ようやく入荷しそうです

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしに参加しています。 励みになりますので、足あとがわりに、ランクアップにご協力下さい。

一回スキップされてしまった FISKARS のコンテナですが、ようやく連絡がありました。

といっても、松山の入港案内ではなくて、釜山到着の案内ですが、5/13 だそうです。
本船は、Hyndai New York です。

ETA: 2021-05-14 18:00 LT (UTC +9)

だいたい一週間くらいで松山に到着するので、普通なら 5/20 頃、ただまあ、アテにならないので 2 週間余裕を見れば、5/27 には入ると思うので、なんだかんだで月内には出荷を開始できそうな雰囲気です。

品切れしている X27 や品切れ状態の IsoCore などは、ある程度纏まって入ってくるので、少し在庫が安定すればいいなと思っています。
ただ、X7 の入荷はなく、15″ の Anvil Lopper については、廃盤になりました。

その代わりと言ってはなんですが、薪割り機の方は、音沙汰なしです。
問い合わせにも無応答なので、テンパっているのか、とはいっても、文句を言っても早くなるわけでもなし、待つしかありません。

状況が正確にわからないのでなんともですが、これも、Sohpia Express を追跡してみると、

ETA: 2021-05-13 14:00 LT (UTC +9)

ということですので、どっちのコンテナも同じくらいのタイミングで入ってきそうな予感です。
月内になんとかなればいいんですが。。。

それはそうと、今日は、同業(?)というか、規模が違いすぎるのでアレなんですが、大手の薪屋さんの工場の見学に出かけてきました。
大変参考になったんですが、規模が違いすぎるので、そのままはうちの方ですぐに改善していけないとは思うところです。
詳細については、先方の企業秘密に該当する部分もあると思うので、ここでは伏せておきたいと思います。

家に戻ると、なんかすごく眠くて、寝てしまって、起きたら 20 時を回ってしまっていたので、今日は仕事らしい仕事せずに終わってしまいました。

明日は、今日 5 号に検品を頼んでいたものが仕上がっていたので、それの箱詰めと出荷作業をして、午後からは、保険屋さんと打ち合わせをしたいと思います。
保険というのは、お店の保険で、在庫に対して保険をかけたり、販売した商品に瑕疵があり、事故になり賠償の責任が生じたい際ためのものです。

輸入商品というのは、法律上、輸入者が製造者とみなされます。

Amazon などでは、海外のセラーが個人輸入の体裁で、海外から商品を出荷してくるパターンがあります。
これは消費者にとって、著しく不利なので、リスクをよく理解して買う・買わないの判断をする必要があります。

セラーは消費税を納税しなくても済むだけではなく、上に書いた通り、輸入者は購入したお客さんと言うことにできるので、品物に瑕疵があっても法的に責任を取る必要がありません。
まあ、もともとそういうつもりもないから、そういう商売のやり方をしているわけで、販売者はほぼノーリスク(在庫する必要すらない)なんですが、購入者は非常にハイリスクです。

それで安ければいいんですが、納期はかかるし、たいして安くない、消費税の 10% 分も安くないことが多いので、昨日も書いた通り、Fullfilment by Amazon、日本国内の商取引として、国内の法規で保護されているか、確認をするべきです。

こんな表示があれば、非常にリスクが高い輸入方法だということは理解しておいた方がいいです。
Prime マークもないので、Prime の保証も適用されません。

こういう店で買うくらいなら、直接米国 Amazon や eBay で購入すれば、同じリスクで Amazon.co.jp の手数料の 15% 分+この店の儲け、それくらいは安くなるわけですよ。
まあ、英語で注文するのがダルいのよ、っていう層がいるから、こういう店が生き残っているのでしょうが。

話が少々ずれましたが、うちは真っ当な方法で輸入をしているので、当たり前ですが、うちが製造者になりますので、事故の際の保険が必要なのです。
今まで一件もありませんが。

明日もボチボチがんばります。

耐熱塗料は焼き付けが必要なタイプ

祭日の翌日はすごく疲れるので、のんびりスタートです。

薪ストーブの錆がひどいので、サビを落として、耐熱塗料(スプレー)で塗ったんですが、24 時間以上経過した後、熱を加えて硬化させる作業が必要になるタイプです。

使ったのは MonotaRO のもの です。
値段は 600 円ほど。

もう少し高いものだと、熱を加える必要がないタイプもあるようです。

硬化する前は、おニャー様が登ってひっかくと折角の塗装が禿げるとアレなので、ダンボールで養生してあったんですが、あまりに不細工なので。

ストーブに火を入れると、しばらくして案の定、もくもくと煙が上がって室内が猛烈に臭くなりました。
窓を開けて換気扇や扇風機で換気をしますが、追いつきません。

家にいても臭いし、農協のスタンドでタイヤの組み替えをしてもらいに出かけました。

本当はジモティーで 4 本 2,000 円(作業工賃のみ)という掲示があって、一本 500 円なので、5 本でも 2,500 円だから、その人に頼もうと思っていたんですが、かれこれ都合が合わなくて、ずるずると一月以上経過してしまい、連絡が途絶えてしまったのです。

ちょっとはジムニーらしくなりました。

後は、軽トレーラーの登録のための作業も棚上げになっているので、牽引ヒッチの取り付け等の作業をしないとなんですが、まあ、おいおいやっていこうと思います。

交換作業の合間にホームセンターに買い出しに行きました。

おニャー様のご飯がなくなったんで、メインはそれなんですけど、どうしても気になって買ったものがあります。
タッチアップ塗料です。

ダクトレールですが、一部、ダイコーのものがありまして、気づいてしまったんですが、ビスがシルバーなんですよ。
本体は黒なので、それが一度目につくと気になって仕方ありません。
内部の樹脂も、黒ではなく、比較的明るめのグレーでよく見たら気になりますが、普通には見なかったことにできるレベルですが、ビスはどうしても気になって、大抵のことは細かいことはどうでもいいんですが、一度気になり出すと徹底的に気になるタイプなので、黒くすることにしたわけです。

上に向いて塗る必要があるし、高いので難儀をしましたが、これでスッキリです。

代わりにスッキリしてなくて、気になり始めたのがこれですよ。

ただまあ、家具用のコンセントのアイデアで思い出したんですが、世の中には什器用の電源レールがあって、そこから任意の場所で電源を取ったり、照明したりできるものがあるんです。
大昔、アパレル店員をしていた時、そういう什器を使っていたのです。

後は、普通のコンセントになるんですが、USB 給電できるタイプもあるにはあります。

いくつか問題があって、

  • 壁のコンセントをすげ替えるタイプで、かなり大きいので、家具等に埋めるのは現実的ではない
  • 壁からダラダラとケーブルを引き伸ばす必要が出てきてしまう
  • 値段が高い
  • 電気工事が必要(電気工事士の資格が必要)

などもあるんですが、クリティカルなのは、能力が低く、かつ YouTube でレビューを見たんですが、これを何年も使うわけですが、その間に USB の仕様が変更になる可能性がとても高い、という点です。

まあ、タップをもっと大きくて、USB に対応したものにするとかもあるんでしょうけど。

考えがまとまっていないので、これもおいおい調べていこうと思います。

階段に滑り止めを設置しました

今日は祈念祭でした。
祭典の後、議題が多くて長引きましたが、まあ、なんとかひとまずはお開きにできまして、簡単に片付けて撤収です。

戻ると昨日注文した滑り止めの階段マットが届いていました。

Amazon は本当に配達が早いです。
Prime だと、在庫がありますから。

爽快ドラッグとか、結構大手ですけど、注文してから品物を手配とか、ふざけた店が多すぎて、イベント用の商品を注文したら、ギリギリになって手配できませんでした、とかまあそういう具合です。

Amazon で買い物をする場合は、Prime マークがついているだけではなく、Fullfilment by Amazon であることことを確かめてください。
Prime マークがついていても、Amazon 以外が出荷することもあります。
出荷元が Amazon になっていれば、必ず在庫があり、すぐに届きます。
Amazon 以外の出荷でも、Prime の基準を満たしている出品者で、Prime のルールに基づいて保証などが受けられますが、在庫数は出荷元の管理なので、場合によっては在庫がショートしていることがあります。

ちょっと話がずれました。

自分は、汗疱という病気なので、靴も靴下も履きません。
真冬でも素足です。
なので、階段の板で滑ることはないんですが、5 号は普通に靴下を履くので、何回か滑って転げ落ちそうになったので、急遽、滑り止めをしようと思ったわけです。

正やんのチャンネルで溝切りで滑り止めの加工をしているのを見たんですが、丸く溝が切れるカッターは持っていないのでした。

物はフェルトで、ちょっと耐久性はなさそうです。
レビューでも 1 年くらい、みたいなことは書いてありました。
猫達が暴れるのでもう少し早く痛むかもしれません。

とりあえず、滑り止めとしては十分機能しています。

ただ、肉球部分が暗くなると光る、というのは。。。光りません。
太陽光の場合、手で日陰を作ると光りましたが、LED だと、紫外線の量が少ないのではないかなと思います。

それと、昨日ですが、ようやく階段に ノスタルジア を取り付けました。

光量的には十分かなと思いますが、やはりコードの長さが一部足りません。
コードはヘンプのものを買ってあるので、思った長さで作り直そうと思います。

移設元のテレビコーナーは、元祖フィラメント型 LED, Only One の Siphon になりました。
初めてクラウドファンディングで出資したプロダクトで、その時の返礼品です。
記憶が確かなら、調光に対応していたと思うんです。

寝室、というか、寝るコーナーなんですが、ノスタルジアでも眩しくて、Siphon はもっと眩しい。
それで、調光したらと思ったんですよ。

ところが、Panasonic のスイッチを見ると、20W 以上の負荷が必要、というふうに書いてあります。
LED だから、そんなに電力は消費しません。

普通にスパイラルカーボンのボール球を持ってきたんですが、それほど眩しくないし、大した消費電力でもないので、スイッチを調光タイプに交換してもらい、灯具のスイッチで入り切りすればいいんじゃないのかと思う反面、いっそのこと、IoT 電球にしたらとも思うのです。

Hey Siri, calm the light ってっ感じでいけるってことでしょうかね。

これだと、調光対応のスイッチがなくても、調光できると書いてありますし。

それはそうと、今日もまたポチってしまいました。

20A のチャーコンです。

最近、ガーデンライトを使っていなかったのですっかり忘れていたんですが、昨日デッキの下に掃除で潜ったら、チャーコンが行方不明なのです。
これから庭周りもぼちぼち手を入れていこうと思うのですが、手始めにガーデンライトを修理したらと思うので、いくらもしないので取り寄せようと思います。
まともに動くかは未知数ですが、一応、ベストセラーってことになっているので、値段分くらいは仕事をするのではないかなと思います。

低電圧システムのケーブル類などを探す必要があるわけですが、そしたら、チャーコンが出てきちゃったりしそうな気もするんですが、まあ、その時はその時かなと。

庭周りといえば、太陽熱温水器の制御器用のケーブルが何らかの野生動物に突かれたようで断線しているか接触不良で電磁弁がうまくコントロールできなくなっている件も修理が必要です。
何度もやられているので、PF 管に入れてしっかり保護することもですが、4 芯なので RJ-45 に加工し直して、壁を埋める際にコンセントを作って、制御器が壊れても、センサー側が壊れても、壁の中に埋めてしまう部分に関しては壁をはぐらなくてもいいようにしようかなと思います。

まあ、炉台も作りかけのままなので、のんびりやっていこうと思います。

かるかるブリック

午前中はお祭りの準備でした。

明日は祈念祭です。
兼務神社ですが、一番規模が大きく、30 人近く参列するようになると思うんです。
例年であれば、浦安の舞や子供相撲の奉納があるんですが、行事は全て中止で、そういう時代とはいえ、寂しいものです。
年中行事の話もするんですが、オリンピックがどうなるかもわからないような状態ですから、秋祭りを今の時点で云々しても、どうしようもありません。
なるようにしかならないでしょう。

帰ったら、かるかるブリックが届いていました。

お兄ちゃんニャー達と同じ色合いです。

早速 5 号がカウンターテーブルのリフォームを開始しました。
適当にやろうとしていたので、レーザを貸して、定規をつくりました。

が、本人的には、失敗したようです。
まあ、両面テープで貼ってあるだけなので、どうにでもなりますが。

半分のサイズのものは、高速カッターにダイヤモンドをつけて切ろうかと思ったんですが、元から半分のサイズのものを使った方がきれいかもしれません。

自分は炉壁、といっても、単なる衝立ですけど、2×4 のスギを買ってきたので、枠を作りました。

ケイカル板を構造用合板に貼り付けたものをはめ込む予定ですが、本当は後ろから嵌めようと思ったんですが、うまくしゃくれないので、どうしたものかと思案しています。

とりあえず、ビスケットジョイントにしました。
久しぶりすぎて、ビスケットが行方不明で、探すのに手間取りました。
ビスケットは #20 を使いました。

固定用のベルト式のクランプを取り出すも、見ての通り、数センチ足りません。
仕方がないので、普通にラッシングベルトで締めました。

どうでもいいことですけど、クソ高いゴリラの木工用ボンドを買ってみました。
コニシの白ボンドの 3 倍くらいするんですけど、ご利益はどれほどのものでしょうか、気になります。

この後は、ケイカルに NS ハイフレックスを塗った後、漆喰をローラーで塗って、ところどころカルカルブリックを貼って仕上げようと思います。
枠ですが、後ろから嵌める方がいいと思うので、丸鋸で切って嵌め込んで、構造用合板はポケットホール加工して枠に固定しようと思います。
少々しゃくりすぎて、長くビスが効かせられないので、念のためにボンド併用しようとは思います。

明日は祈念祭なので、続きはそうのうちにやろうと思います。

薪ストーブが錆びたので耐熱塗料を塗りました

薪ストーブが錆びました。
まあ、鉄でできてるんだから、ある程度は仕方ないんですが、ちょっと汚らしいですね。

特に煙突の口元の錆が目立ちます。

はてさてどうしたものかなと思ったんですが、とりあえず、茂木和哉にお願いしましょう。

うちは、お風呂はタカラなんですが、ホーローの壁に 100 均のマグネットの小物入れを貼り付けたら錆びでしまったので、茂木和哉を買ったんですけど、これはいいです。

以前は、リンダを使っていたんですが、500ml と容量が多く、その分、価格も高いんですよ。
一般家庭ではそんなに使いませんからね。

あと、茂木和哉は薬液が粘っぽく加工してあるため、無駄に広がりません。
お風呂などで使う場合には、大量に水をかけて洗い流せるので気にならなかったんですけど、薪ストーブには水をジャバジャバかけるわけにはいかず、後処理がちょっと手間に感じました。

ほんの少しだけ中性洗剤を含ませた雑巾で脱脂後、乾燥させました。
物理的にステンレスたわしで擦ったところは元の塗装も剥げて薄くなっています。

MonotaRO の耐熱塗料を吹きます。
すでにムラムラ。
乾燥に 24 時間かかり、その後、加熱する必要があります。
この後、表面がある程度乾いたので、ダンボールで養生しておきました。

サビについて、サビチェンジャーするかどうか悩んだんですけど、そこまでしなくても浮いてこなかったとか、サビチェンャーしたらムラになったとか、まあ、今回はいいやってことで、今度錆びたら試そうと思います。

それはそうと、薪の状態です。
ようやく温度が 100°C くらいにまで上がりました。
土日で仕上がると思うので、月曜日には出せそうです。

明後日の日曜日は祭典です。
明日は、その準備をしたいと思います。

それと、かるかるブリックを買いました。
これが届くので、時間に余裕があったら、炉壁を作ろうと思います。

そうそう、後から、クッキー型もあることがわかりました。
ワンポイントで使うといいなと思ったんですけどね、オッサンの家には可愛すぎるのではないかというのが 1 点、そして、色がブラウンと白しかないというのが 2 点で、今のところ保留です。

タキタロウ的暗渠のアイデアをパクりました

今日神社の祭日でした。

正五九月といって、昔からお参りが多い時期ではあるのですが、連休明けだからか、お参りは相変わらず少ない感じです。
うちは人を雇っているわけではないし、大きな固定費用である電気代は、太陽電池小屋を作って発電しているので、神社の運営には支障はないのですが、大きなお宮もこんな調子だと、本当に大変だろうな、と思います。

まあ、そんなこんなで、14 時過ぎには終了。

思い立って、トラフのグレーチングが曲がったり外れたりする問題の対策をしました。
グレーチング自体は拾いもので、歩行用なので、上にリフトなどが乗るのには耐えられなかったようです。
入り口を広げたので、パートのおばちゃんおねえさんが上まで車を上げるようになったのですが、軽四のタイヤは細いので、落とすと厄介です。
形が複雑で、特にコーナー部分がよく外れるので、ちゃんとしたグレーチングを作ろうかとか思ったんですが、かなりのコストがかかります。

それで Facebook で暗渠を作る際にトラフを埋けて、石で蓋をする話を facebook で見かけていたので、アイデアをパクることにしました。

ただまあ、少々懐疑的でもあって、

  • 石がある分、水を流せる量が減り、汚れが詰まったりして溢れないか
  • 間に落ち葉などが入り込み短期間に浚わないといけないなど、手間がかからないか
  • 掃除の手間をかんがて、小さなものを詰めていないので、完全に噛み合うわけではないので、タイヤで石を跳ね上げたり、リフトなどでトラフに乗った際に石の角が当たり、トラフを痛めないか

という点は未知数です。

どうせ噛み合わないわけで、本当はゲンコツくらいの丸い石でやろうかとも思ったんですけど、コストがかかるのでやめました。
ダメなら、石垣でも築く時に、裏込めとか、本来の用途に使えばいいだけのことですし。

そうこうしていたら、広間で使っている 10 年選手の無印のペンダント用の LED 電球が届きました。

6 つで、1,899 円なので、一つ 316.5 円ってことになるんでしょうが、必要なのは 3 つだけなので、実質 633 円と思っておいた方が良さそうです。

無印のペンダントはダクトレール用のもので、もともと廃盤寸前のものを買ったので今では手に入らないのですが、セードが白の磁器、コード類は黒なので、黒のダクトレールにぴったりの配色です。
付属品のボール蛍光灯を使っていて、まだ切れていないんですが、黒ずみ始めているし、プラ部分は黄ばんでいるので、交換することにしました。
口金は E17 です。

消費電力は 30% カットというところでしょうか。
4W なので、1 日 8 時間点灯しても、3 灯で 96W です。
10 年で 350kWh ですが、この半分程度が節電できるわけで、4,375 円節約できることになります。
元は取れそうです。

今回の球は、ガラス部分に PSE だののマークなんかがプリントされていました。
Amazon の商品画像では、電球のサイドだったんですが、実物は見ての通り、一番天辺、要するに見える部分です。
あまりに不細工なので研磨しました。
ついでに Rutland 84 ガラスクリーナーで磨いておきました。
薪ストーブの耐熱ガラスを磨くクリーナーですから、少々電球が熱を持っても、成分は有効に機能すると思います。

雑貨の検品、梱包、出荷をして、本日終了です。
Brave(ブレイブ)13 トンと 20 トンを改造しないとなので、その部品も忘れないように積み込みました。

薪の件ですが、各方面から問い合わせをいただいているのですが、連休が明けて、乾燥を開始しました。
来週頭には乾燥が終了する見込みです。

一度の乾燥は 36 カゴなので、製品としては 24 袋程度の歩留まりかなと思います。
うち、10 袋はバックオーダーで引き取り。

その次のバックオーダーが 20 袋ですので、もう 1 回乾燥機を回さないと足りません。
その次のものから 6 袋作るのに 9 カゴ使ったとすると、残り 27 カゴ。
30 袋の加工で発生する B 品がおそらく 3 カゴ程度。
在庫残として、未選別 27, B 品 3 で 30 カゴ。

このタイミングで、関西方面に配達に行くとして、20 袋+20 カゴ積み込み、在庫 10 カゴ。

とまあ、こんな予定です。>各位

自分自身の動きとしては、9 日の日曜日が最後の祈念祭で、これが終わると、神社の仕事はひと段落しますので、薪割りを加速したいと思います。
それまでに、アメリカに滞留している貨物の Invoice や Packing をまとめて、輸出許可を取らないとです。
ボチボチ頑張ります。