PREDATOR 薪割り機の引き取り

今日は神社の祭日でした。
少し前予報だと微妙な天気のはずが、普通に晴れて暑かったです。
お参りはそれなりに多くて、かなり疲れてしまいました。

夕方 K さんが PREDATOR の引き取りに来られました。
Brave 20t のフレームも微妙に痛んで、修理しつつ使っているということで、これも交換部品が入荷したので引き渡しました。
前回、体力的に無理があって、大型をチャーターして薪を納めていたのですが、空いたメッシュパレットを持ってきてくれたので、在庫が心もとなくなっていたのでとても助かりました。

夕方、浪漫亭にお好み焼きを食べに出掛けて、いろいろと情報交換をしたのですが、関西界隈は原木の価格がかなり上がっているようです。
聞くところによると、1t 15,000 円くらいのケースも出ているとかなんとか。

薪ですが、加工の際のロスや、乾燥(1/3 程度水分が抜けます)で歩留まりは概ね 50% 程度になります。
つまり、1t の原木(生木)からは、乾燥した製品の薪は 500kg しか生産できないということです。
仮に、15,000 円/t(税別, 以下全て税別)だとすると、原材料費が 1t で 30,000 円, 1kg 30 円かかることになります。
うちは、一部作業を委託しているんですが、1kg あたり 17.5 円かかっているんです。
つまり、47.5 円が原価ですが、うちが山に原木を引き取り行く費用、薪を割る費用、割った薪を横持ちする費用、乾燥機の燃料のチップ費用、一切入っていません。
チップだけでも 5 円くらいかかりますから、うちの経費としては、最低でも 10 円/kg、常識的にはその倍くらいはないと厳しいと思います。

来年の原木価格については、早めに確認して、お客さんに価格の改定の連絡を早めにしないとと思うところですが、大幅な値上げになると思いますから、継続して注文をいただけるのかはとても怪しいところです。
自分が儲ける気は更々ないのですが、自分以外の仕事をしてくれるパートナーさんたちには、きちんとした対価を支払う必要があるので、積み上げたもので値段を決めるしかないなというのが率直な思いです。

明日は、金曜日の続きをやろうと思います。

エンペラータマリンをポチ

ネットを彷徨っていてこんな記事を見つけてしまいました。

???
レバ刺しって、今は販売は禁止されているはずですが。。。
種を明かすと、調音調理、つまり、茹でてあるということがわかりました。

法律的には、中心が 63°C 以上で 30 分加熱する必要があるようです。

そういえば、ISPM No.15 でも触れましたが、このおよそ 60°C くらいの温度というのがミソで、タンパク質が変質しはじめる温度、といういことのようです。
原理的には、ゆで玉子が生卵に戻らないのと同じで、病原菌や害虫を構成するタンパク質が固まることにより、機能できなくなる、ということなのかしらと思うわけです。

だとすると、レバーも生レバーではなく、茹でレバーになるわけですけど、玉子に関して言えば、固茹でもあれば、半熟もあるし、もっとドロドロの温泉玉子もあるわけで、茹で時間や温度により固まり方に差がある、ってことなんでしょう。

かなり絶妙な茹で加減を必要とするんじゃないかなと思うわけで、低温調理器を買うことにしたんですが、値段で言うとアイリスオーヤマはお手頃なんですけど個人的に不買対象で、BONIQ は高いのでパス、消去法で行くと、ちょっと聞いたことがないんですが、エンペラータマリンというものがそこそこ安価で、評判が良さげなので、思い切って購入しました。

エンペラータマリンってのは、なんか小さい猿っぽい動物 のようです。
なんで猿?

元々クラウドファンディングで商品化されたもののようで、往時は 5,000 円程度の低価格スタートだったようですが、今は直売は Amazon だと 12,000 円 です。

今から届くの楽しみですが、レバーは下処理が大切なようで、いろいろ試してみたいと思います。

今日は、雨だったので、午前中はゆっくりスタートです。

午後から、煙突の打ち合わせがあり、お客さんのところに出向きました。
平家で、結構 DIY でリフォームをされている方なので、薪ストーブも自力で設置できそうかなと思いますが、搬入は多少お手伝いできればと思います。
天井は 4m ないので、室内の煙突は大体 3m くらい、屋外も 2m も出せば十分だと思います。
屋根は図面上はアスファルトシングルになっているのですが、ぱっと見コロニアル(カラーベスト)です。
コスト優先だとフラッシングで、煙突の振れ止めのブレースと、海が近いのでデラックスレインキャップとウインドシールド、屋根貫通部でルーフサーポートで固定して、勾配天井のため、スクエアサポート(含むストームカラー+コーキングロール)、スクエアサポート以下もストレートで、スライド煙突と、ダンパーセクション、あとは直管が 2m ちょっとかなと思いますので、それほどコストはかからなさそうです。
ただ、ストレートに抜くことができたら、ですが。
屋根勾配は 3 寸で、実測もそれくらいでした。

煙突の打ち合わせの後、5 号のスーツができた、ということで取りに行ってきました。

その前に、丁張り用に杭を買いに西村ジョイに行きました。
買ったのは杭と、2t 用のシャックルです。
薪を入れる袋の口を止めるシャックルだと、耐荷重が足らなくてトーフを吊ると変形してしまいます。
その時に、屋根材もみたんですが、ポリカだと 12 尺で 2,442 円でした。
縦方向の重ねしろは無視するとして、働き幅は 575mm 程度のため、1 枚でだいたい 2m2 ということになるので、平米単価だと、1,200 円強、ということでしょうかね。
塩ビだと半額ですが、寿命が半分だし、劣化するとぶつけたりすると簡単に割れてしまううえ、張り直す手間を考えると、ちょっとない選択かなと思います。
あとは、ガルバだと重くなります(ポリカ比で倍以上)が、寿命が格段に伸びる上に、不要になって破棄する際も金属としての価値は残るので、光を通さなくて良いなら、ガルバ一択です。

スーツでですが、思ったよりも派手でした。
無難なのが良いようにも思うのは歳をとった証拠なのでしょうか。

今どき上は個人的な好みで三つボタン(オーセンティック)だったり、そういう部分は個性といえば個性なのかなと思います。
二つボタン(クラッシック)は確かにシュッとしてシルエットは綺麗に見えるっちゃ見えるんですが、赤いラインが入らないし、そもそもらしくない気がするんですよ。
ジャケットはやっぱり寸胴でないと。
裏地ですが、J.PRESS 120 周年記念の限定ものです。

自分も若かりし頃は細かった、というか 5 号よりも細かったので、スーツは J.PRESS だったんですが、勤め人を辞めてからほぼほぼ着る機会がなくなりました。
あくまでも個人的な印象ですが、細い場合、Brooks Brothers はちょっと合わないように思うんですけど、気のせいですかね。

基本的に祭典等の参列なので、TPO 的には落ち着いた色柄を選ぶべきだし、一着しかないのでなおさらなんですが、自分が着るわけではないので、当人が気にいるのが一番です。
パターンオーダーですけど、体型に合わせてきっちり作ってあるので、とても綺麗に見えます。
体型にあってない、シワができたり、肩が落ちたり突っ張ったり、どれだけ良い生地や仕立てでも、そういうのは一番良くないと思うんですが、あ、自分のことですかね、体型が変わってスーツが合わないので。
まあ、とにかく、喜んでくれていたので、よかったです。

あとは、まだ礼服がないので、それも必要ですが、そこそこかかるので、またそのうちです。

明日は神社の祭日なので、ボチボチ頑張ります。

バーの摩耗がひどいのでグラインダで削ってみました

今日も Y くんが手伝いに来てくれて、自分と Y くんは擁壁の補強工事の続きをすることにしました。
5 号は一人で薪割りです。

昨日はバードレッサーもグラインダも 5 号が取りに帰ったんですけど、見つけられなかったので、とりあえず一番まともそうなバーを使ってもらってたんですが、今朝、グラインダは見つけて持ってきたので、10 時の休憩の時にガタガタになっているので削ることにしました。

まだ微妙に腰が痛くて、かがむことができないんですけど、ちょうどいい高さで固定できるものがないので、結構難儀をしました。
グラインダは、注意しないと削れすぎる感はあるんですが、ドレッサよりも楽ですね。
まあ、バッテリーだから、サクッとできるんでしょうけど。

グラインダで削ったバーは、5 号的には切れ味は復活したそうです。

工事班(?)というか、二人しかいませんけど、自分と Y くんとで、朝一、トーフを運びました。

右手前の大きめの石は昨日フォークでより分けてあったものですが、今日は、その奥の小さめの石を集めました。
いろいろ解体したりした時に、コツコツ集めてあったんですが、単に積んであったため、ぐちゃぐちゃに混ざってしまっていたんです。

夕方までかかって、一通り片付きました。

明日は雨っぽく、明後日は神社の祭日です。
月曜日の天気次第ですが、掘削してベースコンクリートを打設して、丁張りをかけようと思うんですけど、杭や貫がない気がするんです。
後、トーフを傾けて吊るワイヤーもないのでこれも買ってこないですね。

薪割り班(?)の方は、張り付いて見ているわけではないのですが、ボチボチは進んでいるような。。。

製造機の調子が本調子ではなく、特に、バーオイルの供給がまた微妙になってしまっているようです。
というか、バーオイルがちゃんと供給されないとバーが痛むし、バーが痛むと切れなくなるので、余計にバーが痛むわけで、さっさとバーオイラーをつけようと思いますが、近くの重機修理屋さんは匙を投げたので、園の近くのホース屋さんは対応してくれるので、ここが片付いたら、オイラーとログテーブルの接続用のホース作成を頼もうと思います。

明日は雨みたいなので、工事は一旦お休みかなと思うんですが、午後から、TrueNorth のお客さんが DIY で設置したいということで、近所なので午後にも様子を見に行ってこようと思います。
煙突も併せて納品となる見込みで、ICC と国産(高木・新宮)とを提案できればと思います。

TrueNorth といえば、去年に注文をいただいているお客さんのところにも納品に行かないとなんです。
薪割り機も納品を待っていただいているんですよね。
次の検診で骨折がどの程度治っているか、長距離運転 OK が出たら配達に行かないとと思います。

ボチボチ頑張ります。

草刈りと薪割りと

今日は Y くんが手伝いに来てくれました。
自分と Y くんは草刈り担当で、5 号が薪割り担当です。

朝イチ、この間タイヤを交換したリフトのホイルですが、増し締めをすることにしました。
前回、トルクレンチをどこにしまったか思い出せなくて、手でしめただけだったのですが、発掘しました。
アストロの安いやつですが、まあ、手でやるよりは正確でしょう。

草刈りですが、Y くんに刈ってもらって、自分が刈った後の掃除をしました。
天気が良くて、ものすごく暑いんですけど、自分はすっかり体力が落ちていて、ちょっと草を集めただけで疲れてしまいました。
結局、草刈りは 15 時までかかりました。
明日からは、お宮駐車場の工事も再開しよう思うので、15 時からは、材料の石を集めました。
大きな石は大体選り分けたので、明日は雨が降る前に、グリ石を集めてしまいたいです。

薪割りですけど、製造機がまた不調になって、よく観察するとバーが斜めに入って切れなくなっているので、バーの送りではなくて、バー自体が曲がったのかなと思って、バラしました。
そうすると、結構バーが摩耗していて、ドレッサーで整える必要がある状態でしたが、ドレッサーが見当たりません。
しかたがないので、園に電話すると、バーが 2 本あるということで、5 号が取りに行きました。
バー自体、使い古ししかなかったんですが、最もまともなのを使って、とりあえず今日くらいは仕事ができる状態になりました。
グラインダでちょっと削るかと思ったんですが、グラインダも行方不明です。
新品のバーもあるはずなんですが。。。
一度製造機用の予備部品などをきちんと整理したほうがよさそうです。

それと、バーオイラーの取り付けまでの間、噴霧器を改造して凌いでいたんですが、これがまたちょっと調子が悪いみたいです。
まともに油が供給されない状態で使うので、バーが摩耗する、バーが摩耗すると切れないからさらに摩耗する、という悪循環ですね。
バーオイラーもそうですが、ログテーブルもさっさと取り付けようと思います。

夕方、SV-100 の回送を頼みに行きました。
本来は電話で済むことことなんですが、キーをつけてくるのを忘れたので、預けに行く必要があったのと、月末なので、前回の回送代の支払いもあったので。
明日、朝イチは別の仕事があるので、その後に回送してもらえることになったので、多少なりとも積めたらいいなと思います。

薪割りの準備

明日、薪割りをすることにして、今日は午前中、修理をした薪製造機を回収しに行きました。
本当はバーオイラーだとか、ログテーブルだとか、その辺の油圧配管をなんとかしてからと思っていたんですが。

まな板台車もほぼほぼ出来上がっていました。
ただまあ、もう少しかかるかも、ということで、来週くらいに車検を受けたいと思います。

仮ナンバーですが、19 日までに返却する必要があったのですが、すっかり失念していたので、支所に返しに行きました。
その途中で、モバイルルータが届いたので、電波状況を確認しました。

神社で適当にやったら、全く繋がらなくて、アプリを入れたら No Service と表示されたので、どうやら圏外のようです。
支所まで行くとちゃんと通信できました。
それで、うろうろして電波をどこまで拾うか確認したんですが、どうも海沿いは電波が良くて、山側が電波が悪いということがわかりました。
社務所のあたりまではそれなりに通信できるようですが、拝殿の周りだと、微妙な速度でした。
まあ、防犯カメラは静止画をクラウドに保管するだけなので、これくらいの速度が出ればとりあえずは問題ないかなと思います。
モバイルルータは充電しながら使用することができないので、早めに据え置き型の契約をしようと思います。

夕方、セールの案内が来ていたので高島屋に鞄を買いに行きました。
ふと思い返すと、娘が生まれる前に買った鞄なので、もう 20 年以上使っています。
さすがによれよれになってきたので、新しくしたいなと思っていたんですが、そこそこの値段するので、ずっと我慢していたのです。
安くなったので思い切って買いました。

そして、お約束の四川飯店です。
メニューがリニューアル、つまり、値上げされていましたが、まあ、仕方ありません。
いつも通りですが、自分で歩ける程度には回復したので、麻婆は小辛を頼んだんですが、中辛で良かったようにも思いました。
美味しくいただきました。

明日は Y くんが手伝いに来てくれるのでぼちぼち頑張ります。

楽天 Pay と賽銭泥棒

今日は午前中、楽天 Pay の営業さんとの打ち合わせでした。

一応 PayPay は導入済みなんですが、なんというか、痒いところに手が届かない感じなんです。
具体的にいうと、

  • 対面販売のみ → 無人販売所で利用するのは 原則 NG
  • 物販のみ → お賽銭など、商品(あるいはサービス)の対価でないケースの支払い NG

という点が、うちの場合は問題です。
楽天 Pay はどちらも OK みたいなんですよ。

かれこれ前に薪の自動販売機を作るといったものの、遅々として進まない、というか、手が回っていないわけですが、YouTube などを見ていると、無人販売にはかなりのリスクが伴う気がするんです。
最近増えている餃子の無人販売なども、メディアが煽っているだけでかもしれませんが、相当の金額の被害が出ているようです。

まあ、餃子屋は雨後の筍の如くどんどん増えているので、次々に被害が発生しているのだとは思うのですが。。。

野菜の無人販売所のケースも動画に上がっていました。

それで、思うこととしては、もう現金での決済はやめた方がいいんじゃないのか、ということです。
うちの場合、そもそも儲けたいという気持ちはほとんどありません。
なので、儲ける必要はないのですが、損をしたくないだけです。
損をしたくないので、今は何もしていないのですが、時々 Google などで検索して、来訪してくださる方がいらっしゃって、ただ無人であることが多く、空振りさせてしまっているようなのが心苦しいのです。
なので軒下にみかんカゴに薪を入れたものを置いておいてそれを一つ 1,000 円とかのキリのいい額にして、楽天 Pay 出払って持って行ってもらおうかなと思ったわけです。

賽銭泥棒の話やなんかでいつも書いていることですけど、一定のおかしなのはどうして世の中に存在します。
ごく少額を盗んでも窃盗は窃盗ですから、実に率が悪い。
さらに昨今は両替手数料もかかるようになりましたから、なおさら率が悪い。
ちょっと考えれば、馬鹿馬鹿しいと気づきそうなものですが、貧すれば鈍する、というのはこういうことを指すのだと思います。
他山の石としたいと思います。

それで、賽銭泥棒といえば、愛媛 CATV さんから無料体験の端末が届きました。

電話をして契約したいといったんですが、まずは試して欲しいといわれて、エリアマップを見ると、確かにちょっと電波が微妙なエリアなんです。
山で木も多く、普通にソフトバンク(ワイモバイル)だと電波が微妙なこともあるので、念のために電波状況を確認しようと思います。

借りられたのはポータブルタイプのもので、据え置きのものではありません。
小さくていいのかなとも思ったんですが、決定的な問題があって、10 分通信がないと WiFi が OFF になってしまうようです。
まあ、IP カメラの方で、例えば 5 分おき程度にタイムラプス撮影をしてそれをクラウドに上げる処理をして回線を維持するというやり方で試験しようと思います。

IP カメラなので、犯行の様子はクラウドに保存されるので、カメラを破壊したり持ち去っても、記録が失われることはありません。
ただ、安いとはいえ数千円するわけで、賽銭よりよほど価値があります。
カメラ的には世代の古い破棄予定のものを捨てずに取ってあるので、それをわかりやすい位置に取り付けてデコイにしようと思います。
それを盗んだり破壊すれば、さらに罪が重くなりますしね。

賽銭箱には、IoT センサーを取り付けて、犯行があれば、スマホに通知するようにしたいと思います。