黄色い救急車を呼ばれるレベル

今日は、朝から乾燥機の電気の点検修理の予定だと思っていたんです。
朝、園に行くと、今日じゃないよと。
そろそろ黄い救急車を呼ばれるレベルです。
大丈夫か、俺。

空振りだったので、ジムニーの 1 ヶ月点検に行ってきました。
1,000km 走るのに 3 ヶ月くらいかかってます。
とりあえず、エンジンオイルを交換してもらいました。

それと、タイヤの件です。
まだまだ純正タイヤに山があるのでもったいないという思いが強いんですが、とりあえずということで、トランパス MT の値段を聞きに行きました。
谷町のアルペンの向かいに BEE LINE さんができていたので、そこに行ってきました。
結論から言うと、5 本(お尻に背負っているスペア)を交換すると、8 万弱、ということです。
そんなに高いの?
BEE LINE は安いと言う印象でしたが、これはダメですね。

組み替えの工賃、ということなんでしょうかね。
にしても、タイヤ組むのなんて、ガソリンスタンドのアルバイトでもできる程度のことで、多少の設備が必要なだけです。
真っ当に商売してもらいたいですね。

タイヤ交換 持ち込み、で調べたら、

松山市の持込タイヤ交換専門店(1本1,485円~)車検の速太郎 松山店

と出てきました。
まあ、2,000 円だとしても、やはり 1 万前後で交換できそうです。

格安のマッドタイヤ

マッドタイヤに交換するとなれば1本当たり大体1万円以上の出費は覚悟しなければなりません。それがトランパスM/Tなら1本1万円以下の出費に抑えることができる神タイヤです。

ネットショップの中には1本7,000円台で取り扱っているところもあります。国内タイヤメーカーのジムニー用マッドタイヤでこの価格は最安値です。

参考:195R16 104Q TRANPATH M/T – Google ショッピング

海外タイヤメーカーにも格安マッドタイヤはありますが、国内タイヤメーカー並の品質や信頼性を期待できるかは微妙なところです。あらゆる面で考えるとトランパスM/Tはコスパ最高タイヤなんです。

タイヤ自体、よく探してませんが、パッとみただけでも、8,000 円台で売られていますから。
探せば 7,000 円くらいのところもあるかもしれませんね。

あと、このサイズのタイヤを履くとなると、ノーマル 175 → 195 と 20mm 幅が増えるんですが、ホイルはそのままでいいのかなと思います。
ホイルも欲しいんですけど、どうせガリっとやるだろうし、先立つものないし、悩みどころです。

それはそうと、なんなんでしょうか、この数字は。
クッソ遅い軽四なんですけど、ミニよりも悪いですね。
4t ユニック、キャンター並ですよ、これ。
キャンターは軽油ですから燃料が安いので、ジムニーの方がよろしくない感じ。
黒だから、エアコンガンガンで燃費が悪化しているのでしょうか。。。

それで、輸出許可のために必要な書類作りをしていたんですが、Amazon や Walmart で買い込んだ生活用品は、インボイスがバラバラなので、ダウンロードして PDF に変換してまとめているのですが、単純作業なので、AppleScript で Safari を操作して自動化しているのです。
curl とか、wget で落とせたら、もっと早くて確実なんでしょうが、ログインが必要な先にあるので、Safari でやった方が楽かなと思ったわけです。

前回まではバナー広告とか、そういうのを CSS に細工して非表示にしてから PDF にして保存していたのですが、Walmart の画面デザインが変わって動作しなくなったので、ソースをダウンロードするスクリプトと PDF に変換するスクリプトを分けたんですが、ソースをダウンロードするスクリプトすら Walmart は、動かなくなりました。
Amazon とか他は問題ないんですけど。。。
さらに、手動で保存して PDF に変換する際に、もう無茶苦茶にレイアウトが崩れる(多分 CSS が引っ張ってこれてない)ので、使い物になりません。
大した量ではないので、手動でやりましたが、本当に不毛です。
なんとかならないもんでしょうかね。

月曜日までに書類は揃えないといけないので、ボチボチ頑張りたいと思います。

株式会社 vs 合同会社

雑貨屋さんですが、おかげさまで少しづつ売り上げが伸びています。
チャイニーズウイルスの影響で、売り上げが急減したんですが、今月、少し回復することができました。

雑貨屋さんを始めるにあたり、愛媛県よろず支援拠点 に相談に行っていたんですが、その時に、法人化を検討するべき段階と言うことで教えていただいていた状態になったかな、と思うので、再度相談をしてきました。
それに先立って、会計士さんにも相談したんですが、自分的には、設立コストやランニングコストの面から株式会社ではなく合同会社を選択しようと思っていたところ、株式会社にしたほうが良いというアドバイスがあったので、やはり複数の意見を聞くべきと思ったわけです。

今回は、商工会議所に行って、中小機構四国の方と、よろず支援拠点の方と、お二方に相談いただきました。
結論から言うと、やはりコストの面で負担が大きいので、合同会社の方が良いだろうと言うことです。

理由としては、設立コストが安い+ランニングコストが安い=スタートアップに最適、ということと、株式会社のメリットである資金の調達が容易という部分については、逆に、上場だとか、そう言うこと意識するほどの段階になれば、会社組織を改組する(株式会社に模様替えする)コスト程度は気にする必要はない、と言う意見でした。

これは会計士さんとの齟齬をきたしている可能性があるのですが、会計士さんからは LLC は無限責任、と言われた記憶があるのですが、今日の面談では、有限責任です、ということで、この点は、株式会社と同じです。

あとは、社会的な信用で株式会社が有利、と言う意見があったんですが、うちの場合は、いわゆる BtoC であり、また主力がネット通販ですので、実社会での組織がどのように登記されているかということはほぼ無関係で、Amazon であれば、逆に Prime に対応しているか、むしろカートが取れているか、ということが全てに近いわけですし、それ以外なら、実店舗の有無であるとか、Google などでの検索結果であったり、レビューであったり、一般の小売店とは全く違う評価・信頼基準であると思うのです。

今日の結論としては、やはり今の身の丈では、株式会社にする必要は薄く、合同会社でスタートするのが良い、に至りました。

また、会計を今の流れでそのまま会計士さんに頼むと、見積もりってもらわないとわかりませんけど、何十万もかかる気がします。クラウドの会計サービスなどもあるようなので、検討していかないとと思います。

それと、ようやく、米国の倉庫の貨物の積み込みを開始しました。
先月は貨物がたまらず、お盆や棚卸しなど、いろいろあって今までずれ込みましたが、この調子だと、手元に届くのは 9 月末頃になりそうです。
前回の実績は、積み込みが 6/19, 到着 7/14, 搬入 7/15 ということですので、実際にいつ積まれるかですが、積まれてから 1 ヶ月(積み替えがあるので)かかります。

ということで、本来であれば、今頃次の貨物が入ってこないといけないところなのですが、その影響で、いろいろ品切れを起こしそうです。

次に入ってくるものの目玉としては、やはり、アルミトレーラ ですかね。
6 月の半ばには届いていたんですが。。。

肝心のジムニーの方のヒッチレシーバーに関しては、全く進んんでいません。
当然、登録 の方の準備も進めないといけないんですが。。。

あとは、薪割り機の修理用の部品としては、コントロールバルブも入荷します。
定番の Prince Mfg の LS-3000 と、吉と出るか凶と出るか、Wolverine WLS800 も少量入れてみました。

型番 価格 最大容量 IN/OUT Work ports
LS-3000-1 $89.95 25GPM 3/4″ NPT 1/2″ NPT
WLS800 $75.60 30GPM 3/4″ NPT 1/2″ NPT

上記の価格というのは、米国内のローカル送料を含まないので、大体 $100 と、$85 くらいです。
輸入経費で 30% + 税金 10%, Amazon の販売経費が販売額の 30% くらいかかるため、LS-3000 の場合、10% の粗利を乗せると、

100 x 110 x 1.3 x 1.1 x 1.1 / 0.7 = 24718

ということで、24,999 円くらいの販売額となると思います。
うちの粗利は 10% であって、ぼったくっているわけではないんですが、これくらいになってしまいます。
直販だと、

100 x 110 x 1.3 x 1.1 x 1.1 / 0.9 + 1000 = 20225

ということで、あまり売れるものではないし、リスクもあるので、19,999 円はきついので、20,999 円くらいに設定させていただくと思います。
正直にやっているつもりなんですが、直販でも $1 = 200 くらいになってしまい申し訳ありません。

それと、現在、交換用のエンジンが品切れしているというか、1 基、エンジンが始動しない(というか、始動したものの、始動しなくなった)という不良が発生して、お盆を挟んだため、ようやく整備に取り掛かったところなのですが、万一整備不能と判断した場合、交換用の新品エンジンで対応する必要があるのですが、在庫が 1 基しかないため、交換することができなくなります。

実は、前回、2 基発注したのですが(いつもとは別の会社に)、その会社は輸出することができない契約らしく、出荷を停止されてしまったため、今回のコンテナにはエンジンが乗りません。
このような事情のため、今後 3 — 4 ヶ月程度、GC160 エンジンの供給が滞る可能性があります。
まあ、エンジン自体が戻ってきたのは初めてのケースであり、うちで販売を開始してより 6 年くらいですので、確率的には相当低いのですが、これからのシーズン前に、エンジンの入念な整備をお願いいたします。

オイルとエアエレメントの確認、キャブの清掃、また、エンジンの PTO 軸と油圧ポンプを接続するジョーカップリングのガタ、緩み、スパイダー(インサート)の劣化、作動油の量や状態、油圧ホースの傷・ゴムの劣化の点検等、早め早めに確認、交換をお願いいたします。

作動油エレメント、油圧ホースの在庫は今のところ問題ありません。
交換用部品としては、油圧ポンプの在庫もあります。
シリンダ、フレーム、エンジンの在庫はありません。

明日ですが、朝から電気屋さんと乾燥機の Freqency Drive, インバーターだと思うのですが、エラーが発生しているので、修理を試みたいと思います。
ボチボチ頑張ります。

ログ壁の手入れ

いわゆるログハウスを作っています。
まだ未完成なのです。

2011 年の震災が 3.11 と呼ばれていて、上棟がその年の 8 月で、市税が手に入らなくて困ったことを思い出しましたが、今年はと言うと 2020 年なので、かれこれ 9 年ほど経過した、と言うことになりますね。

その間、ログ壁の手入れをしたことは一度もないのです。

この間、ウッドデッキを高圧洗浄機で洗浄した時に、ついでにちょっとだけ洗ってみたのですが、かなりきれいになりました。
きれいになったのですが、きれいになる分、表面が毛羽立ってしまいます。
後のことを考えると、かえって手間がかかりそうな気がしました。

そこで、食器用のスポンジでスロップシンク周りのログ壁を擦ってみたんですが、木目に沿って擦ってやると、それなりにきれいになるし、高圧洗浄機のようにムラになりづらく、また、当然ですが毛羽立ったりもしません。
汚れた水が飛び散らないのがいちばんの利点です。
とはいえ、恐ろしく手間がかかりました。

庭というほど広くないんですが、ウッドデッキの南側のスペースがちょっと散らかっていて、掃除をしようと思ってプラスチックのレーキーというか、熊手というかを買いに行ったとき、たまたま園芸用品とかのコーナーで、タカギの洗車ブラシを見かけたんですが、よく見ると柄のところにワンタッチカプラが取り付くようになっているので、水を流しながらブラシが使用できるようなのです。

まあ、ホースをバンドで止め、そのホースにカプラをつけても同じことではあるんですけど、値札がついていなくてちょっと悩みましたけど、いくらもしないだろうと思って買ったら 700 円近くしてびっくりでしたが、これで洗えば、スポンジのように頻繁にスポンジ自体を洗わなくてもいいだろうし、ブラシなのでより細かな凹部も洗えるのではと思います。
とりあえず、試してみようと思いますあ、ログ壁洗いには使えなくても、ホイル洗いには使えるのでいいかなと思います。

あと、ジムニーのバックカメラの件です。
長く放置したままになっているのですが、とりあえず、内張の剥がし方を調べました。

思うことは、ホント、百聞は一見にしかず、です。
こうやって解説があって、本当にありがたいですね。
どこにツメがあるのか、以前は分からなくて、外すときしょっちゅう折ってましたので。

後の問題は、取り付ける場所で、後々のことを考えると、バンパー部分につけたら、バンパーを交換するときに作業をやり直さないといけないんですが、ドアにつけると配線の取り回しが面倒くさそうだし、下手をして水が入ると嫌だし、悩むところです。
そもそも論として、ジムニーにバックカメラがいるのか、という話もあるんですが、それをいっちゃおしまいなわけで。

吉と出るか、凶と出るか、中間のコードですが、4 ピンの延長を買ってあるので、引き直ししなく済むように作業をしてみようと思うんですが、たまたま Twitter で知り合いが ATOTO(チャイニーズ DA)にバックカメラをつけたというので、どう思うか聞いてみたら、たいした手間でないし、接続部分の接触不良のリスクが怖いといっていたので、内張を剥がす手間と天秤にかけて判断したいと思います。

夏越の準備と熱中症と

いよいよ明日は夏越祭です。
今日は兼務神社で朝からその準備だったんですが、これは午前中で終わりました。

連日ニュースで武漢肺炎・チャイニーズウイルスが蔓延しているような報道が続いていますが、愛媛のような田舎でも感染者が発生し始め、今治界隈では、感染者の中傷ビラが出回る騒動にまで発展していて、人々の不安や不満の鬱積を感じます。

少し前に エコエコ棟梁が罹った時に備えるべき という趣旨の発言というか、この調子で行くと、誰もがかかる可能性が非常に高くなっている訳で、死んだらその時はその時でしょうが、そうでない場合には、最低でも 2 週間程度の隔離があったり、入院、後遺症が残る人もあるようなことも聞きますし、チャイニーズウイルスとどう折り合いをつけていくか、考えないといけない、それが現実なのかと思う訳です。

うちの場合、ネットお店があり、こちらは 24 時間・365 日、営業していますから、入院させられようと、隔離されようと、勝手にはお店が休業状態にはならない訳ですから、注文はどんどん入ってきてしまうと思う訳です。
5 号もいるけど、自分が罹ったら 5 号も罹るだろうし、Amazon の FBA 商品以外は、臨時閉店しないといけないと思うのです。
1, 2, 3, 4, 6 号も濃厚接触猫だから、そっちも大いに心配ですし。

いずれにせよ、かかったら、ということは考えておかないと思います。

まあ、そんなことを思いながら、秋祭りをどうするのか、という話を準備後にしました。
個人的には思いとして、神事はこのような時だからこそ、厳しく収めるべきと思いますので、

  • 祭典に関しては、地域で感染が発生していないのなら、例年と同じ(縮小しない)で、いわゆるソーシャルディスタンスが取れる状態で行う。
  • 子供神輿に関しては、児童の参加は中止。トラックに庚申車と神輿を積み、総代さんと順路通り運行。御旅所での神事は、地区判断で行う。
  • 大人神輿に関しては、運行はいわゆる三密、集近閉(シューキンペー)を避けることが困難と推測されるため、地区判断で、御旅所に据えて、そこにお御霊を移し(京都の祇園祭のように榊にて渡御 する?)、神事を静かに行う。

と言うやり方どうか、と言う話になりました。

午後からは、納品作業をする予定だったのですが、梅雨明けしたのか猛烈に暑くて、ちょっとクラクラしてきたので、一旦帰ってシャワーでも浴びようとかと思ったんですが、知らない間にうたた寝しまいました。
起きたら足が痺れた感があって、初めてのケースなんですけど、カリウムが不足しているんでしょうか。
明日もあるし、もう歳も歳なので、ちょっと大事をとって、午後は休業したんですが、OS-1 を買ってきました。

明日までに元気を復活させて、夏越祭を乗り切りたいと思います。

それはそうと忘れないうちにこれもメモしておこうと思いますが、Rotopax の件です。

JB64 で、タイヤと Rotopax とを背負いたい訳で、この時に、APIO さんのタイヤブラケット が必要か否か、と言う件なんですが、APIO さんに電話をして確認しました。
結論から言うと、APIO さんのタイヤブラケット を買わないと、Rotopax のブラケットは取り付けられない、ということでした。

タイヤは、鉄板ですが、トーヨーのトランパス M/T、サイズ的には、195R16C にしようと思っている(というか、そのサイズしかない)ので、外径は 727mm のようです。
純正は、175/80R16 なので、686mm ですから、41mm 外径が大きくなるため、車高を 20mm 程上げる効果が期待できます。

ただ、41mm も外径が大きくなるので、そうなると、純正のバンパーとの干渉が気になるところですが、

取り付けスペアタイヤの推奨サイズは純正175/80R16から185/85R16、195R16(195/80R16)、205R16(205/80R16)までとなります。それ以上のサイズのご使用は控えて下さい。
JB64純正リアバンパーにお使いの場合は175/80R16から185/85R16、195R16までの対応となります。

ということで、問題がないようです。
多少リフトアップしないと、当たるかもしれないけど、JB23 の時は当たらなかったので、多分当たらないと思います。
純正タイヤでは、溝に小石を噛んでしまうため、早めにタイヤは履き替えたいと思います。

NEW ARRIVAL

今回の新顔です。

まずは Easy Can です。
Easy Can ですが、若干安いので、何が違うのか興味があり取り寄せてみた、と言うわけです。

基本的には NO-SPILL なんですが、違いとしては、

  • 缶の横のストライプがない(残量が分かりづらい)
  • ストレーナがない

というところです。

NO-SPILL 缶は 5, 6 年くらい前と 2, 3 年くらい前にモデルチェンジ していています。
まず、缶にストライプが入り、このときにノズルにチャイルドロック機構が備わりました。
その後、ストレーナがつくようになったのです。

現実的な話、仕入れが若干安くても、輸送費が変わらないので、わざわざ扱い品目を増やしてまで、若干のコストを削りたい人向けに供給するようなものではないな、というのが正直なところです。
まあ、これはボツですね。

鉄板アイテムの LODGE のスキレットですが、小さいサイズです。
これは L5SK3 になりますが、L6SK3, L8SK3, L10SK3 という扱いになりました。

それとは別に Wildlife シリーズが L3SK3 の狼、L5SK3 のダック(未入荷)、L8SK3 の鹿、L10SK3 の熊、L12SK3 の七面鳥という品揃えです。
もちろん、L9OG3 のヘラジカと、L8SGP3 のサーモンも揃えました。
あとは、キジをゲットしたいところですが、これは 5 点セットでしか手に入らないようなのです。

まあ、ぼちぼち品揃えしていこうと思います。

そして、横着グッズのクレオソートリムバーですが、さらに横着を進化させた Toss in Tube です。
そう、いちいちスプーンで掬うのすら面倒くさいというものぐささん向けですね。
計量済みで丸ごと放り込むだけという商品です。

でも、これもボツかな。

まず、値段がすごく割高なんです。
そして、もう一つのボツの理由は、意外と大きくて、厚みが 3cm 以内であれば、郵便で低価格に発送できるので、もっと小さいものだと思ったんですが、普通に宅急便で送る必要があるサイズなので、送料と商品の仕入れ価格とが変わりません。
そうなると、ただでさえ割高な商品を、仕入れの 3 倍くらいの値段で売らないと、赤字になってしまうんです。

試供品・ノベルティとして使う、というのはアリかもしれませんが、無店舗で基本的に Amazon に発送を委託していて、同梱してもしなくても、普通に宅配便の送料(おそらく 600 — 700 円程度)がかかるので、だったら 2,000 円値引きしてよ、という話になると思うわけですよ。

使い心地を見たいので、とりあえず自分で試してみる必要がありますが、お店に並ぶことはなさそう。

そして、ROTOPAX です。
金具は鍵なしの一番安いやつですね。

でもまだ、これをジムニーにマウントする金具は買ってないのです。

ROTOPAX だけを背負う か、タイヤを背負って、ROTOPAX も背負う か。

タイヤを背負う場合、タイヤの向きを変えるブラケット も必要になるんでしょうかね。

説明書の PDF のリンクが切れているようで、取り付け方を見ることができないのですが、説明を読む限り純正でも取り付きそうです。

まあ、これをつける前に、さっさとバックカメラをつけろという声が聞こえてきそうですが。。。

ちなみに、トレーラはまだ入ってきていません。
今月末くらいにカットしたいんですが、カットできるかちょっと微妙。
月末に間に合わないと、お盆明けになるということで、そうすると、船積みは 9 月頭くらい、そこから 1 ヶ月はかかるので秋祭りくらいに到着という感じになりそうです。
構造計算なんかも必要になるし、リア周りをどうするのか、考えがまとまっていないので、少しづつ煮詰めようと思います。
まずはバックカメラをつけよう、俺。

開披検査!

はい、タイトルだけで、お疲れ様と言う感じですね。

ていうか、今回は書類が酷すぎました。
計算が合わないところが 3 件もありまして、まあ、検査は当然です。
厳重にクレームを入れないといかんですね。遺憾ですと。

まず、IsoCore ですが、在庫がすぐに切れるので何と 150 本も仕入れたのですよ。
でも、先月と単価が同じなんだけど、単価 x 個数が請求金額に合致しません。
150 本買ったら値引きしますと言っていたので、値引きしてあるんですけど、それがインボイスには書いてないわけです。
そして、これ、Head forged in Taiwan, Assembled in Vietnam なんで、原産国は VN で WKOR(NACCS 的には R と入力すると WKOR に補完してくれます)なわけですよ。
でも、インボイスだと TW になっているのです。
正直者なので、そのことを言っちゃったんですよ。
150 本、現物数えましたよ。トホホです。

あと、32″ Lopper なんですけど、これ、カートンの入数は 6 なんですね。
なのに、数量が 19 になっているのに、請求金額は、単価 x 6 なんですから、どう見ても 19 が間違いなのです。
正直者なので、これもついつい口が滑ってしまい、6 の倍数でないからおかしいと白状してしまいました。

さらに原産国が US になっているんだけど、基本的に PowerGear2 Lopper シリーズは CN で、本国製造なら FI ですし、それは超高級ラインだけ。ただインボイス上は US なので、US で申告しないといけません。
これも口が滑って、原産国がおかしいと。

ついでに Hookaroon(小)も、カートン入数 4 で、数量 8 になってるんだけど、単価で請求金額を割ると 12 なんで、カートン数を間違えているんです。

とうわけで、全部の荷物をバラして、数と原産地を確認、証拠写真を撮影する羽目になりました。

しかし、かれこれ 10 年近く取引しているところなんですが、ここまで無茶苦茶なインボイスは初めてですよ。
担当者も変わってないし。。。
まあ、そう言うわけで、許可にはなりませんでたと。
当たり前。

書類のチェックを朝したのがよろしくなかったですが、輸出時にそのインボイスをつけられているので、勝手に書き換えたら偽造ですしね。

搬入確認が 15 時くらいになると言うことで、一旦トレーラを取りに帰ったら間に合わないので、トレーラでいったんですけど、なんともです。

そういうわけで、オリンピックの関係で 4 連休みたいで、最短 27 日の引き取りになる見込みです。
ご予約いただいている方々には大変申し訳ありませんが、スケジュール的に、月内のお届けが絶望的です。
引取の後は急いで検品等を済ませたいと思いますので、今しばらくお待ちください。

そういえば、バッチンって呼んでるんですが、半自動梱包機がどうもおかしいんです。
バンドがうまく送れないのです。

あるあるだそうです。
月曜日までに直そうと思います。

バックカメラですが、4P の延長ケーブルを買い忘れていたんですが、注文していたものが届きましたので、これも取り付けたいと思います。

よく考えると、軽のジムニーよりも荷物を積んだら全く後ろが見えないキャンターにつけたらどうかと思うので、4m x 2 セットで 8m 買っておきました。
キャンター、いい加減、隙間を埋めないとブサイクで仕方ありませんが、こちらはおいおいやっていこうと思います。