ようやく入荷しそうです

一回スキップされてしまった FISKARS のコンテナですが、ようやく連絡がありました。

といっても、松山の入港案内ではなくて、釜山到着の案内ですが、5/13 だそうです。
本船は、Hyndai New York です。

ETA: 2021-05-14 18:00 LT (UTC +9)

だいたい一週間くらいで松山に到着するので、普通なら 5/20 頃、ただまあ、アテにならないので 2 週間余裕を見れば、5/27 には入ると思うので、なんだかんだで月内には出荷を開始できそうな雰囲気です。

品切れしている X27 や品切れ状態の IsoCore などは、ある程度纏まって入ってくるので、少し在庫が安定すればいいなと思っています。
ただ、X7 の入荷はなく、15″ の Anvil Lopper については、廃盤になりました。

その代わりと言ってはなんですが、薪割り機の方は、音沙汰なしです。
問い合わせにも無応答なので、テンパっているのか、とはいっても、文句を言っても早くなるわけでもなし、待つしかありません。

状況が正確にわからないのでなんともですが、これも、Sohpia Express を追跡してみると、

ETA: 2021-05-13 14:00 LT (UTC +9)

ということですので、どっちのコンテナも同じくらいのタイミングで入ってきそうな予感です。
月内になんとかなればいいんですが。。。

それはそうと、今日は、同業(?)というか、規模が違いすぎるのでアレなんですが、大手の薪屋さんの工場の見学に出かけてきました。
大変参考になったんですが、規模が違いすぎるので、そのままはうちの方ですぐに改善していけないとは思うところです。
詳細については、先方の企業秘密に該当する部分もあると思うので、ここでは伏せておきたいと思います。

家に戻ると、なんかすごく眠くて、寝てしまって、起きたら 20 時を回ってしまっていたので、今日は仕事らしい仕事せずに終わってしまいました。

明日は、今日 5 号に検品を頼んでいたものが仕上がっていたので、それの箱詰めと出荷作業をして、午後からは、保険屋さんと打ち合わせをしたいと思います。
保険というのは、お店の保険で、在庫に対して保険をかけたり、販売した商品に瑕疵があり、事故になり賠償の責任が生じたい際ためのものです。

輸入商品というのは、法律上、輸入者が製造者とみなされます。

Amazon などでは、海外のセラーが個人輸入の体裁で、海外から商品を出荷してくるパターンがあります。
これは消費者にとって、著しく不利なので、リスクをよく理解して買う・買わないの判断をする必要があります。

セラーは消費税を納税しなくても済むだけではなく、上に書いた通り、輸入者は購入したお客さんと言うことにできるので、品物に瑕疵があっても法的に責任を取る必要がありません。
まあ、もともとそういうつもりもないから、そういう商売のやり方をしているわけで、販売者はほぼノーリスク(在庫する必要すらない)なんですが、購入者は非常にハイリスクです。

それで安ければいいんですが、納期はかかるし、たいして安くない、消費税の 10% 分も安くないことが多いので、昨日も書いた通り、Fullfilment by Amazon、日本国内の商取引として、国内の法規で保護されているか、確認をするべきです。

こんな表示があれば、非常にリスクが高い輸入方法だということは理解しておいた方がいいです。
Prime マークもないので、Prime の保証も適用されません。

こういう店で買うくらいなら、直接米国 Amazon や eBay で購入すれば、同じリスクで Amazon.co.jp の手数料の 15% 分+この店の儲け、それくらいは安くなるわけですよ。
まあ、英語で注文するのがダルいのよ、っていう層がいるから、こういう店が生き残っているのでしょうが。

話が少々ずれましたが、うちは真っ当な方法で輸入をしているので、当たり前ですが、うちが製造者になりますので、事故の際の保険が必要なのです。
今まで一件もありませんが。

明日もボチボチがんばります。

キッチンができました

キッチンですが、ようやく出来上がりました。
ただ、給排水や、ガスの接続はまだです。

コンセント ですが、きれいに収まりました。
最初、少し浅かったのでやり直しましたが。
写真は、コンロ側です。

シンク側に デロンギのコーヒーマシン を置きたいと 5 号がいっているんですが、そちら側は後からコンセントがいると思いついて、蓋をしてしまい間に合ってないのでコンセントがないのです。
照明のスイッチの方から渡りで取れるか、取れるならコンセントを埋め込めなくもないので、後ではぐってみようと思います。

コンロですが、適当でいいかなと思っていたんですが、いろいろ思うところがあって、ノーリツのスタイリッシュブリンク というものにしました。
機能ではなくて、完全に見た目で選びました。

ネットだと、11 万円前後なんですけど、アフターがあるし、ガスはガスだけでなく機器も含めてトータルでサービスを受けるものと考えているので、ガス屋さんにお願いしました。1.5 倍くらいしますけど。
納期が 26 日とのことで、しばらくコンロはありません。
お宮に 100V の ポータブル IH がある(私物)ので、回収してきて、それで間に合わせようと思います。

それと、一旦これで完成にしたいと思うので、薪ストーブを元に戻そうと思うのです。

煙突が梁に近い気がしてちょっと測ってみたんですけど、さげふりの糸から 10cm ほどです。
施工説明書を見ると 6 インチ, 約 15cm の離隔距離が必要のようです。
もっとも、糸からなので煙突からだともう少し離れているんですが、足りないのは確か。
ただ、焚いていても煙突表面は手で触れる温度くらいにしかなりませんし、ほとんど煤もたまらないし、この部位が煙突火災になることはないと思うんですよ。

耐震性を高めるために、煙突を固定する金物を作り、それにシールドの機能を持たせたら、なんて思ったんですが、そもそも家自体が免震ですし、Ultra Black 煙突は、カタログを見ていてもメーカー自体が固定金物を用意していないように見えますし、とても軽いので、意味がないような気もするんです。
それに、写真の吊り下がっている煙突はスライド部分の上側になるんですが、丸太小屋なので、セトリング対策として、固定できるのは屋根と梁の間でスライドしない部位ですから、スライド部分をもっと下にずらす必要が出てきます。
ちょっと面倒くさいな、というのが正直なところです。

BIG TUBE はいい感じです。
階段にどうやって吊るすか、まだ考えはまとまっていないんですが、灯具については作ろうと思いまして、ソケット等を取り寄せています。
コスト的には、コードだけ買って、長さを調整して作り直すのが良いとは思うのですが。

それで紙っぽいものですが、写真を撮ってみました。
ソケットのところに茶色く写っているものがそれなんですが、紙筒に見えます。
真鍮のカバーよりも突出していてブサイクです。
でも、手で取り外せるほどは、出っ張っていない感じです。
お店に問い合わせメールを送ってますが、今のところ返事はありません。
燃えないといいんですけど、まあ、LED だから大丈夫だとは思いますが。

今日の雑貨の作業は、夕方、小一時間の作業でしたが、38 ケース, 169kg の出荷でした。
在庫が切れているものがまだ少々残っているので、ボチボチ進めていこうと思います。

明日は、午前中、新築の家のお祓いです。
午後からは、キッチンの給排水、それと、Brave 13t の発送と、薪の乾燥具合の確認などを行いたいと思います。
頼まれていたトレーラーも持っていきたいと思います。

Edison Bulb NOSTALSIA x BIG TUBE GOLD

今日は春祭り 2 日目でした。
あいにくの雨です。
お参りはまあ、ほとんどない感じですが、その分、ゆっくりとお参りしていただけたかなと思います。

表題の Edison Bulb NOSTALSIA x BIG TUBE GOLD ですが、届いていました。
早速使ってみました。

構造としては、アクリルか何かの導光チューブがあって、それにレーザーだと思いますが傷がつけてあり、それが光ってフィラメント風に見えるという構造です。なので、それ自体が発光しているわけではなく、球の一番根っこ(物理的には一番上)の部分に LED 素子が仕込んであり、照明としては下方向に光ります。
明るさははっきり言って単体では暗すぎますが、5 本あるので、それなりで、直視しても眩しくないです。
近くで凝視するわけではないので、雰囲気は楽しめる照明だと思います。
ただまあ、割高感は否めません。

灯具は、100cm の真鍮のスイッチ付きを使っています。

一緒に写っているのは、40W のボール型 LED なんですけど、これははっきり言ってダメですね。
写真でもわかる通り、ガラスの品質が低すぎて、曇っているし汚れているのです。
斜視を撮るので、当然磨いています。

まあ、499 円でしょ、と言われたらそれまでなんですが、機能には問題がないものの、なら、ダイソーの 100 円(税込だと 110 円)のもので機能だけなら問題がないわけですよ。
逆に、ガラスの透明感、という意味ではこれまたダイソーで少し前々 100 円で 2 つ、フィラメントの裸電球を打っていましたが、それのガラスの方が遥かにクリアで高品質です。
なので、単にこの電球の品質が低すぎるだけだと思うんです。

雰囲気代として 499 円払っているわけで、その肝心な部分がダメだから、一体どこを向いて仕事をしているのかしら、と思うレベルです。
まあ、ダメ元で、あまりに物が悪すぎるので、交換して欲しいと連絡をしてみようと思います。
ちなみに 60W のタイプも買ったんですが、こちらはガラスが小さいのでそれほどアラは目立ちませんが、一つ、細かなヒビが入っていました。

共同照明の LED 電球は、ガラス部分の品質にばらつきが大きく、正直、装飾用には向かないと思います。
かと言って実用品としてみると、価格は少々割高感があります。

一方、灯具の方は、しっかりとしたものでした。
一つ気になる点としては、ソケット部分が中央に来るように真鍮のカバーとの間に紙の筒が差し込んであるんですよ。
紙の筒が。
燃えないの?って思うんですが、工具がないと外せない感じですし、そもそも外して良いものなのか。。。
常識で考えれば、燃える紙が使われるような部位ではないので、輸送時の固定用だと思うんですが、説明書にそのことが一切触れられていません。
それと、メーカーのシールなどが本体に貼り付けられていて、これは剥がしておきました。

コードの長さが 100cm しかないので、階段の吹き抜けだと使えないだろうなと思って、コードだけ買って作り直そうかと思って Amazon を見ていたら、材料一式売っているじゃないですか。

ダクトレール側の部品です。

ソケットです。
だた、4 個入り。一つ足りません。
それに、コードの付け根の部分、なんという部品か知りませんけど、そこがプラなんですよね、これ。

似たもので、6 個入りがあったんですが、そちらは材質がアルミでした。
メッキでしょうから、汚れてピカールで磨いたら、禿げてアルミの素地が出ちゃいそうですから、ない感じ。

ダクト側の部品とソケットとを合わせると 1,000 円ほどしちゃいます。
それで、共同照明さんの灯具は一式で 999 円(ただし、送料は別)なのですが、これを追加で買って作り直した方がいいような気もしないでもないです。

このコードは 10m で 2,280 円なので 1m あたり 228 円ですね。

ちょっと気になっているのが、Hemp Rope のもの。
ただ、値段が高いです。

まあ、階段の上にどうやって設置するのかって問題もあるので、その辺りもじっくり考えたいと思います。

続 検品・梱包・納品

今日も昨日の続きで、検品・梱包・納品です。
76 ケース、400kg でした。

なんかよくわからないんですが、胴(腰ではない)が痛くて、ラベル貼りが嫌になってしまいました。
納品時には、箱に納品のラベルを貼らないといけないのですが、76 ケースもあると、それなりに一仕事です。
X25 のように薄いケースだと、側面に貼ることはできないので、貼っては積み直さないといけません。
あらかじめラベルを出しておいて貼ればいいんですけどね。

そうこうしているうちに、前原製粉 さんからお餅が届きました。
ひとつづつ個別に包装されていて、それぞれにラベルが貼ってあり、賞味期限も明記してあります。
とても衛生的で、あと、十文字に切れ目まで入っています。
それを紅白ひとづづつ OPP 袋に入れてシールして、のしのシールを貼って、お頒ちする準備をしました。

その作業のときに、突然 5 号が、なんで紅白なのか、と言い出して、餅を袋に入れる順番も気になったようです。
紅白ですが、紅は赤ちゃん、白は死装束で、人の一生をあわらすといわれています。
並び順ですが、左右の場合はばらつきがあるんですが、字面でも紅白であり、重ねる場合上が紅で、メーカーのパッケージングでも上下になレベルパッケージでは上が紅になっているので、写真のようにパックしました。

余ったらどうしようか、と思ったんですけど、来年の今まで賞味期限があるので、冷暗所で保存しておけば、当面お参りの人にお頒ちすることができますね。
最悪、来年に使うこともできますし。

価格ですが、30g x 紅白それぞれ 300 個、都合 300 組, 600 個で 17,000 円でした。

シールですが、普通に FBA で使っている US Letter サイズの 30 片のラベルを使いました。
このラベルは角が丸いので、剥がれにくく見栄えが良いかなと思いました。

ただ、紙のラベルなんです。
この間、ストーブポリッシュの出荷準備をして、床に近い位置に保管していたんですが、湿気があったようで、ラベルがカビっぽい感じになっていたんです。

ラベルの在庫も減ってきているので、Amazon を見てみると、プラスチックのラベル用紙があったので、1,000 枚買っておきました。$100 ちょっとです。
運賃と消費税で 3 割くらいかかるので $1 = 150 円くらいでしょうから、1 枚 15 円、30 片なので 1 片あたり 0.5 円ということになります。

この間クリーニングインクを買ったと書いたと思うんですが、このラベルがプラスチックだったんです。
ちなみに、これは届いてクリーニングしてみたんですが、CMY 各ノズルが本当に微妙に詰まりがあったんですが、M 以外、完全に綺麗になり、M のみ 1 つだけノズルが欠けていて、これは解消できませんでした。

話をラベルに戻します。

QL-700 などのラベルライタのロール紙は 12 ロールで 3,600 片です。
これで、$36 くらいなので、1 片あたり、$0.01 で 1.5 円ですので、シートの 3 倍かかります。

つまり、10 枚以上印刷するならシートを使ったほうがトナー台を無視したらお得、ということになりますね。
プラスチックのシートなら、カビが生えることもないし、レーザーならさらに水や紫外線にも強く、感熱紙のように時間が経つと印刷が薄くなるという問題も回避できますし。

うちは季節商品もあるので、保管の時間が長くなる在庫がたまに出るので、今後は極力、プラスチックのラベル+レーザでの印刷、という方向性でいこうと思います。

Amazon Basics のテープの件です。
まあ見ての通りなんですが、今使っている 3M との比較をしてみました。

まず一番気になっていたカートンシーラーに取り付けられるのか、という点は大丈夫でした。
ちなみに、自分のは MonotaRO のもの、5 号のはトラスコ中山のものです。
自分は MonotaRO のでないとダメで、5 号はトラスコ中山のものでないとダメなようです。
微妙に使い勝手が違うんですよ。

テープ自体、Amazon Basics のものはクリスタルクリアと書いてあるんですが、巻が倍だからか、明らかに黄ばんで見えます。

3M の画像は少し黄ばんで見えるんですけどね。
実際には、Amazon Basics よりも遥かにクリアです。

コスト的には、Amazon Basics に切り替えても 2 割もカットできないので、コスト面での切り替えの動機はイマイチです。
巻が倍になるので、交換の頻度が半分になるかなとは思うんですが、その分、テープが重くなります。
それよりも、一番は、使い心地でしょうかね。
テープを引き出すときの音だとか、引っ掛かりだとか、あと、粘着具合、切れ方。
MonotaRO のものも試したんですが、二度と買うことはありませんでしたし。
それに関してはこれから吟味しようと思います。

検品・梱包・納品

表題の通りです。
今日は雨で、お宮の掃除は中止にして、検品・梱包、そして、納品作業を行いました。

OPP テープを大量に使うんですが、これまでは 3M のものを使ってきました。
48mm x 50m, 厚みは 0.065mm で、軽梱包用です。
MonotaRO のものとかも使ってみたんですが、結局 3M のものが一番作業性が良いのです。
大量に使うので、負担と言えば負担なのです。
8 巻で 1,200 円ほどなので、@150 円、1m あたり 3 円というところです。

物は試しということで、評価がまあまあだったので Amazon Basics ブランドのものも買ってみました。

テープ厚みについては明記されていませんが、レビューを見る範囲では、3M と同等、ということです。
100m 巻を買ったのですが、まだ使ってないので、カートンシーラーにセットできるかわかりませんが、テープを交換するのもそれなりに面倒くさいので、巻が倍なら、交換頻度は 1/2 になりますから、その点は期待できます。
あくまでもカートンシーラーにセットできたら、という話ですが。
6 巻で 1,500 円ほどなので @250 円ですが、100m なので 1m あたりだと 2.5 円です。
3M の 8 割強、ということになります。

そういうわけで、テープも品質と値段のバランスが難しいなと思うところです。

それはそうと、NO-SPILL のノズルですが、これは不良品です。
どこが不良品かわかりますか?
答えは最後の方に書いておきますけど、今までは不良品は全くと言っていいほどなかったのに、最近急に不良品が混ざるようになりました。
うちの場合、カートン単位で仕入れるので、出荷時の問題ではないと思うのです。
一応、仕入れ元には問い合わせてはおきましたが。

Brave(ブレイブ) 13t です。
組み立てたかったんですが、倉庫はものが溢れかえっているので、グッと我慢です。

頼まれていたトレーラの鉄バージョンも入荷しているんですけど、アルミの方はどうなったかは聞かないでください。
そのうちなんとかします、そのうちに。
鉄は鉄で、近いうちに配達しておきたいと思います。

納品自体は、ソータブル 34 ケースで 202kg でした。

明日は納品の続きをやりたいと思います。

さて、不良品ですが、答えは O リングがない、でした。
消耗品でもあるし、取り寄せておいた方がいいかもしれません。

なぜ 4:1 になるのか

見ての通りです。
昨日は、1, 2, 3, 4 と 6 というふうに分かれていましたが、今日は 1, 3, 4, 6 と 2 でした。
キッチン工事のため、ケージに入ってもらってますが、3:2 くらいの方が狭くなくていいじゃないのと思うんですけどね。

今日は、16 — 18 の 3 日間の春祭りの案内状を作りました。
まだ終わってませんけど。
例によって、例の如く、シルバー精工の折り機の具合はイマイチで、無理して連続動作させると詰まったりしてしまうので、3 枚づつ処理しているので、微妙に時間がかかります。
明日には終わるといいんですが。

そうこうしていると、電話がかかってきて、今日入港する予定なんだけど、いつ引き取りますかと。
搬入されたら、内容点検に行って、検疫所に書類の提出をして、それから通関です。
とにかくどこにいつ搬入されるか教えてもらわないことには、予定もへったくれもありません。
今日が水曜日、明日搬入されるとして、明日内容点検に行けたら、夕方までに広島に書類を送り、金曜日中に処理して送り返してもらえたら月曜日に何とかなるんでしょうが、月曜日に処理されれば、書類の戻りが火曜日、通関は水曜日、というのが無理のない無難なスケジュールです。

案内状の印刷の合間で、雑貨の検品、梱包、出荷も行いました。
もう薪ストーブのシーズンも終わりで、売れ行きも落ちていくんでしょうが、在庫切れしているものは納品・補充しておかないと、お店のスコアが下がってしまうのです。
その反面、長い間売れない状態の在庫を溜め込んでも、保管料(倉庫の費用)も嵩みますし、スコアも下がるので、なかなか面倒臭いです。

明日も案内状の続きと、雑貨の発送とを頑張りたいと思います。