Husqvarna 540i XP

この前 Facebook で、電動で玉切りをするのも、そこそこ実用的になってきた、という話があって、気になるので調べてみました。
そうしたところ、540i XP というモデルが出ていて、大体 40cc くらいの能力があるというような印象です。

今、第 2 ヤードで薪を作っているんですが、通うのに 2 時間くらいかかります。
なので、第 1 ヤードで薪を作って、乾燥工程のみ園で行うように変更したいと思うのです。

それで問題になるのが、ガソリンの扱いなんですよね。
もともとガソリンは配達してもらえないし、価格もすごく高い、しかも、農協が日曜日休むようになって買うことすらできません。
日曜日だから休みなどというふざけたことをいってられるような、そんなのは東大でも出て、霞ヶ関にでも勤めているような偉い公務員様の話です。
雨が降るのに、曜日もクソも関係ありません。

少し前に書いたんですが、薪はもはや海外から輸入される時代です。
国際的な価格競争が起こっているということです。
本気で取り組まなければ、また、国内の事業者が協力して流通などのコストを下げる方策を講じなければ、山に大量の木があるのに、薪ですら輸入にとって変わられるのは時間の問題でしょう。

少し話が逸れましたが、チェンソー作業におけるガソリンのコストも無視できないレベルに到達しつつある、ということです。

ざっと見たところ、まあ、針葉樹ではあるのですが、そこそこ使い物になるのでは、という印象を受けました。
第 1 ヤードには電気は来てないのですが、最低限の単相の契約くらいはした方がいいかなとは思っていますが。

ただまあ、450 を置き換えたいし、450 も全く問題がない状態なので、50cc 相当になるまで、もうしばらく様子を見た方がいいんじゃないかという気持ちも強いです。

その反面、一日の給油回数を 3 回としたところ、燃料差額で 249 日で元が取れると表示されました。
丸一日ならもっと給油回数は伸びるでしょう。
450 のタンク容量ですが、15.22 oz. で、溢れるのが嫌なので、NO-SPILL で自動停止したらそれ以上追加しません。
90% 満タンで使っているとして、大体 0.4L/回, 一日だと 1.2L 使うことになりますね。
混合が大体 200 円/L くらいです。
充電コストを 0 としたら、240 円/日ですから、250 日だと、60,000 円節約になります。
充電コストについては、太陽光は卒 FIT なので、まあ本当に 0 みたいなものです。

そう思えば、流石に毎日は使いませんが、今くらいの頻度で使えば、NO-SPILL で楽とはいえ給油の手間も要らず、アイドリングで無駄に燃料を使うこともなく、それでいて 1 年相当でペイするから、今すぐでも乗り換える方がいいのではないか、とすら思えるのです。
ガソリンを買いに行く時間自体がもったいないのです。
540i XP で間に合わないものだけ、450 を使うというので、当面は問題ないかなと思いますし。

とにかく、どの程度使い物になるのか、というのは実際に試さないとなんともいえません。
どこかで試し切りできればいいんですが。。。

目立てロボットが壊れました

今日というか、もう昨日ですが、家に戻ってから、ソーチェンの目立てをしました。

製造機用は Carlton の 21BP 互換品を使ってきたんですが、Oregon の 21BPX をヤフオクで落としたので、早速を試してみたんです。
結構いい感じに思いました。
2 時間ほどで切れ味が鈍り交換したので、初めて目立てをするので調整をしたつもりだったのですが、どうやら失敗したようで、ゴミ出しから戻ったら、目立てロボットの電源が落ちて止まっているんですね。
まあ、放置プレイ自体が NG なんですけど、取説的には。

最初の 2 回(新品の時は 4 — 6 回くらいに分けて目立てをします)はすんなり行ったんですが、この時、左右のカッターで削れる量が結構違ってたんです。
多分、0.1mm くらいですかね。
それで、片方にほぼ砥石が当たらないので、3, 4 回目は少し当てる量を増やすセッティングにしたのです。
これが悪かったようです。

電源を入れ直しても回復しないので、早速壊れたんじゃないだろうなと心配になりましたが、箱の中に曜日のヒューズがあったのを思い出して、ヒューズかなと思ったんですが、開けてみたら、案の定ヒューズでした。

ヒューズを交換すると、ちゃんと電源は入り、操作可能になりました。
そこで、再度スタートをすると一発目で噛み込み、電源が落ちました。

分かったこととしては、一度に削れる量はとても少ない、ということです。
砥石がチェンに当たりすぎると、ヒューズが飛ぶようです。

しかしまあ、これで予備のヒューズも無くなりました。
なので、買わないといけません。
ヒューズ自体ぱっと見普通に見えるのですが、いかんせん文字が小さくてなんて書いてあるのか読めません。
ハズキルーペが必要な年頃です。
iPhone もまた骨董品ですから、マクロ撮影ができません。
5 号に見てもらうと、T5AL250V だとわかりました。

φ20mm, 5A, 250V のようです。

とりあえず、間違っていたらいけないので、セットものを買いました。
これだけあれば、どれか合うでしょう。

ただ、ヒューズの交換は結構かったるくて、カバーを外すには 6 箇所、ネジを外さないといけないのです。
アレンキーなのでかったるい。
簡単に飛びそうなので、ヒューズを外から交換できるようにするなり、せめてネジは、フィリップスにするなりしておこうと思います、忘れなければ。

それで、肝心のロボットで目立てしたチェンが切れるのか、という点です。
見た目、結構切れそうに見えたんですよ。
結論を書くと、個人的には、必要十分な切れ味でした。
それよりも、一番の変化は、目立てにコストがほとんどかからなくなったので、今までのように切れ味が落ちたことを自覚しながら目立てを先延ばしにする、ということをしなくなったことです。

今回のこともそうなんですが、設定にかなりクセというか、シビアなところがあって、ものすごくアナログな機械です。
最初、左右の目立て角度がずれていて、今はどちらも 30° に設定し直しているんですが、今日、新品から 1 回目の目立てで、左右のコマで砥石の当たり具合が違う症状が出たわけです。
まあ、それこそ 0.1mm とかそういうレベルでの話で、実害はないのですが。
もしかしたら、ヘッド自体のセンターがずれている可能性があるので、ヒューズが届いて、動くようになれば、確認してみたいと思います。

それと、チップの件ですが、忘れないうちに思いついたことをメモしておこうと思います。

チップは大型アームロールで配達されてくるわけですが、φ50mm でスクリーンされているものの、これでは大きすぎて詰まる、という問題が起こっていることは既に書いた通りです。
一度に運ばれてくる量が多く、乾燥機の保管庫, chip bin に収まりきりません。

そのため、

  • 使えるサイズのチップをふるいにかけて選別する
  • できたチップを保管する
  • 使えない大きなチップを小さく再加工する

というような余計な作業が発生しています。

園の方の要望としては、ふるい作業をせず、全量破砕したい、だから大きな破砕機を買って欲しい、というものです。

自分の考えは、そもそもこの工程自体を不要にするべきと思うのですが、たちまち乾燥機のチップ供給装置が改良できるわけでもないので、当面の対策としては、現状のチップ供給装置で問題を起こさないチップを用意する必要がある、ということになります。

ハイガー産業のハンマー破砕機はどうか、ということを書いたわけですが、排出は空気搬送でサイクロンもついているように見えるので、フレコン等に充填できると推測されますから、大きな問題になることはなさそうですが、供給をどうするのか、という部分は問題です。

人力でいちいちやっていたらキリがありません。

で、いいものを見つけました。

グレンコンテナです。
これ、グレン = grain = 穀物用のコンテナとその排出、搬送装置で、まあ、米(籾)に使うんでしょう。

記憶が曖昧なのですが、たしか、Nikko Works さんだったか、ペレットの搬送を試して NG だったという記事を書かれていたような、違うかもしれませんけど、とにかく、ペレットくらい粒が大きくなると使えないようです。
なので、ペレットよりも遥かに大きく、粒も全く揃っていないし、長いものが混じる破砕チップだと、確実にそのままでは使えないと思われます。

ただ、リンクしてある出品物は高いんですけど、安いものだと 2–3 万なんですよね。
屑鉄の値段です。
それでモータやら何やらついてくる。

クロスフィーダー部分、バネを搬送に使えないかとか書いてたんですが、流用できる部品がほぼほぼ完璧な状態でついてくるじゃないですか。
当初の目的を達成できなくてもです。

もし、これがちょっとの改良でチップのホッパーと定量供給機として使えれば、破砕機に少量づつ、チップを投入することができます。
ホッパーのサイズも軽トラ荷台サイズですから、フォークリフトのスノーバケットや、ボブキャット、ユンボの法面バケットなどでまとめて投入することができます。

最悪は、振動モータを買って、このホッパーの上に傾斜式の振動ふるいを据え付けて、これで搬送できるサイズのチップのみホッパーに落とし、オーバー材をベルコンで破砕機に投入、というやり方もなくはないと思いますが、バッファがないので、ふるいへの投入量が破砕機への投入量となるという問題がありますね。

いくら考えても、実際にものを作り自動化するか、手を動かして汗をかいて作業をするか、そのどちらかをしない限り状況は 1mm も進展しません。
下手な考え休むに似たりともいいますし。

それでもまあ、少しづつ改善はしていっているし、できることしかできないので、できることから手をつけていきたいと思います。

例のブツが着弾しました

いえ、北の将軍様のロケットではありません。

朝、仕事始めで、その後、お正月の片付けをして戻ったんですが、椅子の上に何やらダンボールが放置されています。
例のブツ です。
ヤマトさん、いい仕事してますね、放置プレイ。

即開封。

ちょっと設定途中のものなので、左右が均等に研げていないのですが。。。
この後色々試して上手く目立てできたような気がしています。
まだ、切っていませんので、どの程度切れるのかは分かりません。

それで、12V でも使えるんじゃないかとかと思っていたんですが、ついてきたのは AC アダプタだけでした。
アダプタの仕様を調べて、12V でも使えるようにしたいかなと思います。

調整については、素直に取扱説明書に従いましたが、かなり面倒くさかったし、構造も大体分かったので、次回から楽な方法を思いついたので実験してみます。
上手くいけば、相当目立ては楽になりそうです。

思い立って、買い物に来ました。
途中、西条の蕎麦屋さんに寄ったんですよ。
予想通り、やってませんでした。
というわけで、新居浜まで足を伸ばして、イオンモールのカプリチョーザです。

なかなか美味しかったですよ。
ピザは待ちきれなくて、写真を撮る前に、食べてしまいました。
ワインまで飲んでしまって、本日終了です。

その後、無印に行って、キーホルダーの材料など、欲しかったものをゲットしたんですけど、よく考えなくても、新居浜までこなくてもよかったんじゃなあないかと。

明日は、お宮の祭日です。
弟が仕事始めに職人を連れて参拝に来るといっているので、早く行かないといけません。
今日はさっさと寝ようと思います。

目立てロボットを買いました

夜、薪割りから帰った後に次の日に備えてまとめて目立てをしているんですけどね、寒いんですよ。
というわけで、思い切って買いました、目立てロボット。

まあ、Timber Tuff ですので。。。
MADE IN CHINA の OEM でしょう、多分。

税金だのなんだので、$616.36 になりました。
円安ですしね、$1 = 120 円とすると、74,000 円くらいの計算です。

作業している間にサッと済ませられるようになれば、目立ての手間(時間)を考慮する必要がなくなりますから、切れ味が落ちたと思えば、即交換できるわけです。
薪製造の場合、土場で土や石などを噛んで、切れ味が落ちやすいのですが、目立ての手間(時間)がネックになっていました。

動画を見るとセットアップは面倒くさそうですが、最初慣れるまでの問題かなとは思います。
デプスも調整できるようです。

多分、同じものでしょうけど、Raker(s) といっていますが、Depth Gauge(s)のことでしょうか、まあ、動画を見る限りそうなんですけど、調整できています。

あと、Timber Tuff の方には詳しくは書かれていないのですが、基本 12V DC 動作のようなのです。
110V AC 入力で、12V DC 出力のアダプタがついてくるんだと思いますが、もしかしたら、12V DC のシガー電源もついてくれば、ヤードには電源がないのですが、車のバッテリーを使って目立てができます。

TEMCo Industrial FP1000 の付属品を見る限り、バッテリー直の電源、シガー電源が見て取れます。

まあ、モノが届けば、わかることです。
年明けの仕事に間に合うように航空便で取り寄せました。

本当に欲しいものは、すごく高いのです。

例えば、VALLORBE のロボットだと、まあ、こういう具合です。
ただ、VALLORBE ですからね、このロボット、VALLORBE のやすりで目立てします。

どうですか、萌えるでしょう。
もう動き自体が芸術、萌え死しそうになります。

でもなあ、一桁違うのです。

こっちが買えるように頑張ります。

降ったり止んだり

今日も薪割りをしました。
といっても 2 時間ちょっとだけですが。。。

午前中は、電話をしたりで、ほとんど終わってしまってしまいました。
ようやくやる気を出したら雨が降り出す始末です。

とりあえず、軽油がなくなりそうなので NO-SPILL 缶を取りにお宮に行きました。
いつも配達してもらっているんですが、流石に第 2 ヤードは遠すぎます。
配達に来てくれる業者さんを探すか、小型のローリーをゲットしないとと思います。

チップがなくなりそうなので、チップを注文して、ガソリンの買い出しです。
ガソリンも NO-SPILL 缶を増やしました。

そんなこんなでお昼にラーメンを食べている間に雨は上がりまして、14 時前にようやく薪割りスタートです。
で、16 時になったら、まだ雨が降り出して、強制終了。

ダンプ 2 台と少しで、微妙に残りました。
さっさと割ってしまいたかったんですが、製造機が途中で調子が悪くなって掃除したり、ソーが切れないので交換しようとしたら、スプロケットにチェンがしっかりとかかってなくて、外れてしまいまいテンション駄々下がりです。
バーもかなり傷んでいるので、ドレッサーで修正したいんですが、ドレッサーが行方不明なので、仕方がないのでこれは帰りに買いに行くことにしました。

原木はボチボチ入荷しています。
左から、クヌギ・クヌギ・ナラ、のはず。
だいたい 20t 弱くらいの在庫量です。

乾燥待ちの薪の在庫が 18 カゴ、今日割った 2 台ちょっとをカゴ詰すると多分 4 カゴにはなると思います。
36 カゴで乾燥を始められるので、ダンプ 6, 7 台分くらいなので、朝からやれば 1 日かからないで薪割り自体はできると思います。

乾燥の進捗ですが、芳しくないですね。
まだ 100°C に到達していません。
予定より遅れているので、乾燥前にチップが切れてしまいそうです。
来週のどのタイミングでチップが届くか、それと雨が降るとチップを作れないので、天気にも影響されます。
あと、48 時間くらいは回して、極乾薪として仕上げたいところです。

そんなわけで、ドレッサーの買い出しにでかました。

買ったのはこれです。
Amazon はぼったくり値段だし、Yahoo ショッピングも送料が別にかかるような販売形態で、なら実店舗で買った方が安いし、たまには地元のお店にお金を落とさないとというところです。

見るからにパクリなのも売られているんですけど、下手すりゃ送料で商品が買えるというかなんというか。
でもまあ、使い物にならなかったら仕事にならないので、今回はパスです。

あと、デプスゲージジョインターも持ってないので、買いました。
厳密に言えば、ハスクのゲージを持っているんですが、ん、持っている「はず」なんですが、行方不明なのです。
こっちはバーの溝掃除もできそうな形をしているし、今日、チェンのキレがすこぶる悪かったのは、デプスゲージの調整不良かなと思うのです。
今までは勘でやっていたんですが、一人でやっていたので、切れなくなったチェンの切れない具合ってのが分かっていたんです。
でも今は製造機担当 5 号が、チェンの交換から全部やってくれるんで、切れないチェンを夕方回収して目立てをするんですが、どう切れないのかは見てもわかりづらいし、チェンも複数本になるので、やはりちゃんとした方がいいかなと。
作業の効率も悪くなるし、それ以前にスカッとしないですからね。

チョークを 5 号が落として折ってしまったので、それも買っておきました。
どうせ無くすだろうから 1 本だけ。

愛媛県伊予郡砥部町高尾田677-1

 
株式会社 ニシイチ
住所:愛媛県伊予郡砥部町高尾田677-1
TEL :089-957-7181

ニシイチ さんで購入しました。
PayPay のたまったポイントで払えて得した気分です。

帰りにお札の配達によって、本日も無事閉店です。

明日もボチボチ頑張ります。

Oregon Speed Cut とやら

すっかり忘れていたんですが、Oregon の Speed Cut とやら がなかなかよろしいと聞いたような、そんなことをふと思い出しました。

これ、確かバーも Speed Cut 用があったと思うんですが、18″ でセットで $55 くらいのもののようです。
今のところセールで $40 ほど。

というわけで、とりあえず買ってみるだけ買ってみました。

日本には直送してくれないので、航空便で取り寄せるか、チェンは何本も残っているし、後 1 年くらいは今持っているのでなんとかなるので、船便でのんびりでもいいのかなと思うところです。

ちなみに日本だと…高い!

それと、メインでは使っていないんですが、新ダイワの 14″、Power Sharp を使っていたんですが、予備のチェンがついに無くなりました。

目立てが瞬間で終わるのは確かにメリットと言えばメリットだし、抜根したものを解体したりで、すぐに切れなくなるようなシーンだと、人件費を考えるとご利益があるんですが、普通に使う分にはどうしてもランニングコストが気になります。

5 号に目立てを教えて、まあ、本人も言っていたんですが、チェンソーを使う訳ではないので、切れるかどうかは謎、ってことで、実際のところ、正直イマイチの切れだったんですけど、まあ、目立てをしておいてくれるので、Power Sharp はいいかなと。

もともとは 25 だったんですが、Power Sharp 化したので、PS になっています。
PS は、多分 91 互換。

91 はというと、今は 91PXL という Low Kickback のものがあるようなんですけど、91VXL の方が 33% カッターが大きい=長持ちということになりますから、91VXL でいいかなと思ったんですけど、別に Oregon 純正を使う必要もないんじゃないかとか思うんですが、米国での Oregon の値段($13.69)は、日本のチャイニーズものと価格差は大してないので、91VXL を注文したんですよ。
ところどっこい、このところ、米国からのお取り寄せ品が、やたら Undeliverable になります。

Track your package for details

ってことなんですけど、

Undeliverable
Unfortunately, a problem occurred during shipping and we had to cancel your delivery. The package is being returned, and we will issue a refund within 3 – 5 business days after the return is processed. We’re very sorry for the inconvenience.

と、具体的な理由自体が書いてないんですよ。
困るなぁ。

それと、Speed Cut といえば、Speed Cut Nano ってのが出たみたいなですけど、これ、うちのトップハンドルで使えるんでしょうかね。

出典 オレゴン

バーとスプロケットもセットで交換しないとダメっぽいんですが、今のところラインナップにマキタの文字は見当たらず。。。
25AP なんですけど、ちょっと太いとすぐにギブアップするんですよね。

だいぶクスノキが大きくなってそろそろ収拾がつかなくなる気がしてきているので、近いうちに高所作業車を借りて、ある程度切り詰めておかないとと思うんですが、書いてある宣伝文句の通りのご利益があったら、すごく楽になりそうな気がしないでもないです。

そういう時にあると楽かなと思ったポールソーですが、実物持ったら重かったので、あれは使い物になりませんね。
よほど体力に自信があれば別ですが、あれじゃあ、小一時間も作業したら、腕が攣ってしまうんじゃないかと思います。
素直に寄って、FISKARS のハサミでチョキチョキ、また寄ってチョキチョキ、ハサミできれないほど太くなったらトップハンドルで切ればいいんじゃないかと思います。

竹の手入れもそろそろしないとだし。。。

それにしても、薪割り機の A/N, 先週届くかと思ったんですが、届きませんでした。
いくらなんでも遅すぎるし、米国側はお届け完了です(運賃は元払いしている)とか訳のわからないことを少し前に言ってきたんですけど、文句を言おうかと思ったら、31 日は Momrial Day(5 月最後の月曜日)でお休みなのでした。
時差があるで、火曜日の朝まで状況がわかりませんが、日本側の代理店と思われるところに電話をして確認してみようとは思います。

あとは、薪割り機の作動油タンクを大型化するために鉄工所にオーダーしてあるんですが、これも先週中にはなんとかしますという返事だったのに、音沙汰なし。

チップ残りが少ないので、注文して、代金を払いにいかないといけません。

自動車税を払うのも危うく忘れるところでしたから、これも払いに行かないとです。

乾燥は終わって、袋詰めも終わっていると思うので、トレーラに積み込み作業を行わないといけません。

土曜日に EX40D のエアクリーナを取り寄せていたものが届いているので、部品屋さんに取りに行かないといけませんし、エンジンの修理もして、薪製造機をとりあえず使えるようにしないと、次の乾燥を始められません。
というか、次の乾燥のためには、貸し出しているメッシュパレットを回収してこないと、もうカゴがないのです。

明日の夜、コンテナを回送して、火曜日, 1 日は、午前中は月次祭があるので、終わったら配達に出かけようと思いますが、2 日の朝到着して、2 箇所回るので、荷下ろしが一日で終わるかどうか、ちょっと微妙なところです。
天気も気になるところですし。
2 日に配達を終えることができたら、3 日中には戻れそうですが、亡父のいわゆる法事(うちは神道だから、正確には法事とは言いません)もあるし、薪割り機が入荷したなら、一刻も早く、内容点検をして、食品衛生法の届出を行わないといけないので、配達に出られるタイミングがかなり微妙なところです。

まあ、ボチボチ頑張ります。