Brave(ブレイブ)PCLS2013GC のストレーナの詳細判明

Brave(ブレイブ)PCLS2013GC のタンクの件の続きです。

このタンクには、全部で 3 つの穴(?)が空いているわけです。

このうち、サクションストレーナがハマっている部分の規格がわからなかったんですが、ストレーナの見積もりを取ったら、仕様が書いてありました。
ストレーナとは、吸入する油を濾過する、網の部品です。

3/4″ FPT x 1-1/2″ MPT

それぞれ、全てメスで、

  • ブリーザキャップ(作動油を入れるところ) 3/4″ NPT
  • ストレーナ(作動油をポンプに送るために吸い出すところ) 1-1/2″ NPT
  • リターン(作動油がタンクに戻るところ) 3/4″ NPT

と判明しました。

ちなみに、部品代ですが、ストレーナが $17、エルボが $12 でした。

エルボは恐ろしく高いし、純正品である必要は全くないので、ここは汎用品で良いとは思います。
もっと言えば、単なるエルボではなく、エルボの竹の子でいいと思うんですよ、樹脂のと同じで、それが金属であれば。

いずれにしても、Brave(ブレイブ)PCLS2013GC は、コンシューマ向けのモデルで作動油の容量が業務用のモデルに対して半分以下ということもあるし、エンジンに割れた薪が当たることがあったりでカバーが欲しいこと、あとは、電動化したいという要望にも対応したいので、国内でフレームを作ったらどうかと思っているわけですが、とりあえず、必要な情報は出揃った、というところでしょうか。

それで、少し気になる動画を見ました。

ポンプの芯出し、という動画なんですが。。。
なんとも大変な作業です。

薪割り機のポンプの場合、この作業を省くために旋盤加工してあるブラケットを使うことで勝手に芯が出るようになっているんですが、JIS モータの場合それができませんから、脚の高さの調整だの、ありえないほどの面倒臭さです。
はてさて、ジョーカップリングを使ったとして、どれくらいの精度で芯出しをすれば実用上問題ないんでしょうか、気になりますが、それ以前に、お客さんがここまで細かな作業をできるのか、ということも問題ですよね。
マイクロゲージとか、自分は持ってませんけど、普通は持ってないでしょうし。

それで、業務用というか、Iron and Ork の BH2W2016GX についてです。

全然造りの堅牢さが違う、タンクのサイズも違うことが一目瞭然かと思います。
値段も別次元で、Brave(ブレイブ)PCLS2013GC の 3 倍くらいしています。
まあ、やりすぎかと。

タンクについては、業務で使うなら、オイルクーラーをつけないなら、やはりこれくらいの容量は欲しいところです。
ただ、タンクをやたら大きくしてフレームと共用にすると、必然的に重たくなる、という問題があるわけです。

30kg を超えると運賃が跳ね上がります。
佐川では一応 50kg までは持っていってくれるんですが。。。
あとは、らくらく家財宅急便を使う方法ですが、これは配送に時間がすごくかかるという、痛し痒しです。

タンクについては、フレームと共用にするのか、フレームとは別にするのか、別にするなら既製品を使うのか、など検討する課題が多くあります。
フレームと別にするのなら、既存のフレームに背負い込む形でもいいわけですし。

おいおいやっていこうと思います。

一通り納品完了

今朝、なんかしんどくて、そしたら朝一に Y くんから電話でお宮にいると。
晴れているので、仕事に来たというのです。
日曜日でした。
慌てて準備してお宮に登りました。

天気もいいので、境内の掃除をあれこれやりました。
除草剤の散布、雨樋、会所や水路の掃除、授与所の解体・片付け、それと、輪越し(夏越)は、屋外だけということになったので、必要のない畳など一式片付けました。
なんだかんだで 15 時前までかかってしまいました。

雑貨の方は 5 号に任せていたんですが、戻ったらあらかた出来上がっていたんで、出荷の手続きをとって、今回入荷したものは一通り納品を完了することができました。
明日か、明後日には、予約いただいている商品の出荷を完了できると思います。

それで、タンクフレームの件、その後です。

まず、不良 3 件目、静岡の Y さんですが、修理後再発ということで連絡がありました。
どうするのか、相談して方向性を決めていきたと思います。

それと、タンクフレームの不良の記事を見て、富山の T さんから連絡をいただきました。
内容としては、電動化して痛んでいないタンクフレームがあるので、必要なら提供できる、というありがたい内容でした。
タンクフレームはドレンを追加したり改造してあるとのことです。

4 件目の I さんの件は、まあ土日ですから仕方ないですが、まだ連絡はない感じで、時差があるので進展があるとしても火曜日以降になるかなと思います。

薪割り機の補修用部品ですが、コントロールバルブが品切れしました。
それで、LS-3000 をまた仕入れるか、それとも Wolverine WLS800 にするのか、ちょっと考えあぐねています。

というのもの、どちらも Prince Mfg の商品なんですが、現地の値段で、前者が $89.95 に対して、後者が $75.60 なんです。

性能をざっと比較すると次のようになります。

型番 価格 最大容量 IN/OUT Work ports
LS-3000-1 $89.95 25GPM 3/4″ NPT 1/2″ NPT
WLS800 $75.60 30GPM 3/4″ NPT 1/2″ NPT

まあ、選択肢はあった方がいいように思うので、今回は両方を少量仕入れてみようかなと思います。
ただ、最近、輸送費と、Amazon の諸経費の値上がりが酷いので、価格を少し改定しないといけなくはなりそうです。

Brave(ブレイブ) PCLS2013GC タンク不良

Brave(ブレイブ)薪割り機のタンクからの油漏れ不良、4 台目の発生です。

1 台目は、うちで使っていたものが K さんのところにとついたもの。(自力修理)
2 台目は、栃木の Y さん。これは初期不良。(交換)
3 台目は、静岡の Y さん。(自力修理)

今回の 4 台目は、三重の I さんです。

流石にタンクフレームの在庫はないので、どうしたもんかと思案中。
保証の対応については問い合わせ中ですが、FISKARS 同様にチャイニーズウイルスでリモートワーク中ということで、しばらく時間がかかりそうではあります。

それで、タンクからのリークが発生する確率としては、結構無視できない数字になりました。
一応、仕入れ元に Brave(ブレイブ)に頻発しているから、設計を変えた方がいいんじゃないか伝えて欲しい旨は、合わせて書いておきましたけれども、既に市中に出回っているものについて、今後 5 年, 10 年先を見据えれば、エンジンマウントをぶつけることもあるかもしれないし、やはり対策を講じる必要はあると思うのです。

仮に保証対象ということになった場合ですが、I さんには次のように提案しました。

元々このアイテムの場合、アメリカ国内では部品は無償なのですが、日本までの運賃はかかります。
形が歪なので、2 台目のケースでは、パレット 1 枚に乗っていたもんで、1.2 x 1.0 x 0.4 = 0.48m3 くらいの容積を食ってまして、3 万くらいかかってしまったわけです。
この部分をこちらで負担させてもらう代わりに、不良品のフレームを送り返して欲しいと。
通い箱を作っておいて、不良品を回収したいのです。

不良品は、溶接で修理して、次に不良が発生した際に同じように交換するようにすれば、お客さんは送料とフレームの交換の手間で修理できるので、運悪くタンクに不良が生じても、負担は最小限に収まるのではないかと思うのです。
尤も不良が出ないのが一番ですが、ここは重松がどうこうできることではありませんから。

それと、多分ですけど、ストレーナー周りですが、Rev F, F 型 ですが、こいつはフィッティングが金属になっているんです。
わざわざ純正品を取る必要があるかはわかりませんが、確認したところ次のようになっています。

タンクフレームは 38 番でして、これは買うと $225 します。

ストレーナは 2 番です。
これは前にも書いたんですが、4″ とかなり短いサイズのもので、品番がわからないのですが、少なくともいつも使っている 2 軒のパーツ屋さんのカタログには見当たりません。
消耗しないので、在庫を持っていないのですが、この際、一つ持っておこうと思います。

ここから先の話ですが、46, 48 番が金属のフィッティングです。
F 型以外は、これが 3 番、樹脂製の一体型のフィッティングなんです。

Item Parts Number Description
2 4011 4” Suction Strainer
38 791605 Hydraulic Tank
46 BR001098 Fitting – 3⁄4” Male x 3⁄4” Female

とりあえず、上のものを在庫に追加しておこうかなと思います。
46 番ですが、ネジについて書いてないんですが、サイズについては 3/4″ ですし、他のものが NPT なので、多分 NPT だと思います。

ストレーナについても、現物あわせでネジについて調べられるため、電動化のためのモータ使用のタンクフレームを作る時に必要なフランジのサイズも確定します。
もちろんストレーナを新品交換すれば当然任意のサイズにできるんですが、こんなもんでも数千円するので使いまわせるなら使いまわしたいわけです。

この辺りのものは、次のコンテナに間に合えばなと思っています。

薪割り機を電動化するのための部品

ブレイブ往復式薪割り機を電動化するための部品ですが、輸入はしていたもののすっかり放置していたので、今日、ちょっと現物合わせで確認してみました。

まず、ブリーザキャップですが、これは部品を取ったところ、前にも書いた通り Nortrack のものなんですが、既存のタンクのクラック等の不具合もあり、取り寄せの際、形が歪で梱包がまずく、運賃がアホのようにかかって、結局お客さんにいくらなんでも申し訳なさすぎて請求できなかった経験があるものですから、国内で作動油の容量をアップしたり、エンジンガードをつけられるものを生産しようという計画もあるんです。
そうすると、エンジンは下ろして、交換用にフレームだけ取ったり、そういう使い回しをすれば、タダでもらったところで、運賃がアホのようにかかってはお客さんにメリットがないので、運賃分でまともなフレームを買ってもらった方がいいかなというところです。
無論、不具合が出たら、という話ですが。

それで、ブリーザーのサイズですが、現物合わせで確認して、やはり 3/4″ NPT でした。
戻り側、これは 3/4″ NPT とわかっているので、まず、3/4″ NPT のポートが二つ、ということです。

それと、サクション側のポートです。
写真の小さい方が 1-1/2″, 大きい方は 2″ ですが、明らかに 2″ ではないので、多分 1-1/2″ なのかなというところです。
ストレーナ自体も、1-1/2″ くらいで 14GPM くらいのスペックなので。
2″ だと 24GPM くらいになります。

写真で分かる通り、タンクの幅というか、厚みというか、横ではなくて、前後方向の長さが短いので、ちょっと寸胴なストレーナを使っているのですが、これバラすとシールしなおさないといけないので、どうしたものかなと思い悩んでいますが、こればかりは、現物で確認するしかなさそうです。

そしてこれがフェイスマウントでないタイプのモータを使う場合のポンプマウントになり 4F17 というマウント規格になります。

当たり前ですが、米国仕様になっていますので、日本国内の JIS モータとは軸の高さがあいません。
ポンプの軸の高さは、3.59″ = 9.12cm です。

出典 MonotaRO

エンジン 5HP 相当ということで、3.7kW でいいと思うのですが、油圧ポンプの定格は 3,600rpm なので 2P になります。
3.7kW の 2P, 4P の枠番号は 112M というものになるのですが、C 寸法は 112mm です。
よって、10mm 4F17 の方に下駄を履かせてやると良いということになります。

あと、出力軸ですが、28mm, キーは 8mm なので、これをどうするのか、考えないといけません。
GC160 の方はというと、3/4″ dia. x 2-7/16″ keyed, tapped 5/16″-24 UNF という仕様です。
3/4″ = 19.05mm なのでかなり細いです。

カップリング自体ですが、強度を考えると、上の規格のものを使った方が良いかもしれません。
L-95 でないと、1″ のものがないんですが、1-1/8″ だと、28.575mm なので、0.5mm 緩いです。
なので、1″ のものを 28mm に削り出してもらうのが良いかなと思います。
一つ $8.70 ですし。
旋盤加工がいくらにつくのか、それが問題。
キー溝も掘りなおさないといけないでしょうし。

ポンプ側は、1/2″ dia. x 1-1/2″ long keyed で、$8.70 です。
こっちはポン付。

この部品はまだ手当てしてません。
というか、モータも手当てしてないので、まずはそこからかもしれません。

厄日?

今日は Y 君が手伝いに来てくれたので、本当はペンキ塗りをしようと思ったんですが、結局ペンキは塗らずに違うことばかりしました。

朝一、煙突の蓋、角トップを出荷しました。
見ての通りの銀ピカです。
塗ってもどうせハゲるから、ハナから塗りません。
塗りたきゃ塗ればいいし。

コーキングに頼らずに防水しているので、長期間安心のオールステンレス仕様です。
掃除がしやすいように防鳥にはパンチングメタル(パンチャーで穴あけ加工をしています)を使っています。
あとは、アイボルトが取り付けられます。

在庫がなくなったので、現状、受注生産です。

その後、薪割り機を梱包しました。
最近、ターミナル引き取りではなく、自宅まで配達してほしいというリクエストを多くいただくので準備することにしました。

それで、梱包作業では、自分の指を鉄砲で撃って痛いし、エアホースが老朽化して裂けて作業が中断、修理してもまた裂けて結局、ホースを交換することにしました。
ばらしたまでは良かったんですが、よく調べずに適当にバラしたら、リールを巻き取るゼンマイを緩めてしまって二進も三進も行かなくなったところ、無理やりやったらバラバラになって、完全終了です。
5 号は梱包材料のカット寸法を間違えるし。。。
本当は午前中には終わる予定だったんっですけど。

15 時も回って時間も微妙なので、洗車をしました。
高圧洗浄機を出したので、ついでに丸太小屋のウッドデッキも汚れているので洗おうと思って洗い始めたんですが、ウッドデッキの荷物を Y くんにリフトで下ろしてもらっていたら、埋め立てたところに乗って埋まってしまいました。
軽トラで引っ張ってみたんですが、まあ、ダメ元でやってみたけど、ダメなものはダメ。
早々に諦めて、ボブキャットを山に取りに行って、引きずり出しました。

洗車ですが、窓を磨きました。
油膜取りで磨いて、ガラコをしたので、当面はいい感じなんだろうなと思うんですが。

で、日曜日で晴れているので、コンテナシャーシを回送することにしました。
だんだん暗くなってライトをつけたんだけど、やたら暗いし。
おかしいなと思ったら、玉切れです。
ついでに、エンジンのチェックランプまでつく始末。

とりあえず、今把握している悪いところは、

  • ヘッドライト玉切れ
  • エンジンチェックランプ点灯
  • LLC 漏れ
  • エア漏れ(多分キャブサス)
  • ブレーキパット残量センサ不良
  • キャブロックセンサ左不良
  • 左ドア上のアンダーミラー破損
  • バックカメラメインモニタ電源接触不良

といったところ。

LLC 漏れと、エア漏れはたいしたことないので、そのうちに整備に出したついでと思ってましたが、ライトがつかないのはどうにもならないので、明日にでも修理の予約をしないとです。
高知まで行かないといけないので気が重いです。
修理代も。。。

明日は、書類も揃ったので、通関にいきたいと思います。
ボチボチがんばります。

Brave(ブレイブ)薪割り機の出荷

今日は Brave(ブレイブ)20t 横型・往復式 薪割り機 PCLS2013GC の出荷作業をしました。
作業ですが、慌ただしくバタバタやっていて、写真を撮り忘れてしまいました。

宅配便での配送を希望されていたので、分解して再梱包したのですが、久しぶりにする作業で要領を忘れてしまっていました。

重量の測定ですが、ヤフーショッピングで買った秤は壊れていて、見積もりを依頼した件は連休が明けても梨の礫で、結局 MonotaRO のものが 15% off のタイミングで間に合わせで買うことにしました。

MonotaRO のものは、電話で確認したんですが、1 年間の保証はあるとのことです。

これ、200kg まで測れるってことですが、正直、そこまで頑丈そうには見えません。。。
ただまあ、薪割り機のパーツ類は 30kg とか 50kg とか、バラしてもあるのですが、とりあえず、問題なく動いています。
1 年保証があるので、最低でも1 年は使えるということで、その後、何かあれば買いなおせばいいし、検定問題は先送りにしました。

なんだかんだで夕方までかかり、ギリギリ集荷や出荷も間に合って本日なんとか終了です。

梱包時の工夫ですが、今回から、組み立ての際に必要になるパーツを種類ごとに袋に小分けすることにしました。

メーカー出荷時に数が不足していることが今までにあったことと、ボルトとナットですが、バラバラで届くのですが、同じサイズでも強度が異なるナットがあって、見分けて組み立てるときに使い分ける必要があるのです。

まあ、強度の違いのマーキング以外に、共にフランジナットではあるんですが、セレートの有無という違いもあるので、ちょっと注意すれば簡単にわかることではあるんですが、今までにお客さんと一緒に組み立てた際に、ほぼ説明書を読まないで感でやる人もいたりして、行き当たりばったりというか、人のことは言えませんが、後から、なんか違うぞ、見ないになることもあるので、ハナからこちらで対処しておく方が親切だろうと思うのです。

ダストキャップを取り付けるためのジグなど、細かなアイテムも工夫していて、組み立てについては、かなり楽になるのではとは思います。

今後の課題としては、組み立て動画などを用意したらいいんじゃないか、というような話にもなったんですが、追々対応していきたいと思います。

パーツの小分けについては、この間買ったバッグシーラー が役に立ちました。
各パーツを普通のビニールに入れて、これでシールするだけで、口が閉じられるので、簡単便利でコストもほとんどかかりません。
この作業の改善点としては、事前にパーツに番号を振り、名称と数量を名刺大のカードに準備しておき、それを一緒に袋詰めしたらと思いました。

バッグシーラー は Amazon に納品する際に、小物の梱包も、これを活用することで、効率化とコストダウン、商品の保護などにも活躍してくれそうです。

もう 1 件問い合わせをいただいているので、半分ばらしかけているので、それも早めに梱包しておきたいと思います。

それはそうと、野暮用をいいつけられたんですが、マンションの燃えるゴミ置き場にカラスが出没するから、対策をしてってことになりました。

見たまんまですが、直角三角形をしています。
間口が 281cm くらい、斜辺が 389cm くらい、そして奥行きは 254cm、壁の厚みは 12cm で、高さは 103cm といったところでしょうか。
間口については、少しズレた位置を測っているので大体の話になるんですが、作図すると奥の角度は約 40° 強、ということになりました。

壁の芯に墨を打って、きっちり測ろうとは思いますが、およそのサイズで材料について考えてみました。

まず、コンクリートのままでは細工がしづらいので、コンクリート壁の天端に 2×4 の注入剤を打ち付けようと思います。
固定自体は、この前使ったコンクリート用のセルフタッピングビスでいいと思います。

これに幅 2m のフェンス用のネットを使って囲いを作ろうと思うのですが、これが 20m で 5,478 円です。
まあ、実際に必要なのは、1/3 くらいだと思いますが。

まず、天端に使うものが 2 本、斜辺が 389cm, 奥行きが 254cm です。
桟は手前から 0cm, 奥から 200cm, 100cm の位置に、都合 3 本入れるとして、照明の柱との干渉は確認しないとですが、手前から A, B, C とすると、A = 256cm, B = 203cm, C = 87cm となります。
よって、メータものを買ってくるなら、4m が 1 本、3m が 3 本必要になりますね。
6, 12F ものだと、斜めの部分は長さが足りないので 1 本では無理になりますね。

一度、西村ジョイあたりに、材料を物色に行った方が良さげです。
明日は通行許可の件もあって、午後から街に行くのでその時に寄ってみようと思います。

後は、そういう間に合わせではなくて、鉄工所でどぶ漬けでもでちゃんとしたものを作ってもらうか。
確実さを考えると、ネットをかけるとかではなく、エキスパンドでもで、人が中に入れる程度のカゴを作って、前面を引き違いの吊り戸(下レールなし)にでもすれば、水洗い清掃等も容易になると思うんです。
まあ、予算次第ですかね。

それで、入荷の件です。
今日は、検疫所からの書類は戻ってきませんでした。
とうわけで、明日、朝一にでも届けば別ですが、今週中の通関は絶望的になりました。
18 日通関、19 日から検品、納品、出荷、というスケジュールになりそうです。

ボチボチ頑張ります。