正規輸入の TrueNorth TN20 が値上げされたようです

Facebook でピキャンオーブンの値上げの話があったのですが、このところ色々なものが値上げされていますね。

TrueNorth TN20 ですが、本国でもじわじわ値上げされて続けていて、うちでも価格維持が不可能になりました。
正規輸入品 は価格が据え置かれていたんですが、ついに 242,000 円に 1 割ほど値上げされていました。
いつの間に?

うちも新定価に合わせて価格を改定しました。
ただし、国内送料も高くなっているため、場所によっては追加送料が必要になります。

思い返せば、TN20 ですが、かれこれ 2 割くらい値上げされたように思うんです。
それと同時に、ダイヤモンドオンラインのセンセーショナルなタイトルの記事を思い出しました。

まあ、詳しいことは記事をあたってもらうとして、ポイントとなる点が一つあります。
実際の賃金ではなく、物価水準が加味されているわけです。

OECDの平均賃金は、「購買力平価」をベースとするもの。例えば同じ品質、同じ量の製品が米国で1ドル、日本で150円だった場合、実勢の為替レートではなく1ドル150円のレートで換算するという計算方法だ。購買力平価には国家間の物価水準の違いが加味されており、生活実感により近い。

FISKARS X27 にしても、2 万円前後の値段をつけている、そういうショップさんがあります。
今現在、楽天で検索したところ最安値が

12,663円 送料無料
126ポイント(1倍)
MT商事

で、平均相場が 15,000 円くらいですね。

これがアメリカだと、Amazon.com で今のところ $57.99 なわけです。

楽天経済圏とやらにお住まいの方の場合、楽天ポイントを考慮しないなら、$1 = 218.4 円となり、平均相場だと 258.7 円になってしまいます。

仮に日本の給与が米国と同水準だとしても、今の USDJPY は概ね 110 円前後をうろうろしているレベルなので、こと輸入品に関しての物価を加味すると 1/2 くらいになってしまう、ということになるわけです。

こういう価格差があるからこそ、うちのお店がスタートしたわけでもあり、かつ、成り立っているわけでもあるので複雑な気持ちです。

薪ですが、前回の出荷後、2 釜目の乾燥がスタートしました。
1 釜目は処理が終わって、大体 19 袋くらい、積み込みが完了していました。
2 釜目の仕上がりはお盆明け、積み込み・配達は 4 週目くらいになるかなと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしに参加しています。 励みになりますので、足あとがわりに、ランクアップにご協力下さい。

コメントを残す