振動モータは思ったよりもかなり強力だった件

以前、乾燥機のスクリューコンベアの先のチップを落とす縦穴(?)部分に割り箸ような長い竹やなんかが詰まることがあり、その対策にと思って買っただけでお蔵入りしていた振動モータですが、4mm アンダーを落とす篩を作ったら、ということで園から引き上げてきました。

プラグを買ってきて取り付けてみたので、とりあえず手に持って運転してみたんですが、片手では持っていられないほどブルブルします。
90W だと思うんだけど、随分と強力です。
よく考えれば、大きい方の古いは 0.25kW x 2 = 500W ですから、その 1/6 ちょっとの能力ということになります。

正直、木でちょっとしたふるいを作ろう、2×4 で枠を作って、そこにステンレスのネットを貼ろう、くらいに思っていたんですが、コーススレッドでちょっと組み立てる程度では振動で壊れてしまうじゃないかと思えるほど強力でした。
茹蛸コンベアから吊り下げるか、とも思っていたんですが、別に単管パイプ等を使って、ある程度の重さのある枠を作って、そこから吊り下げるくらいの細工も必要かなと思います。
粉塵を集めるのが面倒くさいので、集塵機を接続できるようにするのが一番いいかな?
将来的には、一度で 50mm オーバー、4mm アンダー、それに製品と 3 分別できるのが理想ではありますが。

ところで、この振動モータ、単相でアースを含めて 3 本配線があったんですが、ポッキンプラグが売ってなかったんです。

というわけで、アースはつないでなくて、テープで巻いて押し込んであるんですけど、漏電とかした時どうなるんだろうとは思うんですが、三相の方もコードはあるけど、その先、まだ細工していません。
それに、その先、発電機だしなぁ。。。
発電機からもアースを取らないといけませんよね。

それと、発電機では電気が足りなくなる件ですが、たまたま電気屋さんが家に来ることになっていたので、その時に聞いてみたら、引き込みの仮説ポールまでたててある状態だと、工事費は 10 万円はかからない、月々の固定料金は 10kW で 6,000 円程度、とのことでした。
今のところ、インフィードコンベア 2.2kW, ふるい本体 0.5kW, 茹蛸コンベア(仕様不明) 1kW, 小型振動モータ 0.09kW, 排出(積み込み)コンベア 3.7kW, 集塵機 1.5kW といったところで、10kW あれば間に合うかなと思うのです。

ただまあ、近い将来、第 1 ヤードにチップ作業を引越ししたいので、そうなると電気工事は無駄になるんですよね。
はてさて、どうしたものやら。。。

インフィードコンベアの改造

インフィードコンベアをトレーラにすることにした んですが、部材を鉄工所からとりにきてくるので、引っ張り出しました。

入り口に水たまりができていたので、砕石で埋めてみたんですが。。。
ドロドロになりました。

結局、リフトで運ぶのは無理そうなので、SV100 で一つ一つ吊り下げて運ぶ羽目に。
とりあえず、準備は完了です。

コンベアの重量ですが、おそらく 1t くらいにはなるんじゃないか、ということで 1 軸だと心許ないので 2 軸で作ることにしました。
作ってみないと重心とかわからないので、車軸は何箇所か固定できるように余分目にボルト穴を開けて、実際に組み立ててバランスを取りたいと思います。
車軸は作り掛けているアルミトレーラから拝借することになりそうです。

そうなると、アクスルは後でまた買わないといけなくなるわけです。

トーションアクスルにすると、嵩張らないので運賃が節約になるかなと思うところですが、500kg のものでも結構しちゃってますね。
後々のことを考えると、日本国内で普通に手に入る軽トラのタイヤが使えるのが一番安上がりかなと思ったりもします。
4″ って、101.6mm くらいなんですけど、日本の 100mm のって、履けるもんなんでしょうかね。。。

唐箕

重い腰を上げて、ジムニー、ようやく泥除けがつきました。
最初からつけておけばよかった。。。

いい加減、リア周りの配線もやらないとなんですけど。
ボチボチ頑張ります。

あと、自動車税の件です。

ということで、硬貨で支払ってみました。

まず、松山市の場合、電話で確認すると 100 枚程度までということだったので、ジムニーの 10,800 円を 100 円玉で支払わせてもらいました。
本当は全部 1 万円で払いたいところですが、手で数える 上、ダブルチェックで時間もかかるので、両替手数料を払った方が普通に考えるとリーズナブルでしょうね。

普通車は中予地方局になるんで、遠いので街に出かける時によりって試してみたいと思います。
こちらは、枚数制限とかはないけど、時間がかかる、とのことでした。

農協に聞いたら、硬貨で支払う場合、手数料が必要とのことでしたが、100 枚までは無料、ということでした。

ここはやはり、国税をダンプカーに満載した 1 円玉で支払ってみたいですね。

昨日、異物除去に唐箕が使えるんじゃないかと書いた件の続きです。

使い方を解説している動画を見てみました。
ごちゃごちゃレバー的なものがついてるんですが、選別の対象物に合わせて微調整ができるようになっているんですね。

もともとは米だの大豆だの、穀物用だと思うので、大豆の場合、1cm もない ようですから、φ50mm のスクリーンに通したチップというのは、この機械に通すとするとかなり大きいと思うんですね。

ただ、出口が 3 つあるから、もしうまく調整できたら、一番手前が金属等の比重の大きなもの、その次が製品、吹き飛ばされる口はビニール等、という使い方はできそうです。

ヤフオクだと、4,999 円とかでもありますね。
高くても数万円、10,000 円前後で買えるかなと思います。

手回しなので、流石にそこは電動にする必要がありそうです。
動画だと、毎秒 1, 2 回転程度させているように見えます。
別にこれを回す必要って全くなくて、ブロワーか何か、風を送る装置をつけて風洞部分だけ使えばいいようにも思うし、現実問題、チップが大きいので排出口に詰まったりもすると思うのです。

この動画を見て思うのですが、仕組み自体は極めて原始的なので、初めからコンパネとかで作ったのでいいように思いました。
これも時間を見て、試作してみようと思います。

チッパーの改造案

ふるい機ですが、思った以上に効率が良くて、オーバー材の発生がかなり抑えられています。
事実上、定量供給機的に機能するので、お蔵入りしているエンジンのチッパーでオーバー材の処理ができるじゃないかと思えてきました。

よくみてみると破砕機本体はフレームにボルト留してあるだけです。

エンジンの動力はベルトで伝達しています。

元々どうなっていたかわかりませんが、買ってきた時には改造してありましたが、羽がついた軸が回転して、破砕対象物を一定量づつ掻き込むようになっています。
ただ、この入り口の角度がほぼ水平なので、傾けたいわけです。

全体を傾けるとエンジンも傾いてしまうのでどうしたものかと思っていたんですが、破砕機本体はボルトを外すだけでいいのなら、45° くらい傾けるブラケットを作って、ベルトが張るように位置を調整して固定すればいいだけではないかと思います。

エンジンは 6PS でした。
3.7kW だと 5PS 相当かなと思うんですが、400cc のエンジンを積んでいる高圧洗浄機はモータだと 3.7kW で間に合うので、そういう意味では 2.2kW でもいけるんじゃないかなと思いますけど、エンジンとモータの特性を無視して単純に計算すると、5.5kW 積んでおけば間違いはなさそうです。
ガソリンも高いので、将来的には電動化したいところです。

それはそうと、今日 instagram で見かけた風景。

いや、どこで見たか忘れてしまったんですけど、薪ストーブ界のロールスロイスと称する施工写真があって、それにものすごく違和感があったんです。
外気導入のダクト、アルミの蛇腹が剥き出しだったんですよ。

その昔、これは多分 facebook だったと思うけど、北海道で外気が -10°C とか -20°C とかのエリアでそういう外気導入のダクトを剥き出しの施工をした業者さんがあって、室内は 20°C とかになるわけですから、ものすごい温度差があって、アルミのダクトが結露して周りが水浸し、って風景を見たことがあるんですよ。
断熱しなくてもいいんでしょうかね。

そういえば、カナダから TrueNorth を入れた時にも外気導入の施工要領があって、ダクトはちゃんと断熱だったんです。
よく読んでなかったから、床に穴を開けた際に普通に φ100mm でやっちゃったんだけど。
で、自分はその後、見た目の問題から、アルミのダクトは撤去して、空いてる穴にガラリを被せて終わりにしたんですけど。
うちの場合は、断熱しなくても、結露することはありませんでした。
流石にこのカバーを使っても、個人的には美的に許容できないかな。。。
TrueNorth の場合はペデスタルがあるので、それならば、きっと隠せるんじゃないかなと思いますが、ペデスタルの見た目自体が自分は好みではないんです。

はてさて、どうやるのが正解なんでしょうかね。

配達完了

配達は無事に終了です。

Brave PCLS2013GC ですが、このモデルの持病というか、エンジンブラケットの付け根から作動油が漏れる症状が出たので、修理預かりして帰ります。
とりあえずの作戦としては、外付けタンク、それがうまく行かなそうなら、溶接修理にします。
外付けタンクは結構大掛かりなので、溶接で直すほうがいい気もするんですが、このモデルは業務用と考えると作動油の量が少なめなので、タンクを外付けの大きなのにしておきたいってのもあるんです。

椿峠のラーメンショップです。
初めて寄りました。
ここ、駐車場広くていいんですけどね、なんかホイルを磨いたり、ちょっと微妙な人たちもいました。
味は。。。ものすごーーーーーーく薄いです。
塩のはずが、豚骨スープのままみたいな感じ。
5 号は味噌頼んだみたいだけど、注文間違えてない、といってたくらい、味が全くしません。
不味くはないんですけど、もう少しちゃんと味付けしてもらいたい感じ。

そうそう、モノハウスの近くのラーメンショップ、熊毛店?
ここも丸に椿のマークなんですけど、系列店なんでしょうかね?
こっちも行ったことはないんですが。

今回、椿峠が一部新道に切り替わって、走りやすくなってました。
でもまあ、防府へ抜けるトンネルは 1 車線だから、あそこで詰まりそうな気はしないでもないですが、さすが 2 号線、どんどん道が良くなります。

あと、西条に新しくできた 道の駅西条のん太の酒蔵 に寄ってみました。
いやあ、素晴らし過ぎます、駐車場が。
広くて、大型の枠が普通車よりも全然多く整備されています。
とても停めやすい。
また、利用したいと思います。

そんなこんなで、無事に愛媛に辿り着きました。

明日は、ゴムパッドが届くので、通関・引き取りをしたいと思います。
ボチボチ頑張ります。

薪の配達 — 山口に出発

今日は配達に出発です。

午前中に積み終える予定が、社内のシガー電源ソケットが一つ死んでいて、買い出しに行ったりしていてお昼を回ってしまいました。。。

今回、積み方を工夫して、前回の 26 カゴから 28 カゴと 2 カゴ余分に積むことができました。
が、積む時にカゴを引っ掛けて一つ痛めてしまったのえ、戻ってきたら溶接して修理しないとですが。。。

配達先が狭いので、40ft は進入することができません。
なので、まな板での配達になります。

西条の立体工事はまだまだかかりそうですが、東広島・安芸バイパスと、木原道路が開通して、本当に、一気に走りやすくなりました。

あとは、観音本町までで途切れている西広島バイパスですよね。
延伸することが決まったみたいですが、7 — 8 年はかかるとかなんとか。
その上片側 1 車線みたいだし、東広島バイパスまで繋がるわけでもないし、少しは便利になるのかなくらいに感じます。

出発が遅れてしまったので、長沢ガーデンのレストランの営業時間には間に合いませんでした。。。
いや、間に合ってはいたんだけど、ラストオーダーまでには入ることができず、夕飯は抜きになりました。
なんとも。

明日もそれなりに頑張ります。