書類の不備であえなく撤収

内容点検の結果、積込数を記載したパッキングリストに間違いがあって、こっちが添付している輸出許可のための書類には間違いがなかったんで、倉庫側のミスと思うんですが、とにかく間違いは間違いなので、検疫所への届出をやり直しました。
その書類が金曜日に返送されて、届いていたので、今日は、通関に出向きました。

が、今度は、その書類に不備がありました。
L8SKL が 6 点、LCC3 が 12 点入荷したんですが、L8SKL は届出が漏れていて、LCC3 は 6 点として届け出てあって、書類審査でひっかってしまいました。
なんとも。

松山には検疫所がないので、広島まで書類を送らなければならないんです。
それで、その書類ですが、河野太郎さんのハンコをなくす発言からか、押印が不要になったそうです。
ということは、PDF をメールで送って、それを役所の側で精査したあと、印刷してハンコを押して、着払いででも送り返してくれたら 1 日節約になるってもんですが、印刷した紙と返信用封筒は依然送る必要があるそうです。

今回は、Brave(ブレイブ)の 37t の薪割り機が入荷して、同じ薪割り機を使ってくださっている方の紹介で、問い合わせをいただいているので、早く通関したいところなんですが、こればかりはどうしようもありません。
そんなわけで、明日、火曜日に処理されて、明日中に返送されたとして、明後日の水曜日か、遅くとも木曜日には戻ってくるので、通関が切れそうです。
最悪検査になったとしても、今週中にはなんとかなりそうな見込み。

37t ですが、米国での価格は $2,500 くらいします。
高くて今まであまり売れないのではないかと思っていたんですが、よく考えると、24t も 30t も 37t も梱包自体は同じなんですよね。
だから、運賃等も同じなので、商品の価格に占める経費の割合が低いので、お得なのかしらと思ったりしました。
現実問題、国内版の 24t の薪割り機, GX に載せ替えて、何か他に違いがあるのかもしれませんけど、それが定価で 545,000 円(税別)するわけで、実売価格もざっとみたところ 50 万オーバーです。
だったら、ほぼ同等の商品が 2/3 の値段で買えますよというのもいいんでしょうが、37t, GX の最上位モデルがそれよりも安く買えますよ、という方がインパクトがあるのかなと思うのです。
どちらにしても、そうそう仕入れられるような安いモノではないので、37t が成約したら、24t + 37t を各 1 台、仕入れたらどうかなと考えています。

あと、11 月末までのキャンペーンの 24t → 30t 無料アップグレードですが、1 台注文いただいたものは、今月末くらいに釜山到着予定となっています。
在庫切れ、または取り寄せの場合、2 ヶ月から 3 ヶ月の時間を要します。

そういえば、13t の DUAL タイプ、いまだ倉庫から納品されたと連絡がないのですけど、

The TMH1315s shipped via YRC xxxxxxxxxx due to be
in Portland on January 18th.

っていってきているし、調べたところ、19 日に配達済みみたいなんですけどね。
明日あたり電話してみようと思います。
これが届いていたら、カットしたいと思います。

それと、通気バッグも今回入荷します。
250 枚で、$3,078 でした。
関税は 3.3% なので、$1 = 106 円くらいだとすると、モノだけで @1,483 円といったところでしょうか。
運賃は経験上 3 割くらいかかるので、2,000 円/枚くらいかかったようです。
モノ自体が値上がりしたので、致し方ありません。

現在乾燥中の薪は、今週中くらいには仕上がると思いますので、なんとかその出荷には間に合いそうです。
360 → 270kg(風袋込み)ということで、中身的には 300 → 210kg で、仕上がっているようです。
外側で 14%, 芯で 20 — 21% くらいということで、念のためにあと 1 日乾燥させれば、完璧かなと思います。

前回、初めて伐採したばかりの生から乾燥機で乾燥させたものを出荷したわけですが、お客さんから次の薪の配達依頼があったため、乾燥について尋ねてみたところ、太いものも燻ることなく燃えて、乾燥機の威力を感じた、とコメントをいただきました。

袋が届き次第準備して、配達に出かけたいと思います。

ストレーナー周りの改良

今日は朝、猛烈に喉が痛くて目が覚めました。
このところ数日、喉が痛いんです。
と言うのも、明日はお日待、明後日は焚き上げがあるため、元気にお祓いに出動しなければなりません。
なもんで、今日は臨時強制休業です。
大人しく寝込んでおりますので、猛烈に急ぎではない仕事以外は後回しとさせていただきます。

さて、表題の Brave(ブレイブ)往復タイプの薪割り機のストレーナー周りの改良についてす。

この間、組み立てて発送して欲しいという方にヤフオクで落札いただいたんですが、モデルにもよるんですが、ほとんどのものが樹脂製のタケノコのエルボになっています。

樹脂なので、一度締めると潰れますので、緩めたり(緩んだり)して、再度締めても漏れる確率がとても高いのかな、と思うわけです。
ただ、現実的な問題として、それでクレームになったか、というとそういうことはうちでは今のところないし、メーカーもあまりに不評なら改善するようにも思うんです。(なら、フレームの溶接剥がれはなぜ改善されないのか、という疑問はありますが)

モデルによると書いた通り、最初から金物のモデルも存在します。
この間、金属製のタケノコのエルボを取り付けようとしたんですが、タケノコの側の長さが樹脂のものよりも長くて、フレームに干渉してしまいました。
なので、もし金属製にするとしても、一度 3/4″ NPT-M x 3/4″ NPT-F の 90° のエルボを介して、ストレートのタケノコを取り付けるようになる感じです。
今、3/4″ NPT-M x 3/4″ NPT-F の 90° のエルボは手元にありませんので、次回取り寄せておこうと思います。

そうそう、ストレーナーですが、見ての通り、すごく寸胴なんです。
ZINGA のカタログを見たんですが、こんなに寸胴のものはカタログにはありませんでした。
どこのものなんでしょうか。。。
仕方ないので、純正部品で取りましたが、半年くらい前に注文しているのに、未だ届きません。
おそらく NPT だとは思うのですが、念のために現物合わせでネジとサイズを確認したい、という理由もあります。

あと、このフレームの問題点としては、ドレンがない、というのもあります。
うちの場合、業務で使っているので、作動油はそれなりの頻度で交換したいわけですが、抜くのが面倒くさくて仕方ありません。
今回、クラックで戻ってきたフレームがあるので、それを改造してドレンポートを追加して、GX200 + 13GPM に換装した 20t 仕様を作ろうと思います。
この時、エンジンガードも追加しようと思います。
ドレンポート自体は、向こうだと 3/4″ NPT で磁石タイプを使うのが一般的なようです。

それはそうと、お客さんから、ブリーザーキャップを破損したと連絡があった件ですが、値段を決めていなかったので、いくらにするか考えないといけません。

今回は、Northern Tools から取り寄せた在庫のようです。
購入金額は $12 + 送料、です。
ただ、送料は他のものと合算なので、いくらかわからないです。
Brave 社から取り寄せた場合、$16 で、流石にこれ単体を取り寄せることはないので、一つ仕入れは $16 ということにしようと思います。
この辺の原価の話は、

にも書いてあります。

日本までの国際輸送にかかるコストも厳密に計算することは難しいので、この手の小物は嵩張るので価格の 3 割くらいでしょうか。
そうすると、為替手数料などを入れて、おそらく 2,260 円くらいが仕入れ値(税抜)です。

薪ストーブなんかは、うちの経費は 10% で計算しているんですが、10,000 円を切るような小さな部品類は、経費を 20% にさせてもらうと思います。
いつ売れるかわからない部品を下手すると年単位で寝かせますので。
STORES の販売手数料が 5% かかり、送料は宅急便コンパクトで出せると思うので、箱を含めて 800 円くらい。

(2,260 x 1.2 + 800) x 1.05 x 1.1 = 4056.36 円

ということで、送料込みで 3,999 円としたいと思います。
随分と高く感じる方もいると思いますけど、うちは 452 円の手数料で、アメリカに発注し、検品し、倉庫に在庫し、発送梱包作業をしないといけませんので、人件費も出ないレベルと思いますので、ご理解いただければと思います。

薪製造再開

今日は午後からお日待ちでした。
なので、午前中、昨日準備していた薪を園に運びました。

それはそうと、ブリックが一つ割れています。
温度を上げすぎているのかなと思うんですが、多分薪を詰め込みすぎなんでしょう。
その辺は、ストーブの寿命よりも手間を優先させたいところではありますが、ダンパーを取り付け直したので、今までよりもコントロールの幅が広がりましたし、痛んだところで、TN20 はそれほど高いものではないので、本体丸ごと入れたえたらそれで良いかなとも思います。

園に行くときに、ホースとキャブ、痛んで戻ってきたフレームを持って行きました。

ホースは、コーンスプリッタのホースが痛んだんですが、ホース屋さんを呼ぶと 1 万コースですから、両端 NPT-M の 1/2″ に交換してしまおうと思います。
送料等を考えても 1/3 くらいで済みますから。

キャブはジェットが詰まったのか不調なんですが、O/H するといっていたので、そういう作業はやめましょうという話をしました。純正品でも、$20 くらい、社外品なら $15 も出せば、キャブ本体とガスケットはもちろん、エアフィルタからプラグから、燃料フィルタまでセットになったものが買えるんです。
一番高いのは人件費なんで、GC のような数が出ているエンジンは、メンテナンスというのはアッセン交換でするものだと思います。

フレームですが、今度 13t を作るので、それに使おうと思っていたんですが、ドレンがないので、それを先になんとかしたいということで、修理して、改造することにしました。

お日待が終わって、乾燥機に新たに神棚を設置したのでお祓いをしました。
仕事始め、安全祈願も兼ねております。

乾燥の具合ですが、午前中は薪がすっかり冷えていたので、温まるのにかなりの時間を要しました。
夕方には、上の段は 100°C を超えて、下の段でも 90°C を超えているので、今週中くらいにはなんとかなるのではないかと思っています。

この釜の薪は、滋賀に行く予定です。
次が兵庫、その次の 2 釜が山口、その次が香川です。
以降は、和歌山行きです。

先月の原木の納品は 60t 弱と、12t なので、70t くらい、製品の薪としては、30t くらいになると思います。
トレーラーにフル積載して、2 台分ですので、山口納品分までの原木はあります。
当面、原木の供給のよりも、乾燥の方が問題です。

Flue Gas Fan Frequency Drive Error に関して、メーカーからの回答はないので、騙し騙し使っているんですが、早めに煙突等の掃除をして様子を確認したいと思います。

NAVIOS CONSTELLATION/013W

2 日で暇暇だったんですが、つまり、3 日はそういうことです。
そういうわけで、焚き火ではなく、お焚き上げをしております。

そういえば、シアトル経由の荷物ですが、カットしたのが 2020/11/28 なんで、本船を確認すると、NAVIOS CONSTELLATION/013W みたいで、そろそろかなと思ったら、そろそろだったみたいです。

特に本船が変更になったとは聞いていないですし、これもバンクーバー経由の荷物と同じくらいのタイミングでしょうか。

薪割り機は、37ton のみ入荷、他には薪割り機補修用部品と、通気バッグ、普通に LODGE 製品といったところで、めぼしいものは入ってきません。
あとはやたら在庫が溜まりつつあるボブキャット用のパレットフォークアタッチメントが 1 台、フォークリフトの高所作業パレットも 2 台入ってきます。

それまでに倉庫の中身を片付けないとです。

あと、明日からやるといっていた薪屋さんですが、今日からにしました。
というか、5 号が太陽電池小屋から、薪を運び出していました。

そうしたら、こんな写真が。。。
薪割り機の箱が二つ写ってますね。
発掘されました。

というわけで、20t の在庫ですが、1 台と部品 1 台、ではなくて 3 台と部品 1 台ということです。
仕入れは 24t にしたいところですが、これも 1 台だと輸送効率が悪いので、37t が売れたら考えようと思います。

明日は午後からお日待です。
まだまだお正月行事が続きますが、ボチボチ頑張ります。

2 日ですでに暇暇だったので

元日はそれなりに忙しくて、でも、疲れるのはそれなりではなくガッツリのあたり、年齢を感じずにはいられない年明けだったんですが、2 日もなると、すっかり暇暇でした。
まあ、氏子さんの件数自体が件数なので、当然の結果ではありますが。

それで、去年のお店屋さんの売上など計算してみたわけです。

Amazon は、グラフで表示されるし、金額もすぐに集計して表示してくれるのでとてもわかりやすいんですが、見ての通り、3 月くらいまでは急速に売上が伸びて、その後猛烈に失速していますが、要するに在庫切れです。
営業上の秘密、というほどでもないのですが、縦のメモリは消しております。
その後在庫が回復して、売り上げも回復、すぐに売り切れて失速を繰り返した、そういう 1 年でした。
逆に言えば、在庫を適正な価格で仕入れることができれば、売上が伸ばせたとも言えるんですが、世の中には需要と供給のバランス、というのものがあるのです。
その辺が難しいところで、今も安定して仕入れは行えていませんし、輸送も安定して行えていません。
まずはそこから、ボチボチ頑張ろうと思います。

それはそうと、薪割り機の出荷の件ですが、運送屋さん自体、トラックは 1/5 からのようです。
それまでは荷物は運ばれないそうです。
せっかく頑張って年末に組み立てたのに、こればかり致し方ありませんね。

在庫が残り 2 台になったわけですが、問題としては、次の便に 2 台仕入れるか、それとも在庫が切れている 24t を仕入れるべきか、ということです。

24t ですが、いつの間にか 五十嵐商店 さんが扱っています。
ただまあ、そのまま GC160 ではなく、エンジンを GX160 に変更しています。

色々と大人の事情はあるんでしょう。
でもどうなんですかね。

標準小売価格
VH-2400GX ¥545,000 (税別)
VH-2400M ¥575,000 (税別)

たとえば、logsplittersdirect.com だと、$1,699.99(送料込み) で売られているんです。

もちろん、日本までの送料はかなりかかります。
GC と GX の差額(大体 $100–$150 くらいです)だってあります。
でも、単純に計算すると、$1 = 320 円って、戦後の固定相場制じゃないんだから。

ちなみに、先月、VH-2400 を北米での在庫と納期の関係、あと先払いでいただけるというので、VH-3000 に無料アップグレードしました。日本仕様の VH-3000 の値段は、¥627,000 (税別) で、うちの北米仕様の販売価格は、クレジットカード支払いで ¥349,999(税込)です。
日本仕様は GX270 と 16GMP ポンプで、北米仕様は、GC190 と 13GPM ポンプになります。

GX270 がいい?なら、50 万もいただければ、VH1737GX を完成納品 させていただきます。
過去に一度、このモデルを組み立てて、時間がなかったので発送したんですが、送料が 5 万もかかったんです。
5 万ですよ、5 万。。。
まあ、そういうわけで、50 万ですけど、完成納品になると、とんでも無くデカくなるので、送料がえらいことになります。

しっかりと相場感を形成したつもりだったんですが、うちのような弱小が販売したところで、影響はないってことなんでしょう。
だからこそ、アメリカでいくらで売られているのか、こうやって書いておきます。

米国で $849.99 で売られている薪割り機 も、3 倍近い定価で売られているたりします。

あまり書くと、営業妨害だとかいわれそうですので、この辺でやめておきます。

Brave(ブレイブ)20t 横型・往復式 薪割り機の組み立て

突然、2 台売れた Brave(ブレイブ)20t 横型・往復式 薪割り機 ですが、1 台は組み立て発送ということになったので、午後から作業をしました。

組み立ての鬼門、その 1 は、ヒッチレシーバーを取り付ける金物のプレス不良です。
不良率は 50% くらいでしょうか。
不良というのは言い過ぎかもしれませんが、要するにプレスが甘くて、ホチキスの針のように「コ」の字に曲げてあるんですが、外寸が 6″ くらいでないといけないのに、もう少し幅があるんです。
そのため、嵌らない。

それで、今回は斜めにしても入らないほどプレスが甘かったので、前々から思っていた方法を試してみました。
まあ、見ての通りなんですが、寸切りを高ナットで両端から閉めて締め付ける方法です。
高ナットなのは、単にねじ山をなめる可能性が下がるかな、という程度のことですが。
この方法は実にうまく行きました。

鬼門その 2 は、メインフレームと、タンクフレームの接合です。
高さを合わせるのが大変だったんですが、5 号がビシャモンに乗せて、油圧で楽々調整していました。
今までは、大体高さを合わせて一々持ち上げて微調整していたんですが。
5 号って、バカかと思うことをたまにするんですが、基本的にはすごく知恵が回るタイプだと思います。

鬼門その 3 は、Castellated nut、日本語だと、キャッスルナットとか、溝付きナットと呼ばれるものですが、これをホイールのスピンドルに締め付けるとき、割りピン用の穴はネジを切ってから刳っていて、バリが残っていて締まらないことがある問題です。
あとからだと工具で締めづらいので、ホイールを取り付ける前に、締め付けの確認をするのがポイントです。
また、スピンドルにはグリスをたっぷりと塗っておきましょう。

鬼門その 4、これはまさに最高難度だったんですが、キャップの取り付けです。
キャップの縁の部分に出っ張りがあるので、そこに 50mm の塩ビパイプ(肉厚の VP がよい)を被せて叩き込むと簡単です。
普通に叩いたら、キャップに傷がついたり、変形してしまいます。

ちなみに、24t などの縦横型の薪割り機には、叩き込む用のパイプが初めからついているんです。
なぜか 20t にはついてきませんし、嵌め込み方にも説明がありません。

どうでもいいついでに言えば、この方法がわかるまで、専用の工具があるんじゃないか、と思ったりしていて、外すためには専用の工具があるんですが、間違えてそれを買ってしまいました。
ちなみに、その工具、未だかつて一度も使ったことがありません。

これは鬼門、と言うわけではないのですが、ジョーカップリング部分の点検です。
元々組み付けてありますが、今まで 1 件だけ、カップリング部の締め付け不良がありました。

わかりやすいように完全にバラして組みなおしていますが、エンジン、ポンプの軸を直接つなぐのではなく、ジョーカップリングと言われる部品を向かい合わせて、間にクッションとなるスパイダー、あるいはインサートとよばれるウレタン製の部品を挟み込む仕組みになっています。

ジョーカップリングは、1 箇所、いもネジがあって、そこでキーごと締め付ける構造になっています。
アレンキーで締め付けを行います。
締め付けが甘くても、キーがあるので回転方向に大きくずれることはありませんが、軸に対して前後方向には動きますし、ガタが生じます。

故障の原因となるので、締め付け、ガタの確認を定期的に行う必要があります。
クッションのスパーダーは消耗品です。(ただ、数年でへたるようなものではありませんが、点検は大切です)

あと、油圧ホースですが、これも消耗品です。
といっても、まだ、スパイダー同様に一度も注文をいただいたことがありませんが。
短い方は 64cm くらい、長い方は 120cm くらいですかね。

後ひっそりと背景に映り込んでいますが、ホースはファンヒーターで温めています。
このことにより、タケノコ(Hose Barb)への取り付けが格段に楽になります。
特にサクション側は、樹脂パーツのため、無理に力を加えると、破損や締め付け不良の原因となります。
取り付け時は温めて柔らかくする、ホース内面に作動油を塗布する、等、無理な力が加わらないように十二分に気をつけて作業をしてください。

そういえば、ホースを組み付けている時に 5 号が、シールテープを巻いて手伝いをしてくれたんですが、言わなくても、正しい向きで巻いていました。
自分が巻いている様子を見ていて覚えたんだろうかなと思ったんですが、曰く、理屈をちょっと考えれば分かる程度のこと、だそうです。

一応、シールテープの巻き方について説明をします。

まず、ねじ山にゴミ等がないか確認をして、必要に応じて清掃をします。
ただ、油圧ホースの両端はちゃんとカバーされているため、大抵問題がありません。

次にテープですが、普通の水道用のもので構いません。
前回使った後のテープがきれいに切れていない、汚れている場合、ダメな部分を捨て切り直してください。

端部からねじ山を 2 山程度はずして巻き始めます。

また、巻く時に向きがあります。
ネジを締め付ける向きと同じ向きに巻きます。
当たり前ですが、逆に巻くと、締め付けている時に緩んでしまいますから。

巻いている時に、適度なテンションをかけて巻きます。
人によるんでしょうが、自分はテープ本体の向きも、気にしますね。
サランラップのラップが箱の中にどう言う向きで入っているのか、と言う話です。

巻く回数ですが、ネジの粗さにより異なりますけど、大体 6 — 8 回くらい巻いておけばいいと思います。
巻き終わったら、シールテープを押さえて、ねじ山に馴染ませると良いです。

締め付ける時ですが、テーパーネジですから、こう言う言い方がいいかはわかりませんけど、トルクがいくつなんて言う数字を見たことがないし、それ以前に、チーズだとかは仕上がりの向きに決まりがあるわけですから、その位置で締め付けを終えないと、もうあと 360° 締めないといけません。
失敗したら、シールテープは巻き直しです。
はずして、ねじ山を清掃して、締め付け完了位置をシールテープを巻く量で調整してください。

そんなこんなで組み立て完了です。
タビープロダクツ・カスタムエディションです。

カスタムその 1 は、リターンフィルタ追加。
24t 以上のモデルに搭載されされている ZINGA 製リターンフィルタを追加で取り付け、作動油に混入した異物を濾過して、薪割り機を保護します。

カスタムその 2 は、タケノコ(Hose Berb)の強化。
モデルによっては金属パーツが初めから使われているものもあるんですが、ここは剥き出しなので、丈夫な金属パーツに交換しておきます。
サクション側ですが、金属パーツはサイズが大きいため、交換できません。

カスタムその 3 は、Drainzit 取り付けです。
オイル交換が楽になるホースです。
でもこれ、結構高いんですよ。

これで、オイルを抜くのは楽になるんですけどね、オイルを入れるのは結構大変。
うちでどうやっているかと言うと、100 均で水槽の砂を掃除するためのポンプを買ってきて、それを切って漏斗を作っています。
GC160 の場合、オイルの量は 0.5 — 0.6L なので、予め計って入れてください。
オイルは、農機具用の 10W-30 を入れてください。
オイルの量は、入れすぎにならないように溢れる仕組みのため、0.6L いれると口元までオイルがきます。
0.5L くらい入れて、ゲージで確認してください。

説明書とサービス品の NO-SPILL ガソリン缶 をラップで固定して、パレットのに乗せて、固縛して、汚れないようにビニールシートをかけて、完成!
でも、肝心の運送屋さんがお正月休みでした。
新年、発送いたします。

もう一台は、組み立て+引き取りに来られるとのことです。

突然 1 日に 2 台も売れたので、在庫が残り 1 台+部品どりのためにばらしたものが 1 台となりました。
部品どりでばらしたものは部品が次の船で着くので、実質残り 2 台ってところです。
トラクタ用 13t に合わせて、追加で輸入しようかなと思ったんですが、まあそれほど売れるものでもないので、もう 1 台売れたらその時点で追加注文すればいいかなと思います。

Brave(ブレイブ)20t 横型・往復式 薪割り機 に関しては、おかげさまで販売数が伸びて、部品の在庫等も国内にある程度持っている状態になりました。
流石に大手さんのようにはいかないですが、そこそこ安心してお使いいただける状態ではないかと思います。

チャイニーズ薪割り機のように安くはありませんが、他所様のようにちょっと部品を変えて輸入すると本国の 2 倍とかの高級品に化ける、ということもありません。

DIY が苦にならない方には、サイズ的にも比較的コンパクトで、作業位置も高く、速度も 7 秒の Brave(ブレイブ)20t 横型・往復式 薪割り機 をお勧めいたします。