netvue orb cam が届きました

この前追加で注文したと書いた netvue orb cam ですが、今日届いてました。

それでお代は、

Item(s) Subtotal: $107.97
Shipping & Handling: $26.30
Your Coupon Savings: -$3.00
—–
Total before tax: $131.27
Estimated tax to be collected: $0.00
—–
Grand Total: $131.27

と相成りました。
一台 5,000 円ちょっと、というところでしょうか。

早速、お宮に取り付けてみました。

前に取り付けてある outdoor cam に取り付けでああでもないこうでもないとやっている様子が激写されていましたが、結局ベストなポジションは決まらず。。。

それで、今回届いたものは古い在庫だったのか、ファームウェアのバーションが古く AI 機能が使えません。
ファームウェアを更新したら、最新版では使えるようになっていました。

AI というのは、Lab Features という項目の中に入っているので、まだ実装されているとは言い難い、ベータ版、という位置付けなのかもしれませんが、モーションアラート時に「人であるかどうか」を識別して、無駄な通知を減らす、という機能のようです。
モーション録画自体は行われる模様で、クラウドの録画履歴に「人を検出した」とわかるアイコンが表示されます。
しばらく使ってみて、どれくらいの精度になるのか、カメラの位置により逆光になりやすい等、いろいろ条件もあるかなと思うので、設置場所を含めて試してみたいと思います。

なんだかんだで、pan, tilt 機能がついている分、壊れやすいのではないかという懸念があるのですが、耐久性についても、しばらく使って様子を見てみるしかなさそうです。

不審物を発見!急行しますニャ!

netvue の pet cam を買っていたのを思い出して、設定してみました。
買った時は、$39.99 でしたが 3 ヶ月ほどで少々値下がりしたようです。

ちなみに、白と黒があります。

白。

黒。

早速自宅警備ニャン 6 号が不審物を発見!
急行して、ガン見しています。

今朝の 6 号。
やはりカメラが気になるようです。

まあ、画質や何かは見ての通りです。
1080P だとこんなもんでしょうか。
必要十分な気がします。

netvue の良いところは、アプリの使い勝手です。

nest のほうが UI はいいんです、お金を払えば。
ただ、毎月のことですから馬鹿になりません。

無料で使える範囲で考えると、netvue の使い勝手は優秀に思います。

設定に関しても、ステップバイステップで分かりやすいと思います。

あと、このカメラの場合、電源供給が USB です。
なので、設置場所によっては、L 型の短いケーブルなど、100 均のものも使ったりして、きれいに設置できるかなと思います。
カメラは下を向けないので、天井につけると良いかもしれませんね。

ところで一つ疑問なのは、モーション機能が AI により、人を認識して、動物だとか、風で揺れる木に反応しないと謳っているんですよ。
このカメラはペットカメラとして売っているのに、動物に反応しないとはどういうことでしょう。
やれやれであります。

あと、現在のところ、モーションをトリガーとして、対象物を追尾して撮影する機能はないようです。

価格的には、塚本無線の BESTCAM よりも安いのですが、自動追尾で差がある感じです。
あと、BESTCAM はアプリの出来が悪くて、とても使いづらいです。

BESTCAM で、一番致命的なのは、すぐに壊れること。一年使えたものは一台もありません。
たまたまハズレを引いたのかはわかりませんが、メカがとても貧弱な作りのようです。
あと、雲台というか、マウントブラケットも別売りです。

netvue のモーションの精度については、賽銭泥棒対策として設置して様子を見ようと思いますが、AI 機能のないアウトドアタイプについては、動くものあれば撮影をする感じで、風で木々が揺れて木漏れ日が差す/差さない、というような変化でも撮影をしてしまいます。まあ、連続録画しているので、犯罪の瞬間自体は録画されているんでしょうが、そのタイミングを探し出すのが面倒くさい、ってとこです。

もし、AI 機能が使い物になるほどの精度(無料だと 70% 程度の精度のようです)だとすると、nestcam IQ の価格を考えると、かなり優秀なんじゃないかと思います。

BESTCAM が良いかどうかは、単純に自動追尾が必要かどうか、でしょう。
使い方をわかってないだけかもしれませんが、自動追尾を有効にすると、カメラが明後日の方向を向いて壁を取り続けていたりして使い物にならなかったため、結局使いませんでした。
理論的に考えて、追尾する対象が故度から現れるか決まっていれば、追尾できなくなりしばらく時間が経過したら復帰すべき場所を登録しておいてそのポジションに戻ればいいしょうが、そんな機能あったかな。。。

神社やマンションのエントランスで使うようは昨日発注して、航空便で 2 — 4 days ということなので、今週中には届くと思うので、届いたら設置して、しばらく様子を見てようと思います。

今週のお宮工事の成果

今日は祭日でした。
雨は結構強く降った感じで、5 組くらいかなと思っていたら、6 組のお参りでした。

今週の工事の具合ですが、まあ、見た通りです。

とりあえず、段差解消工事は、本職さんの施工なので、きれいに仕上がっています。
雨なので、コンクリートの散水用上もいらず、水勾配も問題ありません。
金コテで押させてある部分はやはり滑りますね、クロックスだし。
洗い出しの部分はもちろん、クロックスでも滑らず、段差も解消されたので安心です。
予算に余裕があれば、お店屋さんの前まで仕上げられたら良かったんですが。

ペンキ塗りですが、アルミの鳥居と、塩ビの鳥居の塗り直しは大体終わりました。
朱色は元々の色に近い感じに調色できてるともいますが、まあ、所詮は素人の自画自賛です。
ただ、絵馬かけはほぼ手付かずで、明日は Y くんが手伝いに来てくれるので、続きをやろうと思います。

お店屋さんの方ですが、検疫所からの書類が今日午後に届きました。
というわけで、月曜日に通関に行きたいと思います。
ほぼほぼ検査だと思いますから、朝から行かないとです。

月曜日中に引き取るところまでできたら、火曜日から検品等の作業に入り、急ぎのものはその日のうちに納品できればと思います。
運が良ければ水曜日には Amazon で受領され、発送依頼がかけられるのではないかと思います。
正直、どこまでできるかは自信がありませんが。
早ければ、次の週末には商品が届き始めると思います。

ただ、入荷が少ないので焼け石に水、半月くらいでまた在庫切れになりそうな予感はしています。
次の貨物も先週カットの指示を出したので、7 月頭くらいには届くといいなと思っています。
チャイニーズウイルスの影響で、仕入れが止まり、輸送も時間がかかって、ご迷惑をおかけしていますが、何ぶん 100 年に一度くらいのことですので、ご容赦いただければと思います。

それはそうと、JØTUL F 500 の修理用部品の件です。
K さんから見積もりの依頼をいただきましたが、国内の正規の価格等は一切知りませんし、興味もないのですが、うちの場合の価格を記載しておきます。

(72) tube rear
(73) Tube middle and front
計 CA$459.20
Handling fee CA$20

合計 CA$479.20

ドンブリ計算で申し訳ないですが、CADJPY が 76 円としますと、479.20 x 76 x 1.035 x 1.1 x 1.1 = 45,609 円といったところです。
1.035 は為替手数料の 3.5%, 1.1 は消費税 10%, 1.1 はうちの手数料 10% です。
受注発注の商品についう手は、原則、現金のみです。(事後に精算が必要なため)
送料は別です。
まず、1m3 あたり、今のところ大体 5 万くらいかかってしまいます。
たとえば、50cm の立方体の場合、0.125m3 になりますが、パレットに積みつける必要があり、パレットの代金、また、パレットのサイズ分の空間の運賃、ダンボール箱同士の隙間、パレット積みつけの手数料、パレットを CFS に持ち込む手数料がかかります。
経験的に、30% くらいのそういう付随費用やロスが発生するので、実容積の 3 割増で按分いたします。
たとえば、前回の数字として、2.5m3 運んで、12 万程の海上運賃でしたので、1m3 あたりの価格は、4.8 万円(税込)です。
4.8 x 0.125 x 1.3 x 1.1 = 0.858 万円、8,580 円の運賃(当方の手数料込)になります。
あとは、国内の宅配の料金も別途発生します。
チューブですからもっともっと小さい部品で、運賃はそこまでかからないかと思いますが、似姿もわからないし、貨物全体の量で運賃はかなり変動するので、ここを事前に正確に計算することはできません。
よって、総額 6 万円を超えない程度ではないか、ということしか言えません。
思ったよりも恐ろしく高いので、本体自体が正規品の場合、正規ルートでの見積もりも取られる方が良いと思います。

薪の配達準備 — コンテナがいっぱいになりました

今日は 15 日なので、月次際です。
午前中は神社を巡回しました。

お供物屋さんに行く際、傾斜で土が流出して差ができてしまう箇所の改修工事ですが、無事に終わっていました。
昨日は薪割り機の出荷作業で、工事屋さんが作業しているうちにはお宮に行けず、洗い出しの様子などをみたかったんですが、今日も入れ違ってしまいました。
段差も解消され、洗い出してあるので、このような雨でも滑ることもないので、これで一安心です。
他にも問題は山積しているので、梅雨まである程度、片付けられる範囲で片付けておきたいと思います。

非常事態宣言もとりあえず緩められたので、薪の配達に出かけたいと思っているんですが、コンテナにいっぱいになりました。
18 袋が 2 段、36 袋です。
400kg くらい入っていれば、14.4t といったところです。
一つ一つは計ってあるんですが、一覧がないので、下ろすときにもう一度計る必要があります。
目方売りなので。

それはそうと、雑貨の入荷についてです。
お問い合わせを多数いただいて入るんですが、結論から言うと、今日は食品衛生法関連の書類が揃っていないので、通関できませんでした。
来週になります。
現時点での予定ですが、月曜日に通関・引き取り、火曜日から検品、納品、発送となります。
基本的には、Amazon に納品し、Amazon からの出荷となりますので、Amazon に到着まで 1 — 2 日、受領され発送可能になり、発送オーダーを入れて発送されるまで 1 — 2 日、早くて木曜日、遅いと土曜日くらいの発送開始になると思われます。
発送後は、1 — 2 日で届くの感じです。
ご予約いただいている方には、大変お待たせする形となってしまいましたが、社会環境が通常ではないので、物流の遅延についてはご容赦いただければと思います。

重松塗装店開業

今日は、M くんが手伝いに来てくれたので、鳥居の修理というか、塗装をしました。
結構ガッツリと塗装が傷んでいるのでかなり難儀をしましたが。。。

それで思ったこととしては、曲面用の BOSCH のサンディングアダプタを買っておいたらよかったのにってことです。

まあ、ないものはないので、手で頑張りましたけど。

あと、朱色が売っていなかったので、調色しました。
まあまあの色になった気はするんですが、もうちょっと赤が強くても良かったかもしれません。
仕上がりはちょっと逆光で、色がわからないと思いますが。。。

そうそうなんで塗り替えかというと、傷んでいたから、ということもあるんですが、朱色、というのは魔除の色と言われているわけで、疫病退散の願いもあって、思い立ってしまったということです。
思い立ったら即行動!
結局、丸一日かかりました。

鳥居にかかっていた扁額ですが、5 号が思い立って彫刻刀で削っていましたが、本人的にはすでに失敗の模様です。
まあ、お詣りも少ないし、暇な時にボボちやれば、いつかは完成するかなと思います。
心を込めて作ればそれでいいんじゃないかと思います。
ちなみに揮毫は亡父で、額自体は 2 代目で、急いでレーザで浅く彫刻したものです。

あと、黒の塗料が少々残ったので門扉も塗装。
あるだけなので、適当ですが。

段差解消工事ですが、車庫前の土間が打たれました。
ここは、コテ押さえです。

明日は、コンクリート舗装の続きですが、洗い出しの予定です。
後は、薪割り機をヤマト便で出荷できるように分解、再梱包します。
通関は、書類が戻ってきたら、申告だけでもできたらなとは思うのですが、ちょっと厳しいかもしれません。
今週中に切れるようにボチボチ頑張ります。

本日入港 — A/N が届きました

ゴールデンウイークというか、コロナウイークというか、よもや 2 週間も予定より遅れるとは思いませんでしたが、本日入港です。今回は大成海運さんにお世話になるようです。

早速電話をして、明日搬入と言うことなので、午前中、検疫所の届出書類を作成して、取り急ぎ発送しました。
原始的な紙でのやりとりですから明日届いて、明日中に問題なく処理されて返送してもらえると、明後日くらいには戻ってきて、運が良ければ通関が切れるかなというところですが、まあ、無理でしょう。
今週中になんとかなればと思います。
大成海運さんは土曜日は休みだそうで、最悪は週明けに通関、そこから検品・梱包・納品、納品後マルチチャンネルで発送という流れになるので、最悪のケースだと、来週末くらいからの発送となる見込みです。

今回入ってくる変わり種としては、Lodge の Wildlife シリーズ でしょうか。

元々は オオカミスキレット だけ輸入したんですが、お宮ですこぶる好評だったんです。

今回数種類入荷予定です。
とはいえ、サンプルとして、2 点づつの入荷なので、当面飾っておきたいと思います。

お宮の段差解消工事もボチボチ進んでいました。
明日くらいには、コンクリートを打つことができそうです。

庭の池を潰して駐車場にしたわけですが、そこまでの坂道に会所があり、車で踏むと蓋が割れるので鉄板で蓋を作っていたんですが、すっかりサビで裏のアングルが取れて簡単にずれてしまうため、修理しました。
50mm の新しいアングルを取り付けて、10mm のコンクリート用のセルフタッピングビスで固定しておきました。
下穴 8.5mm と指定されていたのですが、ちょうどのサイズがないので、渋々買ったら 1,300 円もしました。
なんとも。。。

明日ですが、M くんが手伝いに来てくれる予定なので、お宮の鳥居や絵馬掛けの朱色が褪せてしまっているので、ペンキ塗りをしようと思います。