、Brave(ブレイブ)の 24t 縦横兼用型 薪割り機 VH1724GC が売り切れて、米国でもバックオーダーとなっています。
こういうタイミングでなぜか問い合わせがあったのですが、一つ上のモデル、30t 縦横兼用型 薪割り機 VH1730GC であれば米国で在庫があるので、引き取りに来て一緒に組み立てをする、という条件で、24t モデルの値段 349,999 円で、30t にアップグレードするサービスを行うことにしました。

50,000 円引きです。
組み立て時に必要なエンジンオイルや作動油についてもサービスとなります。
作動油だけでも 40L 近く入りますので、普通に買えば 10,000 円以上かかると思いますので、とてもお得かと思います。

ちなみに、ほとんど同じ(エンジンやアフターサービスが違います)五十嵐商店さん扱いの GX160 と 11GPM ポンプを搭載した VH-2400GX の定価は 545,000 円(税別)、税込 599,500 円ですので、単純計算すると 41.6% off となっております。

なお、この 30t アップグレードサービスは、今月中に発注(支払い)頂いた方のみの対応と致します。
(既に注文いただいた方の納期を遅らせるわけにはいかないので、商品が届き次第コンテナに詰める作業に移ります)
希望される方は、まずは お問い合わせ ください。