Dyson の掃除機を買いに行ったつもりが。。。

今日は朝は古井戸のお祓い、午後からは七五三でした。
時間が決まっているってのもあるんですが、基本的に神社の仕事はものすごくストレスで疲れてしまいます。

それで、Dyson の掃除機なんですが、今までは V10 なんですけど、そろそろ 3 年使っているし、重たいので軽い新型に買い替えたいなと思っていたところ、Dyson Micro 1.5kg (SV21 FF ENT) の売り出しの通知が届いたんです。
ケーズだと、37,800 円ということなんですけど、ヨドバシだと 39,980 円(10% 還元)なので、3 年保証がついていたらケーズかなと思って出かけました。

ところがどっこい、売り切れている模様。。。

代わりに何やら 5 号がガッツリ座り込んで Shark なる掃除機をガン見しているじゃありませんか。
しかし、見れば見るほど、Dyson よりも Shark の方が良さげなんですよ。

というわけで、お買い上げです。

この後、七五三の飴の残りが少なくなったのと、袋もないので、不二家に買いに行きました。
なんかミルクチョコレート味とか、アンパンマンバージョンもあったんですが、普通に紅白のミルキーにしました。

せっかく街まで出てきたので、山小屋でラーメンです。
ここチェーン店なんで、九州の人にはアレですが、それなりにアレンジしてあるのか、四国人には食べやすくて良いです。
あと、本格的なところだと、炎上覚悟で言えば、仕込んでいる証拠でもあるわけですけど、いわゆるスメルハラスメント状態の店もありますが、ここはそんなことはないので、入りやすいです。

掃除機の新旧比較です。
かなりコンパクトに、そして軽量になりました。

大きな違いですけど、

  • バッテリーが交換できるようになった(2 本付属する)
  • ゴミ捨てがワンタッチになって、力も入らない → Dyson はシャフトを外さないと捨てられないし、意外と力がいる
  • 軽い
  • シャフトが折れて、ベッドや棚の下などを床に這いつくばらなくても掃除できる

という感じです。

吸引力などは、よくわかりません。
耐久性もまあ、これからでしょうか。
細かな粉塵に関しては、Dyson の方が取れそうな気はしないでもないんですけどね。

一番違いを感じたのは写真を見ての通りなんですが、階段の滑り止めマットを Shark で掃除したときに、一方向に引くだけ(マットが小さいのでエッジ部分にローラーが乗ると浮いて巻き込むため)だと取りきれてないんですが、猫の毛が書き出されて毛玉になっています。
実は、この直前に 5 号が Dyson で掃除してあるんですよ。
毛が絡まらず取れるパワーヘッド、と書いてあったんですが、これはうちのよう猫がいると、かなり効果があるんじゃないかと感じます。
毛玉は向きを変えて掃除することで吸い取ることができました。

まあ、ちょっと試した程度ですが、今のところ、買ってよかったんじゃないかと思います。

あとは、空気清浄機ですかね。

ダイキンの ACB50X-S にビビッときたんですけど、値段がなぁ。。

さっきのスメハラじゃないけど、おニャー様のトイレの問題があって、2F で使っていた空気清浄機を 1F に降ろしたんですけど、ちょっとデカイし、除菌もできるって部分に惹かれたんですよね。

おニャー様自体はほぼ無臭ではあるんですけど、流石にトイレの後は、トイレは臭いんですよ。
なんせ一間しかない小さな小屋で、こっちが食事をしていても、おニャー様たちはお構いなしなので。
トイレの後は、猫砂をかき回すんですが、粉塵が飛散することも想定されるため、吸引した空気中のそれら粉塵がフィルタに捕捉されるということになるわけで、だったら UV で殺菌してくれるってのは魅力的かなと思ったわけです。

にしても高い。

そいうえば、その粉塵ですが、今使っているのはライオンの猫砂でして、いわゆる鉱物系、ベントナイトも含むと思うのです。
それがおニャー様の健康によろしくない、まあ、不安を煽る系のセールストークだと思うんですが。

ベントナイトは有害として、杉の猫砂をプッシュしているのは、 天然杉100%の猫砂を開発し、有害物質から猫の命を守りたい! です。
この方がいうにはヒノキも有害だそうで。

一方でこんな記事もあります。

結論から言うと、ベントナイトにネットで言われているほどの強い毒性はありませんし、特定の疾患との関連も報告されていませんが、粉塵は吸い込まないに越したことはないと言う感じですかね。

まあ、吸い込むよりは吸い込まない方がいい、これは猫にとっても、人間にとってもそうだと思います。

とりあえずは、猫トイレの底から空気を吸い出すような、そういう仕組みがあればと思うんですけどね。
そうすれば、かき回した際の粉塵も、ニオイも、排出するなり何らかの処理ができると思うのです。

なんで「底」なのかというと、大工さんのこだわりのトイレ、という記事があって、臭いは重たいそうなんです。
本当かな。

個人的には上から廃棄すると、粉塵が猫の体に触れるから嫌なだけなんですが。

じゃあなんでトレイの換気扇は一般的に天井なのよ、ってことになるかなと思うのですが、ググると下だと衣類を巻き込んだりして危ないとか、いろいろなものが置いてあったり便器があったりして換気の効率が悪いとか、アンモアやメタンは空気よりも軽いとか、まあ、尤もらしいことをいっているんですけどね、上からだったら、自分の口や花を経由して上に行くでしょうが、臭い空気を吸ったり嗅いだりするでしょうが、そういうことです。

だから、猫トイレも上から入って、下から常時空気を吸い続けていれば、これらの問題は解決するんじゃないかなと思うのです。
まあ、外に空気を捨てた分、どこから空気を補充するのか、という問題がまた出てくるのは、薪ストーブと同じかなと思いますけど。

たかが猫トイレ、されど猫トイレ。
まあ、できることから対策していきたいと思います。

今日から 11 月

今日は朔なので神社の巡回です。
今年も残すところ 2 ヶ月となりました。

オスバンのコケ取りの効果です。
噴霧しただけですが、かなりの効果が確認できますね。
一部緑に残っているところですが、ここは雑巾がかかっていたため、薬剤が噴霧できていなかった場所のようです。

こちらが元の様子です。

それで、山に置いてあるチップ台車からタイヤもぎ取り作戦ですが、サイズを確認しました。
どうも、10.00R20 14PR TUBE TYPE と書いてあるようです。
今まな板が履いているのは 11.00R22.5 というチューブタイヤなんで、どうやらサイズが全く違うような気がしますね。

その後、賽銭泥棒対策でスマートドアセンサを注文したものが届いていたので、それの取り付けもやったんですが、長くなるので、それはまた別に書きたいと思います。

家に戻って、雑貨の出荷作業をして、朝イチ FedEx で乾燥機のセンサー類が届いていたので、園に持って行きました。
今回の出荷は初めてパレット出荷をしました。
木パレットを使ってみたのと、US サイズのパレットで送ったので、その辺どうなるのか、あと、千葉の流山の FC が指定されたんですが、運賃がどの程度かも気になります。

晩御飯は、久しぶりに麻婆豆腐を作りました。
見ての通り、また失敗しました。
片栗粉が多すぎました。

それで、豆腐なんですが、YouTube で豆腐の原価だとか、凝固剤の種類だとか、そういうのをやっていて、結構勉強になりました。

結論から言うと、豆腐に関してはまともに表示する義務がないらしく、タンパク質の量と凝固剤の種類である程度判別ができる、と言うことです。
というか、逆説的にいえば、凝固剤が「にがり」であれば、凝固剤自体のコストが最も高く、かつ、凝固能力が低いので、必然的にシャバシャバの物を固められないので、良い豆腐が自然とできる、ということでした。
そして、木綿の場合、100g あたりタンパク質が 6g 以上、絹ごしで 5g 以上、これが一つのまともな豆腐の目安だそうです。

豆腐って、大豆なんかは物凄く値上がりしているのに、販売価格はどんどん下がって、真面目にやっている地元の小さなところはどんどん廃業を余儀なくされているそうです。

たかが豆腐、されど豆腐。
ちょっと関心を持てば見る目が全く変わりました。
そんなわけで地元の豆腐を買ってみました。
美味しくいただきました。

ドラム缶反転機の初仕事

見ての通りであります。
使い方が微妙にわかってないんですが、なんとかひっくり返せています。
チェンを引っ張ると、ギアでゆっくり回転させることができますし、手を離せばその位置で止まります。

今は鉄屑を 1.5m3 入るバッカンに溜めているんですけど、いっぱいになったら、重すぎるし、そこまで貯まるのに時間がかかりすぎるので、今後はドラム缶に貯めて、ある程度溜まったらこれで反転して軽トラックに積み込んで売りに行ったらいいんじゃないかと思ったんですが、灰を反転する際にそれなりにチェンが重かったので、鉄はちょっと難しいかなと感じました。

灰の比重は、1 くらいですが、鉄は 7.9 くらいなので、空隙率が 8 割でも灰よりは重くなるってことですよね。
口元まで入れておかないと回転時に重心が偏るし、かといっていっぱい入れると耐荷重を越えそうに思います。
一番いいのは、腐りかけのドラム缶ごと捨てて帰ることでしょうけど。

それで、灰の片付けとは別に、竹藪の掃除をしました。
今年は春にしていなかったので、結構伸び放題でしたが、作業道を 20m 程度延伸しました。

それで前々から欲しいと思っているアタッチメントがこれです。
以前は、2 本ツメのものだったんですが、3 本ツメのものも発売されました。
値段が 10 万くらい上がっているんですけど。。。

これがあれば、掴んでカットして、掴み直してカットして、少なくとも数メートル分は楽に竹を切り詰めることができると思うのです。先端の方がうまくカットできるかは分かりませんが。
かなり楽になるんじゃないかと思う反面、おそらく一日で全て片付いて用事がなくなるような気もしないでもありません。
竹も炭に焼くとかして活用できたらと思うんですが。。。

まあ、そんなこんなでおみや駐車場の周りは多少片付きました。
ボチボチ頑張ってお正月までには山の掃除を終わらせたいと思います。

いい天気でした

今日は神社の祭日です。
昨日は雨だったのですが、今日は打って変わって晴れて暖かく、お参り日和でした。

それはそうと、最近、また賽銭泥棒が来ているような気がするんですよね。
防犯カメラを確認したんですが、サーバのアップデートがあったようで、クールタイムというものが設けられていて、設定を変更しないと録画されない状態になっていました。
クールタイムというのは、モーション録画を行うイベントが発生して録画処理をした後、一定期間は再度録画をしない時間です。
無料で利用しているので仕方ないと思いますが、5 分以上にしないといけません。

前にも書いたかもしれませんが、大昔はイベントがいつ発生したか確認しづらく、泥棒の瞬間を探し出すのに難儀をしていたんですが、クールタイムがあるので、誰かが映ると、最初の数コマしか確認できず、泥棒の場合、クールタイムの 5 分以内には犯行を完了すると思われるので、すべての人の出入りを確認しなければなりません。
これはかなり面倒くさい変更です。

このドアの開閉センサを取り付けて、賽銭箱を物色されたらスマホに通知が来るように対策しようと思います。

それはそうと、PP バンド結束機 の件です。

安かったんですが、PP バンドは何度やっても結束できなかったんです。
オークションの出品写真では結束できているようなんですけどね。
だから使っていなかったんですが、この間試したら、エア漏れするようになっていました。
それで、修理用の部品のことなので SIGNODE の日本の代理店さんに電話で問い合わせをしてみたんです。

そうしたところ、このモデルは結構古く、修理するとしても簡単に 5 万とか、そういう単位で費用がかかるし、中古で買った場合、正規品かどうかわからないので、修理を受け付けられない、ということでした。
それ以前に、これは PP バンドに対応していませんよ、と。

瓦パレットに薪を入れた場合、横方向には支えがないのでダンボールを当てて、それをラップで巻いたものを PP バンドで補強しているんですが、PP バンドの場合、司化成の 2,500m 巻きが 2 巻で 7,000 円くらいで買えます。
なもんで、1m あたり 1.4 円ほどですから、瓦パレットの場合 1 辺が 1.1m ないくらいなので、6.16 円くらいで一箇所締めることができます。
実際に、写真の荷姿で問題なく運べましたが、フォーク作業で切れることもあるので、真ん中でも閉めておくとさらに安心ですし、強度的には、エステルバンドは必要なく、コストも 2,500m 巻きの一番安い溶着用で 19,900 円しますから 5 倍くらい高いのです。
一つの梱包で、100 円くらい、一度の出荷で 2,000 円ほど差が出ることになります。
逆に言えば 2,000 円しか差が出ないとも言えますが。

あと、みかんカゴ(収穫コンテナ)での納品を打診されているんですが、これもパレットに積んだら、ズレないようにバンド等で結束するなりしないといけません。
そうなると、かなりの頻度で結束することになるのですが、手締めしていてはかなり大変です。
かといって、コストをかけたくもないし、なかなか難しいところです。
とりあえず、SIGNODE のものをバラして、修理できないか様子を見てみたいと思います。

薪の配達と雑貨の引き取りの準備

金曜日に書類が戻ってこなかったので、明日、月曜日に通関と引き取りをしようと思いますが、4t 車に木屑を積んだままなので、おろしておく必要があります。
後、ヘッドの修理が終わったので、コンテナ台車を休みのうちに改装しておく必要があります。

それで、お宮に行くと、すごい落ち葉です。
昨日も掃除したのに、まあ、この時期、キリがない感じです。

インターロッキングブロックで舗装されているので、未舗装に比べると格段に楽に掃除ができます。
このブロックは、ブロックを運んでいた運送会社が寄付をしてくださったものですが、神社が立て替えられたのが平成元年なので、今からもう 30 年以上前に工事されたものです。
インタロッキングブロックを施工する場合、採石を敷き、クッション砂を敷くのが普通だと思いますが、砕石も、クッション砂もありません。
まさ土の上に並べてあるだけです。
いつも 4t ユニックが入ったり、ボブキャットフォークリフト、時にはラフターも乗るんですが、一切狂ってないんです。
とてもとても丁寧に施工されたんだろうなと思います。

もちろん、定期的に高圧洗浄して、目地砂を補充したり、メンテナンスもしていますが。

なんだかんだで楽とは言え、それなりに大変ですし、結構、道路に落ち葉が落ちてたまるので、それをなんとかしたくて、スイーパーが欲しいなぁと前々から思っているんです。

ただまあ、見ての通り、通常で 72″, 狭いタイプで 60″ あります。
うちの S130 は車幅が 1.5m なので、当たり前ですが、それより広くないとあまり使い勝手が良くないわけです。
スイーパーとは別にアングルブームというものがあるんですが、これはゴミを跳ね除けるだけで、回収することはできません。
山道だけ掃除するならこれが一番安上がりではないかと思います。

そしたら、A さんから アルマジロ がいいと教えられました。
なんと MonotaRO で売っているんですが、お値段驚きの 900 万円です。
そういえば、これ金城のスクラップヤードで掃除に使ってました。
あそこで使えるんだから、相当タフなんだろうなと思います。

実にいいですね。
薪作りの時に出たゴミも簡単回収です。
かなり小回りも効きます。
でもこれ、回送車に乗るんでしょうか?

ゴミ捨ても簡単!
ダンプに積み込めます。

これ欲しいですね、物欲の秋。
能力高すぎて、あっというまに掃除が終わってしまいそうです。
でも、現実問題、優先順位はかなり低めですし、大部分のお宮は舗装されていないので、これでは掃除ができませんから。

とりあえず、荷物を下ろして、コンテナの引き取りは無事に完了しました。
配達は天気と相談になる感じですが、今週中には済ませたいと思います。

お供えの鯛について

秋祭りは無事に終わったんですが、ふと、お供えの鯛について思い出すことがありました。
それで、現状、自分が知っていること・思っていることをまとめておこうと思います。

まず、鯛のお供えの仕方です。

北海道札幌市北区鎮座 新川皇大神社 公式ブログです。
新川皇大神社 は、本庁包括ですね。

ざっと Google で検索したところヒットした鯛のお供えの画像ですが、説明したいことがあるので、その特徴が見られるものをピックアップしました。

まず、鯛の向きです。

かつては「海腹川背」といって海の魚はご神前に腹を、川魚は背を向けると決まっていましたけれど、今では区別せず、腹をご神前に向けます。そして、中央より向かって右にお供えする場合、頭は左に、向かって左にお供えする場合、右に頭を向けます(これはほぼ全国共通)。

ですが、これは、当地近郊では異なりまして、一尾の時はそうなりますが、二尾の時は腹合わせになります。
頭の向きは、正中向きです。

何故だろうなぁ、などとずっと思っていたら、こんな記事を見かけました。

タイのオスとメスの見分けはできるのか?
最近は、結納品として鯛のオスとメスを持って彼女のお宅へという人も少なくなりましたが、それでもたまに「結納品に使いたいので○月○日に鯛のオスとメスを用意してください」 という注文があります。 しかし、はっきり言って私は鯛のオスとメスを見分けるのは苦手なのです。

一般的にはメスの方が優しい丸みのある顔つきをしているとか、オスの方が色が黒いなどといかにも慣れれば簡単に見分けられそうな事が言われていますが、それほど簡単ではありません。

(略)

結納用にオスとメスのタイを頼まれた場合は、このように魚の腹を合わせて飾りますが、この写真に使ったタイのように腹を開けて確認するわけにもいきませんから、大きめのタイと小さめのタイを1匹ずつ用意して、上(向こう側)に大き目のタイ、下(手前側)に小さ目のタイを置きます。 小さい方のタイをメスに見立てるわけです。(実際にはタイのメスの方がオスよりも小さいわけではありません)

そういえば、M さんが総代をしていたときに T 先生に、お供えの鯛は雄雌で釣り鯛と言われたということですが、そういえば自分も Y 先生にそう習ったのを思い出しました。
それで、この魚屋さんではないですが、見分けることは全くできません。

この文章だと、結納などの際のお祝いの鯛は、全国的に雌雄で、かつ、腹合わせに供え、相手側に大きな(オス)を持ってくる、というように読めますね。
たしか、どちらがオスだというのも習ったんですが、そもそも論として、自分は見分けられないので忘れてしまいましたが。。。

それで、麻紐での括り方ですが、テグスで結んでいるものもありますし、もともと見えるように括るのが良いのかどうなのか、という疑問もあったりします。

桃山社中というか、桃山きよ志という方は、かなりアレ(個人の印象)で、本庁包括の神社とかなり異なるので、引用するのも問題があるのかもという気持ちもあるんですが、教祖がおらず、教義・経典の類がないのは神社ですから、誰も正当な神社だとか、正式な作法、などというものを決めることはできないわけで、まあ、歴史の中で判断されるだろうと思い、あえて持ってきましたけど、ここは腹合わせですし、検索すると、麻紐で装飾的に括っている写真などが出てくるかと思います。

新川皇大神社 さんも書かれている通り、あくまでも一例、どれが正しくて、どれが間違いということはないと思います。

例えばテグスについては、元々括るという行為は生きているようにお供えしたい、ということからスタートしたと考えられるという意見があるわけですから、括っているのが見えるよりは見えない方がそう考えると良いわけですから、理に叶うと感じるわけです。
その反面、ちょっとプラスチッキーでどうなのとも思うのです。

あと、魚の下に敷く葉っぱ ですが、うちはヒノキです。そのために一本、葉を取るように植えてあります。

室町時代の料理書『四条流包丁書』の中に「カイシキノ事 ヒバ ナンテン」と書いてあるそうで、ヒバは樹木としてはアスナロを意味しますが、ヒバ=桧葉(ヒノキの葉)ではないかと解釈されています。

魚屋さんの白いのは、ドラキュラマット というようですが。。。

他には、熊笹や南天、バランが見れますね。
管理が楽そうなので、南天やバランも用意してみようかなと思いました。