一般的な階段作り

今日は午後から春祭り・祈年祭でした。

祈年祭は「きねんさい」と読みます。
米のことを「奥御年(おきつみとし・おくつみとし)」ともいうんですが、米を始めて、五穀豊穣、ひいては工業・商業など、あらゆる産業の振興を祈念するお祭りです。

松山はチャイニーズウイルスが蔓延して大変な状態ですので、直会もなく、少し話をして解散となりました。
それで少し話をした内容についてです。

K さんが先日松山に来られた際に一緒に S さんが来られたんですが、この方、林道をつけたりの森林整備のスペシャリストということで、これからの薪屋さんの事業計画について、アドバイスをいただいていたんです。
その際に 30 丁程、スギやヒノキの針葉樹の山を集めて、計画を立てて、認定林業事業体になりましょうという話があったんです。

それで、もう少し低地のお祭りでも話をしたんですが、そちらはそれほどの面積の山がないよということだったんですが、流石に五明まで上がると、多分あるということで、総代さんの山もかなりあるようで、森林組合の担当の方を聞いたので、月内くらいに一度相談に行ってこようと思います。

こういう言い方は不適切かもしれませんけど、現状、うちはビタ一文補助金を受けていないのですが、補助金を受けている他の事業者さんと、公平・平等に価格競争をすることができません。
林業機械を次々に導入している会社とかあるんですが、どう考えても、木材の値段から逆算すると、機械を購入できるわけなどないし、うちと違い輸入して安く済ます、というノウハウもないでしょうから、お金の出どころといったら、宮崎県なら盗伐かもしれませんが、補助金くらいしかないと思うんです。
県庁の資料で見たら、やはり認定林業事業体に名を連ねていました。

まあ、スギやヒノキは薪にはならない気もしないでもないんですが、チップの生産も始めたいし、帰りに別の総代さんのところに行って、薪やチップの材料になる原木の中間土場の候補地を探してほしいとお願いしました。
でもまあ、買わないとダメかもと言っていたんですが、土砂崩れとかの際の責任の問題もあるし、そうなるとなかなか難しい感じです。

愛媛県の場合、愛媛県土砂等の埋立て等による土壌の汚染及び災害の発生の防止に関する条例 というのがありまして、3,000m2 を超えて山林を造成することが規制されているます。

その次のハードルとして、工場立地法 というのがあって、工場の面積が 3,000m2, 敷地が 9,000m2 を超えると引っかかるのです。

それ以前に、山の真砂土を採掘してつつ谷に残土を埋め立てしても、それだけの面積を平らにするのには、かなりの時間を要するので、早くかからないと生きているうちには工場ができないわけで、もちろんお金を払えば早くできるんでしょうが、お金をもらって(少なくともタダでは)、工場用地にしないと、薪ビジネスは単価が安すぎて成立しません。

千里の道も一歩からというので、まあ、風呂敷を広げるのは大概にして、少しづつ前に進んでいければと思うところです。

それはそうと、階段の作り方を調べています。
そうしたら、とても為になる(と思う)チャンネルを発見して、楽しくてずっと見ています。

スライド丸鋸で、厚めの板を挽くときに、ちょっと変わった刃の入れ方をしているんで気になっていたんですが、ちゃんと理由があって、普通にやるとキックバックが起こることがあるけど、それを防止するためだとか、素人にもわかりやすく説明してくれていて、ありがたいです。

ビスの打ち方にしても、楽に木口が割れないようにするコツだとか、本実の板の止め方で、逆に止める場合、実にボンドを塗っておくとか、こういうのって、知っているのと知らないのとでは大違いですよね。

桁にしても、節を如何に隠すかとか、自分だったら全く気にしないで適当にやると思うし、色を見たりして順番を決めたり、プロにはプロの細かな気配りがあるのだと感心しきりでした。

丸太小屋のキッチンですが、19 日に納入となりました。
II 型キッチンになったんですが、シンク側には食器洗い機が着くので、その電源が必要です。
コンロ側はレンジフードがあるのでその電源と、電子レンジだとか炊飯器だとか、そういう機器類のコンセントも増設しておいたらと思います。
でも、10 年も前のことですっかり回路がどうなっているのか忘れてしまいました。
食器洗い機は 200V なんでしょうかね。
その辺もよく見てみないといけないかなと思います。

明日は、Y くんが手伝いに来てくれる日ではあるんですが、ここ 2 週間くらい、休みらしい休みが全くないので、5 号が可哀想なので、休みにします。自分は仕事をしたいんですが、もう年で、夕方仕事が終わると、気絶するように昼寝(?)といいうか、2, 3 時間寝てしまうので、疲れているんだろうとも思うんです。
もともと頑張らないタイプなので、あまり根をつめると、作業の効率が落ちてしまうのです。

午前中、雑貨の梱包をしていた時に検疫所から書類が戻ってきているので、輸入申告の書類は揃ったので、明日は運賃計算書を作ったり、通関のようの補助的な資料(HS CODE やアイテムの画像などを含めて、HS CODE の根拠となる材質や使用目的を記したもの)をまとめるくらいはしておきたいと思います。

HS CODE って、って方は、以下の動画をご覧ください。

実際には、税関に分厚い電話帳みたいなものがあって、そこで調べるのですが、ネットでも調べることができます。
オンラインなので、新しい情報検索することができ、便利です。

ここまで書いておいてこういうのもアレですが、個人輸入をしようと思っている方がいらっしゃったら、忠告しておきますが、こういう細かな書類はアイテムが 1 点だけでも、コンテナ満載 1 万点あっても、基本的に同じ程度の手間がかかります。
どう分類されるのか(どの HS CODE で申告するのか)ということには、商品に対する知識と、分類(通関)に関する知識と、双方が必要になり、わからない場合、税関に事前に教示してもらう等して、申告することになります。

通関を依頼すると、10,000 円+税の扱い料と、11,800 円〜(大額の場合, 非課税)の料金が発生するんですが、これは 30 万円分の商品であっても、3,000 万円分の商品であっても、同じなんですよね。

だから、自分のように、輸入を今後もずっと継続して行う、という意思がない場合は、個人輸入は代行を依頼したほうがいいと思います。

うちでも商品はかなり限られますが、代行を行なっているので、薪ストーブや薪割り機等なら、一度ご相談ください。
多分、個人で苦労して運ぶよりも、トータルで安くなると思います。

クリーニングインクその後とパチモンインク商売はいかがわしい件

少し前にインクジェットプリンタの黒が印刷できないと書いた件です。

Amazon でクリーニング用のインクを買ったんですが、その結果を書いてないことを思い出しました。
結論を書くと、通常のクリーニングでは回復しなかったんですが、強力クリーニングをすると、とりあえずは完全復活しました。

とりあえずなのに完全復活というのはどういうことかというと、ノズルの詰まりは完全に解決したのです。
しかし、黒の印刷がとても薄い色なんですよ。
まるで、葬式の案内状のようです。

そして、しばらく使っていたんですが、また掠れるようになって、再度クリーニングインクに変更して、そうするとまた完全にノズルの詰まりは解消されるのです。

思うに、長期間使っていなくて、黒のインクタンクの内部が詰まっているとか、インク自体がうまく供給できておらず、洗浄液で色が薄まったままそれが切れて印刷ができない、ということを繰り返しているような気がしないでもありません。

いずれにせよ、クリーニングインクは効果があると思うので、全色買っておきました。

普通のインクも買っておきました。

それはそうと、インクのチップスというお店ですが、結構注意が必要です。
色々なチャンネルで売っているんですが、値段の設定が無茶苦茶です。

ヤフオクだと、CMYK を 200 円 で売っているんですが、送料が 1,500 円以上の設定です。

★送料は全国一律1点1590円となります★
・同一商品複数購入や他の商品と同時に落札された場合でも、
 商品1点につき1590円の送料がかかります。

ただ、新規 ID だし、インク以外なんでも売っているので、チップスの名前を悪用している転売ヤーかもしれませんが。

ヤフーショッピングでもかなりの高額で、お店の謳い文句は純正品の 90% off なんですが、いいところ半額くらいの設定。
黒だけで、1,400 円 と、ヤフオクの転売ヤーかと思う出品が良心的にすら見えてきます。

ところが Amazon だと、CMYK のセットで 1,480 円ほどで出品しています。
CMY は 3 本で 80 円ということになりますよね。

商品自体はちゃんと届きましたが、そもそも論として、パチのインク自体、まともな商売ではないわけで、どこで買うにしても、疑ってかからないとカモにされてしまいますね。

とりあえず、今回はチップスではなく、JOJO 問屋 というお店で買いましたが、4 本、宅配便送料込み 1,000 円でした。
JOJO 問屋は何度か買ったことがあるんですが、一応、ちゃんと商品は届きますし、使えています。

前回は カラーレーザーのトナー を買ったんですが、これも色の再現性が良くないんですが、元々純正でも良くないし、4 本セットの値段が値段が純正 1 本の半額もしないので、1/8 ですからね、十分納得して使っています。
トナー交換は、これまで 2 度していますので、トナーの差額で本体は買えているので、壊れても元は取れているのです。

まあ、そんなこんなで、無事に案内状は発送しました。

最近は郵便局でもカードやクイックペイでの支払いができるようになり便利になりましたし、切手もシールになっているので、楽になりました。
切手を切り離す手間、水をつける手間、どちらもシールだと不要ですから。

それで、今年のお祭りですが、行事の餅まきとその準備の餅つきは当然と言えば当然ですが、中止しました。

代わりに 前原製粉 さんのお餅を手配しました。
個別に包装されているので衛生的で、法令の遵守など企業としての姿勢がしっかりしていると感じました。

明日は、兼務神社の春祭りが午後からあります。
このところ全く休みがないのですが、とりあえず明後日は休みにしたいと思います。

なぜ 4:1 になるのか

見ての通りです。
昨日は、1, 2, 3, 4 と 6 というふうに分かれていましたが、今日は 1, 3, 4, 6 と 2 でした。
キッチン工事のため、ケージに入ってもらってますが、3:2 くらいの方が狭くなくていいじゃないのと思うんですけどね。

今日は、16 — 18 の 3 日間の春祭りの案内状を作りました。
まだ終わってませんけど。
例によって、例の如く、シルバー精工の折り機の具合はイマイチで、無理して連続動作させると詰まったりしてしまうので、3 枚づつ処理しているので、微妙に時間がかかります。
明日には終わるといいんですが。

そうこうしていると、電話がかかってきて、今日入港する予定なんだけど、いつ引き取りますかと。
搬入されたら、内容点検に行って、検疫所に書類の提出をして、それから通関です。
とにかくどこにいつ搬入されるか教えてもらわないことには、予定もへったくれもありません。
今日が水曜日、明日搬入されるとして、明日内容点検に行けたら、夕方までに広島に書類を送り、金曜日中に処理して送り返してもらえたら月曜日に何とかなるんでしょうが、月曜日に処理されれば、書類の戻りが火曜日、通関は水曜日、というのが無理のない無難なスケジュールです。

案内状の印刷の合間で、雑貨の検品、梱包、出荷も行いました。
もう薪ストーブのシーズンも終わりで、売れ行きも落ちていくんでしょうが、在庫切れしているものは納品・補充しておかないと、お店のスコアが下がってしまうのです。
その反面、長い間売れない状態の在庫を溜め込んでも、保管料(倉庫の費用)も嵩みますし、スコアも下がるので、なかなか面倒臭いです。

明日も案内状の続きと、雑貨の発送とを頑張りたいと思います。

買い出し いろいろ

今日は神社の祭日でした。
結構肌寒くて暖房をつけるくらいだったんですが、お参りはぼちぼちでした。

今月から、月参り御幣というものを用意したんです。
毎月、色の違う御幣がもらえるという仕組みです。
色が違うので、毎月お参りに来てくださいね、ということです。
まあ、これがあろうとなかろうと、毎月お参りに来る方は、来てくださるんでしょうけど。

それで、ふと会所の蓋が割れているのを思い出しました。
買ってきて交換する必要があるので、寸法を確認しました。
36cm 角くらい、厚みは 4cm くらいのようです。

おニャー様等の様子が気になるので、確認してみました。
監視カメラで見ると、1, 2, 3, 4 が一塊になって見えたんですが、やはり全ニャンくっついています。
6 は広々。
1, 2, 3, 4 は目が開かない頃からずっと兄弟で一緒なんで、たまにこんな感じで仲良しです。
でも、たまには猛烈に喧嘩してたりもしますけど。
6 も、一緒にケージに入れても大丈夫なくらいになって、すっかり慣れた感じです。
いつもはケージに入れないんですが、今はキッチンの取り付けをお願いしているので、ケージでお留守番です。

あと、お風呂場にタオルをかける場所がありません。
タオルハンガーを取り付けようと思うのですが、候補の場所の幅を計りました。

それで、会所の蓋と、タオルハンガーとを買い物に行って、あと、夜に薪の乾燥のための空カゴがない、ということで夜になるのを待ってコンテナを回送して本日終了です。

明日は、春祭りの案内状等の内職や、雑貨の検品・梱包・納品等の内職を頑張ろうと思います。

配達の準備

今日は朔日なので、午前中は神社です。
太鼓の音で、氏子さんがやってきて、2 人から、お供物にデコポンというか、不知火というかをいただきました。
いや、5 号が、デコポンについて調べ始めて、不知火のうち、糖度が 13 以上, 酸味が 1 以下のものが「デコポン」と名乗れるとか言ってました。
初めて知りました。
しばらくお供えしたら、お下がりを食べてみようと思います。

午後からは、配達の準備です。

前回は、6 袋しか詰めませんでした。
それで、前々から思いついていたことを試してみたですが、1 段目に 6 袋積むことができました。
目落としすれば、8 袋で安定するんですが、積載量一杯一杯の 9 袋積み込みました。
前回の 6 袋よりは安定感があると思います。
ただ、重心はたくなったと思うので、カーブや、下り坂はより慎重な運転が求められます。
今晩雨が降って、朝方には上がるようなんですが、積み込みを済ませて屋根付きの車庫でスタンバイです。

明日は昼前に雨があがったら出発したいと思います。
6 時間程度かかるようなのですが、昼前に出れば、20 時くらいまでには長沢ガーデンに到着できるかなと思います。

あと、前に、あけみドライブインを教えてもらったんですが、まだいけてないので、下見も兼ねて、帰りにタイミングがあえば行ってみたいと思います。狭いところにはいきなり駐めたくないんで。
Street View で見る限り大丈夫そうですが。

〒742-0417 山口県岩国市周東町下久原1653

 
あけみドライブイン
〒742-0417 山口県岩国市周東町下久原1653

薪割り機の組み立て

午前中は地鎮祭でした。

恙なく式典を執り納めることができましたが、工務店さんが非常に几帳面で、万全の準備でした。
それなりに神主をやってきた中で、個人宅であそこまできっちりしている業者さんも、少ないですね。
そういう部分にまで、気を配れているのだから、家も立派に工事が行われるんだろうなと思います。

午後からは、薪割り機の組み立てでした。
というか、倉庫に入荷した商品がたくさんある状態なので、それを片付けるところからスタートしたので、残業でした。

2 台組み立てたんですが、1 台は共食い整備に使ってしまった在庫で、部品を取り寄せていたものが届いたので、組み立てようとしたんですが、ポンプにはキーがついてこないし、エンジンにもキーがついてこない、エンジンやポンプとブラケットを固定するネジもよく考えたらついてこないのですが、在庫が足りない状態です。
ボルトに関しては、ユニファイなので、松山界隈では実店舗では扱いがないのです。
あと、部品不足が結構あって、在庫が足らない部品が出てきたので、それらも取り寄せてストックしておく必要がありそうです。

ちょうど昨日、ドリーのタイヤ と 園で使っている 20t を強化するために作動油タンクを作るのに必要な部品類を航空便で手配したのですが、ちょっとタイミングが悪かったです。
ボルト類なので、少々重いとはいえ、船便で 3 ヶ月もは待てませんから。
まあ、そのうち、急ぎの荷物が出るでしょうから、その時に一緒に運ぼうと思います。

写真を撮ってから気づいたのですが、手前の 1 台は完成させたつもりでしたが、よく見ると、作動油フィルタを取り付け忘れています。
12 月に代金をいただいたものの、雪で取りに来られてないお客さんがそろそろ引き取りに来られるということで、引き取りに来られる場合、送料がかからないので、完成納品させていただいているんですが、その時にフィルタ類もサービスしているんです。
後で直しておこうと思います。

明日は朔日なので、神社です。
午後から、薪の配達の準備をしたいと思います。
トレーラが使えないので、また 4t で配達です。
ボチボチ頑張ります。