Fliegl 社の合材トレーラ

少し前に書いたと思うんですが、Fliegl 社の合材トレーラですが、国内に導入されているものの動画を発掘しました。
忘れないようにメモしておこうと思います。

それで、特に見たかったのがシートの開閉です。
どうなっているのかがバッチリ写ってますね。
ただ、このまま同じようには、幅や高さの問題があり作ることはできないと思うのですが、大いに参考にはなるかなと思うところです。

そういえば、この間、鶴崎商事のチップトレーラをよくみてみたんですが、あれは前後に巻き取らずに左右で巻き取るようになっていたんですよね。
いろいろな方式があるようです。

いずれにせよ、この動画くらいのスピードでホロが開閉できるなら、今までの苦労は本当になんだったのかと思うわけです。
とはいえ、月に数度のことなので、お金がかかっては意味がありません。
少しづつ生産性を高める工夫をしていきたいと思います。

コンテナシャーシを回送しました

今日は日曜日なので、コンテナシャーシを回送しました。

運行前に車両の点検です。

なんとういうことでしょう、サイドマーカーが脱落しています。
脱落した部品が事故を誘発していないと良いのですが。。。
溶接が剥がれてプラプラしていたので、戻ったら修理しないとと思っていた矢先です。

サイドマーカーが点灯しなくなって、アースが取れていないのでこの間結線したんですが、パイプ自体も腐食して、相当薄くなっていたようです。

記憶が確かなら、サイドバンパーは保安基準がないとかなんとかで、車検自体には関係ないと思ったんですが、流石に危ないので、なんとかしないととは思うのですが。。。

作ってもらうととんでもない金額かかりそうです。
ビニールハウス用のメッキ鋼管でもで自作できないものでしょうかね。。。

一番簡単なのは、アルミの既製品 を使うことなんでしょうけど。
それほど高いわけでもないですけど、左右纏めてだと、やはりそれなりにかかります。

シートもそろそろ寿命だし、なんだかんだで色々とかかりますね。
運賃も、今のところ、いただいているのは軽油代くらいですけど、今後はタイヤ代やこういうこともあるので、ある程度の維持費については負担していただかないといけないかなと思います。

それとシートを張らずに止めておいたんですが、雨が結構降ったので、予想通り、コンテナ内部に大量に水が溜まってしまいました。
駐車場からずっと下りなので、平になったところでエアサスで持ち上げて観音扉を開けたら、ずぶ濡れになってしまいました。
まあ、横着もほどほどにしておけということでしょうか。

明日はお宮で時間が取れないので、明後日、シートの補修をしてから、コンテナに張って、積み込みをしていこうと思います。
ゴリラテープ、役に立つんでしょうか。。。

曲がれないときにどうやって曲がるのか

ちょうど Facebook で紹介されていました。
曲がれないときにどうやって曲がるのか、これはバックですが、前進でも逆になるだけで理論自体は同じです。

手順としては、

  • ピンが曲がる位置より最も遠くなるように、動画の場合だと、運転席に着席している状態で言うと、左側の縁石にギリギリ寄せてバックし続けます。
  • そのままバックし続けると、台車(トレーラ)とヘッド(トラクタ)の角度が 90° 以上になりますので、当たるギリギリくらいまでバックし、その状態で目一杯右にハンドルを切り前進します。
  • 90° 以上折ってあると、ヘッドは前進しても、台車はバックします。
  • そうすると、ヘッドを起こす(角度を浅くする)スペースが左側にでき、真っ直ぐバックできるようになる

という感じです。

ただ、こうやって押し込んだり、引っ張り出したりすると、それなりのデメリットもあって、90° だと分かりやすいと思いますが、台車が 2 軸の場合、軸と軸と間の位置が回転の中心になるので、タイヤはほぼ真横に押されたり引かれたりします。
摩擦が大きい路面では、スタッドレスのようにブロックが小さく柔らかいと、ブロックごとちぎれてしまうくらい無理な力がかかりますので、最終手段というか、でもまあ、こうやらないと入らないのなら仕方ないのですが。

あと、このツイートをされた方はトラックドライバーということで、トレーラからかなり離れて停車していますが、こうやってバックすると、どんどん詰めてくる人がいます。

もし、詰められると、前に出て頭を起こすスペースを作る、という所作が行えません。
また、失敗してやり直す場合、かなり前まで出てやり直さないといけないので、これくらいのスペースがないと厳しいのです。

また、トレーラは折れるので、ものすごく死角が多い、というか、ほとんど見えないのです。
なので、トレーラのドライバは、あらかじめ見えていた時の状態を頭の中で 3D に整理して、見えない部分は見えてきたとき状態であると想像(仮定)して バックします。
もし、動いている気配を察知し、誘導がいなかったら、見えてない部分がどうなっているのかは知る術がないので、動くことができません。
どうなるかというと、目視しなおす しかありませんから、一旦停車して、降りて確認する、よって、詰めたら却って時間がかかってしまうわけです。

というわけで、トレーラがバックを始めたら、少し離れて見守っていただければと思います。

配達完了

無事に配達が終わりました。
結局寝てしまって、ついたら 15 時くらいになってしまいました。

バックで入れる時、90° 以上折って押し込んだんですけど、ブロックごと逝ってますね。
あまり横着をせずに切り返さないと、もったいないです。
扁平なので 1 本 5 万くらい、8 本あるので、40 万しますから。

おニャー様達は、セリアで新しいご飯入れを買ってもらったようです。
4 号がちょっと、というか、かなり丸々としてきたんです。
誰のご飯入れがどれとか決められたらいいんですけどね。

夕方、K さんと、秋から原木の価格が上がるかもしれないので、今後のことを少し相談しました。
まあ、今、価格がどうなるかも割らない状態であれこれ思案しても仕方ないところではありますが。
できることしかできないので、やれることをやれる範囲で、最善とかいうと息切れしそうなので、それなりにぼちぼちとやっていこうと思います。

帰りも急いで帰るとしんどいので、ぼちぼち帰ろうと思います。

本格的に暑くなってきました

昨日は、輪越しの準備をしたわけですが、ちょうど Y くんが、寄付石の基礎を作ってくれていました。
頼んでかれこれ時間がかかったんですが、なんとかお祭りに間に合いそうです。

すっかり忘れてしまっていたんですが、のぼりをデータ入稿していたものが、リンク切れでつき返されていたので、リンクを確認して再度入稿しておいたんですが、こっちは間に合うか、ちょっと微妙なところです。
急いで作ってもらうこともできるんですが、費用がすごくかかるのです。
まあ、それが儲けなんでしょうけど。

それはそうと、複合機がついに壊れてしまいました。

ネットワークユニットが壊れているので、届いた FAX を PDF に変換して送信してくれません。
複合機を入れ替えるのか、入れ替える場合、シャープのままにするのか、それとも安い京セラに変えるか、あるいは、カウンター料金のない(一定枚数刷り放題)エプソンにするのか、どちらにせよもし入れ替えるのならフィニッシャーはつけないと、安いプリンタと変わらないので、結構な金額になるんですよね。

ラクスルあたりに印刷に出せば、それなりのスピードで仕上がるわけですし、三つ折りとかもして納品してくれるわけですから、自分で折る必要ないんですが、大体 1,000 枚くらいが損益分岐点で、神社の場合、一度に使うのはせいぜい 300 枚程度なので 3 年分くらいになります。
今は一部は曜日で行事をおこうなうように変更しているので、1,000 枚も刷ると余るわけです。

雑貨の説明書なども、フィニッシャーで製本して同梱すると、UX 向上につながると思うんですよ。
Amazon の場合には、うちのお店で買う、という感覚はほとんどなくて、大抵の人は安い Prime の、カートに入る商品を買うわけでしょうけど、そこで差を感じてもらえるような、丁寧な仕事をしていかないととも思うんです。
ただ、ここ、非常に難しくて、海外からの輸入品なので、製品そのもののレベルが低いわけです。
国内でダンボールをカラー印刷までして日本語パッケージを作るようなことをしてはコストに合わないですし、なかなか難しいところです。

どっちにしても、値段を聞いてからですね。

午後から、弁護士さんの事務所に行ってきました。

2 月の追突事故の後始末ですが、こういう後ろ向きなことにあまり時間を割きたくなくて、保険屋さんの方でなんとかしてくれるんじゃないかと思っていたんですが、直接的な物損部分以外進展がないし、100:0 の場合、示談交渉のサービスがないので、弁護士特約を利用することにしました。

少し早く着きすぎたので、隣の無印で時間を潰したんですが、ここひえみたいなのがありました。
まあ、気持ち涼しいと言えば、涼しい気もしないでもない。
プラセボ効果なのか、まあ、そういうレベルですね、これ。

倉庫で使っているものはそれなりに涼しいんですが。
安かったのに 1 台しか買わなかったのが、少々悔やまれます。
スポットクーラーは、その前に張り付いて動かないなら涼しいんですが、パレットから商品をばらすなど、動き回る場合、冷風扇のほうが涼しいです。

まあ、暑い, 寒いも、それほど長い期間のわけでもないし、どうにもこうにも、というレベルでもないのですが、作業効率が低下するのは事実なので、将来的にはどうにかしたらどうかと思っています。

ハウスを据えて、エアコンをつけたらどうかと思ったんですが、中で作業をできるほどのハウスになるとかなり高額です。
休憩のための給湯や食事のスペースとしてハウスを置くのならアリかもしれませんが。。。
それで、ふと、塗装ブースのようなものを作ったらいいんじゃないのと思ったわけです。
ハンドパレットトラックで荷物の出し入れをするとして、カーテン的シートを垂らすわけです。

まさに、イメージ通りです。
これなら、暗くならないし、荷物の出し入れもできるし。

ただ、かなりお高い。。。

★表示金額は約1M×約0.5Mのカーテンの金額です★

ということなので、平米でいうと、1,200 円ちょっとするわけですね。
間口 6m, 高さ 3m とすると、18m2 あるので、隙間用のオプション類などで 20m2 相当で考えると、送料も入れると 25,000 円くらいはかかってしまいます。

ビニールハウスのフィルムを使えば、かなり厚手ものもを使っても平米 200 — 300 円くらいだし、端部は折り返して鳩目をつける処理をして、左右の固定はビニペット、上は普通にカーテンレールにタイラップで固定し、中央部分は 100 均一のマグネットでもいいんじゃないかと思うんですよ。
オクのものみたいに強度に不安があれば、折り返したところにロープなりリボンなりテープなりを貼り付けておけばいいように思いますし。
ただ、とっても貧乏くさい。

まあ、これもやればできるんでしょうけど、初めから指定のサイズで仕立ててくれているわけで、モノもいいわけで、餅は餅屋ともいいますしね。ビニールカーテンを頼んだ方がいいような気もしないでもないです。

あと、オープントップのシートですが、これもかれこれ限界です。
ゴリラテープで補修を試みるのか。。。
今のと同じものが 10 万ほどするようなんですが、3 年ほどでダメになるわけで、ちょっとない感じ。
マトモなものの見積もりをとってみようと思います。

与島に到着

今日は神社の祭日でした。
午後、お参りが途切れたタイミングで薪の配達に出発しました。
6 時間ほどかかって、与島に到着です。

いやはや今回はフル積載なので、とっても重たいです。
ブーストをかけすぎないように加速するのですが、3km 走ってないですね、これは。

なんとかの一つ覚えですね。

お土産にお菓子の詰め合わせを買いました。
一六です。

この自動販売機はなかったように思うんですが。。。
うどんが売られています。
半生と書いてあるので、今買うのはちょっと危険かもしれないので、帰りに買おうかなと思っています。
まあ、その体力があったら、ですけど。

このあと少し休憩をしてから出発したいと思います。

ハート型の猫。
おニャー様達も待っているので、安全運転で、ボチボチ頑張ります。