散々悩んで結局買った The Pot

前々から欲しかったんですけど、高いんですよね。。。
散々悩んで結局買った The Pot です。

電子レンジもバルミューダなんですけど、機能的には、ただの電子レンジで、値段は普通のの 3 倍くらいする感じです。
まあ、ケトルも同じですね。

思ったこととしては、高いレンジを買っても使いこなせないし、バルミューダの良いところは、例えば、レンジの加熱時間をダイヤルで設定できることで、直感的なことかなと思います。

前々から思っているんですが、ボタン式の電子レンジって、作っている人ってよほど頭が悪いんでしょうかね?
例えば 10 秒、1 分、10 分のボタンがあったとして、10 分のボタンの意味ってあるんでしょうか?
自分は冷凍食品の温めとかしかしないのですが、10 分なんて押すことは殆どありません。
10 分は 5 分にすればいいのにと思うのですよ。

子供の頃アメリカに行ったときに、お釣りを返すときに、まず品物の金額をいって、その後にお札や硬貨を差し出しながら足し算を声に出してするのです。
例えば、$58 のものを出して、$100 をだしたとすると、

$58
$1 をだして、$59
$1 をだして、$60
$20 をだして $80
$20 をだして $100

という具合です。

だから、意外と、10 分が 5 分 x 2 だということをわからない人がいるのか、と思ったりするのです。
小学生の算数のレベルの話ではあるんですけどね。

それで、梱包を見て思ったんですが、ダンボールが汚れないようにシュリンクフィルムがかかっています。
これはもともとメーカー梱包でかかっているものなのか、お店の人がかけたものなのか、いずれにせよ、うちのストレッチフィルムよりも綺麗です。
ストレッチフィルムを巻くのは意外と手間なので、シュリンクフィルムの梱包機は早めに導入したいところです。

明日は検査と引き取り(あわよくば)の予定なので、まとめて出荷した方が運賃は節約になるんですが、今日は今日で、午後から少し梱包をして納品しておきました。

それにしても、検査が億劫です。
仕方がないので、ボチボチ頑張ります。

YAC-B40V を早速使って見たら

今日は明日の祭典の準備をしました。

なんだかんだで夕方までかかってしまったんですが、どうしても気になるので、昨日買った YAC-B40V を試さずにはいられませんでした。

結論から言うと、とてもいいですね、これ。

まず、水が入ってない状態だど、本体の見た目よりも、とても軽いんです。
それと、思った以上に涼しく感じました。

スポットクーラーと比べると、冷房ではないので、出てくる風の温度はそれほど低くないのかもしれませんが、風量が圧倒的に違います。

例えば、パレタイズされている商品をバラすような作業をする場合、動き回るので、はっきり言ってスポットクーラーはあまり涼しくないのです。風が出る場所にずっといないといけませんが、そうはいきませんし。
そして、往往にして排熱が出る方にも行かないといけなかったりして、作業机で場所固定、梱包や検品という場合にはいいんですが、ウロウロする必要がある場合は、こっちの方がいいかもしれません。

ドライミストのようにベタベタになる程湿度が高くなることはありませんでした。
短時間のテストだったので、よくは試せてないんですが。

騒音ですが、工場や倉庫だと気にならないと思います。
あわよくばお宮で夏越の際に暑いので使えたらいいなと思ったんですが、これはちょっとうるさすぎかもしれません。

それで、一つ気になっているのは給水問題です。
どれくらいの水を消費するのか、と言うことです。
あと、うちは井戸水なので、ミネラル分は蒸発しませんから、それがだんだんタンクに結晶になってたまったりして、問題を起こすんじゃないか、という懸念もあります。
一応ひっくり返したら、下から水は抜けるみたいですが。
当然、カルキも入ってないので、タンクの水に菌等が繁殖する可能性もありますね。

給水ホースをつなぐ用のタケノコがついてきたんですが、ネジが G 1/2 じゃなかったんです。
なので、普通の散水用のワンタッチが小さすぎてとりつきません。
G 3/8 だと思うのですが、機械の側がオスなので、G 3/8 メス・G 1/2 オスの変換を買えばいいんじゃないかと思うんですが、G 1/4 かもしれないし、月曜日にもメーカーに確認した方が良さそうです。

ややこしいので、整理しておこうと思います。G = 旧 PF = BSPP = ミリ平行ねじです。

インチ ミリ ねじ山数
1インチあたり
おねじの外径
めねじの谷径
おねじの谷径
めねじの内径
1/4 6 19 13.157 11.445
3/8 10 19 16.662 14.95
1/2 13 14 20.955 18.631

G 3/8 だとすると、G 3/8 メス・G 1/2 オスのブッシング、インチが通じない相手だと、平行 10mm メス・平行 13mm オスのブッシングといえば、どっちかは通じるはずです。
この話をし出すと終わらなさそうなので、ここら辺 をどうぞ。
でもなあ、なんで、水道屋、ガス屋、油圧機械屋、みんな呼び方が違うのか。

ふりが長くなったけど、MonotaRO で買うとすると、この辺りか。
高すぎ。プラで十分なのに。

ご丁寧にホースバンドをつけてくれているので、タケノコにホースをつないで、ホースにワンタッチカプラをつければ済むだけなんですが、それはホースを繋がない時にブサイクで仕方ないので、最後の手段にとっておきたいと思います。

しかし、この絵は意味不明。
タケノコ(ニップル)を取り付けて、普通は水栓につけるワンタッチのオスをニップルにつけるような絵になっているんです。
でも、その先に何故かホースをホースバンドでつけるわけで、じゃあタケノコの意味はなんなのか、と思うわけです。
これでつくとしてもあまりにブサイク。

ホースを繋いでおいたら、ボールタップなのかどうか、何らかの方法で自動的に給水してくれるようで、でもまあ、ホースが邪魔という話もなきにしもあらずではあるんですが、まあ、40L も入るので、都度繋いで自動満水になったら、ホースを外すでもいいのかなと思いました。

まあ、来年の夏までになんとかすればいいと思います。

ヨシ! — 仕事猫

今日は兼務神社の夏越祭でした。

本来は、茅の輪をくぐるために多くの人がお参りに来て、採点の後は、ビールを飲んだり、和気あいあいと過ごすのですが、チャイニーズウイルス対策で、役員さんだけです。

秋祭りもどうなることやら。。。

そんなわけで、15 時には終わったので、検品・梱包作業の続きをやりました。
ただまあ、出荷できるほどはこなせませんでしたが。

ちょっと問い合わせがあったんですが、煙突ブラシ(ポリ)とロッドですが、入荷しています。
ブラシは 3 点入荷して、1 点はバックオーダーで 2 点しかありません。
ロッドは 3 セット入荷しています。
ブラシは Amazon に発送済みで、ロッドも来週には発送できると思います。

入荷点数が少なすぎて、併売するとダブルブッキングの可能性があるので、Amazon だけで販売します。
Amazon は 3 割ほど手数料がかかります ので、かなり割高になりますが、少人数でやっておりますので、すべてを STORES の直販でできません。
申し訳ないのですが、ご理解いただけたらと思います。

ロッドセット KRK-18 は、今現在、18,809 円というトンデモ価格の出品者の商品しか在庫がありません。ボッタクリにご注意ください。

それはそうと、仕事猫のガチャを 5 号が見つけて買ってきてくれました。
欲しいのはもちろん「ヨシ!」のやつです。
出たのは。。。残念。

あと、Amazon で Roughneck #38561 23 インチ 重機牽引用トング がかなり安くなっています。
Amazon のセンターで梱包材を破損させたんだと思うんですが、使ったらあっという間に傷だらけになるモノですからね。
このサイズで 4,000 円ちょっとはかなりお得だと思います。

明日は本務神社の祭日です。
夏越祭の準備もあるので、ボチボチ頑張ろうと思います。

大雨

九州・熊本方面では、多大な被害が出ているようで、とても心配です。
被災された方々には、中心よりお見舞い申し上げます。

愛媛も、それほどではないにせよ、かなり雨が降っています。
朝から緊急の通知が届いていて、危険を感じます。
お宮の山はまだ崩れたまま復旧できていない箇所もあるのに、また崩れたら大変で心配でなりません。

先週から、休みらしい休みがなかったので、今日は強制休業状態で、やったことといえば、MacBook を修理に出すためにバックアップを取って、お店のお客さんのデータなど、ローカルには保存はしていないのですが、万一のこともあるので、念の為に初期化したりという作業をしたくらいです。

夕方、スーパーに買い物に行ったら、真っ暗で早々に閉店したようですが、お客としては困りましたが、従業員さんのことを思えば、正しい判断だと思いました。

予報を見る限り、災害レベルかどうかはさておき、雨が続くようです。
外の仕事はできそうにないので、とりあえず、10 万円を貰う手続きとか、そういう雨でも振らないとやらないようなことを片付けておきたいと思います。

与島到着

与島に到着しました。
ここ、広くていいんですが、今日はなんと、貸し切りです。
よく考えたら、土曜日だから、高速が高い日ですね。
とりあえず、お土産を買いました。
後少し気をつけて帰らないとです。

それそうと久しぶりのこなかです。
ランチ 880 円と思ったら、これまた土日割増で 1,100 円でした。
美味しいご飯、豚汁、キャベツは食べ放題で、ご飯 2 杯、豚汁 3 杯、キャベツ 2 杯いただいてしまいました。
デブい。

苔玉が売ってたそうで、買ったようです。
これは絶対に 6 号が狼藉を働くパターンと思ったら、既に狙っているようです。
何日持つのでしょうか。

お兄ちゃんたち(1 — 4 号)の爪とぎですが、買っても買ってもすぐにズタボロになるんですが、たしか、カリカリーナとかなんとか、そんな名前の爪研ぎがあって、無茶苦茶減らない(=ゴミが出ない)と聞いたんですけどね、今度調べて見ないとです。

無事に愛媛に到着しています

昨日許可になった時間が遅くて、倉庫が閉まってしまったので、朝一で引き取りです。
8:30 からで、9:00 には積み込みが終わりました。

毎度毎度ですが、こなかです。
11:00 について、開店したばかりでしたが、いつもの席を他の人にとられてしまいました。
ランチも行けたんですが、ロースはちょっと胃がもたれる年代なので、500 円以上高いんですが、ヒレカツ 120g です。
まあ、帰りの楽しみの一つです。

なんだかんだで、愛媛には 18:30 と早い時間に着いたので、コンテナから出して 4t に積み替えて持って帰るところまでやりました。

コンテナは横は開かないので、奥にある荷物を下ろすときには、ハンドパレットトラックで後ろに移動しないといけません。
お宮駐車場は微妙に斜めになっていて、パレットがあまりに重たくて、壁との間に挟まるところでした。
エアサスを調整して多少はよくなったんですが、そういえば、2.4t ほど 3 パレットであるようになっていました。
測ってみると、1.15t, 1t, 0.65t と、都合 2.7t ありました。
住友で計っても、TCM(というか、白光)で計っても、同じなんですけど、向こうではどうやって計っているんでしょうかね。
そもそもお宮で使っている住友は 1t 車なんで、1.15t を持ち上げたときは、結構重買ったんです。
積み込みの際とか、当たり前ですが、積み下ろしの逆で、前に向いて人力で移動しないといけないし、今回の CFS は地面が平らで都合がよろしいんですが、傾いているところもあったりして、コンテナが蒸し風呂なのと相まって、かなりしんどいのです。

無論、軽くしてもらう(=パレットに高く積まない)こともできるんですが、そうすると、パレットのコストが余計にかかり、$30 かかる上に、パレットの容積(1 x 1.2 x 0.15 = 0.18m3)分の運賃もかかります。運賃は、大体 1 m3 あたり、今はだいぶ高くなり、港までで 5 — 6 万にもなるので、パレットを 1 枚増やすと 1 万くらいかかるんですよ。
なので、パレットを増やすのはない感じです。
早く FCL で運べるくらいのお店になればなと思います。

明日は在庫切れしている商品を急いで検品して、ある程度納品を済ませたいと思います。

それとちょっと気になったこと。

信号で引っかかっているときに撮ったんですが、いわゆる 天使のはしご といわれる現象についてです。

薄明光線(はくめいこうせん、英語: crepuscular rays)は、太陽が雲に隠れているとき、雲の切れ間あるいは端から光が漏れ、光線の柱が放射状に地上へ降り注いで見える現象の俗称。通常とは逆に、雲の切れ間から上空に向かって光が出ることもある。おもに、地上から見た太陽の角度が低くなる早朝や夕方に見られる。世界中の人々の間で美しい自然現象と認識されており、写真撮影における人気も高い。

美しい自然現象かどうかはさておきです。

太陽は地球から十分に遠いので、そもそも太陽光線はほぼ並行のはずです。
にもかかわらず、雲間からさす光は、放射状なんですよ。
なんで?

放射状であるということは、漏れ出す光の光源は雲の真上のあたりになければいけませんよね。
チンダル現象 と呼ばれているようで、実態は ミー散乱 だそうです。

また、太陽が真上にあると、わかりづらいので、朝夕にみられると Wiki には書いてありました。

というわけで、わかったような、わからないような。。。

後、昨日のバイキン城の正体が判明しました。
四国電力の 187kV ガス遮断器 だそうです。
こっちも能書きを読んだんですが、どうやって動作するのか、内部の構造がどうなっているのか、さっぱりわかりませんでした。