NEW ARRIVAL

今回の新顔です。

まずは Easy Can です。
Easy Can ですが、若干安いので、何が違うのか興味があり取り寄せてみた、と言うわけです。

基本的には NO-SPILL なんですが、違いとしては、

  • 缶の横のストライプがない(残量が分かりづらい)
  • ストレーナがない

というところです。

NO-SPILL 缶は 5, 6 年くらい前と 2, 3 年くらい前にモデルチェンジ していています。
まず、缶にストライプが入り、このときにノズルにチャイルドロック機構が備わりました。
その後、ストレーナがつくようになったのです。

現実的な話、仕入れが若干安くても、輸送費が変わらないので、わざわざ扱い品目を増やしてまで、若干のコストを削りたい人向けに供給するようなものではないな、というのが正直なところです。
まあ、これはボツですね。

鉄板アイテムの LODGE のスキレットですが、小さいサイズです。
これは L5SK3 になりますが、L6SK3, L8SK3, L10SK3 という扱いになりました。

それとは別に Wildlife シリーズが L3SK3 の狼、L5SK3 のダック(未入荷)、L8SK3 の鹿、L10SK3 の熊、L12SK3 の七面鳥という品揃えです。
もちろん、L9OG3 のヘラジカと、L8SGP3 のサーモンも揃えました。
あとは、キジをゲットしたいところですが、これは 5 点セットでしか手に入らないようなのです。

まあ、ぼちぼち品揃えしていこうと思います。

そして、横着グッズのクレオソートリムバーですが、さらに横着を進化させた Toss in Tube です。
そう、いちいちスプーンで掬うのすら面倒くさいというものぐささん向けですね。
計量済みで丸ごと放り込むだけという商品です。

でも、これもボツかな。

まず、値段がすごく割高なんです。
そして、もう一つのボツの理由は、意外と大きくて、厚みが 3cm 以内であれば、郵便で低価格に発送できるので、もっと小さいものだと思ったんですが、普通に宅急便で送る必要があるサイズなので、送料と商品の仕入れ価格とが変わりません。
そうなると、ただでさえ割高な商品を、仕入れの 3 倍くらいの値段で売らないと、赤字になってしまうんです。

試供品・ノベルティとして使う、というのはアリかもしれませんが、無店舗で基本的に Amazon に発送を委託していて、同梱してもしなくても、普通に宅配便の送料(おそらく 600 — 700 円程度)がかかるので、だったら 2,000 円値引きしてよ、という話になると思うわけですよ。

使い心地を見たいので、とりあえず自分で試してみる必要がありますが、お店に並ぶことはなさそう。

そして、ROTOPAX です。
金具は鍵なしの一番安いやつですね。

でもまだ、これをジムニーにマウントする金具は買ってないのです。

ROTOPAX だけを背負う か、タイヤを背負って、ROTOPAX も背負う か。

タイヤを背負う場合、タイヤの向きを変えるブラケット も必要になるんでしょうかね。

説明書の PDF のリンクが切れているようで、取り付け方を見ることができないのですが、説明を読む限り純正でも取り付きそうです。

まあ、これをつける前に、さっさとバックカメラをつけろという声が聞こえてきそうですが。。。

ちなみに、トレーラはまだ入ってきていません。
今月末くらいにカットしたいんですが、カットできるかちょっと微妙。
月末に間に合わないと、お盆明けになるということで、そうすると、船積みは 9 月頭くらい、そこから 1 ヶ月はかかるので秋祭りくらいに到着という感じになりそうです。
構造計算なんかも必要になるし、リア周りをどうするのか、考えがまとまっていないので、少しづつ煮詰めようと思います。
まずはバックカメラをつけよう、俺。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしに参加しています。 励みになりますので、足あとがわりに、ランクアップにご協力下さい。

コメントを残す