薪割り機のメンテナンス — 作動油交換について

Facebook で質問している方がいたので、こちらにまとめを書いておこうと思います。

油圧で動く薪割り機ですが、力を伝えるために「作動油」というオイルを使っています。
車のエンジンオイルなんかもそうですが、種類、番手があります。
基本的には、作動油を使いますが、コマツなどエンジンオイルを使うこともあるので、交換の際には指定オイルと必要量を確認する必要があります。
作動油には、#32 と #48 とがあり、#32 を使うものの方が多い印象です。

うちは基本的に 20L 入りのペール缶か、200L 入りのドラム缶を使っていて、値段は結構変動するんですが、20L で 5,000 — 6,000 円くらい(税・送料込)といったところです。
今は、5,999 円 です。

ホームセンター等で売っているのは正直見たことがありません。
MonotaRO では売っているようで、4L で 1,749 円20L で 7,469 円 のようです。

うちで扱っている Brave 社の薪割り機の場合、コンシューマ向けの 20t の往復タイプで約 12L 程度、24t 以上のプロシューマー(セミプロ)向けの 24t 以上の縦横兼用タイプで 36L 程度、指定は #32 となっています。

作動油の交換のタイミングですが、あくまでも個人的な考えですが、時間で管理するのは薪割り機の場合は難しいと思います。
なので、実際にオイルの色や臭いで、劣化具合を判断して、早め早めに交換する方が良いと思うのです。

オイルの劣化具合の判断ですが、一番わかりやすいのは色を見ることです。

オイルの色相による劣化の判定<ASTMカラーによる簡易比色法>
オイルは劣化に伴い赤っぽく色が変わります。オイルの色相による劣化判定は新油の色相(ASTM番号)に対し2.5以上濃くなった場合がおおよその酸化劣化限界となります。

さて、オイルが劣化していると認めて、オイルの交換時期であると判断した、その次です。
オイルを抜き取る作業が必要です。

いまだかつて薪割り機では見たことがありませんが、作動油タンクが加圧されているものが存在ます。
その場合、圧力を抜く作業が必要になります。

ドレンといってオイルを抜くための栓(プラグ)がある場合とない場合があります。

ある場合、マグネティックドレンといって、栓が磁石になっていることがあります。
この場合、ドレンプラグに鉄粉等が付着してないか確認し、付着している場合、基本的に鉄粉が出るのは油圧ポンプが主原因なので、ポンプ周りの確認が必要です。

ない場合は、フィラーキャップから抜き取ります。

次のオイルのフィルタ類の点検、そして必要に応じて清掃や交換を行います。

フィルタですが、まず、フィラーキャップですが、作動油タンクが加圧されない場合、シリンダが伸びる際、タンクから伸びたロッドの分だけ作動油が減り油面が下がりますから、その分外部から空気を取り込み、その空気をフィルタする機能を有している場合があります。
なかにはフィルタ機能のないものもありますので、キャップの周りは常日頃から木屑や埃等が付着しないように気をつける必要がありますし、絶対に水がかからないようにしなければなりません。
キャップの裏側など、吸気部分に汚れがないか、確かめてください。

次に吸入側ですが、大部分はストレーナーという金属の目の細かい網で濾す仕組みになっています。
もし、ドレンプラグ等に鉄粉等の異物を認めた場合や、フィルタに大量のゴミが付着していた場合など、清掃の必要があるかもしれません。

さらに一部の薪割り機では外付けのフィルタがあることがあります。
フィルタには 2 種類あり、吸入(サクション)フィルタと、リターンフィルタで、見た感じの形は同じですが、別の品物になるので、交換用のフィルタを購入する際に間違えないように気をつけてください。
うちで扱っている薪割り機、また、オプションとして販売しているフィルタヘッドはリターン用のみです。
理由は単純で、フィルタの能力が高く、価格が安いからです。
一つ注意してほしいことは、リターンフィルタにはバイパス機能といって、フィルタが目詰まりしても、作動油を迂回させ、機械が停止しない仕組みがあることです。
普通に使えている=きちんと濾過されていて問題ない、ではありません。
古くなるとフィルタを油が通過できななると、圧力が上昇しますから、その圧でバイパス回路が開き、迂回するだけです。
無論、圧力を計測することで目詰まり状態を把握することもできなくはないんですが、定期的に交換する方が良いと思います。

新しいフィルタをフィルタヘッドに取り付ける場合ですが、あまりに交換していない場合、ゴムのパッキンが固着していることがあります。パッキンが残っていないか確認して、必要に応じて清掃してください。
新しいフィルタのパッキンには必ずオイルを塗布してください。(グリス等、作動油以外を使ってはいけません)
これを怠ると、漏れの原因になります。
締め付けは、パッキンがヘッドに触れるまで行い、そこからさらに 1/2 回転程度締め付けます。
これで漏れません。

オイルを抜き、フィルタ類の点検整備が終わったら、新しいオイルを充填しましょう。
この時注意することは、一度に入れようとしないことです。

タンクに入るのはタンクの容量までです。
作動油を抜くと、回路(ホースやバルブ、シリンダ内部)にあったオイルが抜けます。
タンク容量+回路の容量=規定量、ですから、全部入らないのは当然なのです。

また、タンクに目一杯入れるのも良くありません。
エンジンを始動して作動油を送ると、空気が入っていた部分にオイルが充たされますが、この際、空気が細かな気泡となり泡立ちます。
シリンダは伸長に伴い必要とする容量が変化します。
オイルを補充する際には、シリンダを縮めた状態で行います。
伸ばした状態だと、縮める際にタンク油面が上昇し、気泡と相まってオイルが吹き出すことがあります。

動画のように、空気を噛んだ状態ですと、ガタガタと動きます。
この状態になった場合、シリンダを伸ばす操作は行わないで、直ちに縮めてください。
作動油が不足しています。

泡立っているので、少し待ってからレベルゲージの MIN 程度まで補充をしてください。
そして、エンジンを再始動して、シリンダを伸ばす操作を行い、ガタガタしないか確認してください。
ガタガタするなら、再度補充します。
ガタガタしなくなったら、回路の空気が抜けましたので、レベルゲージの MIN と MAX の間になるようにさらにオイルを補充してください。
空気は抜けきっていないので、MIN の位置にしか補充しないなら、次回使用前に MIN を切っていないか、確認してください。
MAX まで入れときゃいいんじゃないか、という考えもあろうかと思いますが、薪割り機の作動油タンクは密閉構造ではなく、移動時に本体が傾いたりします。その際に、漏れ出すリスクが多少上がるので、目一杯入れるも良し悪しなのです。
作動油は基本的に使っていて勝手に減った入りするものではないので、余分目に入れる必要はありません。
ただし、量が多い方が、使用時の油温の上昇が多少なりとも遅くなる、というメリットはあります。

なお、補充時に限らず、エンジンを停止し収納する際には、シリンダは必ず縮めてください。
シリンダのロッド自体、伸ばしていると物理的にものが当たったりして痛むリスクがあります。

各ホース類の傷や劣化具合、継手金物やタンク自体からのオイル漏れがないか、点検してください。
一度、薪割り機を車のワックスシート等を使い磨き、地面にダンボール等を敷いて、滲みや垂れて後になっていないか確認すると良いでしょう。
ワックスシートで磨くと埃等が付着しづらいので、おすすめですよ。

以上が作動油交換(初回充填)の際の手順となります。

久しぶりの休日

そんなに働き詰め問うわけでもないんですけど、誰かが今日は休みですよ、といってくれるわけでもなく、普通にダラダラと仕事をしてしまうので、休むことにしました、午前中。

本当は午後からも休みにしようと思っていたんですが、日曜日なので、駐車場が空いていてトレーラを明るいうちに出すことができるため、午後からは回送をすることにしました。
16 時くらいにスタート、園についたら 17 時過ぎで、連結、戻っtara 19 時くらいになってしまったので、ご飯を作るのもアレなので、22 日だということを思い出して、味千ラーメンの日なので、ラーメンにしました。

というわけで、本日終了、と言いたいところなんですが、先週中にと言われていた輸出書類を作ってないことも思い出してしまったので、まだ寝られません。
今回、まだ待っていて届いていない荷物があるんですが、倉庫が溢れかえってしまって、カットしますよと言われてしまったのです。

とりあえず、Brave 37t と 20t は入荷しました。
20t に関しては、次回、11 月くらいまで生産されないようですから、そこから納品されて 12 月、日本に到着するのは春くらいになりますから、この 20t の 1 台が今年の冬に入ってくる唯一の 20t ということになりますか。
Brave 37t に関しては、国内にも 1 台在庫があるので、24t ともども、しばらくは品切れしてご迷惑をかけるようなことはないと思います。

それと、前回 7 月にカットした貨物がようやく 8/20 に船積みされて BL が届きました。
本船は HYUNDAI BRAVE/095W です。

調べたところ、USTIW を 8/20 に出ていて、次は KRPUS なので、CAVAN にはよらないルート見たいですが、Reported ETA: 2021-08-31 18:00 LT (UTC +9) ということです。

なもんで、そこからの積替えがあるので、早くて 9/6 — 9/10 に着く感じでしょうが、9/13 — 9/17 の週に通関が切れるといいなという感じですね。

ここには PREDATOR(予約入金済み)が 1 台乗っているはずです。
静岡の方(紹介)なんですけど、はてさて、配達をどうするのか、悩みどころです。
Brave の在庫が売れたら、一緒に配達に行くんですが、流石に 1 台だけで配達はちょっとアレなんで、それまでに大きな動きがないなら、発送するしかないかなと思います。

蔓防になりました & 安い往復タイプの薪割り機 PREDATOR の件

愛媛・松山でも連日支那ウイルスの感染者が増加しており、蔓防が再適用になりました。
それで、M くんのお店も休業になってしまいました。

千葉真一さんが療養中に容体が悪化し、亡くなるというニュースがありました。

その反面、

官僚トップの杉田和博官房副長官(80)が入院したことが19日、分かった。関係者によると、発熱したため大事を取っての検査入院で、新型コロナウイルスには感染していないという。19日は通常通り、首相官邸で公務を行っていた。
出典 [時事ドットコム](https://www.jiji.com/jc/article?k=2021081901130&g=pol)

というニュースを見て、違和感を禁じ得ません。

支那ウイルスに感染しても入院できずに亡くなったり、容体が悪化し、たらい回しというのも医療者さんに失礼とは思いますが、逼迫している中やりくりしてようやく入院というのが市中の様子だと聞いています。
交通事故などでも受け入れが困難なケースもあるというツイートなども見ます。
いちいちファクトチェックしているわけではないのですが。

政権を担っているので重要な立場ということはあると思います。
ただまあ、世間一般の感覚からは随分とずれた方だなとは思うのです。

気をつけてどうなるというものでもないとは思いますが、ワクチンもまだなので、とにかく気をつけたいと思います。

というわけで、M くんがバイトに来たので、久しぶりに倉庫の片付け等をしました。
ずっと放置してあった PREDATOR ですがようやく組み立てました。
作動油は園に持って行ったままなので、そのうちに始動試験をしようと思います。

それで、作動油のフィルタ等を追加しようかと思ったんですが、タンクの戻り受け側の金具が NTP ではありません。
サイズはどうも 7/8″ のようですが、O リングがあったので、平行ネジですね。
マニュアルを見たんですが、ネジの種類は書いていません。

コントロールバルブ側は NPT と明記してあり、NPT から謎 7/8″ 平行ネジに変換してあります。
IN/OUT については 3/4″ で、WORK A/B は、1/2″ NPT です。
コントロールバルブについては、ごく普通のものですね。
なので、作動油フィルタを追加する場合ですが、コントロールバルブのすぐ後ろにフィルタを追加するのが楽かなと思います。
そのためには、3/4″ NPT-M x 3/4″ NPT-M のフィッティングが必要ですが持ってないので、取り寄せようと思います。
まあ、取り付け作業時、多少作動油が漏れると思いますが、ないとたちまち使えないわけではないので、そのうちやろうと思います。

致命的とまでは言いませんけど、どうにかしたほうがいいと思ったのが、作動油の注入口です。
普通にプラグで塞いであるように見えたんですが、良く見ると穴が刳ってあります。
多分 T 字型になっているんだと思いますが、要するに空気穴です。
フィルタ機能は全くないし、下手をしたら水を吸い込みそうです。

ZINGA の高機能フィルタの手持ちがあったのですが、これは 3/4″ NPT で、プラグ自体は平行ネジに見えたんですが、そもそもサイズ自体が違いました。
マニュアルにもネジの種類は書いてありません。

ふと思ったんですが、強度も大して必要ない箇所なんですが、取り合う部分の謎ネジとか、耐油性の樹脂で 3D プリンターでさくりと作れないものなんでしょうかね?

3D プリンタといえば、LaserPecker 2 ですが、ようやく発送されたようです。
しかしまあ、実にインチキ臭いクラウドファンディングでしたね。
事実上の販売であるにもかかわらず、返礼品という形を取ることで総額表示を回避し、かつ、海外からの発送で消費税自体も着払いになるというとんでもない詐欺まがいの手口でした。
海外発送ですから、製造物責任も取らないということです。
完全に消費者保護の法律や課税制度の抜け穴を突いている、極めて悪質な手口なので、今後規制されて然るべきかなというのが率直な印象ですね。
レーザーでも火災・失明だとか、そういう事故が起こりかねませんし、最近は大型のバッテリー商品のクラウドファンディングが目立ちますが、これなんか、爆発炎上とか、互換バッテリーでよくあることなので、本当に注意が必要かなと思います。
ちょっと脱線しました。

PREDATOR は、動作確認等をしたら、随時報告したいと思います。

ドリーを採寸しました

まあ、見ての通りの寸法です。

タイヤについては、海外サイズのため、国内で調達できるものが少々割高でも利便性が高いんじゃないかと思います。

MonotaRO だと

あたりでしょうか。
サイズ的には、現状のものが確か 10″ なので、25.6cm なので、少し小さいですね。
あと、これはボス幅が 86mm あります。
シャフトは φ20mm です。

もし、園のように舗装された上でしか使わないのだと、空気タイヤはお世話が面倒くさい。
なので、

のようなウレタンタイヤにした方がいい気がします。
多少なりとも安いですし。
ただし、これはボス幅が 42mm なので、内径が 20mm くらいのパイプを 40mm くらいで切って、それでボス幅を調整するか、ピンの穴を複数刳っておくか、ですね。

大事なのは、ハンドルがついているシャフト部分と、ヒッチボール部分の角度、それと、スタンドが接地した際の角度です。
シャフトの長さ等の寸法から計算すると、角度に関しては 60° くらいです。
スタンドが接地した際の角度は、ハンドルの地上高でも計ってくれば計算もできたのですが、忘れてしまいました。
どのみち連休だし、また今度ですね。

ハンドルのグリップも必要です。
これに関してはだいたいセットで 200 円くらい、せいぜい 300 円くらいのものでした。
そして、内径は 22.2mm になっています。
多分、そういう規格のパイプがあるんでしょう。
なので、T 字型になるようにシャフト端部に取り付けるパイプは 22.2mm のものを使う必要があるようです。
全長に関しては、100mm くらいから 130mm くらいのものが多いようですから、最低 150mm くらい突出させておけばいいのではと思います。

部品構成としては、写真の通りなので、あとはスタンド部分の寸法だけですね。

ヒッチボールについては 2″ なんですが、日本で買うと高そうなので、Amazon で買っておきました。

細かな部品としては、ピンとワッシャーがありますが、ピンに関してはメンテナンス性を考えると、スナップの方がいいように思います。

あとは、材料ですね。
塗装も面倒くさいし、ボンデ鋼を使って、溶接部分だけブラストして、ローバルでも吹いておけば、面倒くさくないんですけど、まあ、工場で相談してみようと思います。

材料費としては、タイヤが @2,000 円 x 2, ハンドルグリップ(セット) 300 円、ヒッチボール 1,500 円、ピン等で 200 円くらいかなと思うところなので、都合 6,000 円ですか。
あとは本体がいくらかですね。
2 万を切るなら、6,000 円から 7,000 円でないと厳しいかなと思います。
塗装に出すと完全アウトですね。

そろそろ梅雨明け?

今日も雨模様の天気でした。
途中一瞬晴れそうな雰囲気になったんですが、避難指示が出るくらいでしたので、まあ、土砂降りって感じです。
南予の方はかなりひどく降っている様で、心配です。
草刈りをする予定だったんですが、特にすることがなくなってしまいました。

それで、ドリーの件です。

今使っているものは、Ultra Tow のものだったと思うんですけど、似たものだと $60 くらいのようです。
これを輸入すると、大体 $1 = 200 円くらいのコストになるので、12,000 円くらいかかるってことになります。

これ、Brave 薪割り機で使うにはちょっと背が低いんですよ。
PREDATOR でも、やはり背が低いと思います。

それで、高さが調整できるタイプですが、一気に値段が上がるんです。

$150 なので、3 万円くらいになる計算ですが、高すぎます。
構造的には、角パイプが差し込み式になっていて、ピンで止めるだけなんで、それで $100 近く値上がりする理由がわからないんですが。。。

薪割り機の高さは決まっているので、調整できる必要もない気がするんで、安い方のモデルをベースに作ったらと思うんですが、結構、よくできているというか、部品が細かく分割してあって、発送する際にサイズが小さくなる様に工夫してあるんです。

さて、問題は、一から作るほうが安いのか、どうかってことです。
13t 用のドリーですが、ちょっと角度がまずくて、そのまま真っ直ぐに止めると動いてしまうので、一から作るにしても、既製品をコピーする必要があるように思います。

薪ストーブも今日も出荷できなかったので、明日園に行くので、ドリーを引き上げてきて、採寸したいと思います。
あと、忘れないように、薪を持て帰って A さんに発送しないとです。
ボチボチ頑張ります。

PREDATOR 開封の儀

今日は朝裏山の草刈りをして、体力が残ったので、お宮山の草刈りに出かけました。

買っておいたクソ安いチップソーに交換したんですが、この時、締め付け不良だったようで、ソーが外れて吹っ飛んでしまました。
ソーが見つからないレベルなので、ネジなどの小物も見つかるわけもなく、ジズライザー だけは見つけられたんですが、仕方なく早々に切り上げて、井関さんに部品を買いに行ったのでした。
とりあえず、取り付けたんですが、どうもジズライザーの芯だしをするカラーのようなものもナットと一緒になくなったようですが、それは井関さんにはなかったんで、こんなもんかなって感じで取り付け直しました。
お宮に戻って草刈りをしてみたんですが、やはり振動が出るので、部品が足りないと無理なようです。
諦めて家に帰りました。
随分と時間を食ってしまい 10 時くらいになってしまいました。

汗もかいたのでお風呂に入ろうと思ったんですが、よく考えなくても、今日は停電でした。
うちは井戸なので、停電するとシャワーは使えません。

仕方ないので、内容点検に行くかと思ったんです。
昨日デバンすると言っていたので、電話をしてみると、税関さんが立ち会うというので、昼休みを挟むわけにもいかず、昼からということになっって、そうこうしているうちに工事が終わって、シャワーを浴びたりして、午前中は終わってしまいました。

午後は内容点検で、1.5 時間ほどかかって、ヤフオクとSTORES で注文をいただいた分の梱包出荷、FBA の納品出荷をして、夕方ジズライザーを買いに行って、本日終了、のつもりでしたが。。。

PREDATOR 開封の儀です。

部品類ですが、Brave(ブレイブ)20t に比べるとかなり組み立てられています。
一番重たいフレームですが、Brave だと、シリンダに油圧ホースやコントロールバルブ、そのブラケットは別途組み付けなければなりません。
しかし、PREDATOR は既に組み付けてあります。
作業時間で慣れない人だと 30 分くらいは節約になると思います。
部品の重さとしては、98kg くらいでした。
Brave だと、メインのフレームとシリンダだけでその重さなので、PREDATOR の方が幾分か軽いです。

一番良いのは、ショートパーツ類がきちんと梱包さていることです。
これならば、不足もほぼほぼ起こらないでしょう。
各パーツもわかりやすいですし、とても良いと思いました。
これは Brave も見習うべきですね。

他に比べたら Brave はよくできていると思いますが、PREDATOR はそういう細かな気配りはさらに上をいく気がします。
チャイニーズとバカにしていましたが、今まで見た中では、最もまともな梱包です。

ただまあ、肝心のエンジンやポンプ、コントロールバルブについては、まだ使っていないので、工作精度(振動・騒音)だとか、耐久性といった部分は未知数です。

組み立てはこれからですが、一番気になるのは Brave とどこまで部品が共通か、ということです。
エンジン+油圧ポンプに関してはまあ、全く別物ですけど、油圧ホースのネジの種類やなんかは調べておきたいと思います。

明日は薪が仕上がったので、配達のために積み込み作業を行いたいと思います。
ボチボチ頑張ります。

エアコン、いい加減取り付けないと。。。