夏越祭でした

今日は本務、兼務 2 社の夏越祭でした。
今年はちょっと段取りが悪くて、助勤をお願いしてあった T さんとの連絡がうまく取れずに、かなりバタバタしてしまいましたが、夏越祭は全て終えることができました。

夏越(祓)というのは、毎度のコピペですが、

一年を二つに分けた昔の考え方では、六月晦日は十二月晦日に対応して、前の半年の最終日にあたっています。大晦日が新年を迎えるための大切な日であったのと同じように、六月晦日も、神様に前半の間の無事を感謝し、収穫までの後半の間の無事を祈るための物忌の日・祓の日と考えられていたのです。
昔、宮廷では十二月晦日と六月晦日と年二回、「大祓」の神事が行われていました。祓とは、日本の神祭りの基本とも言える作法で、大祓の本来の意義は、年間を通じて最も大切な正月と七月の祖霊迎えの行事を前にして、物忌を行うことでした。そして、十二月の方を「年越」と呼ぶのに対し、六月の方を「名越」と呼んだのです。その起源は古く、西暦701年制定の「大宝律令」に定められています。それは、大内裏の朱雀院に天皇に仕える百官の貴族が集まり、国民が犯した罪を除き去るために大祓の詞を読み上げる儀式でした。
この大祓の行事は次第に民間の神社でも行われるようになりました。名越は「夏越」とも書かれ、この日を「六月祓」「荒和祓」「夏越節供」「輪越祭」とも呼んだりします。ナゴシという名称は、神様の気持ちを和らげるという意味の「和し」からきているとも言われています。
年越の祓は普及しなかったのに対し、夏越祓は、六月は川祭りも多く行われるように疫病の流行期であり、広く民間の年中行事となっていきました。
四国から九州にかけての地方では、最近まで六月晦日を「ナゴシ」と呼ぶ風習があったようです。また伊豆七島では、今でも夏越の日の物忌を厳重に行う風習が残っています。

ということで、茅の輪くぐりを行うのですが、これは、

夏越祓の方法は、人形に穢れ移して水に流す方法と、「茅の輪くぐり」という方法があります。夏越を輪越しとも呼ぶのは、茅の輪くぐりの祓を行うところから来ているのです。
人形を使う方法は、宮中の大祓でも行われています。息を吐きかけたりなでたりして災いのもとを託した人形に、陰陽師が払いを行ってから御祓川と呼ばれる水辺に流します。後に民間の行事となってからは、人形に代わって古い毛髪や麻の葉が流されるようになりました。
一方、茅の輪くぐりというのは、神社の境内に竹で作った直径二、三メートルほどの輪にカヤを巻き付けたものが置かれ、参拝の人々がそれをくぐることによって身の穢を祓います。そうすることで夏の恐ろしい伝染病や水の災難を防ぐことができると考えられていたのです。
輪のくぐり方は、麻の葉二、三枚を紙に包んで持ち、輪の中心に左足から入り右足から出るとこを三度繰り返します。この時「水無月の夏越の祓する人は千歳の命延ぶといふなり」という古歌を三度唱えたといいます。茅の輪をくぐって夏越祓をした人は、寿命が千年にも延びますよ、という意味です。
茅の輪くぐりは初め各家でも行われていましたが、後には神社だけで行われる行事となりました。これらの夏越の行事は、いまでは一ヶ月遅れの七月晦日に行う神社が多いようです。

ということです。

それはそうと、週末、急激に円高に振れていますね。
全然気づきませんでしたが、水曜日くらいに決済してしまって、かなり損をした感じですが、なんとかと相場には勝てない、というやつです。

何の決済をしたかというと、トングとティンバージャッキです。
米国から輸入していたんですが、どのみち MADE IN CHIAN なので、OEM で生産してくれる工場を探しました。
調達価格が大きく下がる代わりに、たくさん仕入れないといけません。
それほど売れるものではないのですが、まあ、そのうちに売れるでしょう。
秋までには間に合えばと思います。

それと、高所作業用のパレットも仕入れようかと思ったんですが、何と米国で買う方が安いというふざけた状態でした。
まあ、ロット数の問題か、お断り見積もりなのか。。。
とりあえず、こちらは米国で調達しておきました。

あまりに疲れすぎたのでさっさと寝たいと思います。

お宮デーでしたが

今日は神社の祭日です。

朝から暑かったからか、かなりというか結構というか、暇でしたが。
その割に、午後からもボチボチお参りの方が来られて、結局戻ったら 15 時でした。

氏子さんがお参りに来られて特産品のスイカを大量にいただいたので、お供えした後、T 組におさがりとして持っていくことにしました。かなり従業員さんがいるので、全員にはちょっと少ないかもですけど。

それはそうと、雑貨屋さんの件です。
今まで主に米国から仕入れを行っていたんですが、円安・原油高・米国のインフレの影響もあり、調達価格が高騰しています。
価格に転嫁すればいいという話もありますが、国内の所得が全く上がらない状態ですし、価格優先の商品は、米国向けの MADE IN CHINA だったりしたわけです。
米国を経由する場合は、混載(コンソリ) してコストを圧縮しているんですが、うちのような規模の小さなお店は大量に仕入れると捌けるまでに時間がかかってしまうため、小ロットの多品目、ということでやってきました。
ただ、これもここまで急速に環境が変化すると、お客さんにメリットが出づらいのです。
細々とでも一定の需要があるアイテムについては、OEM で直接中国の工場から調達するように切り替えていこうと思っています。
それにより、一気に調達単価を押し下げることができるのがメリットですが、調達価格自体は肥大するし、保管のコストも嵩みます。
まあ、倉庫に関しては、使っていない倉庫が丸々一棟余っているので、何とかなるかなとは思うんですが、分散して保管するのも面倒くさいし、一階部分は駐車場として貸している上、リフトもないし、全面道路が狭く 4t でも難儀をするレベルで、だからまあ、使ってないわけですが、片手間ではなくて、もう少し腰を据えて取り掛からないといけないかなとは思うところです。
そんなこんなで、OEM 仕入れを始めていこうと思います。
品質等は米国経由の場合、米国の会社が自社ブランドでやっているのでそこがコントロールしてくれているわけですが、これからあとは自分達でやっていかなといけません。
ノウハウが全くないので、まずはそこからかなと思います。

第一弾としては、ログカートかなと。

だいたい、7,000 円前後ですが、100 pcs で CIF @$20 くらいです。
他のものと合わせて、うちは自前で通関以降を処理しますから、原価だと 3,000 円くらいですかね。(税抜)
Amazon で販売すると、販売経費が 3 割, 消費税が 1 割、都合 4 割が最低必要です。
7,000 円だと、4,200 円が手取りですので、FBA 納品コストを @500 円とすると、700 円ほど粗利が出ます。
厳密にいえば、PL 保険などのコストもかかるといえばかかるんですが、無視できるほど安いので。
大量に在庫をストックしないといけなくなるのでかなりリスクが高いですが、始めてみる価値はあるかなと思うところです。

Yahoo だと、6,580 円です。
10% 程度ポイントがつくので、実質で 6,000 円弱、ということでしょうかね。

直販の場合だと、仮にうちで 5,500 円程度で販売するとして、販売(決済)手数料が 5% と、送料として 120 サイズの場合、商品の外箱が不要だと仮定して 1,100 円(税込)ほどかかるので、経費として 1,500 円程度は必要で、手取りは 4,000 円で、仕入れが 3,000 円くらいなので、十分対抗できますね。

品質が分からないので、サンプルを取り寄せるところから始めてみようと思います。

ある程度量が捌けるようだと、最近は短めの薪を使う人も増えてきていると思うのでナロータイプを用意した方がいいような気もしないでもないんですけど、それだと多分 1,000 くらいは作らないといけなさそう。
そこまでは売れないと思うんですよね。

明日は天気が崩れるようなので、溜まっている書類仕事と、今治に快気祝いでお返しするタオルを頼んであるものが出来上がったということなので、取りに行ってこようと思います。

薪割り機の入荷・出荷

薪割り機がようやく入荷しました。
Brave 縦横 24t が 2 台、PREDATOR 往復 20t が 3 台です。

4t ユニックだと一度に運べないので、トレーラで運びました。
ちょっと大袈裟だったかも。

五十嵐さん扱いの場合、VH1724GC の同等品は VH-2400GC って型番になるようですが、548,000 円(税別)のようです。
というか、総額表示って知らないんですかね。税込だと、602,800 円です。
うちは、399,999 円に値上げさせていただきました。
66.4% なので、2/3 の価格となります。
理由なく安くはなりませんので、なぜ安いのか、という部分に関しては察していただきたいと思います。
ちなみに、ドルが 110 円から 140 円と、1.27 倍になっていますが、値上げ幅はかなり抑えています。
うちの場合、販売価格に占める商品原価(運賃)の割合が極めて高く、ほとんど外貨で決済するので、次回入荷時には価格を維持できない公算が大きいので、薪割り機の導入を検討されている方は、お早めにどうぞ。

それと、Brave 縦横 37t の嫁ぎ先が決まり、午後から準備をして早速 1 台発送しました。

本来このモデルは完成納品なんですが、今回、遠距離で組み立ててしまうと送料がかなり高くなるため、お客さんと相談して、組み立てなしで発送することになりました。
送料がおそらく 3 万円程度節約になったと思われるので、同等の金額のサービス品をおつけしました。

37t も在庫が残り 1 台となっています。
五十嵐商店さんでは、日本には入ってきていない最上位モデルとなります。

Harbor Freight の PREDATOR も 3 台入荷しました。
こちらは円安の影響で価格を改定していますが、それでも国内の似たようなモデルよりは結構割安かと思います。
ただし、これも理由なく安くはなりません。
例えば、エンジンも PREDATOR ブランドとなります。
4 つ割の刃がつきませんし、キャスターもつきません。
個人的にはどっちも要らないと思いますけど、価値観は人それぞれですから。

なお、原則引き取りです。
初期不良等があるといけないので、組み立てて動作を確認しての引き渡しとなります。
引き渡し後の無償の保証はありません。

発送の場合は、組み立てなしで輸入した時の梱包のままとなりますので、ご了承ください。
組み立てませんので、動作確認はできません。
うごかなったらごめんなさい、という対応です。
初期不良であっても、原則部品の取り寄せとなり、取り寄せにかかる費用は実費で有償となります。

なお、保証の可否は、Harbor Freight の判断になります。
米国からの輸送費用は有償となります。
船便(当方との貨物との混載)だけではなく、急ぎの場合、航空便にも対応します。

近々、というか、骨折の具合が良くなったら名古屋近郊に配達に出向く予定です。
日時等、柔軟に対応できる方の場合、高速代等の実費ご負担で配達できることがあるかと思いますので、ご相談 ください。

激おこです

今日は朝から大雨でした。

連休明けで、ようやく通関を切れるんですが、引き取りは難しいと思って諦めて、普通に乗用車で税関に出向きました。
お昼前に許可になって、毎度ですが、真中でつけ麺を食べて帰ろうと思ったら、雨が上がったじゃないですか。
まあ、それでもまたいつ降るかわからないので、引き取りは諦めたんですが、結果的には降らなかったので判断ミスですね。

午後からは、これまた郵便局が連休で休みだったので、夏越の案内状を差し出しに行きました。

その帰り、神社に防犯カメラの位置の調整に行きました。

5 号が激おこです。
というのも、例のおじさん、わかりませんを連呼して結局窃盗を認めなかったらしいんですね。
あれだけはっきりくっきり写っていても、賽銭なので、持っていた小銭が盗んだものかどうか証明するのが困難、という理屈のようなんですけど、本当に呆れますね。

というわけで、次に来た時は、よりはっきり写るようにしようということで、位置を調整ました。
あのおじさんに関しては、カメラを突き落としたりして防犯対策を講じたことを認知したにもかかわらず、連日犯行を繰り返したわけですので、記憶や認知機能に障害がある可能性が高く、また犯行を行いかねません。
精神を病んでいる可能性もある上、日中も反抗の下見を行い、その際に、足にビニール袋を取り付ける(足跡を残さない)というような行動をとっているため、他の参拝の方と鉢合わせして、万一、刃傷沙汰を起こしたりすると洒落になりませんので、しばらくは警戒しておこうと思います。

今後ですが、電源工事をして、カメラの台数ももっと増やそうと思います。
あとはセンサーライトなども設置して、思いとどまらせる、ということも大切かなと思います。
犯罪者を捕まえることが目的ではなくて、そもそも罪を犯させない、抑止力を高める必要があります。
尤もそれ以前に犯罪がないような社会というのが理想ではありますけど、それですんだら警察はいらないというやつでしょうね。

費用がかかることなので、少しづつ進めていこうと思います。

明日は許可になった貨物の引き取りをしたいと思います。

FISKARS 製品の入荷状況

現状、かなりのアイテムが品切れしているのですが、

について、納品されたとの連絡がありました。

発注してから納品されるまでに非常に時間がかかります。
半年以上かかるケースも珍しくありません。
ある程度まとまった数が入るので、上記アイテムは当面品切れすることはないと思うのですが、もう少し納品がスムーズにならないものかと思います。

煙突の注文が確定になればそれと一緒に輸入しますが、7 月末頃に出荷されたとして、早ければ 9 月中旬くらいに届くかなというところです。
流石に真夏に薪割りをする人は少ないのですが、10 月くらいになって秋になれば、冬の準備を皆始める頃合いになるので、それまでには間に合えばいいなと思います。

FISKARS X7 については、これから手配するので、いつのことになるやら。。。
ちょっと不注意で、この 1 年間、輸入するのを忘れていました。

今日、本来通関に出向く予定だったのですが、祝日だということをすっかり忘れていました。
明日は、通関、引き取りを済ませたいと思います。

それと薪製造機の件です。
相変わらず、バーが見当たりません。
摩耗したバーだと異様に時間がかかってしまい、仕事にならないのでずっと探しているんですが、こういうトラブルがあった時に備えて、予備の製造機があったらなと思うのです。

それで 以前書いた と思うんですが、RM-7 を買ったらどうかと思うんですね。
元々 RM-2 は RM-7 シリーズのオプションですから。

すごく安いので、使い物になるのか、という部分を検証したいというのもあるんですが、ログテーブルとの連動も可能なので、バイトで M くんがきてくれたりした時に 2 台で仕事ができるようになります。

もっとも RM-2 を見て思うのは、そのままだと耐久性などには難があるとは思いますが、日本側で改造して対策してもいいだろうし、価格が価格だけに使い捨てと考えてもいいと思います。

これがその薪製造ですが、RIMA RM-7 というものでして、RM-7 は $2,300 という値札がついています。
まあ、そんなにまとめ買いをすることはないですけど、24 台以上だと $1,966.00 になるみたい。
で、昨日話したものは、20t の RM-7 なんですけど、それで $3,000.00 です。

でまあ、似たようなものとしては、

国内だと似たようなものの値段は、1,650,000 円だそうです。
いろいろ事情があるんでしょうが。

という具合なんですから、うちで RM7 の人柱になって、使えるようなら 100 万以下で売ることができると思いますから、スペースに余裕がある方向けにはある程度需要があるんじゃないかと思うんですよね。

とはいえ、円安ですし、夏で商品に動きがあるわけでもないし、資金に余裕ができたら考えようと思います。

バーが行方不明。。。

今日は薪割りをしたかったんですが、その前に、製造機のバーを探さないといけません。

最近製造機が不調なんですが、おそらくなんですが、バーの摩耗が原因じゃないのかと推測しています。
なので、新品のバーと交換して様子を見て、それで解決すればバーが原因、そうでなければ、それ以外の可能性と原因の切り分けができます。

それと、次の荷物も入ってくるので、バーを探すのも兼ねて、倉庫を掃除しました。

まず、ICC 社の煙突ですが、かなり微妙な在庫具合です。
EXCEL, ULTRABlack それぞれ、直管は一応在庫がありますが、どちらもスライドについては在庫がありません。
EXCEL ですが、フラッシング納めの場合にはスライドは必要ないんですが、角トップで納める場合にはあったほうが楽になります。
ULTRABlack については、個人的には必須と思っています。
ただすごく値上がりしていて、BE-6UBAF は CA$268.2 しますので、運賃や代行費用は別としても 30,000 円程度、現地でもします。
もっとスライドの範囲の狭いものもありますが、BE-6UBAF、40″ — 68″ と 28″, 70cm ほどの長さの調整ができるので、とても楽なのです。
Square Support も在庫がありません。勾配天井には必須なんですが、普通の天井に使う Round Support は 2 つも在庫があるんですけどね。
基本的にストレート抜き以外は曲げ部材は取り寄せになるため、2 つも在庫を持つ必要はないように思います。
Damper Section も 2 つ在庫がありました。
今回、余剰品については在庫で、ないものは余分を取り寄せてストックを持っておいて、平家をストレートで抜く場合には、急な問い合わせにも在庫で対応できるようにしたいと思います。

倉庫はそれなりに片付けつつ探したのですが、結局肝心のバーは見つけることができませんでした。
記録を調べたんですが、今年の 1 月に出荷されていて、3 月に到着していることは確認しました。

その後、予備パーツをどうしたのか書いてないか、みてみたんですが、特に何も書いてない。
園に持っていったよな記憶があるんですけど、それも定かではないし、ざっと探した範囲では見つけられていません。

バーについては、$309.5 もしているので、また買えばいいや、とはならない金額です。
ただ、ないと仕事にならないので、なんとか探さないとなんですが。

それはそうと、ちょっと油断していたら、ドル円が結構悲惨なことになっていますね。
中には日本終わり、みたいなニュース記事も流れてきていて半分は同意するんですが、半分は違うんじゃないの、みたいな。

これユーロドルなんですが、1 を割り込みそうです。
1 ユーロの価値が $1 の価値を下回りそうだ、ということです。
ドルに対して、ユーロの価値も下落し続けています。
つまり、ドルがユーロに対しても強くなっている、ということに他なりません。

それで、円安というのも本来であれば悪いことばかりではなくて、製造業が輸出する際には、同じ金額(ドル建て)なら、より多くの円になるわけですから、輸入よりも輸出の方が多い我が国の場合、円安にもそれなりのメリットがあると思うんですが、今回、そういう話が全く報道されてこない。
むしろ原油であるとか、小麦などの値上がりがあって、これは円安だけではなくて、ウクライナなどの情勢も絡んでいると思うのですが、そちらの方のデメリットがかなり目立っているように思います。

そんな中、検討使なんて揶揄されていた岸田さんですけど、安倍晋三氏の国葬, 原発稼働の決定など、急に決断する男になってちょっとびっくりしています。

とはいえ、円安というのは、岸田さんが云々というよりも米国の問題で、米国は米国ですごいインフレなので、これもまた危険なことなのかな、というのが自分の感覚です。
当面、この傾向は続くと思うのですが、こういう変化があるタイミングというのはチャンスでもあるので、儲けている人は儲けているんだろうななどと思います。

うちのような超零細の輸入雑貨屋にはとにかく厳しい時代になりました。

明日は 15 日なので神社の巡回をして、バーについて、もっとよく探してみます。
しかし、生産がストップして本当に困ります。
どうしたものか。。。
バーについて、ステンレスをレーザーで切り出して、それをラミネートして、応急でハードノーズバーが作れないものなのかなと思います。