微妙

今日は原木の引き取りに行きました。
というか、まずは積んだままになっているのを下すところからだったのですが、そもそも園について作業を始めたのがすっかり昼を過ぎてなので、山に着いたら 18 時前という状態。
まあ、見ての通り、超絶微妙な状態です。

原木の品質がとにかく微妙。
アホのように太かったり、重機でへし折られているものが入っていたり、「く」の字にまがったり、「Y」や「ト」の字の形のままのもの、果ては鉛筆ですかってくらい細い枝に、蔓が猛烈に絡まっていてコブになっていて、見ただけでまともに割れないことが明らかなものまで、薪にするのに都合が悪いものを寄せ集めたのではないかと言いたくなるくらい、本当に良いものを抜いた後のあまりものみたいなもが多いんです。

まあ、とにかく立退はできたので、このまま腐っててても、原木も腐って碌なことにならないので、気持ちを切り替えて、少しでも早く加工して片付けてしまいたいと思います。

それはそうと、お腹の調子も少し良くなったし、仕事をするからなんか食べないとと思って、久しぶりに太養軒にいきました。

〒790-0844 愛媛県松山市道後一万7−13
 
〒790-0844 愛媛県松山市道後一万7−13

典型的な学生さん、職人さん向けの大衆食堂です。
もともと井上さんという老夫婦が経営していて、お宮にもよく来てくれていたんですが、当時は高校生だった自分がもう半世紀を生きる状態なので、代が変わっています。
ただ、メニューは昔のままなんです。
といっても、自分は 30 年以上、写真のじゃんぼハンバーグカレーしか食べたことがありません。
だから、今日も、じゃんぼハンバーグカレーです。

美味しいはずが。。。微妙でした。
そう、3 日ほど食べてないところに、これはかなりきつかったんですよ。
なんともまあ、久しぶりなのにもったいないことをしました。
もちろん、米粒一つ残していませんが。
ちなみに、650 円(税込)です。

その後、おやつに好物のガリガリを買ったんですよ。
なんかピンクいのがあるので、思わず買ってしまったんですが、袋を開けてニオイで、梅だと気づきました。
そう、一度食べて、微妙だったんですよ。
忘れてて、買ってしまいました。

で、鳥越俊太郎氏が痴呆といわれて、「悪いことだけじゃない。一度観た映画も内容を忘れるから何度も楽しめる」みたいなことを言ってたのをふと思い出しました。
体調が悪くて篭っていたので、その間 Netflix を見ていて、ふとサジェストされたのでアルスラーン戦記を見たんですよ。
はい、配信分見終わって、全部見ていることを思い出しました。
一度見たものを何度も見て、それなりに楽しめました。
でも、残念ながら、まだ女性大生を別荘に連れ込んで、バージンだと病気だと思われるよ、という決め台詞を吐く機会には恵まれておりません。あ、その前に、別荘がなかった。。。

うーん、どうでも微妙すぎる話でした。

あと、シアトル便の A/N が届きました。
本日入港、明日、15:00 くらいにデバンとのことです。
明日の内容点検はちょっと無理そうで、そうなると、最短木曜日。
木曜日中に検疫所に送っても、到着が金曜日ですから、今週中の通関は無理そうです。

薪も明日くらいには乾燥が終わりそうです。

ボチボチがんばります。

薪割り機がようやく入荷しました

オーダーを入れたのは 2 月くらいだったと思うんですが、薪割り機がようやく入荷しました。
通関に午前中いっぱいかかってしまい、午後イチから引き取りでした。
オーダーの内容に合わせて、組み立て等を行なって、週末くらいまでには配達に出発したいと思います。

途中で電話がかかってきて、直しておいた薪製造機の具合がよろしくない、ということだったので 2 回目の引き取りの際に縁によって再度調整しました。
エンジン自体は、エアクリーナーも交換されていて、調子良く動いているんですが。

メッシュパレットの荷下ろしも終わっていて、次に乾燥する薪も少し溜まっていました。
乾燥機ですが、トレーラを回送した時に止まっていたので、乾燥が終わったのかと思ったら、久しぶりにエラーで止まったようで、リレーの不良だったようです。
予備のリレーがないということなので、忘れないうちに富士電気に国内向けの同等品の型番を聞いて MonotaRO で手配しておかないといけません。
忘れそう。。。

16 時前になってしまったので、ヘッドの修理で高知に行くのは諦めました。

園に行っている間に 5 号が入荷したばかりのもので品切れしているものの検品等を済ませてくれていたので、取り急ぎ 31 ケース出荷しました。

それはそうと、Mac を 11.4 にアップデートしたら Rollo のドライバが対応していないのか、インストールし直して選択できないんですよね。
出荷のラベルの印刷ができないので困りました。
後でなんとかしないとです。

なんだかんだで遅くまで仕事をしたので、5 号と夕飯を食べに行くことにして、今治のイオンまで出かけました。
鎌倉パスタで食べたんですよ。
卵 3 個使っているカルボナーラとやらを。
いえ、医者に卵はコレステロールが、うんぬん、言われてしまして、お昼に茹で卵を食べるのをやめたんですけどね。。。
よくいえば濃厚、悪くいえば超絶くどい。
大盛り(二倍)はやりすぎました。
鎌倉パスタの名誉のためにいっておくと、美味しいいんですけど、量が食べられるタイプの味付けじゃないってことです。
次は自分の歳を考えて、注文したいと思います。

20t 往復薪割り機 16 万で売ります(新品)

今日はいわゆる法事でした。
まあ、セルフサービスですが。
こういう時期なので、身内だけで、一番下の弟は東京なので 2 番目の弟が帰ってくるなと言ったようで、2 番目の弟のところの長男と長女も大阪なので、これまた帰省しませんでした。
なので、一族 9 人だけです。

それで、この前買っておいた探知機をあげたんですけど、甥っ子が大喜びして、そこら辺中、探知しまくってました。
車に乗っても、シートの骨組みを調べたり、電気ケーブルの位置を探してみたり、よほど気に入ったようです。
でも、おもちゃじゃないんだけど。。。

昼から薪割りをしようと思っていたんですが、なんか疲れてしまったようで、知らない間に寝てしまいました。
起きたらすっかり夕方で半日損した気分ですが、トレーラの回送だけはしておかないといけないので、園に持っていって、ヘッドも置いて帰りました。
月曜日に通関・引き取りをして、時間があれば、ヘッドの整備で高知の安全さんに行ってこようと思います。
薪割り機の配達でいない間にしっかりと整備てもらえればと思います。

薪割り機といえば、作動油の在庫がちょっと微妙なんですよね。
あとで量(重さ)を計ってみたらと思うんですが、Brave 20t の改造で 20L くらい、13t に 12L、完成納品の 20t に 12L、都合 52L 程は最低使います。
これくらいあるとは思うんですが。。。
他に 24t が 3 台、37t もおそらく売れると思うし、これも完成納品なので、各 36L 使うので、全部作動油をいれるとすると、あと 144L 要りますので、ドラム缶 1 本まるまる必要です。
それに PREDATOR もありますので、とりあえず、1 本注文しておきました。
月曜日の手配になるので、来週中には届くかと思います。

PREDATOR ですが、キャンセルが出たので、試してみたい方を募集したいと思います。
写真は米国のユーザがカスタムしたものです。
フィルターや 4-way wedge は自作だと思います。(付属しない)

引き取りのみ、こちらで組み立てて始動・テストで薪割りをして、問題ないことは確認します。
品物的には、某 H 社のものと同じと思われます。(が、H 社はカスタムしていますので、全く同じではありません)
値段は、引き取り時に現金で支払う場合、某 H 社の半額の 16 万円とします。(カードの場合は 17 万、一部カードは分割もできます)
引き渡し以降は、無保証ですが、パーツの供給は対応します。
基本、チャイニーズ品なので、PREDATOR のパーツは扱いません。
おそらく Brave と互換性があると思われるのですが、これは、来週以降、組み立ての際に調査して、逐次報告します。

安いものの需要は一定あるようなので、Brave とは違って、PREDATOR に関しては、とにかく安さ優先のモデルとして、扱っていくか、検討中です。
そのためのテスト販売なので、ある程度ヘビーに使ってくださる方に譲りたいと思います。

興味がある方は、お問い合わせ ください。

薪割り機の修理というか改造というか

今日は通関に行く予定でした。
午前中はその書類仕事をゴソゴソやって、準備を終わらせて待っていたんですけどね、食品の届け出書が戻ってきませんでした。
14 時を回ったので、諦めて園に行きましたよ。

Brave(ブレイブ)往復 20t ですが、標準だと作動油の量が 12L くらいです。
エンジンはホンダ GC160 で 11GPM のポンプを駆動しています。
これを GX200 と 13GPM にアップグレードする予定ですが、作動油の量を増やすため、また、オイル管理を容易にするため、フレームの下に吊り下げられるタンクを作りました。

ただ、取り付けようとしたんですけど、寸法を間違えて作ったので、くっつきませんでした。

とりあえず、変更点は、大型化以外に、

  • ドレンポート + マグネティックドレンボルト
  • バッフル板(隔板)追加
  • レベルゲージ(温度計も兼ねる)追加

といったところです。

バッフル板の形状だとか、各ポートの位置や高さは手探りなので、これでいいのかはよく分かってません。
思うに、戻り側のポートの位置は高すぎたような気もします。
ジャバジャバと戻すと、エアを噛む気がしないでもないです。
まあ、ダメなら低い位置にポートを追加して、高い位置は塞げばいいだけなんですが。

タンク内部が多少でも錆びにくくなればいいなと、ボンデ鋼板を使いました。

そして、20t から摘出された GC160 と 11GPM の移植を待っているのが、13t です。
専用のドリー付き。
タンクフレーム自体は不良で戻ってきたものを修理しています。
計算上はサイクル 3 秒くらいなんですけど、ホースが細くて抵抗が大きいので、もうちょっとかかるかもしれませんが、20t に比べると格段に速くなるはずです。
ドドンパ(キネティック型)くらいの速度は出ると思います。

乾燥は順調です。
チップがなくなっていたんですが、天皇陛下御即位記念號のチップを搬送する、茹で蛸コンベアのベルトが切れてしまっていたんで、チップの製造ができませんでした。
昨日修理の人が来てくれたようで、チップの製造が再開されました。
とりあえず、これだけあれば、乾燥させることができると思います。

薪製造機の不調の件ですが、エンジンについては、プラグとオイルを交換して、とりあえずは、不調というほどではなくなったと思います。
エアクリーナーの ASSY もとってあるので、丸ごと交換して、キャブも届き次第、交換しようと思います。

ただ、中立からチェンソー操作側にレバーを操作すると、かなりの負荷がかかっているのか、エンジンがストールします。
多分、ソーアクションの速度を調整するニードル弁の不調だと思うのですが、一番開けてみて、なんとか作業ができるレベルになりました。
ちょっと色が褪せていますが、緑色のアルマイトの丸いものがニードル弁のノブです。
その左の黒いブロックが薪割り用のウエッジの高さ調整のコントロールバルブなんですけど、見ての通り、非常に使いづらい位置に固定されています。
各パーツの位置関係やホースの長さ等を一度調べるとともに、レイアウトを見直そうと思います。

愛媛に戻りました

最近は歳なのか、行って帰ってで結構時間がかかるようになりました。

疲れたと感じたら、即休憩です。

お昼は与島でした。
楽しみの食事ですが、時短営業でほとんどまともに食べることができません。
こうやってレストランで作りたてのものを食べられるのは、本当にありがたいです。
ただ、お客は 4 人で、店員さんの数の方が多い状態です。
お店の経営が心配です。

お昼過ぎから天気が崩れて雨になりました。
明日は、書類が戻ってきたら、通関に出かけたいとも思うんですが、ちょっと引き取りは無理かもしれません。
ようやく薪割り機が入荷する見込みです。

もし、明日引き取れなかったら、月曜日に引き取りたいところですが、月曜日は、ヘッドの整備で高知にまで出かけてこようとおもます。
薪割り機の配達でいない間にしっかりと整備してもらおうと思います。

配達完了

配達ですが、無事に(?)完了しました。
メッシュパレットと、通気バッグとでの納品だったんですが、メッシュパレットに引っかかったところが裂けてしまいました。
横着したというか、前後方向なので、噛み込んだとしても手前位引けばいいやと思って、養生のダンボールをかまさなかったのがよくなかったです。

なんだかんだで 15 時前から始めて、4 時間近くかかりました。
一番手間なのはやはりバッグをユニックで吊って出さないといけないことです。
積み込みも同様に時間がかかっているので、この作業をどうやったらもっと楽になるか、楽をしたいのはそうなんですが、別にしんどい思いをして商品の価値が上がるのならそれはいいんですが、大変なだけなので、対策を考えないとと思うところです。

それで、実は、大上自動車 さんに連絡をしてみました。
ウォーキングフロアの 40ft を新造したら、ざっくりいくらなのか、という話です。

本当にざっくりした話としては、1,600 くらい、ということで、日立のシェイクと同じくらいかかるということです。
ないもない人だと、これにシャーシが多分 400 くらいして、あと、ヘッドの側に PTO とかつける必要も出てきます。
毎日、積み下ろしして、運送自体が商売になれば別ですが、うちの使用頻度だととてもペイしません。

それで、ウォーキングフロアの話を聞くとき、製品の薪を積んだら濡らせないんだけど、シートを張ったり剥がしたりが大変なんです、という話をしたら、手動だけど、巻き取り装置を用意してある、ということでした。
ただ、単体では出しません、ということです。

ビニールハウスの巻取り機は使えないのかなと思ったりもしていたんですが、大上さんは広島で、次に山口に配達に行くときに工場の見学にきてもいいですよ、と言ってくださったので、一度どういうものか、実物を見てみたいと思います。

あと、ウォーキングフロア自体は、チップ用はあまり丈夫なものではないようで、薪を上からどかどか落とすと、レールが痛むようです。スクラップ用にすれば丈夫になるけど、今度は積荷を下ろす際に、チップの残りが増えて清掃の手間がかかるということです。

シェイクとは全くおろし方が違うし、ヘッド側にも架装が要ったり、その辺も随分違うようです。
まあ、百聞は一見にしかずというやつで、作るにしても、見たこともなくて作るのとでは大違いでしょう。

それと、薪割り機の件です。
本日入港しました。
厚生労働省に輸入の届出が必要なので、その処理で早くて中 1 日かかります。
早ければ、金曜日に通関を切りたいと思います。
ただ、ギリギリすぎるので、無難なところだと、月曜日でしょうか。

薪割り機が入荷次第、配達の方のところを巡回する旅にで出かけようと思います。
関東方面ですので、このタイミングに合わせられる方は、お任せ配達をいたします。
ターミナルに取りに行ってもおろせないよ、という方も、4t ユニック車で行きますので、4t 車が入れるなら、そこまで配達できますので、ぜひご検討ください。

薪製造機の修理ですけど、いない間に色々やって、エンジンの調子は良くなったようですが、スピコンがおかしいようです。
戻って調整を試みて、ダメなら O/H に出そうと思います。