通関・引き取り

今日は午前中に書類を作って、午後から通関・引き取りでした。

品切れしているものもぼちぼち入ってはきたんですけど、あいかわらず入ってこないものは入ってこない感じです。
そろそろ L410 とか、入ってこないと、これからのシーズンには間に合わないんだけどなぁ。
とりあえず、在庫が完全になくなっている Roughneck のトング類がちょっと入荷しました。

それはそうと、キッチンの件です。

ようやく換気扇の穴が開きました。
来週の月曜日に納品されるんですが、間に合いそうな、ちょっと際どそうな、微妙な感じです。
換気扇もそうですけど、食器洗い機とかも着く予定なので、電源が必要になるわけですけど、よく考えなくても、炊飯器だとかの電源も増設しておかないと、炊飯しながら電子レンジ使ってブレーカーが落ちました、は困るので、回路を分けたコンセントを用意しておいたらと思います。
明日、電気屋さんに見てもらおうと思います。

あと、倉庫に転がっていた丸太を材料にしたいので製材してもらったんですが、その残りが戻ってきました。
雨だから倉庫にしまっておきたい気もしたんですが、時間がないのでそのまま放置です。

キッチンの工事で、結構細かな木屑が出るんですが、基本ケルヒャーで掃除して、その後ダイソンで掃除をしています。
ダイソンって、謎粉というか、微細な埃やかなり小さなゴミを取り除くことはできるんですが、ちょっと大きめのものは簡単に詰まってしまうので、意外と使い物になりません。
硬貨とか吸い込んでしまうと詰まって分解して掃除しないといけなくなります。
なもんで、先にケルヒャーで掃除をするわけですよ。

それで、ケルヒャー自体の掃除をしてないなと思って開けてみたら、おニャー様の毛とパウダー状の木屑とでフィルターが大変なことになっていたので、ダイソンで吸って掃除をしたんですけど、まあ、別にダイソンを掃除する必要まではなかったんですけど、ついでなのでフィルターなんかを水洗いしました。
ダイソンを別のダイソンで掃除しても良かった気もしないでもないんですけど。

記憶が確かなら、ダイソンのサイクロン部って、水洗いしてはいけない、ってことになっていたような気がするんですが、この際なので、水洗いしてみました。
ダストカップはゴムパッキンやなんかも外して、メラミンスポンジで擦ったらかなりスッキリです。
でも、一度掃除したら元の木阿弥でしょうけど。

洗ってみて、洗ってはいけない理由ってのがさっぱりわからないんですが、なんででしょうかね。
乾くのに時間がかかるのからか、微細な粉末が洗い流せず、サイクロン内部で水で固まってかえって悪くなることがあるのか、その辺は謎です。

ケルヒャー自体のフィルターも洗いたいところですが、1 台しかないし、洗い替えもないし、ブロワーで吹いて終了です。
フィルターは洗い替えを買っておいた方が良さそうです。

夜は久しぶりに浪漫亭に行きました。
最近は関西風ばかり食べてます。
イカ、大盛り。
イカは体によろしくないとお医者に言われているんですけどね。

それで 5 号と、松山英樹の話になりました。
港に行くときに太山寺の方からいくと、峠にゴルフ場があるんですよ。
そこ、HIDEKI GOLF GARDEN と書いてあって、調べたら松山英樹のお父さんの経営だそうです。
いや、いい立地(高台だから津波でも安心だし、周りに民家がないし、港も近いし)なので、ゴルフ場が潰れたら、工場にいいんじゃないかなんて言ってたんですけど、松山英樹の名前を冠しているので、潰れることはありえないよね、って話をしていたんですけど、優勝したから、絶対に潰れることは無くなった気がします。

そういえば、石川遼はどうなったのか、って話になったんですが、同学年だと初めて知りました。
で、どうなったんでしょうかね。
ただ個人的に思うこととしては、日本で松山英樹・石川遼を知らない人って、まずいないと思うんですよ。
今の活躍具合はさておき、それだけでも物凄いことだと思います。

そんなこんなで、今日見かけた動画。

一般的な階段作り

今日は午後から春祭り・祈年祭でした。

祈年祭は「きねんさい」と読みます。
米のことを「奥御年(おきつみとし・おくつみとし)」ともいうんですが、米を始めて、五穀豊穣、ひいては工業・商業など、あらゆる産業の振興を祈念するお祭りです。

松山はチャイニーズウイルスが蔓延して大変な状態ですので、直会もなく、少し話をして解散となりました。
それで少し話をした内容についてです。

K さんが先日松山に来られた際に一緒に S さんが来られたんですが、この方、林道をつけたりの森林整備のスペシャリストということで、これからの薪屋さんの事業計画について、アドバイスをいただいていたんです。
その際に 30 丁程、スギやヒノキの針葉樹の山を集めて、計画を立てて、認定林業事業体になりましょうという話があったんです。

それで、もう少し低地のお祭りでも話をしたんですが、そちらはそれほどの面積の山がないよということだったんですが、流石に五明まで上がると、多分あるということで、総代さんの山もかなりあるようで、森林組合の担当の方を聞いたので、月内くらいに一度相談に行ってこようと思います。

こういう言い方は不適切かもしれませんけど、現状、うちはビタ一文補助金を受けていないのですが、補助金を受けている他の事業者さんと、公平・平等に価格競争をすることができません。
林業機械を次々に導入している会社とかあるんですが、どう考えても、木材の値段から逆算すると、機械を購入できるわけなどないし、うちと違い輸入して安く済ます、というノウハウもないでしょうから、お金の出どころといったら、宮崎県なら盗伐かもしれませんが、補助金くらいしかないと思うんです。
県庁の資料で見たら、やはり認定林業事業体に名を連ねていました。

まあ、スギやヒノキは薪にはならない気もしないでもないんですが、チップの生産も始めたいし、帰りに別の総代さんのところに行って、薪やチップの材料になる原木の中間土場の候補地を探してほしいとお願いしました。
でもまあ、買わないとダメかもと言っていたんですが、土砂崩れとかの際の責任の問題もあるし、そうなるとなかなか難しい感じです。

愛媛県の場合、愛媛県土砂等の埋立て等による土壌の汚染及び災害の発生の防止に関する条例 というのがありまして、3,000m2 を超えて山林を造成することが規制されているます。

その次のハードルとして、工場立地法 というのがあって、工場の面積が 3,000m2, 敷地が 9,000m2 を超えると引っかかるのです。

それ以前に、山の真砂土を採掘してつつ谷に残土を埋め立てしても、それだけの面積を平らにするのには、かなりの時間を要するので、早くかからないと生きているうちには工場ができないわけで、もちろんお金を払えば早くできるんでしょうが、お金をもらって(少なくともタダでは)、工場用地にしないと、薪ビジネスは単価が安すぎて成立しません。

千里の道も一歩からというので、まあ、風呂敷を広げるのは大概にして、少しづつ前に進んでいければと思うところです。

それはそうと、階段の作り方を調べています。
そうしたら、とても為になる(と思う)チャンネルを発見して、楽しくてずっと見ています。

スライド丸鋸で、厚めの板を挽くときに、ちょっと変わった刃の入れ方をしているんで気になっていたんですが、ちゃんと理由があって、普通にやるとキックバックが起こることがあるけど、それを防止するためだとか、素人にもわかりやすく説明してくれていて、ありがたいです。

ビスの打ち方にしても、楽に木口が割れないようにするコツだとか、本実の板の止め方で、逆に止める場合、実にボンドを塗っておくとか、こういうのって、知っているのと知らないのとでは大違いですよね。

桁にしても、節を如何に隠すかとか、自分だったら全く気にしないで適当にやると思うし、色を見たりして順番を決めたり、プロにはプロの細かな気配りがあるのだと感心しきりでした。

丸太小屋のキッチンですが、19 日に納入となりました。
II 型キッチンになったんですが、シンク側には食器洗い機が着くので、その電源が必要です。
コンロ側はレンジフードがあるのでその電源と、電子レンジだとか炊飯器だとか、そういう機器類のコンセントも増設しておいたらと思います。
でも、10 年も前のことですっかり回路がどうなっているのか忘れてしまいました。
食器洗い機は 200V なんでしょうかね。
その辺もよく見てみないといけないかなと思います。

明日は、Y くんが手伝いに来てくれる日ではあるんですが、ここ 2 週間くらい、休みらしい休みが全くないので、5 号が可哀想なので、休みにします。自分は仕事をしたいんですが、もう年で、夕方仕事が終わると、気絶するように昼寝(?)といいうか、2, 3 時間寝てしまうので、疲れているんだろうとも思うんです。
もともと頑張らないタイプなので、あまり根をつめると、作業の効率が落ちてしまうのです。

午前中、雑貨の梱包をしていた時に検疫所から書類が戻ってきているので、輸入申告の書類は揃ったので、明日は運賃計算書を作ったり、通関のようの補助的な資料(HS CODE やアイテムの画像などを含めて、HS CODE の根拠となる材質や使用目的を記したもの)をまとめるくらいはしておきたいと思います。

HS CODE って、って方は、以下の動画をご覧ください。

実際には、税関に分厚い電話帳みたいなものがあって、そこで調べるのですが、ネットでも調べることができます。
オンラインなので、新しい情報検索することができ、便利です。

ここまで書いておいてこういうのもアレですが、個人輸入をしようと思っている方がいらっしゃったら、忠告しておきますが、こういう細かな書類はアイテムが 1 点だけでも、コンテナ満載 1 万点あっても、基本的に同じ程度の手間がかかります。
どう分類されるのか(どの HS CODE で申告するのか)ということには、商品に対する知識と、分類(通関)に関する知識と、双方が必要になり、わからない場合、税関に事前に教示してもらう等して、申告することになります。

通関を依頼すると、10,000 円+税の扱い料と、11,800 円〜(大額の場合, 非課税)の料金が発生するんですが、これは 30 万円分の商品であっても、3,000 万円分の商品であっても、同じなんですよね。

だから、自分のように、輸入を今後もずっと継続して行う、という意思がない場合は、個人輸入は代行を依頼したほうがいいと思います。

うちでも商品はかなり限られますが、代行を行なっているので、薪ストーブや薪割り機等なら、一度ご相談ください。
多分、個人で苦労して運ぶよりも、トータルで安くなると思います。

春祭りの案内状作りの内職

今日は春祭りの案内状作りの内職でした。

折り機ですが、MonotaRO のコピー用紙とすこぶる相性が良いです。
MonotaRO の用紙だと全く詰まりません。
これからは、MonotaRO の用紙にしようと思います。

それで、朝 A/N が届いていて、今回は伊予商運さんに入るということだったので、搬入のタイミングについて電話で確認したら、午後になるだろうということでした。
14 時過ぎに連絡があって、内容点検は 15 時から可能ということで、点検に出向きました。
夕方、急いで帰って、検疫所に書類を郵送しておいたんですが、早めに戻してもらえるとありがたいなぁというところです。
明日、金曜日中に処理されれば、土日の間に戻ってくると思うので、月曜日にも通関を切れると思います。

それで、Brave(ブレイブ)の 13t ですが、びっくりするほど箱が小さかったです。
まあ、考えてみれば、20t よりもコンパクトなメインフレームの部分だけですから。
K さんから 20t のフレームも頼まれているのをすっかり忘れかけていたので、忘れないうちに部品と発注をしておかないとですが、パーツで頼むのが安いのか、この際だから、20t のトラクター用を買って、バラした方が安いのか、その辺も吟味しないとです。

夕方、あまりに道路が汚いので、掃除のついで石垣も洗っておきました。
たまに洗うと綺麗です。
ただ、泥が跳ねて、洗っている本人は汚れてしまいましたが。

明日は封筒詰をして、発送したいと思います。

Gorilla-Lift

先にナンバーつけてからにしたらと言われそうですが。。。
面白いものを見つけてしまいました。

まあ、みたままの商品で、Gorilla-Lift です。
値段は、$160 ほどで、配送料無料。
かなり食指が動くアイテムですね。

アルミトレーラは相変わらず、進展なし。
そうこうしているうちに春祭りシーズンに突入してしまいました。

それと、頼まれている鉄のトレーラの方ですが、未だ音沙汰なし。

本船ですが、HMM PROMISE で、調べてみると既に南シナ海にいます。
そうすると、近いうちに松山に入港すると思うんですが、今週中か、遅くとも来週くらいでしょうか。
A/N が届かないので何とも言えませんが。
一応の予定は、

US SEA
SEATTLE
ATD: 2021-03-15 04:41 LT (UTC -7)

KR PUS
BUSAN
ETA: 2021-03-27 01:00 LT (UTC +9)

でした。

品切れしているトング類も届く予定ですし、これもいつオーダーを入れたのか忘れるくらい前なんですが。。。

あとは、13t のデュアルタイプが 2 台入ります。
これで多少は小割りが効率化されればと思うんですが。
モノがきたらになるんですが、作動油タンクを作らないといけません。
そういえば、頼まれているドリーも作らないとだし。。。

あと、前はついていたと思うんですが、油圧ポンプにキーがついてなかったんです。

Shaft 1/2″ dia. x 1-1/2″ long keyed

という具合で、キーについて書いてないんです。
キーですが、おそらく 1/8″ だと思うんですが。
あと、ポンプを固定するボルトのサイズ等もわからないので調べて、無ければ取り寄せないといけません。

GX200 も在庫がなくなっていまいました。
エンジンの方もキーがついてなかったんだけど、こっちのキーは大量に買って持っているので問題ありません。
ただ、エンジンにポンプをマウントするブラケットを固定するボルトの在庫がありません。
まあ、MonotaRO で売っているんですが、ものすごくいい価格なんですよね。

でも、今買って、届くのは 8 月頃になりそうです。

雑貨の引き取りと税別表示の終焉

今日は雑貨の引き取りでした。
フリータイムは今日までですから。
4t ユニックは車検と板金修理中のため、軽トラでチマチマ運びました。
15 時過ぎまでかかって終了です。

今年度も今日で終了です。
明日からいよいよ総額表示が義務付けられますね。
今日の今でも税別価格しか表示してないネットショップが未だにありますが、そもそも総額表示というのは、いくら払ったらいいのかわからない、という消費者の立場に立ち、わかりやすく表示を行えという決まり事です。
金物屋さんのようにものすごいアイテム数がある実店舗での値札の更新の労力を考慮して、例外として、やむを得ない場合に、税別で表示することが猶予されていたに過ぎません。
わかりやすい価格表示になればと思います。

コンテナはお宮に回送しておきました。
明日は朔ですから、午前中神社で、午後から配達に出かけたいと思います。

通関に行ったものの引き取りはできず

今日は予定通り通関に行きました。
区分 2 だったんですが、倉庫の方で検査をしているとかなんとかで、今日のうちに引き取りはできないということで、明日以降に出直すように指示されて、作業は中断です。

フォークアタッチが売れたので、梱包をして、発送に出かけました。
せっかく(?)砥部界隈まで足を伸ばしたので、アイソウに例のブツを買いに行きました。
シルバーというか、ステンレス素地の色味のものもあるようなんですが、在庫はこの色だけで、思い立ったらすぐに使いたいのが人情というやつでしょう。
早速買って帰りました。
とりあえず、今のゴミ袋は問題なく取り付けられて、使えているようですが、ゴミがないので、目一杯入れて潰したらどうなるのか、ってことはまだわかりません。
おニャー様が開けて、ゴミを漁ることはなさそうです。

それはそうと、プリンタが不調です。
久しぶりに印刷したら、黒のノズルだけが詰まっているようで、全く印刷されません。
CMY は大丈夫なんですが。

まあ、それほど新しいものでもないし、古いタイプでインクの容量が少ないので、この際買い替えらたらと思ったんですが、Brother のチャットで尋ねてみると、今は通信機能がボックスで分離しているモデルは販売していないようです。

通信ボックスがあるとどういうご利益があるかというと、プリンタ(というか複合機本体)を任意の場所に置けるわけです。
通信ボックスだけ、電話線がある場所におけばいいので。

修理すると、3 万弱かかるようでどうしたものかと思っています。

ヘッドを外して水洗いしてみようかと思ったんですが、外し方自体が謎です
▲ の印があって、そこが爪で固定されているのか、と思ったんですが、狭くてよく見えないですし、壊してしまいそう。

調べていると、洗浄用のインク(?)的なものがあって、これならカートリッジを差し替えるだけです。
レビューが少なくて、効果の程はわかりませんけど、完全ではないけど解消されたと書いてあるので、ダメ元で買って、試してみようと思います。