ボブキャットが壊れました

ボブキャットが壊れました。

自分はこのところ乗ってなかったのがよくなかったんですが、昨日から、たまにエンストしていたようです。
今日、エンストして、以降、エンジンが突然かからなくなりました。
セルは回って白煙は出るんですが。

まず、疑ったのは水の混入。

ウォーターセパレーターのドレンを緩めると、やはり水が大量に溜まっていました。
とりあえず、水を抜いて、プライミングポンプで燃料を送りました。
このエンジンは、パージバルブを開けて、燃料はタンクに戻る仕組みになっているようです。
その後、パージバルブを閉めて、一応、燃料を送って圧がかかっている状態にして、始動を試みたんですが、ダメっぽい。

というわけで、ポンプに水が入ったんだろうと思います。

今の気温では予熱の問題はないと思いますし、オイルや LLC(少し減っていましたが)も、問題ないと思いますので。

まあ、動かないものは動かないので、玉切りをボチボチやりました。

その時、微妙な感じのものが混ざっているです。
気になったので写真を撮って、facebook のグループで、何の木だろうか、と尋ねてみました。
自分の見立ては、ハリエンジュか、ヤナギ。理由は臭いから。
新人さんの見立ては、クルミでした。
写真だけなので、答えは出ないのですが、色々なコメントを頂くことができました。

夕方までに、とりあえず、玉切りは区切りのいいところまで終えることができました。
太すぎてそのまま薪製造機に入らないものは、1m くらいに切り詰めてあるので、コーンスプリッタで小割してやる必要があります。

手前のステンレスのカゴは、タコを茹でるカゴなんですが、拾ってきて、ずっと放置してました。
底が抜けるようになっているので、雑紙とペットボトルをストックするカゴに使おうと思うので、家に持って帰りました。

明日は雨のようだし、6 号の鼻水も治らないので、動物病院に行きたいと思います。

フォークリフト用の高所作業カゴ

今日は、午前中は小物の出荷で、2 パレット 240kg で 35 ケースでした。
LODGE のクッキングウェア が多かったので、重たかったようです。

午後からは、パレットフォークアタッチメント の出荷と、薪割りでした。
薪割りは、薪割りというよりも、原木の選別をしただけですが。。。
晴れている間に多少なりとも片付けを進めたいと思います。

ようやく届いていたフォークリフト用の高所作業カゴですが、開封して試してみました。
まあ、写真のようなもので、二人乗って作業できます。

手すりとチェンがついているんですが、おそらくですが、前後が逆ですね。

チェンが 3 本ついていたんですが、2 本はカゴの前面用の人の脱落防止で、もう 1 本はフォークリフトのバックレストにカゴ自体が外れないように固定するものと思います。

ヒンジを誤って操作したらカゴが落ちることもあるかも知れませんが、チルトくらいじゃカゴは落ちることはなさそうです。
36″(約 90cm)角なので、手すりもそれくらいの高さがあるので、そこそこ安全かなと思います。

どうでもいいことですが、建築基準法の手すり(屋上やバルコニーの墜落防止用手すり)は、建築基準法施行令第 126 条に、安全上必要な高さを「1.1m以上」と規定されているんですけど、なんでそんな事を知っているのかというと、何年か前の宅建士の試験に出たからです。
そういう意味だと、高さが足りません。

でもまあ、労働安全衛生法的にいえば、85cm ってことなんで、だいたいよろしい感じですし、高さが足りない気もしますが、巾木と同じように、作業用工具などの落下を防止できる、床面からの立ち上がった部分もあります。

このあたりにも書かれているんですが、結構墜落する事故は多いようです。
そういう事故を防止するために、

やむを得ずパレット上で作業をするときは、安全帯を使用するか、または手すりや枠のついた墜落措置のされたパレットを使用すること。

の要件は満たすと思います。

それはそうと、よくにたカゴが 10 万ほどで売れているようです。
しかし、自分の買ったもののほうが、パット見ですがしっかりしたものの上、畳んでしまえるので、優れていると思うんです。
3 つも持っているんで、試しに一つ、値段を合わせて売ってみようかなと思います。

ノーズのスプロケットが回らなくなった件

今日は薪割りでした。

玉切りをしていたんですが、突然チェンが回らなくなって、バラしてみると、スプロケットに木くずがきつく噛み込んでました。
はじめてのパターン。
カッターでゴリゴリやっては、パーツクリーナーで洗浄して、ついでにバー溝もきれいに洗ったんですが、すっかり油が抜けてしまいました。

グリスが切れていたので、昼飯も兼ねてニシイチさんに買い出しに出かけてたわけですが、1,000 円で足りると思っていたら、いつの間にか値上がりしたのか、1,000 円では足りませんでした。
とはいえ、ガンを買うほどは使わないし、微妙なところ。

それはそうと、ボブキャットですが、乗ったらなんか傾いて安定しないな、と思ったら、パンクです。
交換用の工具も、スペアタイヤもここにはないので、仕方ないのでタイヤマンさんに出張修理を依頼しました。
出張料 1,000 円+パンク修理 5,000 円+二箇所目 1,000 円、都合 7,000 円と消費税でした。
PayPay で払えるので払って、3% くらい PayPay ポイントが付いた感じです。

PayPay といえば、今日からヤフオクの売上金がヤフーマネーではなく、PayPay 残高にチャージできるようになったんですが、ヤフーマネーだと 1% 分の T ポイントが付いていたんですが、それが付かなくなりました。
だったら、普通に JNB で現金をもらって、ヤフーカードを使ったら、そのほうがオトクなんじゃないかと思うんですけど、どうなんでしょうか。
貧乏くさい話ですみません。

こういうせこいことを考える前に、パンクしなければ 7,000 円自体いらないし、機械を休ませることもなかったわけですから、考えるべきことが違うってのは分かるんですけどね。

木パレットを使うと、こういう問題が発生するので、今後は樹脂パレットに切り替えていこうと思います。
ボブキャットをノーパンに変えればいい、という話もないわけじゃないけど、高い上に乗り心地も悪いし、トレーラやダンプがパンクするわけですから、対症療法ではなく、原因療法で行きたいと思います。

とりあえずは、強力な磁石を買って、釘を拾って回る必要がありそうです。

明日は天気が微妙みたいなんですが、雨がふらなかったら続きをやろうと思います。

チェンオイルがうまく供給されない件 その 2

チェンオイルの件ですが、解決方法として、ネオジウム磁石をホースの裏に貼り付けて、厚み分、きつく押し付けられるようにして様子を見てみています。
パット見はうまくいっているぽいんですけど。

ただ、ほんの少しづつでも垂れ続ければ、一晩とか、あるいは数日だと、作動油タンクが空になってしまうこともあるんじゃないかと思うんです。
そうならないよう何らかの工夫がしてあるはずだと思うのですが、それがチェックバルブなのか、さっぱりわかりません。
部品にある絵を見る限り、チェックバルブにしか見えないのですが。

MonotarRO で見てみても、空気用ですが、同じような見た目です。

まあ、作動油でなくて、外部オイラー を使えば、翌日作動油がすっからかん、ということはなくなるんでしょうが。

余りややこしいことを考えるくらいなら、油圧モータに行く圧油を取って、それをスピコンで絞って吐出量を調整するのがもっとスマートな気がしますね。高圧だから、バーの溝が少々詰まっていようと、オイルを強制的に送ることもできるでしょうし、モータが回転するタイミングで送れるので言うことなしです。

それはそうと、すっかり忘れていたキールローラーですが、仮にセットしてみたんですが。。。ちょっと低いですね。
まあ、ないよりはマシかなと思うので、とりあえず、固定してみようと思います。

それはそうと、その 2。
新兵器 をついに実戦投入であります。
たくさん運べていい感じです。

痛みまくっている原木をさっさと片付けたいと思います。

チェンオイルがうまく供給されない件

久しぶりに薪割りをしようと思ったら、チェンオイルの供給がうまくいかないので、修理をしました。

今までは、植物性のチェンオイルを上から量を調整して供給するように改造していたんですが、この方法だと、吐出の ON/OFF を手動で切り替えないといけないし、タンクが小さく頻繁にオイルを足さないといけないので、一旦、作動油タンクからの供給に戻そうと思ったのです。

ただ、そのままだと何故かうまく供給されないので、ホース類を一式やり変えました。

バーを外して掃除すると、今度は供給されすぎてベタベタになります。

ON/OFF については、写真のとおりなんですが、ハーベスターバーが傾斜すると、つまりシャフトが回転すると、ホースを押さえてあるローラーが外れて、オイルが供給される、ただそれだけの極めて原始的な構造です。

そして、オイルの逆流を防ぐためだと思うのですが、チェックバルブのようなものがローラーの前後に取り付けてありました。
それがどうも詰まったか、壊れたかが原因だったようです。

ホースをひと回り太くしたのも供給されすぎる原因なのかなとも思うのですが、まあオイルが供給されすぎてベタベタになる件は、オイルタンクを大きくして、その出口で調整するようにしたいと思いますが、バーが倒れたときだけにオイルが送られるよう、ホースをローラーで押さえる仕組みについては、調整をしないといけないかなと思います。

ただ、理想を言えば、オイルを一定量強制的に送って、バーの溝が少々汚れていようと、安定して吐出できるようにしたいところではあります。
そういう意味では、モータに行く圧油をごく少量、チェンオイル代わりに送ってやるのが一番良い気がしないでもないですし、構造が極めて単純なので、不具合が起こりづらいと思うんですよね。
作動油をチェンオイルとして使う是非はおいておいて。

とりあえず、ダダ漏れでは困るので、今日のところはホースを針金で括っておきました。

ちょっと作動油が減ってしまいました。
明日忘れずに補充したいと思います。

あと、温度計もなんかおかしいんですよね。
明らかに 45°C くらいあるのに 30°C くらいの表示でした。
交換するのもかったるいので、間に合わせで、別に温度計を取り付けたほうが良さそうです。

以前見た液晶の温度計 が欲しいんですけど、どこで売ってるんだろう。。。
MonotaRO だと 10 枚も入ってる みたいなんですけど、そんなにいらないし。

梅雨入りまでに頑張りたいと思います。

フルフリー・3 段・回転・ポジショナー

フォークリフトがもう一台欲しいのです。
ついでにいうとバンニング用のスロープも。

あるところにはあるんですね。
これでもかってほどのてんこ盛り。
お値段 120 万。。。
買えません。。。

実際のところ、コンテナ用は、回転は要りませんし、3 段もいらないわけで、こちらはサイドシフトが欲しいところです。

回転が欲しいのは、薪乾燥機に入れたあとの薪をメッシュから取り出す作業だとか、バッカン の片付け(排出や、スタックしての保管)に便利だからですが、チップを回転機能を使って投入するなら、3 段あると便利かなとは思うのです。
スタックして片付けるほど持ってないんですけど、一基 8 万するんで。。。

ただ、そんなにリフトは何台もいらないので、これはかなりそそられます。

ところで、レバーが足りない気がするんですが、上下・チルト・回転・ポジショニングで 4 本要りませんかね?
もしかしたら、一番左の一本は、縦横複合操作ができるタイプだったりして。

とりあえず、今日も、倉庫の片付け作業をして、1 パレット出荷です。

殆ど売れませんが、Worm Factory 360 も納品したので、もう間もなく出荷可能になります。今なら予約価格で 10% off。
何をするものかというと、生ゴミをミミズに食べてもらって、ゴミを処理しながら肥料を作る、というアイテムです。

少しづつでも片付けていかなとなので、明日も頑張りたいと思います。

ブレイブ薪割り機(DUAL タイプ)の不具合報告 — エンジンマウントブラケット根元の溶接破断で作動油漏れ 2 例目

ブレイブ薪割り機(DUAL タイプ)の不具合報告です。

エンジンがマウントしてあるブラケットの根本の溶接が破断したようで、場所は違いますが、2 例目です。
また、溶接不良での初期不良をカウントすると 3 例目となります。

薪割り機を販売しているメーカやショップのうち、不良の事実をすべて公開しているのを見たことがないため、他のメーカーや他のモデルでどのようなトラブルが発生しているのか、また、その頻度はどれくらいなのか、ということは全く知る由もないのですが。。。

今回は、ブラケットの取り合い(溶接)上部からのリークのようです。

それで、対応について、現在調査中ですが、初期不良でのリークの際にわかったこととして、タンクのフレームをどう運ぼうと、空気を運ぶようなもので、最近運賃の値上がりもあって、たとえ品物が保障で無償でも、運賃がかなり掛かる、ということです。

ただ、うちのでガンガンぶつけているものは全くなんともないわけだから、当たり外れが激しいのかしら、とも思うのですが。。。

一番良いのは、Timber Wolf TW-2 のように、タンクを独立させてしまうことでしょう。
これなら、タンクだけを交換することができますから。

今は在庫があるので、ばらして部品にしてしまうことでしょうけど、運賃を考えると、そのほうが割安かもしれません。

何れにせよ、負担が少なく修理できる方法を考えたいと思います。

いわゆる Kindling Machine の話

少し前にトロンメルのことで話をした時に Kindling Machine の話になったので、忘れないうちにメモっておきたいと思います。

自分が知っている比較的安いなと思ったものは、fuelwoodSplitta シリーズ です。

価格ですが、記憶が確かなら 100 万くらいからスタートだったと思いますが、400 の方は、ポン様のレートに大きく依存するわけですが、まあ 200 万くらい、オプションによっては 300 万くらいまでするかもしれません。
運賃は別で。

嘘か本当か知りませんけど、1m3 を 4 分で割れると主張していますから、X-Frame Bagga の交換時間を 1 分として、サイクル 5 分なら、ルーズ 12m3 ということになります。ベストな条件だと。
きっちりスタックして 70%, 乾燥収縮で 90% とすると、7.563/h, 3t/h といったところ。

話半分として、1.5t/h なのですが、どの程度詰まるのか、詰まったらリカバリーが大変そうな気がしないでもないんで、このやり方が本当にいいのか、というとスギだのヒノキだのの真っ直ぐで太さも選べるものから本来の目的である焚付を作るんならよろしんんじゃないでしょうかと思うものの、ピザ薪とか作ろうと思うと、素性の良い部分だけを抜いてやらないといけないんじゃないのかなとか、そのあたりがとても気になるのです。

自分の中でも何がベストか、というよりも、ベターか、ということですら結論が出ていません。
結局の所、原木にとても依存するし、原木はどういう物が入ってくるかわかりませんから。
まあ、それが難しさでもあり、楽しさでもあるわけですが。

今日は神社の祭日だったので、特に薪のことはできなかったのですが、梅雨になる前に、溜まっている仕事を片付けないとなので、明日は多少なりとも原木の選別をして場所を作って、引取ができるように作業を進めたいと思います。
昼からは、ユニック車のナンバーを希望ナンバーに変えるので、運輸局にも行ってきたいと思います。

The New Loadmac 225 & 825 Truck Mounted Forklifts Full Details & Field Test

トラックマウント型フォークリフトの話です。
まあ、ほとんどの人は全く興味が無いんでしょうけど。

Ladmac 225 という新型が出るようで、825 との比較を含めて、詳細にレビューされています。

肝心の価格についても触れられていますが、225 で 24,000 ポンドから、オプションによって価格は変わるわけですが、サイドシフトとポジショナーはほしいところです。
それで、30,000 ポンドに収まるとすれば、今のレートで 420 万といったところです。

ただ、これを言ったら身もふたもないんですが、元が取れるかというと、今のやり方で薪を売っていたのでは、永遠に無理でしょう。

これだけの大型トラックと、それにマウントされたフォークリフトで荷役できるほど広いヤードがある配達先で、そもそもフォークリフトを持っていないというようなことはあまり考えられません。

Moffet もそうなんですが、だいたいこれらのアプリケーションというのは、建材を現場に運ぶ、というものですし。
だから、長尺の物があったりするんで、カニ走り機能があったり、不整地走破力が必要だったりするわけで。

また、現状、コンテナで輸送しているのですが、将来的には、船で運ばないとペイしないと思っているので、コンテナを送ったら、東京港なりからは、お客さんがドレー屋さんを雇って、自分のヤードで自分で箱から出すのが安上がりだと思うんですよ。
そうでもしないと、運賃がかかって仕方ない。

そう考えると、意味がないのかとも思うんですが、世の中には色々な薪屋さんがいるし、色々な考えがあるんで、リフトを使うために、ヤードをコンクリートで舗装したり、ネットで見ただけで実際のところは知りませんけど、大型ダンプで何十台分もアンダーを敷いてヤードを整備したり、そんなにコストを掛けて大丈夫なのか、と心配になるんですが、825 であれば、不整地走破力もありつつ、ボブキャットと違って 2.5t も荷役できるし、テレハンドラーほどではないにせよ、シザー式で荷台の反対側に回らなくても荷役できるので、かなり効率的なのかしらとも思うのです。

ダブルタイヤ、ヒンジ、ポジショナーが付いて 3t で 300 くらいしたとか、しないとか、そういう話があるんで、あと 100 万くらいでトラックマウント型になりますよ(ただしヒンジはないけど)、というところだと、まあ、アリといえばアリの気もしないでもない。

まあ、先立つものもないことですし、お金がジャブジャブ余ったら、買ってみたいと思います。

それはそうと、今日は 5 のつく日なんですが、この前買う買うナイトで追加で買った Deco M4 は 500 円引きだったんですが、なんと 2,000 円引きになっていたので、思わずまた買ってしまいました。
とはいえ、お宮は広いので、2 台だと足りないことはわかりきっていたので、どの道、必要にはなったわけですが。

お宮の WiFi が安定したら、WTW の追跡カメラ が安い上に、クラウド録画+MicroSD 録画なので、これを導入していこうと思っています。

拝殿ではネットが安定しないので、まずはそれが改善すればなと思うのですが、少し楽しみです。
ボチボチ頑張ります。

グラップルアタッチメントで丸太を掴んでみた件

セールで買って、少し前に届いていたんですが、試せていなかったグラップルアタッチメントを使ってみました。

フォークアタッチメントは、ボブタッチと少し干渉する箇所があったんですが、グラップルはすんなりと取り付きました。

ダンプ高さが足りてないので、トレーラに積むのは難しい感じです。
高低差があるので、荷台と高さを合わせて、そのまま乗って積み上げられるようにしたらいいんじゃないかなと思いましたが、まあ、先の長い話です。

去年の原木はかなり傷んでいるので、使いものにならなさそうな感じです。
原木の引き取りは来週にはスタートして早めに済ましてしまいたいと思いますが、その後に、隣の山から運び出すのに活用してみたいと思います。

前に欲しいと書いた のはスケルトンなんですが、これもそのうち必要かなとも思ったりもするですが、それ以前に、薪の販売を頑張りたいと思います。