オープントップコンテナのシートの問題

オープントップコンテナですが、現状のシートが老朽化して破れてしまいました。
これをテント屋さんで補修すると 20 万、コンテナ屋さんだと 7–8 万ほどかかってしまいます。
まあ、コンテナ屋さんのシートでも 3 年程度は保つとは思うんですが、年 2 万以上かかることになりますね。

それでふと思ったんですが、ポリカだと 10 年程度の耐久性があります。
波板で屋根を作ってしまったらどうだろうと思うのです。

空気抵抗を考えると、波板は前後方向に長手を持って来れば良いのですが、コンテナを水平にすると水はけが悪く、最低でも 1 寸以上の勾配は必要なようです。
なので、左右方向に長手が来るように持ってくるしかありません。
左右方向については、10 尺まであるので継ぎ目はないので漏れる可能性は低いと思います。

そうなると問題となるのは、端部の処理です。
ここは折り曲げておかなと、水がコンテナ内部に落ちそうです。
折り曲げた上でコンテナの上から被せるようになるわけで、つまり、コンテナの幅よりも波板の厚み分幅広の屋根をつくることになります。

ついこの間、左右にはみ出しについても緩和されました。

今までははみ出しは NG でしたので、波板の厚みであってもはみ出しははみ出しだったわけですが、これが問題無くなりました。ただし、法的にで、実際の運行上は、1 割もはみ出せばその分、左なら街路樹やトンネルの天井部分、対向車もはみ出している車が出てくるでしょうから、接触のリスクは高まると思います。

それで、実際のところですが、コンテナの幅(外寸)を 2.5m とすると、8 尺では足りないので、9 尺ということになります。
9 尺 = 約 2,700mm ですので、左右に最大で 100mm 程度折り返せるようになりますね。
実際には、波板の厚みであるとか、天井も完全に水平だと雨漏りしそうなので、多少の勾配はつけることになるとは思いますから、折り返せるのは 100mm 以下になると思いますが、それだけあれば、横から入ることはないと思うのです。

コメリで調べたんですが、9 尺の価格は 1,980 円 でした。
働きが 576mm で、コンテナが 12m あるので、20 — 21 枚必要ですが、コンテナ屋さんのシートよりもはるかに安いです。

流石に 12m を 1 枚の蓋にすると着脱が大変なので、分割くらいで作ったらどうかと思います。
重さについて調べてみたんですが、6 尺で 1.2kg なので、1 尺あたりだと、0.2kg ですね。
9 尺だと 1.8kg なので、20 枚で 36kg ということになります。
あとは骨組みがどれだけの重さかということでしょう。
屋根も吹き飛ぶととても危険なので、しっかりとした強度のものを作る必要がありそうです。

波板を傘釘のようなもので止めるだけでは不十分だと思うので、強度のある金属製の曲座(浪リンフ・亀座)をボルトで固定する、くらいのことは必要でしょう。
骨組みは角スタッドで作ろうと思っています。

それで最大の問題は、どうやってポリカを曲げて整形するのか、ということです。

しかし、先達はあらまほしきことなり、じゃないですが、同じことをやった人の記事を見つけました。

この方はヒートガンでやってます。
結局のところ、炙って柔らかくして曲げる、ただそれだけのことみたいです。

この方も基本は同じですが、ジグを作っています。
ヒートガンの代わりにバーナーで炙っているようですが、炙りすぎると気泡が入るという問題点があるようです。
うまくいくと、ジグの自重で綺麗に曲がるようです。

ポリカはアクリルなどよりも耐熱で、200°C くらいには加熱しないといけないようです。
お湯くらいで曲がるんじゃないかと思ったんですが、そうそう簡単ではないように思います。
バーナーはあるんですが、気泡ができそうなので、ヒートガン等、温度をコントロールできるものが良そうです。

ジグを作って波板をきちんとセットして、同じように曲げていかなと、ユニットの繋ぎ目の部分は、波板を綺麗に重ねないといけないので、結構きっちりと加工することが必要になる気がします。

画像出典 ズク出せ!物語

ジグ自体はかなりシンプルですが、中央の 2.5m の部分も含めて作って、どちらかの端部を突き合わせにすることで、ほぼ同じ寸法で曲げられると思います。

コンテナは出荷前の倉庫の役目も担っていたので、早めに修理したいと思います。

普通に倉庫整理

今日は原木を引き取りに行こうと思っていたんですが。。。寝坊してしまいました。

なので、普通に倉庫整理をして、Amazon への納品をしていたら夕方になってしまいました。
ただ、まだまだ在庫が切れしているものが多く、少しづつ補充していく状態なので、検品・納品作業は、後一週間くらいはかかりそうです。
これはこれで頑張らないとです。

それと、乾燥機の修理用部品ですが、一部破損しているようなんですが、それほど高いものでもないというのもあるんですが、時間だけどんどん過ぎていってしまうので、FedEx で発送してもらいました。普通だと 2–4 business days で到着するという表示で、今朝(向こうだと、昨日の夕方、木曜日)出してくれたようなので、金曜日中には飛行機に乗ってくれたらと思うところです。
月曜日くらいに関空について、火曜日くらいには到着して欲しいところですね。
ちなみに、送料が $200 近くかかりました。
品物の 3 倍しているんですが。。。
サブプレートがアルミではなく鉄製なのでガッツリ重いのが効いているようです。

あと、SV100 の契約書類ですが、ようやく返送しました。
流石に角印くらいは作っておいた方が良かったかなと思いますが、まあ、今後ハンコはどんどん廃れていくと思いますし。
ちなみに、登記の際に必要なハンコは手作りです。
今回ものそのハンコを使いました。
どうでもいい情報として、ハンコは印に過ぎないので、山田さんのハンコが、「加藤」でも「鈴木」でもいいし、もっと言えば、肉球でもいいんです。
だから、うちのハンコも、全く関係ない形をしていますが、それでいいんです。
よもやそんなハンコとは思わないでしょうし。

ところで、SV100 ですが、ちょっと悩んでいることがあります。
自重が 10t 程あるので、当たり前ですが 4t 車では運べません。
そうなると、うちにある車でいうと、トレーラで運ばないといけないわけです。

A B C D E F G H I
標準仕様 4310 4570 3890 7240 7060 6410 4870 2050 3070
J K L M N(スイング時) O P Q R
標準仕様 2020 485 495 2810 2480(2110) 1860 5120 7240 2320
S T U V W X Y Z a
標準仕様 1870 475 420 835 635 45 155 950 1330

そうなると問題になるのは、M の 2,810mm です。
ヘッドガードがついているので 3,000mm くらいあります。
制限外積載を取らずに走行できるのは 3,800mm までなので、荷台の高さが 800mm 程度でないといけませんが、その高さはもはや中落ちの低床でないと無理な高さになります。
制限害積載許可を取ることで、4.3m まで積載可能となります。
現実問題としては、まな板で運ぶことになるわけですから、引き算をすると、ヘッドガード無しの場合、4.3 – 2.8 = 1.5m なので、ギリギリです。
でも、ヘッドガードをつけたままだと、4.3 – 3 = 1.3m でちょっと高さが足りません。
ヘッドガードは簡単に着脱できるようにした方が良さげです。

あと、荷台の高さが 1.5m くらいあるので、スロープを作っておいて、そこにトレーラを寄せて乗り移る必要がありますね。
第 1 ヤードはそれでいいとしても、第 2 ヤードでどうやって降りるかは考えた方が良さげです。
まあ、滅多に回送することもないとは思うんですが。。。

もしかしたら、コンテナの中に乗れるかもしれないのですが、そうすると、あれは低床で高さが 1.2m くらいだと思うので、4.1m 以下になります。
高さ指定道路 を走るなら、制限外積載許可はいらないと思うんですが。。。
お宮から国道までが、指定道路ではないようです。
ここだけ、制限外積載の許可を取っておく必要があります。

新しい 1 年のスタートです

令和 4 年、始まりました。

神社ですが、地方の小さなお宮ので、ボチボチといったところです。
去年よりもお参りは少ない感じでだったでしょうか。
戻ったら、へとへとで、21 時過ぎまで寝てしまいました。
都市部だと、ひっきりなしでもっと大変なのでしょうが。

それで、新年早々、相変わらずですが、製造機の生産性向上について考えています。

とりあえず、チェンソー部分の問題は棚上げというか、バーオイルの供給の安定は、蓄圧式で当面凌ぎ、その後は、油圧ポンプで強制圧入に変更することでほぼ確実に解決するとは思います。
また、目立てについても、ソーチェンを 21BPX に変更すること、目立てロボットを導入 すること、この 2 点でどの程度良くなるかは分かりませんが、何かしらの変化はあると思っています。

そうなると、次の課題はというと、原木供給の機械化ということになるわけです。

これ位については、既製品を購入することは、機能的に満足いくものが見当たらないこと、価格も高いことから自分で作った方がいいんじゃないのか、という風になんとなく思うわけですが、問題はどうやって、ということです。

色々考えたところ、案として 3 つのパターンを思いついています。

  • チェン方式
  • ステップフィーダー方式
  • スライドデッキ(ウォーキングフロア)方式

まあ、チェンについては、一番よく見る方式です。
自分で作る場合、各チェンの間隔であるとか、本数であるとかは自由にできます。
なので、短いものに対応させることも容易かなとは思います。
おそらく、これが無難。

ステップフィーダーというのはこういうのです。

これの利点ですが、自分にとって作るのが簡単、ということに尽きます。
シリンダを伸ばして縮めるだけなので、auto cycle valve を使うだけでワンサイクルを自動で行わせることができます。
シリンダ 2 本は proportional flow divider を使って実現できます。
油圧減ですが、製造機のウエッジを上下させるコントロールバルブがおそらく closed center ではないかと思いますので、そこに割り込ませればいいのではないかと思います。

あるいは、reciprocating valve で自動動作させて、油圧元は 12V のダンプ用のものあたりでも、ずっと動作させるわけではないので間に合うのではと思ったりもします。
この場合、製造機自体を触る必要がありません。(買い替えてもそのまま使えます)

ウォーキングフロアとはこいうものです。

それはそうと、シートの巻き取り機、気になります。
40ft コンテナのシート、交換時期なんですよね。

Falling from 3 meters in the air may not be a heavy concern for the average person, but for bulk wood chip trailer drivers, this concern is faced on a daily basis. Bulk wood chip or fibre hauling drivers encounter many obstacles, one of the largest being the constant fear of injury. The current manual tarping practices for the chip trailers is alarmingly unsafe; drivers encounter an overwhelming number of injuries on the job including shoulder injuries, slip and fall risks and muscle fatigue, putting drivers out of work at no small cost.

Many different tarping systems have been designed as solutions to these safety concerns; the struggle is finding an automated tarping system that can withstand the many challenges the forestry industry is up against.

まあ、こういうことです。

それでですね、今まではずっと困っていたのは、こういう巻き取りや、シートがけのためのユニットを装着すると、コンテナの幅よりも出っ張る可能性が出てくるということです。

ですが、制限外積載の緩和が発表されました。

2021/11/19 3:00
 警察庁は、自動車の積載制限を緩和し、幅及び長さをそれぞれ車両の1・2倍まではみ出すことについて認める方針を固めた。道路交通法の関係政令改正として2022年5月13日に施行予定。車幅に関しては積載量10㌧クラスの大型トラック(2・5㍍)では左右の合計50㌢のはみ出しまで制限外積載許可が不要になる。住宅関係団体の要望を踏まえた措置。緩和に当たって走行実験が行われているものの、公道走行での安全確保が懸念される。(田中信也)

例えば、上の動画で言えば、シートの端部に設置されているパイプ的なものの太さ + α, 多めに見積もって左右で 10cm 程度の突出の可能性があり、今までだと申請しないと走行できませんでした。
今年の 5 月から、50cm までのはみ出しは申請が不要になる見込みのようです。
なので、シートがはみ出していても、申請せずに走行できるようになるのであれば、シート巻き取り装置を取り付けたいなと思うところです。

ただ、巻き取りですが、くるくる巻くタイプってはそれなりに問題があって、寒い時ってシートが凍っていたりするので、丸めるとシート自体が割れたりしないか、という心配もあります。
また、表と裏が接するため、表の汚れや雨などの水分が裏, 荷室側のに付着してしまいます。
さらに、落ち葉であるとか、積雪であるとかは、除去しないと巻き取れません。
そういう意味では、アームで持ち上げて落とす式の場合、上述の問題は、かなり軽減されるでしょうね。

その反面、油圧シリンダ等、シート持ち上げ機構分、上部開口面積が減りますし、重量も増加します。
当然、コストも嵩みます。
また、風が強い時は、シートを持ち上げる際に煽られるリスクがありますね。

こういうハウス用の巻き取り機を使えば、地上からシートを巻き取ることができ、この程度がはみ出しても、今後は申請不要なら、いくらもしないので、こういうのを試してみたらと思ったりします。
いずれにせよ、5 月以降にどう改正されるのか、それを見極めてからになるかなと思うところです。

ちょっと脱線してしまいました。

もとにもどって、ウォーキングフロアは、チップを破砕機に定量供給したり、クロスフィーダーの改良にも使える技術であると思うのですが、いくつかの課題があります。

まず、必要な部品を見つけられていません。
reciprocating valve と、3 つに分けることのできる proportional flow divider です。
まあ、ネットの部品屋さんで見つけられていないだけなので、あるとは思いますが。

そんな具合で方向性もまだちょっと定まりませんが、今年のうちにはなんとかしたいなと思います。
あと、トロンメル 2 号機も。

その前に、乾燥機の安定稼働と、バックオーダー分の納品ですね。

新年は 1, 2, 3 日はお正月、4 日は仕事始め祭とお日待ち、5 日薪仕事再開、6 日神社祭日、10 日どんどやきとお日待ち、16 日神社祭日、22 日屋祓い、26 日神社祭日、といった予定です、今のところ。

ボチボチ頑張ります。

初めて台車をぶつけました。。。

ついにやらかしました。

与島でのんびり寝過ぎて、神戸のあたりの渋滞がひどいので、三木〜宝塚方面へ迂回したんです。(もちろん、この経路も通行許可を取ってあります)

そしたら、名塩の 176 号の離合時に、相手が優先ではあるんですが、箱車の陰から結構な勢いで乗用車が飛び出してきたもので、反射的にハンドルを切って回避したら、まあ、左は当たったわけです。

なんとも。。。

スペアは持っていたので、交換してもらいました。

その後、170 号が激混みで、計算したら時速 10km/h 出てませんでした。
そして、気がついたのです。クリスマスイブだと。。。

まあ、そんなこんなで、無事というか、微妙に無事ではないですが、なんとか到着しましたが、雨だし、夜だし、荷下ろしは明日ということで、ボチボチ頑張りたいと思います。

サイドバンパー、中古で買ったときベコベコだし、マーカーの割れたかけらが物入れからいくつも出てきて、元のオーナーさんどんな下手くそだよ、なんて心の中で思ってたんですが、ごめんなさい。。。
反省します、海よりも深く。

いわゆるユーザ車検

コンテナ台車ですが、車検が 12 日までです。
12 日は土曜日なので、今日 10 日が事実上最終日です。
落ちるとアウトで、背水の陣で臨みました。

コンテナは荷物なんで、降ろしてから出ないと受験できません。
当然ですが、合格です。
リアのサイドマーカー、みやすいように外に折り曲げていたのを見つかって、スケールを持って近寄ってきたので、素早く内側に折り曲げるというハプニングがありましたが。

一応、落ちるとどうなるのか、ということを書いておきますけど、まず、臨時運行許可証、いわゆる仮ナンバーを借りてこないといけないので 700 円と手間がかかります。
うちは田舎すぎて、村役場(今は支所という)では借りることができません。
なので、本庁舎が合併した隣の旧北条市の役場にまで借りに行く羽目になります。

そして、仮ナンバーを借りるためには借りる期間有効な自賠責が必要になります。
大抵は、ひと月程度余分にかけてあるので、自賠責を先にかける必要はない感じです。

そして、ユーザー車検の費用は 1 回いくらではなくて 1 日いくらなので、落ちてもその日の再受験だと無料です。
日を跨ぐと、全てリセットされます。
つまり、もう一回、費用が発生します。

タイヤですが、傷んでいるものを交換してもらいました。
2,000 円くらいで出張してくれるので、その間別の作業ができるので出張してもらいました。
タイヤがだいぶ古くなっているので、そろそろ交換時期のようです。
来年の車検前には交換しないといけないかもしれません。。。

車検の流れです。

今回は、車検のある車で、なんの変更もないので、継続検査ということになります。
なので、「最寄りの運輸支局」=どこでもで受けることができるんですが、普通に、「使用の本拠の位置を管轄する運輸支局」に行ってきました。

流れについても、上記ページに詳しく記載されています。

今年からだかどうかわからないんですが、予約サイトがすごく便利になっていました。
スマホの場合、車検証の QR コードを読み取って、それで情報を勝手に入力してくれます。
検査場では必要事項がおおむね印字された状態の用紙が渡されますから、手間も省けてミスも減ります。

まあ、普通(?)のユーザー車検の情報ですが、多分ネットにごろごろ転がっていると思いますので、台車の場合の話をしたいと思います。

台車の場合、まず、フレームの番号を確認されますから、事前に刻印の位置を調べておきます。
次にホイールの締め付けの確認(打音検査)があるので、ナットにキャップなどの装飾品がある場合は外しておく必要があります。
次に灯火類のチェックです。日常的におこなチェックと同等ですね。
ブレーキのテストですが、これは軸ごとに行います。
フットブレーキ、エマージェンジー、駐車ブレーキの順にテストします。
あとは下回りの打音検査です。

エンジン等がないので、調べることも少ないんで、時間も大してかかりません。

検査費用は 2,200 円、自賠責保険は 5,250 円でしたが、牽引自動車の場合、基本的に軽でも大型でも、値段は変わりません。
かかった費用は 7,450 円、ということになります。

自分は車検に出かけたので、薪作業は 5 号一人でした。
正直、なんか事故があっても、自分は自分のことだからいいんですけど、5 号はそうもいかないので、ちょっと不安ではったんですが。。。

バーオイルの供給不良ですが、チーズをかませば空気が抜けるんじゃないの作戦は失敗でした。
それで、物入れを整理しているときに見つけた純正のオイル供給チューブを引っ張り出して、それにつなぎかえたんですが、そっちだとうまく流れて、とりあえずの修理はできた感じです。

いずれにせよ、チェンソーオイルの粘度にもよるんでしょうが、重力て落とす程度の圧力ではチューブの内径がとても重要だとわかりました。
純正品は外径 φ8mm なので、内径としては φ5mm くらいでしょうか。
油圧モータ側のタケノコのサイズが大きすぎるしストレートなので、元々使っていたもののようなスイベルのエルボがあればいいんですが。。。

チェンのキレがイマイチですが、とりあえず仕事になる程度の切れ味は復活したようです。

そんなこんなで 16 時過ぎに少し早めに切り上げて帰ることにしました。
岡山の M さんに配達する薪の積み込みをして本日終了。

帰ったら、点火。
コロも注文をいただいている分がまだ納品できていないので、うちは皮や木端ばっかりですが。。。
頻繁に焚べないといけないですが、しっかりと暖かいです。
今まで捨てていたのがもったいない。

明日は軽トラの車検のための整備をしたいと思います。
軽トラは 14 日までなんですよね。。。
薪割りも遅れ気味なので、ボチボチ頑張りたいと思います。
ボチボチ。

原木が入荷しました

今日はまずお宮に行きました。
コンテナシャーシの車検が今月までなので、修理して車検を受けないといけないのですが、タイヤが傷んでいるので、その交換用のタイヤが太陽電池小屋の脇に積んであるので、それを取りに行く必要があったからです。
奥まった、隙間のようなところに置いてあるので、擁壁の上からユニックで吊り上げて取り出しました。
それと、ボブキャットのバケットも薪を積んであるものを移動するのにあったほうが便利なので積み込みました。
それと、コンテナにはみかんカゴを 3 パレットほど積み込みました。
そんなこんなで、やはり園に到着すると午後になってしまったわけです。

午後からは原木を引き取りに行きました。
電話をしたら大して溜まっていないということだったんですが、また他所に持って帰られては堪たものではありません。

お昼は安定のこぶしの家です。
というか、他の選択肢はありません。
広田名物自然薯の山かけ蕎麦 850 円(食べたのは大盛りだから 950 円)です。

住友の 0.45 ですが 5 号が南星のグラップルソーがついていると気づきました。
オペさんに聞いたんですが、比例が通じませんでした。。。
どうも、新人さんようので、積み込みも丁寧というか、ゆっくりというか、時間がかかりました。

カンカンに乗った後、固縛していると、別のトラックの運転手さんが近寄ってきて、「どこまで帰るの」と聞かれて、「松山」と答えると、「ヤバいよ、落とすよ、途中で何度も止まって点検したほうがいいよ」と声をかけてくれましたが、まあ、そういうことです。
忠告の通り、何度も止まって何度も締め直す羽目に。。。
ついたら、案の定、ヤバい状態でした。

あ、原木の重さは、7.8t でした。

園に戻ると、だいぶ荷造りができていました。

それはそうと、先日注文していたメッシュパレットですが、B/L, commercial invoice, packing list が届きました。
ETA 12/18 だそうです。
土曜日なので、早くて 20 日に搬入確認が取れるんじゃないかと思います。
今の所の手筈では、CY 搬入後に申告をしてみて、許可になればそれはそれでよし、検査になれば、ドレーしてもらって、デバンするタイミングで現地で検査、ということになりました。
でも、素朴な疑問として、検査になったとして、検査結果は例えば薬品検査とかならその場で結果が出るものなのか、その場で出るとしても、納税はそのタイミングでしないといけないと思いますし、マルチペイメントを選択していれば、その場でできなくもないんですが、その辺どういう具合になるのかなと。

明日は車検等で時間が取れなさそうなので、火曜日以降にも、よく相談してこようと思います。
月曜日は、お宮の植木の手入れです。
ボチボチ頑張ります。