書類の不備であえなく撤収

内容点検の結果、積込数を記載したパッキングリストに間違いがあって、こっちが添付している輸出許可のための書類には間違いがなかったんで、倉庫側のミスと思うんですが、とにかく間違いは間違いなので、検疫所への届出をやり直しました。
その書類が金曜日に返送されて、届いていたので、今日は、通関に出向きました。

が、今度は、その書類に不備がありました。
L8SKL が 6 点、LCC3 が 12 点入荷したんですが、L8SKL は届出が漏れていて、LCC3 は 6 点として届け出てあって、書類審査でひっかってしまいました。
なんとも。

松山には検疫所がないので、広島まで書類を送らなければならないんです。
それで、その書類ですが、河野太郎さんのハンコをなくす発言からか、押印が不要になったそうです。
ということは、PDF をメールで送って、それを役所の側で精査したあと、印刷してハンコを押して、着払いででも送り返してくれたら 1 日節約になるってもんですが、印刷した紙と返信用封筒は依然送る必要があるそうです。

今回は、Brave(ブレイブ)の 37t の薪割り機が入荷して、同じ薪割り機を使ってくださっている方の紹介で、問い合わせをいただいているので、早く通関したいところなんですが、こればかりはどうしようもありません。
そんなわけで、明日、火曜日に処理されて、明日中に返送されたとして、明後日の水曜日か、遅くとも木曜日には戻ってくるので、通関が切れそうです。
最悪検査になったとしても、今週中にはなんとかなりそうな見込み。

37t ですが、米国での価格は $2,500 くらいします。
高くて今まであまり売れないのではないかと思っていたんですが、よく考えると、24t も 30t も 37t も梱包自体は同じなんですよね。
だから、運賃等も同じなので、商品の価格に占める経費の割合が低いので、お得なのかしらと思ったりしました。
現実問題、国内版の 24t の薪割り機, GX に載せ替えて、何か他に違いがあるのかもしれませんけど、それが定価で 545,000 円(税別)するわけで、実売価格もざっとみたところ 50 万オーバーです。
だったら、ほぼ同等の商品が 2/3 の値段で買えますよというのもいいんでしょうが、37t, GX の最上位モデルがそれよりも安く買えますよ、という方がインパクトがあるのかなと思うのです。
どちらにしても、そうそう仕入れられるような安いモノではないので、37t が成約したら、24t + 37t を各 1 台、仕入れたらどうかなと考えています。

あと、11 月末までのキャンペーンの 24t → 30t 無料アップグレードですが、1 台注文いただいたものは、今月末くらいに釜山到着予定となっています。
在庫切れ、または取り寄せの場合、2 ヶ月から 3 ヶ月の時間を要します。

そういえば、13t の DUAL タイプ、いまだ倉庫から納品されたと連絡がないのですけど、

The TMH1315s shipped via YRC xxxxxxxxxx due to be
in Portland on January 18th.

っていってきているし、調べたところ、19 日に配達済みみたいなんですけどね。
明日あたり電話してみようと思います。
これが届いていたら、カットしたいと思います。

それと、通気バッグも今回入荷します。
250 枚で、$3,078 でした。
関税は 3.3% なので、$1 = 106 円くらいだとすると、モノだけで @1,483 円といったところでしょうか。
運賃は経験上 3 割くらいかかるので、2,000 円/枚くらいかかったようです。
モノ自体が値上がりしたので、致し方ありません。

現在乾燥中の薪は、今週中くらいには仕上がると思いますので、なんとかその出荷には間に合いそうです。
360 → 270kg(風袋込み)ということで、中身的には 300 → 210kg で、仕上がっているようです。
外側で 14%, 芯で 20 — 21% くらいということで、念のためにあと 1 日乾燥させれば、完璧かなと思います。

前回、初めて伐採したばかりの生から乾燥機で乾燥させたものを出荷したわけですが、お客さんから次の薪の配達依頼があったため、乾燥について尋ねてみたところ、太いものも燻ることなく燃えて、乾燥機の威力を感じた、とコメントをいただきました。

袋が届き次第準備して、配達に出かけたいと思います。

当面通関不能に

もう、いい加減、数くらいまともに数えて欲しいぞ、って話です。

いや、今度の貨物なんですが、米国側のミスがあまりに多くて、税関から内容点検をしてから申告するように、という話になってしまったことは前にも書いたかと思います。

米国からの貨物は、前々回に大きく数量が狂っていて、その影響で前回までは致し方ないかと思いますが、流石に今回は、前々回のことを米国側に伝えて対策を講じた後ですし、なによりも貨物の量が少ない。
3 パレットしかありません。

うち 1 パレットは薪の通気バッグですから右から左。
1 パレットは 37t 薪割り機の上に、フォークリフトの爪を載せて、まとめただけのもの。
なので、実質 1 パレットだけが小物類なんです。
しかも容積的には、高所作業用安全パレット 2 枚と、NO-SPILL ガソリン缶 10L とで 1/3 以上占めているいて、エンジンも 3 基あるので、後の小物は本当にちょっとしかありません。

それで、L5SK3 が 96 枚あることになっていたんですが、50 枚しかありませんでした。
代わりに L8SK3 の 3 枚入りの箱がピンホイール積みで積み直して、4 段なので 4 x 4 x 3 = 48 枚です。
足しても 96 枚にならないし。

ミスがないと思っていたので、先走って食品輸入届けを提出してしまったのですが、はてさてどうしたものやら。
明日、厚生労働省に電話をかけて、対応を指示してもらわないといけません。

それよりもなによりも、パッキングリストだけの問題なのか、どうしてそういう事態になったのか、そのことを突き詰めないといけません。

今の付き合わせ方法ですが、サプライヤーが出荷したら、その出荷情報は倉庫には渡しません。
倉庫側は、自分宛の荷物が届くと、運送会社と追跡番号、中身を倉庫の在庫データベースに登録します。
出荷情報と、荷受け情報を付き合わせて、突き合わせが終わったものをパレタイズする指示を出します。(パレタイズなり、利パックが必要なものの場合)
なので、この手順通りに倉庫側が作業する限り、絶対にミスは起こりません。
少なくとも、モノが減ることはあっても、多く届くことはないはずです。

今回で言えば、L5SK3 と L8SK3 を間違えた、という可能性はあります。
ただ、これはこれで問題であって、L8SK3 は 3 枚入りなのですが、そういうものは箱は輸送箱であり商品ではないので開けて問題がないし、開けて破損等のチェックをすることになっているので、そもそも開けて確認していれば、L5SK3 と L8SK3 を間違えるわけはないし、百歩譲って間違えたとしても、50 + 48 = 98 枚というパッキングリストでないとおかしいわけです。

この調子だと、毎回内容点検をしないと、とても申告できるような状態ではありません。
少なくとも、今回、数があってないので、既に海の上にある、次の貨物も怪しい。
それが怪しいということは、今倉庫にある貨物だって、まともかどうか。。。

しかも次の貨物は 3 パレットとパレット数は今回と同じく少ないのですが、パレット #1 には 600 アイテム近く、1t 以上の重さになっていますので、大量の LODGE 製品が積み込まれていると思うんですね。
パレット #2 はキンクラのみ、パレット #3 は 30t の上に、キンクラが乗っている、とまあそういう感じです。
今回の荷物と同じタイミングでしたが、待てなかったので、分けて運んだため、そういう間抜けなことになっていまってます。
内容点検をする、ということは、その 600 アイテムほどを、堆く積まれた梱包を解いて、一つ一つ仕分けをして数を確認し、また梱包し直す、ということです。

この作業をして、商品の価値が増すなら、やりがいもあります。
価値が増すどころか、梱包を解いてしまうので、この後、開披になって検査場に運ぶにも不安定だし、家に持って帰るまでも荷崩れを心配して持って帰らないといけません。
手間もかかる、費用もかかる(保税倉庫なので、立ち合い費用が発生します)、その上、時間もかかる。

とまあ、そういう塩梅ですので、明日、届出しなおして、広島との書類のやり取りですから、2 日はかかるので、申告自体は来週月曜日(以降)、フリータイムは 26 日までなので、それまでになんとかしたいところです。
26 には神社祭日のため、月曜日の朝一申告して、検査になっても午後で、その日のうちに許可してもらいたいところです。
週間予報だと、今のところ 25 日は降水確率が 0% なのですが、26 日は 50% です。
でも、こればかりは自分が決めることではないので。

それはそうと、配達で留守の間、5 号にいろいろ頑張ってもらいました。
1234 のお世話。
写真の子は 4 号です。
棚の上のフォークのエクステンションは重すぎて一人では持てないと写メ。
出荷も一人で行ってくれるようになりました。

通気化粧板ですが、超特急で作りました。
が、配達のタイムリミットまでに製作が終わらなかったので、伝票だけ準備しておいて、現場に直送です。
とりあえず、間に合ったようで、ほっと一安心。

FB では今日は早く寝ると宣言したんですが、まあ、いつも通りです。

そんなこんなで、明日は M くんがバイトにくる日なので、今日通関が切れたら、検品とか梱包とか、手伝ってもらえると思っていたんですが、この間入荷したカナダからの貨物もまだ処理しきれてないですし、もっと前に入荷している IsoCore なんかも、FBA 在庫がたくさんあるとタカをくくっていたら、品切れ寸前になっているので、急いで納品しないといけませんから、まあ、それなりにやることはあるので、ボチボチ頑張りたいと思います。
寝坊しないようにしないとです。

キンクラが入荷すると思っていたら積み損ねていた件

今日は神社の祭日でした。
雨模様だったし、明日が大祭(ただし行事は中止)なので、お参りはあまりないかとおもたら、午前ちゅはひっきりなしで、途中で声が出なくなって難儀をしました。
早々に切りあげて帰ってきたんですが、疲れて夜まで寝てしまいました。
休みらしい休みがないので、ずっと体調も悪いままだし、多分、歳を取るということはこういうことなのかなとも思うんですが、配達が終わったら、のんびりして過ごしたい気がしないでもないです。
そう思ったら、チッパーの引き取りをしないといけないことを思い出しました。

で、来週入荷予定の貨物ですが、リストを再度確認したんですが、キンクラが入っていません。
清水の舞台どころか、スカイツリーから飛び降りるくらいの覚悟で、結構な数を仕入れて、このまま冬が終わるとヤバい感じなんですけどね。

それで調べてみました。
本船ですが、YM TOTALITY/002W でした。

ETA: 2021-01-24 12:00 LT (UTC +9)

この通りになったとして、そこから 1, 2 週間で松山に着くので、2/1 くらいから、2/8 くらいってことろでしょうか。
食品関連の届け出の都合もあるので、それに +3 日というところで、最悪のケースだと、2 月の半ばくらいまでずれ込みそうです。
そこから、Amazon に納品、販売開始となると、3 月に入りかねないのですが、まあ、致し方ありません。
オーダーを入れたのは 11 月なので、リードタイムは 2, 3 ヶ月かかるってことで、仮に一月で売れて、現金になるまでが平均一月だとしても、都合 5 ヶ月です。
これだけ長くかかると、シーズンに 2 回仕入れをすることは不可能で、店がちっとも大きくならない理由の根幹なと思います。

オーダーいただいて取り寄せている Brave(ブレイブ)薪割り機 30t もこのタイミングで入荷します。
30t は初入荷になります。
GC190 + 16GPM という組み合わせになるんですが、一応 GX200 + 16GPM のポンプは在庫することにしたので、このモデルが故障しても、汎用修理部品のストックはある、ということになりますね。
ただ、たくさん在庫を持つわけにもいかないし、1 台しか売れていない薪割り機の修理用部品をストックしておく余裕はないので、部品は部品でヤフオク等で販売しつつの在庫になるかとは思います。

明日は大祭です。
まあ、なるようになるでしょう。

忘れないようにしないといけないのは、シャーシを回送しておかないとということです。
今日すればよかったんですが、シャーシ周りのものが片付けてあるか微妙だったので。
明日はお宮の後なので、多分相当しんどい気がしますが、まあ、なんとかしようと思います。

チッパーを落札したものの

この前書いたチッパー のことですが、なんとか落札できました。
というか、多分、間違い無く落札されたと思います。
なぜなら、100,000 と入力すべきところを間違えて 1,000,000 と入力してしまっていたのです。
いや、すごく眠くて、終了間際にタイマーで起きたんですが、寝ぼけていたようです。
気づいた時には時すでに遅し、一気に目が覚めたのでした。
結局 102,000 円になりました。
使い物になるかどうかは全く未知数ですが。

どんど焼きは例年通りで、お昼で終了でした。
午後から検品、梱包して、出荷しました。

あと、次の荷物の A/N も届きました。
今回は、ちょっと商品の量が少なくて 5.242m3 しかありません。
薪割り機本体は 37t のみ、薪割り機の補修用部品類、通気バッグ、あと LODGE 製品くらいです。
通気バッグの在庫はほとんどなくなってしまっているので、絶妙のタイミングでの入荷となりました。

明日、明後日と神社の祭日・大祭、その後、薪の配達、通関・引き取り・納品、という流れになるかなと思います。

ボチボチ頑張ろうと思います。

通関・引き取り・薪ストーブ発送

いつも通りの、通関、引き取りでした。
お昼から申告に出向いたんですが、既に検査の貨物があるので、検査になったら翌日ということだったんですが、区分 2、書類審査で、無事許可になりました。
少し時間がかかるかもといわれて一旦帰ったんですが、帰ったら許可になりましたと電話がかかってきたので、コーナンで買い物でもしていれば良かった感じです。

その後、薪ストーブを発送して、乾燥機の様子をチェックしに行きました。
チップがなくなってしまい、昨日チップが届いていたものを、午前中にフルイにかけて、昼から起動したようです。
温度が全く上がっていません。
仕上がるのには、まだしばらく時間がかかる予感がします。

明日は、どんど焼きですが、M くんが手伝いにも来てくれるので、入荷した品物の検品等を 5 号とやってもらおうと思います。

ドレーが遅れて通関は切れず、代わりに改造車検

今日通関の予定でした。
朝、搬入が終わっていることを確認するために電話をすると、まだコンテナが到着していないと。
仕方ないので、お昼前に再度確認しても同じ答えです。
昼までにコンテナすらついてないようだと、通関は難しいので、諦めて車検に出向きました。

去年第 5 輪荷重を 11,100kg に増やしてもらったんですけど、結局のところ低床はまだ買えてないし、そうそう買えるような金額でもないし、積載が増えた分税金も増えるので、必要になったらまた考えようということで、もとの 8,900kg に戻してもらう改造車検(構造変更)を受けました。
改造車検の場合車検が飛びますので、ギリギリまで粘っていたわけです。
車検整備に出す時間がなかったのでそのまま受験したら、ブーツが一箇所切れているということで、そこだけ応急修理してなんとか合格しました。

今度の重量税ですが 164,000 円でした。
自賠責は 22,000 円ちょっとで、車検代が 2,000 円ちょっとでした。
自家用に個人で白ナンバーのトラクタを買う人はあまりいないとは思いますが、自分がトラクタを買おうと覆ったときにネットで調べたんですが、情報が全くと言っていいほどなかったので、同じようなことを持っている人の参考になればと書いておきます。
ちなみに、自動車税は 4t 車とたいして変わりません。
あと、自動車の任意保険ですが、自分は等級がほぼマックスの状態で車両保険を 600 万つけて、年間 15 万はかかってない状態だったと思います。
整備費用を除いては、年 50 万も見ておけば足りると思います。
なので、整備費用を含めて、月に 10 万, 年 120 万くらい見ておけば多分足ります。(台車は別腹)
まあ、エンジンだのミッションだのが逝ったら、その限りではないんでしょうが。

ちなみに台車は、ほとんど車検の費用はかかりません。
重量税が要りませんから。
整備費用も整備するところ自体がないので、10 万/年くらい。
自賠責は 5,000 円くらいで、これは 200kg 積みの軽トレーラーでも、20t 積みの大型セミトレーラでも一緒です。
任意保険も要りません。(連結している間はヘッドの保険でカバーされるため)
高いのはタイヤ代くらいです。
自動車税は、積載量にかかりますが、1t 4,000 円くらいなので 25t だと、10 万円くらいです。
フルトレの場合は、多分違うんだと思いますが、持ってないので全く知りません。

そんなこんなで、夕方になって、再度電話で確認をしたら、搬入は終わったということなので、明日、通関して、薪ストーブ等、発送できるものから発送していきたいと思います。
予約で売れている Ecofon AirMax, 薪ストーブの補修用部品も、これは梱包をばらさないといけないので、明日に間に合うかは微妙ですが。。。早めに発送たいと思います。