ダイソーの電子ペーパー付き電卓をゲット

今日は、というか、今日も、というか、入荷した雑貨類を仕分けたり、検品して梱包したりでした。
で、その作業に便利かなと思っていて、欲しいと書いたダイソーの電子ペーパー付き電卓ですが、ゲットしました。
550 円也。
思った以上にサイズが小さくて、もっと大きいと思っていたので、なかなか見つけられませんでした。

こんな感じで、出荷の伝票を作るときに、箱の重さやサイズを測って、3 辺の合計サイズを計算するので、電卓付きだと便利です。
暗算がすごく苦手なもんで。。。
せこい話ですが、Amazon の FBA パートナーキャリア(ヤマト運輸)と、契約しているゆうパックとで料金体系が異なり、120 サイズくらいまではゆうパックの方が安いことが多いのです。
パートナーキャリアは料金を表示してくれるのですが、ゆうパックは自分で計算しないといけません。
一度に数百円の差額があるので、もう元は取れた感じです。

電子ペーパーですが、とても見やすいです。
どういう原理かちょっとわかりませんが、直射日光が差し込む写真のような環境でも問題なく見えます。

で、問題点というほどではないのですが、電卓部分と電子ペーパー部分でそれぞれ電池が必要で、電池サイズが違うのです。
電池がなくなったら、交換の際に違うサイズをそれぞれ買わないとなのは面倒臭いですね。

あと、計算というのは、単なる足し算なので、筆算であれば流石に自分でも間違えないと思うのですよ。
電子ペーパー部分のサイズが小さいので、ちょっとしたメモとかなら問題ないんですが、たまにネットというか youtube なんかでなんとか小学校の入試みたいな面白そうな計算問題とか、書きながら出ないと宙では計算できないんで、そういうケースだと、同じ 550 円なら、タブレットくらいの大きさのある電子ペーパーのみの方が良かったかなとも思います。

耐久性とか、電池の持ちはこれから判明すると思いますが、なかなか良い買い物でした。

あと、とても興味深い tweet を見たので、紹介します。
とてもマニアックな話なんですが。。。
シールテープの巻き方から始まった話が、管用ネジの歴史的な変遷に発展していきます。

詳しい話は一連の tweet を見て貰えばと思いますが、どうして NPT が漏れやすいのかという部分について、つまり、なんでネジの溝にシールテープを紐状にして巻き付けているのか、ということについて説明されています。

でも、日本国内は基本的に BSPT(R/Rc, 旧 PT)なので、はっきり言って、溝にシールテープをねじ込む必要なんてないし、シールテープってある程度幅があってネジサイズによってはシールテープの幅の方が太いくらいですから、そもそも 1/2 ずらしつつ巻くなんて芸当は不可能なんですけどね。

実際のところ、NPT でもシールテープをちょっと多め、3 — 4 回ほど巻いてやれば(短期的には)漏れたことはないんですが。
ブレイブ(Brave)の 20t は NPT だけで、かなりの数組み立て、動作確認をしたんですけど、流石に何年も使っているわけではないので、時間が経ったのちにもれないのか、ということまでは追いきれていない部分ではあります。

なんで NPT が BSPT(R/Rc)よりも漏れる可能性が高いのか、という部分については、BSPT のネジの形状と、NPT のネジの形状の違いにあるようです。

BSPT, 要するにウィットネジというのは、ネジ山の角度が 55° で山が丸く、谷も丸い。

ところがメリケンは、55° なんてめんどい、丸くするのもめんどいから山の頂点を削って平にしたんでいいんじゃない?、みたいな手抜きを始めて、結果出来上がってきたのが NPT ということのようです。
この手抜きによって生じてしまったのが、スパイラル状の連続した空間であり、これが漏れる原因に。
その対策がこちら。

とまあ、こういうわけでして、結論を手短に書くと、国内で普通に流通している R/Rc については、シールテープを 2 回も巻けばもれません。
NPT でも最近のものは精度が悪くないので、流石に麻縄をねじ込むまでしなくても、シールテープをちょっと余分に、3 — 4 回も巻けばもれません、多分。

ただまあ、確実に漏れなくしたいならケミカル使った方がいいかなとも思いました。
少なくともシールテープよりは原理的に効果が高いと思いますし。

お値段も。。。お高い。

あったらいいなという程度のものなので、ゆっくり船便で取り寄せようと思います。

薪割り機の動きが緩慢という問い合わせ

K さんから、薪割り機の動きが緩慢で、どうやらコントロールバルブの調子が悪いようだ、コントロールバルブを取り寄せてほしいと連絡がありました。

K さんのところの薪割り機は、うちで使っていたものを里子に出したものですから、一番最初に Brave(ブレイブ)の 20t 往復タイプ PCLS2013GC を共同輸入した ときのものです。
当時は、222,981円で輸入できたようです。

出典 http://www.braveproducts.com

出典 http://www.braveproducts.com

2015 年の 9 月ですから、かれこれ丸 7 年ということになります。
業務で使っていただいているので、割った量も、普通の人の何百倍もになるでしょうね。
流石にガタがきまくっているようです。
今のところ、シリンダ、エンジン、ポンプに関してはノートラブルだと思います。

それで、動きが緩慢、という症状が少し気になっています。
実は少し前に PREDATOR の動きが緩慢ということで、この時は原因が特定し切れなかったのと、共食い整備につかえる在庫がなく、仕方なく航空便でポンプとバルブを取り寄せたのです。
自分的には、原因はポンプだったのですが、やはりポンプ交換で直りまして、念のためにと取り寄せておいたコントロールバルブはまあ不良在庫と化しているわけですが。。。

なので、今回、原因が本当にバルブかな、という気持ちがあります。

たまたま K さんには、PRINCE(プリンス) Wolverine WLS800 薪割り機 コントロールバルブ の取り寄せも頼まれていて、物自体は届いているのですが、特に急がないということで送ってはいないのですが、ポートのサイズは同じで機能も同じ(PCLS2013GC のコントロールバルブには denet 機能がないので、厳密には同じではない)なので、バルブを交換してみて、それで問題が解決するならバルブだし、そうでないなら、ポンプなのかなと思うところです。

とりあえず、バルブは Wolverine で試してもらおうと思います。

メッシュパレットの配達

今日は薪の生産をしている同業者さんにメッシュパレットの配達です。

結構な枚数の注文をいただいて、まあその分、値引きもさせていただいたんですけど、昨今、円安・原油高なので、こういう基本的な資材も価格が高騰しています。
それでも、自分が最後に国内で購入した時の単価よりも運賃込みで 1 割以上安いので、今までどれだけ損をしていたのか、まあ、商売というものは、間に人が入れば入るだけ、そういうふうになってしまいます。
そういうのをすっ飛ばすのを「中抜き」というのですが、その中抜き対象の業者が取り次ぐことで利鞘を取るをすることも「中抜き」をいうのが面白いですよね。

それで、新しくメッシュパレットを発注したのですが、前回の契約額をその時のレートで人民元に換算し、今のレートで人民元を米ドルに換算し、希望の単価を伝え、ドル建てだと、10% 程度の値引きを引き出すことができました。
販売時は価格を上げるしかありませんが、メッシュパレットに薪を入れ、そのメッシュパレットごと販売するケースでは、価格をギリギリまで抑えることができると思います。

配達で走っていると、原木を積んだトレーラや、チップのトレーラなどが気になるんですが、志満や運送という会社のトレーラがものすごい台数走っているんです。ほんと、5 分おきにすれ違うくらいの勢いで、時折 3, 4 台が連なってやってきます。
薪もチップも、原材料は同じ木材なんですが、この辺りの薪屋で自社でトレーラ輸送をしているところって、うち以外にあるんでしょうか?
かたやチップは、志満や運送さん以外にも、今治加工、鶴崎商事(ボルボの最新型)、オーティー産業、後、社名はわからないけど 2 社、一日でそれくらいは見かけました。
これまた、なんともです。

まあ、そんなことを考えながら走っていると、どこかでみたような珍妙な風景が。。。
(志満や運送さんの車庫の隣でしたが)

写真は上記記事から数点お借り(引用)しました。

〒779-1620 徳島県阿南市福井町土井ケ崎115

〒779-1620 徳島県阿南市福井町土井ケ崎115

前を通ってまさかと思ったら、そのまさかまさかの大菩薩峠でした。
これ DIY なんですよ。
しかも驚くことに煉瓦を焼くところから。

そういえば、高知の 沢田マンション もまだ行ってないんですけど。。。
ここも、もう、ロマンしかありません。

肝心の配達は無事に完了です。

そうそう、オープントップのシートが台風でビリビリになってしまいました。
完全アウト。。。
新調しようと思います。

それと乾燥機の修理の件です。

油圧ポンプ等ですが、先週末、日本に直送してほしいと連絡をしたんですが、それで見積もりだけ送られてきて肝心の請求が来てなかったんですね。
おかしいなと思ったら、メールアドレスを間違えていて、再度訂正の連絡をしたんですが、その後梨の礫だったんです。
このままだと時間がどんどん無駄になってしまうので、米国の契約倉庫の住所宛でオンライン注文と支払いを済ませました。
そしたら、米国国内発送でいいの、なんて確認メールが朝方来たんですが、配達に出かけた後で、すぐに音声入力で返信を書こうかと思ったら電話がかかってきたりして、そうこうしていると発送しましたメールが届いて、なんだかなぁと思ったりもしたんですが、何はともあれ、ポンプの手配は完了しました。
ちょっと米国内の運賃が無駄になった気がしますが、急ぐのでそんなことは言ってられません。

あと、昨日届いていたようですが、またまた面白いものをゲットしました。

FUMOTO って書いてあるんですが、これ、日本の会社です。
もしかしたら国内で買えるのかも知れませんが、国内のページで見たところ、汎用エンジンに対応したものはなかったのです。
いちいち聞くのも面倒くさいし、国内の価格表を見ると、結構いいお値段しているので、輸入しても大差はないかなと。

$30 ほどしますから、送料を入れると大体 6,000 円くらいということでとても高級なお品であります。

何をするものかというと Drainzit と同じで、エンジンオイルを交換する際のドレンコックです。

Drainzit ですが、使ってみて問題(というほどでもないんですが)があって、

  • ホースが一体型のため、ホースが朽ちると丸ごと交換となる
  • ホースが一体型のため、常にホースがくっついている
  • 先端のキャップボルトを外す際、工具が必要

ということなんです。

オリジナル薪割り機を開発しようと思うのですが、FUMOTO Valve は上記問題は全て解決しているように思いますので、その際のオプションパーツとして採用するかどうか、これから試してみようと思います。

油圧計を取り付けたものの

今日は、昨日届いた油圧計を乾燥機に取り付けに園に行きました。
wedge floor が動かない件ですが、結論からいえば、モータが回っても油圧が一切上がらない状態で、当然、動くわけがないのでした。
モータが回っているにもかかわらず、油圧が上がらない理由は分かりません。

考えられる原因としては、

  • 油圧ポンプとモータの接続部分が壊れている
  • 油圧ポンプが壊れている
  • リリーフバルブが壊れている
  • レシプロバルブが壊れている

といったところで、この中のどれかか、複数同時発生か、というところです。

とりあえず、メーカに確認はしたところですが、はてさてどうなることやら。

返事があればいいんですが、ベラルーシに戻っていると、当面返事がないと思われるので、次の手順で、原因を切り分けていこうと思います。

まず、ポンプ周りの問題の確認ですが、これは単にポンプからとの吐出ホースを外して、それをタンクに突っ込んで起動すれば、ポンプが生きていれば、圧はさておき油自体はホースから出るのが確認できると思うわけです。

バルブ周りの確認は、cross feeder などを駆動している方の油圧回路をつなげば、そちらが生きていることはわかっているので、それで wedge floor が稼働するかどうかで、問題の有無を確認できるはずです。

まずはそこからかなと思います。

製造機のコンベア修理の部材も持っていったんですけど、T さんがいなかったので、また今度にします。

それはそうと、先週 M さんが何やらゴソゴソやっていたんですが、どうやら完成したようです。
20t, 片側だけちゃんと切れない、ということで下駄を履かせたようです。
つるつるで滑らないのかなという心配があるんですけど、まあ、滑ったら滑ったで、爪でもつけて対策すればいいんじゃないのかなと思います。

夕方戻って、出荷と納品作業をして本日終了です。
なんか猛烈に暑かった気がします。

明日は天気が微妙みたいなんですが、まあ、様子を見ながらできることをやっていこうと思います。

それと、次回の入荷の件です。

本船がどこにいるのか調べたら、9/11 4:00 KRPUS の予定が、まだ入港していませんでした。
でもまあ、もうすぐですね。
早ければ今週くらい、遅くても来週か再来週には届くと思います。
うちで品切れしているものが、かなり高額で販売されているようなので、とりあえず予約だけ開始しておきました。

ただ、相場には勝てないので、為替変動分は値上げせざるを得ません。
それでもかなり値上げ幅抑えたつもりですが、今後の為替次第ではありますが。
今後、為替が大幅に安くなる可能性は低いと思いますし、今の為替レートで仕入れてしまっているので、為替が有利になっても在庫分は価格を安くすることが難しいため、その辺はご理解ください。。。

作動油の給油の際の工夫

今日は薪割り機の配達でした。
急遽お客さんから、今日休みになったので、と連絡をいただいて、まだ作動油を入れていなかったものですから、急いで園に作動油を取りにいきました。
エンジンオイルも切らしていて、明日、日曜日に来ると思っていたので、のんびりしすぎてきましたが、組み立て自体、昨日のうちに済ませておいてよかったです。

それで、作動油を給油する際に量を確認しづらく、時々入れすぎてこぼれそうになるので、工夫してみました。
まあ、見ての通りなんですが、ドラム缶ごと重さを計るわけです。
当然ですが、給油すると、給油した分だけ軽くなっています。
作動油自体の比重は 0.85 — 0.92 くらいで、計算が面倒臭いので 0.9 だとすると、10L いれると 9kg 軽くなる、という寸法です。
結論だけ書くと、最終的に 32kg ちょっと入ったので、必要な作動油は 36L くらいかなと思います。

動作を確認して、午後、県内なので、無事に配達を済ませました。
おかげさまで 37t は成約しました。

それで、非常に心苦しい話ではあるんですが、為替で既に 3 割は円の価値が毀損している上に、仕入れ価格自体も上昇しているので、今後は価格を改定します。

何度も何度も書いていることですが、どう考えても、日本円は既にジャンクレベルで、持っているだけ損をします。
ルーブルよりも下落している始末ですから、もはや救いようがありません。
あなたの貯金が 1,000 万なら、それは半年前なら $90,000 でしたが、今だと、$69,000 ですので、$21,000 ほど目減りしました。
さらに物価も上がっていますので、この半年で価値が半分程度になった、ということです。

俺は輸入品を使わない、国産愛好家だぜ、うぇい〜♪ ってなおめでたい人もいるかもしれませんけど、米ですら、肥料の高騰に苦しんでいるんですよ。
トラクターやトラックの燃料だって、驚くような価格になっています。

ECB も 0.75%、史上最大幅の利上げを行いました。
インフレを抑制するためです。
もう、ユーロはドルよりも弱くなっています。

本当に、本当に、日本円を持っていても、損をするだけです。
必要なものは、今ならまだ間に合うので、優先順位をよく検討して、早めに手当てすることを強くお勧めします。

Brave(ブレイブ)最強 37t

今日は午前中は輸入の書類を作成したりで終わってしまいました。
午後からは、薪割り機の組み立てをしました。

組み立て自体は 2 時間かからないんですが、木枠の梱包の片付けなどを含めると 3 時間くらいかかってしまいますか。
木から落ちてからまだ体力が回復していないのもあって、暑くて汗だくになってしまいました。
もう暑くもないし、直射日光に当たるわけでもないし。

このモデルは、現在のラインナップだと、Brave(ブレイブ)社の薪割り機では 最強の 37t になります。
本国からの直輸入の米国国内向けのモデルで、五十嵐商店さんでは扱っていません。
在庫としてはこの 1 台が最後で、次回入荷は円安もありますし、当面受注発注で、あともう 1 台くらい売れて、在庫が少なくなったらかな、と思います。
いずれにせよ、3 割は仕入れ価格が上がりますので、五十嵐商店さんの価格と大差なくなると思います。
明後日、お客さんが見に来られるので、成約するかもしれません。
Brave(ブレイブ)社の薪割り機は 24t はまだ在庫があります。

組み立て作業ですが、24, 30, 37t は往復タイプの 20t よりも工数が少ないので作業自体は楽なんですが、やはりメインのフレームが重たいので、ここばかりは人力だと大変すぎると思います。
もし、フォークリフトやクレーンがない場合、写真のように立ててから取り付ける工程があるので、チェーンブロック等で吊り上げてやると良いと思います。

それと、作動油ですが、ドラム缶で買っているんですが、この前 24t を出荷した時、残りが少なくなっていました。
いつもの仕入れ先なんですが、ちょっと送料が高いので、近くのオイル商社さんで見積もりを取ってみました。
取りに行けば安くなるかと思ったんですが。。。
結論から書くと、見積もり 72,600 円(税込)でした。

今までの仕入れ先が 52,800 円(税込)で、クレジットで支払うので、1.5% 安くなるので実質 52,008 円です。
でも、これでも高い。

ヤフオクを見てみると、53,460 円(税込)というお店がありました。
今日は平日なのすが、明日はクーポンが配布されるので、4,000 円引きになります。
ということは、49,460 円になって、PayPay で 0.5% ポイントがつくので、実質 49,213 円の予定です。
ここで購入しようと思います。

多少安くは買えた気はしますが、それでも 1L あたり 250 円程度かかることになります。
Brave(ブレイブ)の縦横変形タイプの薪割り機は大体 36L 程度入りますから、ドラム缶で買っても 9,000 円も入ることになります。

ペール缶(20L)についても、仕入れ価格がかなり上がってしまったので、値上げしました。
また来月も上がるようなので、必要な方は早めに確保した方が良いと思います。