配達完了

配達は無事に完了しました。
今回は、量が少ないんですが、急ぐということで 16 袋だけです。
クヌギの薪です。

途中、狭いところがあって、曲がれるかなと思って計算したんですが、3 軸+短いヘッドで計算上はギリギリ、まあ、やってみようと思ったら、どう頑張っても無理でした。
なので、途中の空き地で作業です。
午前中は雪の予報で、どうなることかと思ったんですが、思ったほどでもなくて、お昼過ぎに終わりました。

寒い中で作業をしたので、お昼はラーメンにしました。
バリバリジョニー。

〒520-2571 滋賀県蒲生郡竜王町西横関38
 

実にデブいですね。

自分は、普通に塩。
まあ、コッテリはしてますが、多分、この店ではこれでアッサリなんだと思います。
個人的には、山岡家のほうが、味が濃い(コッテリとかそいうベクトルではなくて)ので、その方が好みです。
でも、こういう脂ギッシュなのは、好きな人にはたまらないでしょうね。

K さんは、サバの味噌煮が乗っているをいってましたが、とんでもなくコッテリ見たいです。

ちなみに替え玉無料。
食べすぎると運転がしんどいので、1 玉だけでやめておきました。

その後、まあ、普通に来た道を帰ったわけですが、いつものこなかに到着したのが 19:40 でした。
緊急事態宣言で、閉店 20:00 だろうなと思っていたんですが、ラストオーダー 19:30 で間に合わず。。。
あえなく、隣のファミマの弁当になりました。

というわけで、なんだかんだで、雪も問題なく、ヤードに進入できない件もなんとかなって、無事に戻っています。

明日は、搬入が今日終わっているはずなので、内容点検に出向いて、通関も済ませられたら済ませたいと思います。

通関・引き取り・薪ストーブ発送

いつも通りの、通関、引き取りでした。
お昼から申告に出向いたんですが、既に検査の貨物があるので、検査になったら翌日ということだったんですが、区分 2、書類審査で、無事許可になりました。
少し時間がかかるかもといわれて一旦帰ったんですが、帰ったら許可になりましたと電話がかかってきたので、コーナンで買い物でもしていれば良かった感じです。

その後、薪ストーブを発送して、乾燥機の様子をチェックしに行きました。
チップがなくなってしまい、昨日チップが届いていたものを、午前中にフルイにかけて、昼から起動したようです。
温度が全く上がっていません。
仕上がるのには、まだしばらく時間がかかる予感がします。

明日は、どんど焼きですが、M くんが手伝いにも来てくれるので、入荷した品物の検品等を 5 号とやってもらおうと思います。

ドレーが遅れて通関は切れず、代わりに改造車検

今日通関の予定でした。
朝、搬入が終わっていることを確認するために電話をすると、まだコンテナが到着していないと。
仕方ないので、お昼前に再度確認しても同じ答えです。
昼までにコンテナすらついてないようだと、通関は難しいので、諦めて車検に出向きました。

去年第 5 輪荷重を 11,100kg に増やしてもらったんですけど、結局のところ低床はまだ買えてないし、そうそう買えるような金額でもないし、積載が増えた分税金も増えるので、必要になったらまた考えようということで、もとの 8,900kg に戻してもらう改造車検(構造変更)を受けました。
改造車検の場合車検が飛びますので、ギリギリまで粘っていたわけです。
車検整備に出す時間がなかったのでそのまま受験したら、ブーツが一箇所切れているということで、そこだけ応急修理してなんとか合格しました。

今度の重量税ですが 164,000 円でした。
自賠責は 22,000 円ちょっとで、車検代が 2,000 円ちょっとでした。
自家用に個人で白ナンバーのトラクタを買う人はあまりいないとは思いますが、自分がトラクタを買おうと覆ったときにネットで調べたんですが、情報が全くと言っていいほどなかったので、同じようなことを持っている人の参考になればと書いておきます。
ちなみに、自動車税は 4t 車とたいして変わりません。
あと、自動車の任意保険ですが、自分は等級がほぼマックスの状態で車両保険を 600 万つけて、年間 15 万はかかってない状態だったと思います。
整備費用を除いては、年 50 万も見ておけば足りると思います。
なので、整備費用を含めて、月に 10 万, 年 120 万くらい見ておけば多分足ります。(台車は別腹)
まあ、エンジンだのミッションだのが逝ったら、その限りではないんでしょうが。

ちなみに台車は、ほとんど車検の費用はかかりません。
重量税が要りませんから。
整備費用も整備するところ自体がないので、10 万/年くらい。
自賠責は 5,000 円くらいで、これは 200kg 積みの軽トレーラーでも、20t 積みの大型セミトレーラでも一緒です。
任意保険も要りません。(連結している間はヘッドの保険でカバーされるため)
高いのはタイヤ代くらいです。
自動車税は、積載量にかかりますが、1t 4,000 円くらいなので 25t だと、10 万円くらいです。
フルトレの場合は、多分違うんだと思いますが、持ってないので全く知りません。

そんなこんなで、夕方になって、再度電話で確認をしたら、搬入は終わったということなので、明日、通関して、薪ストーブ等、発送できるものから発送していきたいと思います。
予約で売れている Ecofon AirMax, 薪ストーブの補修用部品も、これは梱包をばらさないといけないので、明日に間に合うかは微妙ですが。。。早めに発送たいと思います。

TrueNorth TN20 松山港に到着

本日、入港でデバンだそうです。
搬入はもう終わっていると思いますので、明日、通関したいと思います。
検査にならなければ、多分、明日のうちに引き取り、検品、発送までできればと思います。

明日はチップも届きます。
今度のチップの品質が気になりますが。。。
そういえば、チップ小屋が完成していました。
先週の金曜日、風が強い中、がんばってシートを貼りかけたんですが、向きを間違えて、それを修正したら、次は裏表が逆で、先送りしていました。

薪の件ですが、今日、積み込みを完了しました。
400kg x 15 袋 + 370kg x 1 袋、です。
借りていたプロセッサ等は、使用しないので、痛めてもいけないので、一旦返却しようと思います。

次の薪ですが、36 カゴ乾燥中で、今日で 2 日目です。
薪の温度が 100°C に到達し始めたので、乾燥がだいぶ進んできたように思います。
ただ、ここからが長いのですが。。。
薪が短くなり、割が細かくなった分、乾燥は有利かなと思うのですが、短いと空隙率が下がり、たくさん入る+空気の流れが悪いということが考えられますし、前回は 30 カゴですが、今回は 36 カゴで 20% カゴの数自体が増えているので、単純計算すると、2 割乾燥時間が増えてもおかしくないわけです。
この辺りはやってみるしかありません。

FGF Frequency Drive のエラーの件ですが、発生の条件を特定したため、現在のところ、エラーを抑制できているのですが、チップのつまりで火災のリスクがあり、無人運転を中断しているため、運転時間の短縮が難しいところです。
キャンピングカーでも借りて、寝泊りしてもいいんじゃないかと思うくらい、逼迫している感じですが、喉が治ったら、今度は鼻水がひどいので、歳も歳なので、無理をしないようにしたいとは思います。

ボチボチ頑張ります。

チッパーを物色

今日はどんど焼きでした。
昨日までと比べて少し暖かかったは暖かかったんですが、まあ、寒いことには変わりません。
体調は相変わらず微妙ですが、微妙に悪くなっているような。。。

チップの件の続きですが、今回、乾燥機にかけたものの仕分けをした時、思ったよりも皮の剥がれが生じたりして、そういうものも燃料として有効活用していきたいなと思う、というよりも、運搬する手間も馬鹿にならないため、極力サーマルリサイクルしていきたいと思うわけです。

それで、フリーハンマー式のものをヤフオクで探し見ました。

今のところ、近場の徳島にそこそこの値段で物が出ています。
ただし、引取のみ。

見たい部分がなかったので写真を追加してもらったのですが、フリーハンマー式であることが確認できます。
ハンマーで叩いて破砕し、丸い穴の開いた部分、スクリーンをくぐり抜けたものだけが排出される仕組みです。
スクリーンが交換式かどうかまではわかりませんが、作り直すのは大した手間ではないと思います。
ただ、供給側は、基本的に枝等を破砕するためのもののようなので、なんらかの工夫をしてやる必要があるかなと思います。
価格は 88,000 円なので、使い物になれば、あっという間に元が取れるかなと思います。
思ったものでなくても、再度オークションに出せばいいかなと思いますし。
ただ、峠を越えないといけないので、スタックしないかも超心配 なんですよね。
明後日の水曜日に次のチップが届くので、早めに考えたいところです。

明日は、薪の積み込み等を行って配達の準備をしたいと思います。
ヘッドの車検も 18 日までなので、整備を後回しにして、先に車検だけ通しておこうと思います。

チップについて

乾燥機を安定して運転する上でチップの品質が極めて重要であるとは思うんですが、乾燥コストの大部分を占める事項でもあるので、高額なチップを購入して解決するとしても、それは選択肢にはなり得ないかなとも思うのです。

まずは、現状について、分析してみようと思います。

大型アームロール車で配達してもらっているんですが、容積は概ね 30 — 40m3 くらいです。
少なめに見積もって 30m3 だったとします。

今回の釜の運転ですが、累積で多分ですが 120 時間ほど運転しました。
チップですが、ほぼ 1 台分使ったので、時間あたりの消費量ですが、30/120 = 0.25m3 くらいということになるのでしょうか。

一般的に、チップの熱量は 15.6GJ/t だそうです。
比重は、0.55 くらいのようなので、0.25 x 0.55 = 0.1375t/h, 熱出力は 2.145GJ/h = 596kW/h で、効率 80% として、乾燥機出力 480kW/h なので、カタログ通りのようです。
チップのコストは、1m3 あたり、1,000 円(税別)なので、出力 1kW/h あたりのコストは 0.6 円くらいです。

あとはチップの品質かなと思います。
チップの品質として考えられることは、

  • チップのサイズが均一かどうか
  • 異物が混入していないか
  • 含水率

といったところかなと思います。

まず、サイズですが、基本的に φ50mm のスクリーンに一度通しただけのものが納品されるため、とてもばらつきが多いです。チップをスクリューで搬送するため、大きすぎるものが詰まるため、そのことばかり気にしていたんですが、ダストチップというようですが、非常に細かなものを含まない方が良いのではないかと思うところです。

品質の高いチップを買えばいいのでしょうが、発電用のチップの場合、12,000円/t (含水率 35%, DB)くらい、PKS で 15,000円/t くらいと、全く箸にも棒にもかからないほどのコスト差があり、氏子区域の工場で生産されたもので地域での経済活動になるため、現状のチップを再加工して利用し続けるのが最もコスト効果が高いと思っています。

現状は、天皇陛下ご即位記念号で大きなもののみ弾いていたんですが、細かすぎるダストを取り除く必要があると感じます。
既存の小型ボイラーの場合、基本的にダスト不可、最小サイズは 5 x 5 x 5mm くらいのものが多いようです。
なので、5mm のメッシュを通して、これよりも細かいものは、抜き取る処理が必要だと思います。

また、磁選機で鉄は除去されているんですが、アルミが残っています。
これを除去する必要があります。

装置の原理は、ものすごく原始的で、電磁誘導です。

ただ、コストがかかりますが、大きなものもそれなりに含まれているため、スクリーンを φ30mm くらいで作り、ハンマーナイフモア(クサカルゴン)を利用した小型破砕機にまず投入して、そこから出たものを天皇陛下ご即位記念号で粉末を抜く処理をした方がいいんじゃなかと思うし、これらの機械をコンテナにパッケージングすることで、騒音や粉塵の飛散が軽減できるのではとも思います。