配達準備で積み込み完了

午後からは、配達の準備で積み込みをしました。

14 袋あるかと思ってきっちり詰めて積んだんですが、12 袋でした。
一つ 350 — 450kg と、かなり重さにばらつきがありました。
積んでから気づいたので、下ろすときに、重さを計算したほうが良さげ。

とりあえず、ビニールで養生しておきましたが、流石にこれでは和歌山までは持たないと思うので、出発前に剥ぐか、もう少し抑え直すか、なんとかしないといけなさそうには思います。

なんだかんだで帰ったら 16 時を回っていたんですが、ウファーの件が気になったので、接続をやり直してみました。
アースも配線を買ってきて、しっかりと取り直して、P.CONT も繋いで、そしたら無事に電源が入って、鳴るには鳴りました。
ただ、ヘッドユニットの側でサブウーファーを ON にすると鳴らなくなると言う不思議。
OFF のままなんですが、GAIN を MAX にしても、前ほど鳴らないので、何か間違えていることだけは確かなんですが、まあいいかなと思います。

それで、隙間の件ですが、ググってみたんですが、2DIN 用のカバー的なものはないので、みんな真ん中を切っていました。
あとは、それをきれいに加工して隙間を埋めて納めているということで、その辺の工作具合が本職の器用さ、ということでしょう。
キットで目隠しの板があるようなんですが、大抵数千円するのでバカバカしいから、ざっと測って、それを Illustrator で作図して、まずは厚紙で合わせて調整して、それがいい感じに出来上がったら、プラ板を切って埋めようと思います。
手間がかかりそうなので、そのうちに。

あと、Amazon で買ったバックカメラがもう届きました。

2,400 円で 480 円引きクーポンと、24pt もつくので、税金と送料を入れても 2,000 円してないんですが、これ、自分も Amazon で売ってますけど、だいたい 15% の販売手数料と 500 円くらいの FBA 手数料がかかるので、真水として受け取れるのは 1,400 円くらいの商品なんですよね。

その割にえらく箱が上等です。
iPhone とかの箱みたいで、ロゴは箔押しされています。
開けたら、6 様が箱に入ろうとしてるんですが、それ、無理だと思う。

カメラ自体ですが、まあ、雑な作りでした。
ただまあ、2,000 円しませんからね。

流石に取り付けをする時間はすぐには取れなさそうなのですが、とりあえずシガーから電源を取る形で映るかどうかだけは早めに確認したほうがいいかなと思います。

ちなみに 12V 専用でした。

ジムニーにつける場合には、延長ケーブルは必要ないと思うんですが、カメラが死んだ時に備えて、内張を剥がして引回す部分に関しては、4 ピンの延長コードで配線しておけば、4 ピンのカメラで、かつ、延長コード自体に不具合が出なければ、内張を剥がしてやり変える必要がないので、そうしたほうがいいんじゃなかろうか、という気がします。
ただ、延長コードって 1,000 円くらいして高いので、ちょっと躊躇するところではありますが。
明日はお宮なのでさっさと寝ようと思います。

SONY ディスプレイオーディオ XAV-AX1000 着弾!

SONY XAV-AX1000、結局買ったのです。
本日着弾。

CarPlay なんですけど、やはり便利。
VOLVO は一度乗ると、何日も乗り続けるし、カーナビは CarPlay 未対応のトラックを使うので、それが対応したら考えたらいいかなと思うんですが、キャンターのデッキはもう 7 年落ちで、ケーブルが断線気味なので、そっちの近代化改修です。

JB64 の DAF9 はキットで買ったので、必要なものが全部入っていたんですが、キャンターは既についているもののリプレースなので、配線のキットなどは既についているのがそのまま使えると思うんですが、気になっている点としては、サブウーハーの配線と、あとは、サブウーハーのコントロールスイッチとシガーソケット電源の追加を 1DIN の物入れに対して行っているので、それをどっかに移設しないとということでしょうか。

最悪はジムニーの DAF9 をキャンターに持っていって、ジムニーに XAV-AX1000 をつけてもいいとは思っています。

それはそうと、DAF9 ですがリアカメラの機能があるようで、マンションの地下駐車場が狭くて、ミニと前後に駐車しないといけないんですが、自分で自分の車にぶつけても車両保険は下りないですし、きっちり止めないと、他にご入居いただいているお客さんの車の出入りに支障があるので、いくらもしないようなので、カメラを取り付けたらと思ったりしました。

取り付け場所ですが、ナンバーのボルトを使うパターンと、あとは純正の位置に取り付けるパターンとを考えたんですが、純正の位置の場合、アフターパーツがあり、その販売店が詳細な配線の取り回しについてアップしてくださっていました。

ステー単体で 3,800 円(税別)というのがかなりネックですね。

ナンバー取り付けタイプだったら、その値段でカメラが 2 台買えてしまいます。

リアバンパーは交換する予定なので、ステーにそこまで費用をかけても無駄になるし、ナンバー取り付けタイプについては、バンパーを交換すると大抵、リアのゲートにナンバーを移設する必要が生じるため、今度は配線の取り回しを大きく変更しないといけなくなります。

スマートミラーというのか、ドラレコ内蔵のミラーカメラも考えたんですが、明るいところで見づらいんじゃないかということと、聞いたこともないメーカーの割に、あまりに高いということがあるので、ドラレコ自体は VOLVO のものをジムニーに移設して、VOLVO に新しいものを取り付けようと思っています。

なので、バックカメラはやはりバックカメラで買った方がいいかなと思うところです。

それで、カメラ自体は 1,000 円とか、2,000 円なんですが、チャイニーズのお仕事なのでどれほど保つか分かったもんじゃない。すぐに壊れるかもしれないし、そうすると、内張を剥がして配線を引き直していたりすると、手間のほうがかえって高くつきます。

色々調べたんですが、こういうカメラには、中間の延長コードなるものがあって、大抵は 4 ピンか、5 ピンのようなのです。

例えば、このカメラは 4 ピンのようなので、万一このカメラが死んでも、4 ピンのものを買って挿げ替えれば、配線自体の更新は不要ではないかと推測しています。

あとは、ヘッドユニット側がビデオ信号を受信すると、バック画面表示に自動で切り替える機能があるのであれば、電源をバックランプから取るだけで済むようです。
エレクトロタップをかますだけなので相当楽ですね。

ガイドラインの切り替えもスイッチなのもいいかなと思います。

とりあえず、2,000 円しないので買ってみようと思いますが、よかったら、キャンターにも取り付けてみようかなと思います。
ただ、キャンターの場合、キャブを持ち上げて配線しないといけないし、バックランプの電圧が 12V か 24V かわからないので、無線タイプの 24V モデルにした方がいいようにも思います。
まあ、XAV-AX1000 がバックカメラに対応していたらですが、カメラのバンドルモデルも売られていたので、多分いけるとは思いますが。

明日取り付け作業をしたいと思います。

アルミのトレーラが届く(米国倉庫に)

アルミのトレーラが届いてしまいました。

1 台は鉄がいいと言われていたのになぁ、交換を頼もうと思っていたら、その前に運送屋から連絡があって、どうも前の倉庫の方に送ろうとしたようで、すったもんだの挙句、今までかかったわけです。

というわけで、1 台は自分用、1 台は I さん用、そしてもう 1 台は M さん用だったんですが、これが宙に浮きました。
ヤフオク行きかな。。。

そういえば、このトレーラですが、地鎮祭用 なんですが、肝心の地鎮祭がこのところ全くないです。
本当に全くない。ゼロ。
お宮自体、商売ではないのですが、お参りの方も激減しているし、社等収入も外祭収入もほぼゼロです。
対策費用はかかるし、月々の固定費用はかかるので、経営的には結構大変なのかなと思うところです。
せっかく買ったトレーラなので、届く頃にはコロナも落ち着いて、お祭りができる程度の社会情勢になっていればと思います。

それで、リアヒッチレシーバの件ですが、まだ悩んでます。

とりあえず、無難なところで ワイルドグース さんの リアバンパー
ただまあ、すごく高い。
バンパーだけで 55,000 円もして、ボロ隠しの板が 5,000 円、それにウインカーとかのレンズユニットも買わないといけないし、レシーバ部分も別売り。
ナンバーの移設も必要。
配線の工賃やなんかも入れると、10 万コースでしょう。

もう一つ問題があるとすると、フロントバンパー もかなり高いこと。
流石にウインチまでは取り付けないと思うし。
メーカを混ぜたくないんですよね。

好み的には、フロントは、クドウジドウシャ で、次が、アピオ猪狩りバンパー

クドウジドウシャ は未発売。

アピオ 猪狩りバンパー の良い点は、車体自体に穴あけ等が必要なくボルトオンってことと、純正のバンパーを外した跡が汚いので、そのボロ隠しの フロントエプロン というパーツがあることです。

というわけで、フロントは今のところ、アピオ 製かなと思っているんですけど、これまた結構なお値段なのと、LED ヘッドライトのウォッシャーが未対応っぽい感です。
あと、フォグがどうなるのかというのも問題です。

値段的には、ペニーレインダブルパイプバンパーがお値打ちなんですけど、これ、穴あけが必要ってみんカラに書いてあって、げんなりですよ。
これを叩き台にして、ブラケット取り付けに作り直すとか?

まあ、そんなことを考える前に、アルミトレーラの車検のことを考えろと怒られそうなので、今日はこの辺で。

ディスプレイオーディオ DAF9 を取り付けました

昨日のことですが、納車されたので早速 DAF9 の取り付け作業を行いました。
クソ暑いので、まずはスポットクーラーの設置から。

事前に内張の外し方を調べておいたので、そこそこ順調に作業は進みました。
なのでそこら辺はさくっと省略。

基本的に説明書を読まないのですが、すごくハマった点があって、サイドブレーキの結線は必須 だったことです。
最初電源が入らなかったんですが、これはアースが 2 本あって、両方繋いで即解決ですが、リセットをしてもどうしても設定ボタンが押せる状態にならないし、ただ、ラジオなどの操作はできて音は鳴るという、訳のわからない状態になったんです。
仕方ないので、説明書を読んだんですが、トラブルシューティングにも、そう言うケースは書いてません。
結論を書くと、サイドブレーキの結線をしないと走行中モードで、操作が一部に制限されていて設定が機能しなくなっていた、です。

なので、真面目に結線しましたが、そのためには、車速などのコネクタ変換が必要になるし、アースするだけでも良いような気がしないでもないですね、これは。
ただまあ、ジムニーキットで買ってあって、コネクタ変換はついてきたので、もったいないので使ったってのが正直なところです。

基本的には、CarPlay で使いますし、自分は有効にしていないのですが、Hey Siri で呼び出すこともできるので、走行中の操作にも全く使用はないので、サイドブレーキの決戦は規定通りやったほうがいいとは思います。
Siri の呼び出しの物理キーはついているので、自分はそれを押すと思います。

DAF9 ですが、アイコンなどのデザインはかなりダサいです。
まあ、CarPlay で使うだけだと思うので、正直どうでもいいんですけど、もっと頑張りましょうのハンコを押されるレベルです。
あと、液晶だからか、MADE IN KOREA です。
画質について、解像度が低いです。
画面ですが、多少左右に触れるといいんですが、ガッチリ固定されていて、全く動きません。
とりあえず、値段が値段ですから、多くを望むのは酷かなと思いますし、及第点だと思います。

思った以上に不便なのは、ステアリングリモコンに未対応な点です。
特に、ボリュームは、本体側も +/- で操作するんですが、物理キーといってもクリック感がないし、やはり昔ながらのアナログのくるくるタイプに比べると圧倒的に不便です。
これだけでも、ソニーにしとけば良かったと思えるレベル。

逆に、まあいいかなと思えるのが CarPlay が有線接続限定という点。
今のところそれほど面倒臭くはない感じです。

CarPlay の使い心地ですが、Spotify に関しては、挿したら自動的にレジュームしますから、悪くはないんですが、ナビが Apple の Map なので、これはどうにかして欲しい感じです。
Google や Yahoo! に比べて、スポットの検索がかなり弱く、Siri で目的地を言っても、まともに検索できません。
Siri は Siri で、言語を英語にしておくと、日本語の地名, 店名などをまともに聞き取れないので、目的地の設定すらできませんが、CarPlay の時のみ言語を日本語にすることはできないようなので、痛し痒しです。
せめて 2 ヶ国語くらいは聞き取れるようにして欲しいところですね。
実際問題、外国人が日本に来て、日本の地名を喋って、聞き取れないでしょうしね。
まあ、おいおい機能アップするでしょう。

あと、トラック(カーナビ) が CarPlay 非対応でしたから、ボルボやキャンターなどのトラックでのナビはちょっと不便ですね。

そう言う意味でも、CarPlay 対応の DA は、高いものを買うべきではないと痛感しました。
DAF9 に関しては、画面が大きく見栄えはしますが、価格が 6 万を超えて高いのですが、解像度自体は 10 年, 20 年前のカーナビのレベルで、アンチエイリアス処理してなんとか見られなくはないというレベルでしかないレベルで、ヘッドユニットとしての品質や、安定性などという部分を無視すれば、アメリカのチャイニーズ品なら $100 くらいからあるものと表面上のスペックとしては同等ですから、少々出しすぎた感があります。

やはり、出しても 3 万程度、Sony XAV-AX1000 が正解じゃなかったのかなと思うところです。

とりあえず、キャンターのヘッドユニットは 6 年使っているし、一番よく乗る車なので、トラック が対応していないと言うのは気にくわないところですが、人柱として XAV-AX1000 が使えるかどうか試すのも悪くないのではと思うところです。
これ、USB が背面で、トラックだからかガタガタするのか、断線して、困っているので端子が前面なら、ダメになったケーブルの交換も楽チンですし。

それよりもなによりも、次の問題は、スピーカーです。
フロントに 10cm が入っているだけ。。。
来月くらいに、なんとかしたいところです。
おいおい調べていこうと思います。

オーディオ取り付けの勉強

夕方連絡があり、いよいよ明日納車されるようですので、早速オーディオの取り付けの勉強をしました。
一番の問題であるところの内張の外し方についてです。

いやはや、ありがたい時代ですよね。
YouTube にまんま上がってます。
タダです。

まさに To see is to believe, 百聞は一見にしかず。
動画解説ってのはありがたいもんです。
ちょっと写ってなかったりピンぼけしたりしてますけど。
ほぼ理解した感じ。

そうこうしていたら、オーディオ取り付け編もありました。
コネクタ類もわかった感じ。

まあ、なんとかなるでしょう。

それはそうと、薪割りの件です。

なんと屋根ができてました。
台風までに補強は必要かなと思いますが、これで結構、作業がしやすくなるんじゃないかなと思います。

第 1 ヤードは相変わらず骨の状態なので、そっちもさっさとなんとかしないとと思います。
高所作業パレットもあるし、晴れているうちに屋根をかけてしまいたいのですが。。。
ボチボチ頑張ります。

FISKARS 斧の入荷状況

コロナの影響もあり、入荷が遅れて品切れしまくっている FISKARS 製品ですが、明日いっぱい、予約価格で 5% off です。

それと、おそらくということになりますが、前回は円高の時に決済したので、FISKARS 製品の価格を引き下げましたが、レートが戻ってきていて、5% 程度は仕入れ価格が上昇する見込みなので、価格を改定すると思います。

それで予約品の入荷状況です。
FISKARS 斧を積んだ HYNDAI SATURN ですが、日本海にいました。
KR PUS, ETA 6/6 17:00 ということで、ここまではほぼ間違いないかなというところです。
あとは接続次第です。

コロナの影響といえば、FISKARS の永久保証のサービスについても、何度も告知していますが、現在、ほとんど機能していません。3 月にお問い合わせいただいたお客さんに対する返答も未だない状態です。
世界的なメーカですので、倒産するとかはないと思いますけど、永久保証サービスは メーカ保証 なので、メーカが対応しないことの責任を当方が取ることはできません。
うちのお店のサービスとしては、北米でのメーカ保証サービスですから、北米の住所や連絡先が必要になりますから、それら作業等をほぼ実費で 代行 するというものです。
ですから、お客様が 自分で直接交渉 しても何ら問題はありません。

また、今週次の FISKARS 製品が届いているので、6/10 が CFS カットオフなので、それに合わせて搬入を行う予定です。
TrueNorth TN20 ですが、在庫が 1 台になって、その後、何件か問い合わせはあったんですが、問合せで終わっているので、こちらの仕入れは先送りしました。
なので、その 1 台が売れると、納期は現時点で 3 ヶ月以上、ということになります。

それはそうと、明日は 6 日なので、神社の祭日で、午後はぼちぼち掃除をしていたんですが、結構花粉(?)的なものがだいぶ落ちていて、ブロワーで吹き飛ばしていたんです。
先代の時、平成元年にお宮を立て直したんですが、関係業社さんのご尽力で境内がほとんどインターロッキングブロックで舗装されているんです。
ブロワーで清掃しても、基本的にはブロックの表面にどこからから運ばれてきた少量の砂しか舞わないんですが、100% 舗装されているわけでもなく、当時はブロワーで清掃するというようなことは考えていなかったわけで、どうしても吹くには無理がある場所があって、そういうところはゴミが舞い上がって自分に降りかかってくるんです。
例えば袋小路になっているような場所や、植え込みの中です。

少し前に Youtube で固まる土の話をみたんですが、

お勧めしない場所・理由

  • 人が歩く場所 → 苔が生える

お勧めする場所

  • 植え込みの中

という話があったんですね。

未舗装で残っている場所、そこはズバリ、植え込みの周り、なんですよ。

そして、ここが未舗装で残っていているから雑草が生えたり、植木があるので落ち葉が落ちたり、当然歩くことはありませんので、苔が生えて滑って転ぶなんてことはないですし、むしろ、苔が生えた方が雰囲気が出ていいくらいですから、結構お誂え向きの気がしてきました。

固まる土で固めておけば、ブロワーで土が吹き飛んだり、雨で表土が流出したり、雑草も抑えられるように思うのです。

DIY は超簡単そうですし、コストもそれほどかかるわけでもないし、今度挑戦してみようかなと思います。

あとは、吹き飛ばせないところは使っていない集塵機があるんですが、これを境内のゴミ集めに使えないかなと思うのです。
木工用なので、サイクロンの前にファンがありますから、そこのところは細工が必要かなと思いますが、単純にドラム缶を使ったらいいんじゃないかなと思うのです。

たとえば、これ、Oneida の Super Dust Deputy です。
写真のものは 4″ 用のキットです。
サイクロンのみの単体もあります。
サイズは 4″, 5″, 6″ とありますが、4″ で十分だと思います。

4″ のサイクロンのみだと、2 万ほどで買えるので、ドラム缶の蓋の部分を合板でもで作って、このサイクロンを取り付けてやれば、集塵機に小石や大きな枝葉などが吸い込まれることを 99% くらい防げると思うのです。
まあ、うまくいけば集塵機のサイクロン自体は、バラしてファンの部分だけを使ってもいいと思います。

買ったと書いた フローティングビッグ DA, 届いてました。
開封の儀。

普通なら、こんな写真アップしないんですが、正直、有名メーカの直販のクオリティを思い知らされたというか、ハンマーで頭を殴られたくらいの衝撃を受けたのが、黄色いビニール紐です。

何の紐かわかりますよね?
これ、原価は紐なので、人件費はさておき 1 円とかそういうレベルでしょうが、よくあるのが箱から取り出せない、という問題。

うちも例えば Kindling Cracker などは、米国から輸入して、まあ、出荷元というか世界総代理店は Northern Tool + Equipment ですから、そこから仕入れるしかないのですが、ここはアルパインの真逆で、雑にも程があり、米国倉庫に到着した時点で箱がズタボロなんですよ。
なもんで、マトリョーシカみたいな状態ですが、ひとまわり大きな箱を作って、それに入れているわけです。
入れるまで良くても、お客さんが開封した時のことなど、一切考えていませんでした。
多分、商品の箱の底を開けるか、ひっくり返さないと取り出せなかったのではないかと思います。

一流というのは、こんな些細なところまで一流なのだと、思い知らされました。
そのことを気づかせてもらえたこと、この黄色い紐には 6 万どころではない価値があった、本当に良い買い物をしました。

それはそうと、付属品の配線キットなど ENDY というブランドのものでしたが、全て MADE IN JAPAN で、とても綺麗な配線です。

ACC などは、予備配線が取れるようになっているんですが、未使用時にはカバーがついているんですが、さらにプラグが差してありショートしないようになっていたりと、本職からすれば当たり前なんでしょうが、見えなくなる部分なのに、きちんとしたものなんだなぁと思いましたが、黄色い紐を見れば、それ以外の部分も推して知るべし、なのかなと。

あと気になったのは、ロゴ入り OPP テープです。
いいなぁ、これ。
肉球ロゴ入りの TABBY PRODUCTS オリジナルテープを作りたくなってきました。
ググったら、結構お高いみたいなので、まあ、こっちはおいおい考えたいところです。

明日はお宮ですが、ボチボチ頑張ります。
開店休業でしょうけど。