中古のログハウスを購入したいというご夫婦

今日は生憎の天気でしたが、神社はそれなりにお参りの方がありました。

この雨が上がると、梅雨明けして、夏本番かなと思うのですが、本来であれば、海に、山に、多くの人が出かけるシーズンですし、GoTo キャンペーンで盛り上がるといいなと思う反面、他所からウイルスが持ち込まれるのではという不安でいっぱいです。

他府県にまで出かけるのは、万一のことがあっても責任を取れないわけで、感染しても感染させても、大きなダメージを負いますが、旅行などの業界が経済的に疲弊しているのは誰の目にも明らかで、せっかくなので歩いて行くことのできる温泉旅館に食事を兼ねて一泊したらどうかと思います。

それで、先日、植木の職人さんから電話がかかってきて、知人が中古のログハウスを購入したいというので、話を聞いて欲しい当ことでしたが、午後にお揃いでお宮に来られました。

写真等を見せてもらったんですが、海の見える斜面という鉄板のロケーションで、屋根はシェイク、石造りの暖炉もあるというとても立派なものでした。

ただ、このことは裏返しとして、

  • 斜面 = メンテナンスの際に足場を兼ねないといけない・道が悪く、資材の搬入が困難
  • シェイク = 痛むと非常に高価
  • 暖炉 = 見た目は良いが、暖まらない

というような問題があると思うので、そのことは伝えておきました。

たまたま、今は廃刊になってしまったログハウスマガジンのメンテナンスの回が献本されたものが手元にあったので、差し上げておきましたが、あの雑誌は、半分以上は宣伝広告なので、本音と提灯記事とが混ざっているので、そのことは踏まえて読んでくださいね、とも伝えておきました。

うちもそろそろ外壁の再塗装が必要になってきているのですが、秋くらいになって気候が良くなったら、少しづつ着手しようと思います。

それで、エアレスの塗装機ですが、スイベル等 がようやく届きました。
ホースの付け根が折れたりねじれたりするのを防げるのかと思ったのですが、ガンの向きを変える用でした。
狭いところを塗る時に便利かなと思います。

一応ポンプアーマーも、そこそこの量で届いたので、当面は大丈夫かなと思います。

インパルスシーラーが壊れました

いつ買ったんだろうかと思ったら、4 年ほど前でした。

元々、ウッドバッグの乾燥用の袋を作るために買ったんですが、最近はもっぱら、Amazon への納品の際、商品を入れた袋を密閉するために大活躍でした。

全く溶着しなくなって、分解してみたところ、ヒーター線が根元で断線していました。
4 年間ですから、相当使い倒しまして、もう元は取ったと思いますが、ということはこれからが稼ぎどころなので、まだまだ頑張ってもらおうと思います。

それで、ヒーター線を交換すれば良いのですが。。。
予備のヒーター線、ちゃんと封筒に入れて、機械の裏に貼り付けておいたのですが、見当たりません。
いつの間にか外れて、移動の間に紛失してしまったようです。

あまり精密なものではないだろうし、ヒーター線の仕様が少々違っても動くだろうと踏んで、MonotaRO で似たようなものを探してみました。

型番から 60cm 用だろうと推測したんですが、詳しいことが書いてないので メーカーサイトで確認 すると、

NPH-601 交換用ヒーター

JANコード:4905058412101
対応機種:NL-601PS、NL-602PS
寸法:幅2.5mm×長さ637mm
入数:10本

3,300円(+税)

ということで、ダメになったものと比べてみると多分いけそうということで発注しました。

しかしまあ、4 年持つものが 10 本って。。。
本体が壊れなければ、あと 40 年も仕事ができます。
それ以前に、無事に治ってくれるといいんですが。

それはそうと、シーラーなんですが、いちいち足で踏んでないといけないのが面倒くさいです。
足で踏むのは、手で対象物を押さえてないといけないので、合理的なんですが、シールしている間、そして、シールを終えた間も一定の時間、踏み続けないといけません。
特にきちんと冷却しないと、剥がす時に破れたりします。
面倒くさいので、フットスイッチを踏むと、一定時間(押さえ続けてくれたりしないもんでしょうかね。

複動のエアシリンダ, bore 3/8″ で stroke が 3/4″ ってのがあるんですけど、これが $5.95 で、100 psi で使うとすると、3/8 x π x 100 = 9.42 pounds の推力、ってことになるので力加減やストロークもちょうどいいかなと思うところです。
ただまあ、わざわざ複動にしなくても、バネの力で復帰はするので、単動の方がシンプルかもしれません。

おいおい工夫していこうとおもます。

6 號と出会って 1 年になりました

今日は 6 號と出会って 1 年の記念日です。
足を怪我しながら、ニャーニャー近寄ってきてから、もうそんなに時間が経ちました。
足の怪我もほぼ後遺症もなく、すっかり野生を忘れて、のんびり暮らしています。

お兄ちゃんの 1 — 4 號も一緒に、春なので、レボリューションしに行きました。
4 號は、おしっこが出なくなる病気になったことがあるので、定期的に超音波で検診してもらっています。
今回も、問題なし!

それはそうと、久しぶりにパレットフォークアタッチメントが売れたので梱包しました。
上に荷物が置けないと屋根までの運賃を取るという話になり、びっくりするほど高いので、天井を作りました。

日立の鉄砲ですが、無事に治りました。
修理代は、まだ請求が来てないのでわかりません。。。
パレット用の合板を買いに行った時に弾も買ったんですが、鉄砲自体 50mm 打てるものなんですが、弾はいつも 40mm を使っていたんですよ。
というのも、2×4 は 39mm で、合板が 10 — 12mm で、頭が多少なりとも沈むので、50mm だと貫通して先が出ることがあるんです。
箱で 1,000 円ほどのものなので、返品に行くほどでもないけど。。。
まあ、そのうちに使うか、そうでなきゃ、錆びるかするでしょう。

よく考えると、柱の部分は下から釘が打てないので、久しぶりに Kreg のポケットホールジグ を使いました。
ポケットホールジグは、便利ですが、物の割に結構高いと言えば高い気がしないでもない。
それに、本来は、専用のビスが必要なんです。
まあ、コーススレッドでも止まりはしますが。

柱になる角材を切るときのことなんですが、弟にもらった丸のこには、集塵の袋がないので、派手におが粉が吹き出します。
それよりもなによりも、電源引っ張るのも怠いし。。。
引っ張らないといけないのは、吹き出すからなんですが、集塵袋は早めになんとかしたいと思います。

うーん、種類がありすぎてわかりません。。。
丸のこの型番を控えるのを忘れたので、覚えていたら控えようと思います。

それで、ゆくゆくはバッテリーのが欲しいななんて思ったんですが、そうすると、素朴な疑問が生まれました。
集塵機はどうやって連動するだろうかと。
な、なんと!Bluetooth で無線連動!
すごい時代になったもんですが、持ってるグラインダは当然対応してないですね。
結構な値段していますので、そのうちに買えるといいかなと思いました。

そんなこんなで、無事に梱包して、出荷しました。

その園に行って、ViO-30 を積んで帰りました。
明日から、母屋に駐車場を作りたいと思います。

まな板台車の車検もできたそうで、ただ明日は祝日らしいので、明後日に引き取れたらなというところです。

ボチボチ頑張ります。

倉庫をリフォームしたい件

今日は午前中は、キャロルの車検に行ってきました。
ジムニーの納車まで頑張ってもらわないといけません。

一発不合格、というか、ウォッシャーが空で落ちました。水を足して合格。
費用は 1,400 円でした。(重量税, 自賠責の法定費用は除く)

昼からは、塗装の準備をしました。

倉庫というか、車庫というか、亡父が内装屋を営んでいた工場跡ですが、DIY でコツコツ修理してはいるんですが、かれこれ 40 年くらいの建物なのであちこちにガタが来ています。

特に鉄骨の錆が深刻で、完全にタイミングを逸してはいるんですが、何年か前にスレートを下ろしてガルバ折半で葺き直してソーラーを載せたりと延命作業もボチボチ行っているので、ここらで 2F の大掃除等をしておきたいところなんです。

階段も見ての通りかれこれで、フワフワするなと思ったんですが、ついに踏み抜いて落ちかけるし。

それで、古い話になるんですけど、エアレス塗装機を買ってあるんです。

丸太小屋の再塗装とか、社務所の焼き杉の塗装だとか、まあ、やりたいことが色々あって買ったんですが、もう 1 年くらい転がったまま。。。とおもったら、3 年くらい転がしていたようです。

引っ張り出して組み立ててみました。

なんか、Pump Armor というものが付属していて、仕舞う時になんかしないといけないようです。
Storage and freeze protection for airless pump とかいてあるので、凍結防止の目的もあるようです。

そして、みかんカゴに仕舞ってみました。

早速気づいた点として、仕舞う時にホースをいちいち着脱するのもめんどくさいし、かといって現状では見た通りまっすぐホースが出てくるのでとても嵩張りますし、力が加わるとホースが痛みます。
それに、結構、ホースが固くて撚れるのです。

クソ高いですが、スイベル Graco 235486 を買いました。

あと、遅かれ早かれなくなる消耗品なので、Graco 243104 Pump Armor, 1-Quart も買っておきました。付属していたものはコップいっぱい分くらいですが、こっちは 1-Quart(1/4 ガロン, 約 946cc)なので、当面あると思います。

使い方は、仕舞う前にポンプの中を pump armor で満たす、ということようです。
なので、ストレーナを取り外して、吸入部を pump armor の容器に差し込み、セレクター部分を start の位置にして、戻り部分から pump armor が排出されるまで運転してやる、手順見たいですね。

ポンプ部分の容量にもよるんでしょうが、おそらく最初に付属しているのは 1 回分だろうから、1 quart でだいたい 4–5 回くらいの保管ができる、ということなのかなと漠然と思います。

それと、好川のエアレス用刷毛 なんですが、Graco のガンでは使えないということがわかりました。
セイワのガンを使わないといけないようです。

この件に関しては、普通についてきたガンを使ってから考えたいと思いますが、今後のこととして、神社や丸太小屋のように周りに何もなくて塗料の飛散をほぼ気にする必要のないケースは良いとして、そうでない場合にこういう エアレス用刷毛 であるとか、エアレス用のローラーであるとか、必要になるのではと思うのです。

今はまだ一度も使ってないので、行き当たりばったりではありますが、使って問題が出たら、調べていきたいと思います。
ただ、それだと、対策用のグッズを買っても船便なので、忘れた頃に作ってい問題があるんですけど。。。
あと、エアレス塗装機は、内外の価格差がとても大きいので、一定の需要はあるんじゃないかなとも思っているんです。
特にログハウスだと定期的に外壁の手入れが必要で、塗装の負担はかなり大きいので、まずは自分で試してみたいと思っています。

スマートプラグを使ってみました

注文してすぐに届いていたんですが、かけて良い負荷が分からなかったので放置していたスマートプラグですが、とりあえず、LED 投光器で使ってみました。

WiFi なので設定は簡単でした。
使い方も簡単で、名前をつけて、あとはクリックすると On/Off が切り替わります。

高いところで、延長コードのスイッチ的なものを買おうかと思っていたんですが、スマートプラグの方がはるかにスマートです。
まあ、WiFi 環境があれば、の話ですが。

それで、便利かなと思うのは、タイマー機能です。
エアコンプレッサとか、常用するわけではないし、かなり電気を食うので、必要なときに起動するのはいいとしても、切り忘れそうなんですよね。
なので、例えば、朝から作業をするなら 8 時間とかのタイマーを設定しておけば忘れずに切ることができるわけですが、欲を言えば Alexa を使って、電源を入れてといえば、勝手にタイマーをセットしてくれたりするとさらに楽かなと思います。

それと、負荷ですが、おそらくコンプレッサは無理だと思うので、対策を考えてみました。
工作をしないで済む方法としては、スマートプラグに USB の給電用のアダプタを取り付けて、その USB の出力(給電)を感知して、電源を供給する 連動型タップ を使う方法です。

安くはないんですが、自分は電気工事士の資格がないので、100V の電気工作はできませんから、こういう完成品を買うしかありません。

もっと安くて楽な方法がないか、多分、電動丸のことかで、集塵機を起動するための連動コンセントなんかがあると思うんですよ。
ただまあ、スマートプラグの先に負荷があるわけではないので、疑似的な負荷として、USB のアダプタを使い、USB 給電するってことにしたわけですが、埃っぽいところだから、工具のようにある程度の防塵性能はあったほうが安心かなとも思うところです。
もう少し煮詰めてみたいと思います。

7 万円でした

下取りの金額です。

10 万くらい行って欲しいなと思ってはいたんですが、厳し目の数字で 7 万でした。
正直、この金額から下取り手数料を引かれるので、実際のところは 6 万ちょっとです。

悪いところも一切ないので、軽自動車検査協会にいってそのままラインを通過できるように思います。
とりあえず、自賠責が幾らかにもよりますけど、かかってもせいぜい 3 万ちょっとですから、車検付きにして売った方が高く売れると思うんです。
別に売れなければ、そのまま乗り続けても差し障りがないので。

コロナ騒動で中古車の動きが悪い、ということが下取りの金額が伸びなかった理由のようなんで、わざわざ相場が安く、かつ、誰も車を買わないタイミングで車を買うことはないなと思います。

そういうタイミングの割に、今買うべきインセンティブがありません。
入れ替えた場合、月々の負担は 2.4 万くらいになるようです。

まあ、そうやって不景気になるんでしょうが。

それで、見積もりを作ってもらって思ったこととしては、安全装備とかの進歩は日進月歩で、軽自動車にまでかなり充実してきている、という点です。
現状では使えるシーンは限定的だと思いますし、ジムニーは、一番上のグレード以外は別売り、かつ ACC 機能はないといった具合で、N-BOX のように高速道路等でレーンをキープして自動で走れるものと、かなりの差があります。
そういう機能が必要なほど耄碌はしていないと思いますが、欲しい時がズバリ買い時というような強い動機があるわけでもないし、タイミングが今ではないような気もしています。

車検は 26 日までなので、それまでに一旦結論を出そうと思いますが、積極的に動いてくださったマツダの営業さんには悪いんですが、ユーザ車検で先送りでほぼ確定かなと思います。
そういう意味で言えば、ジムニーの予約をしておいて、いつまでキャンセルが効くのか確認して、それまで悩んだんでもいいと思いました。

そうはそうと、本日の作業です。

今日は Y くんが応援に来てくれました。
朝一、明日のお宮の準備で、この時期クスノキの落ち葉やクヌギの花が凄いので、まずそれを掃除しようと思ったんですが、昨日の雨で濡れているので、昼くらいに乾いてにしようと思って、朝から検品・梱包作業をしました。
そうこうしていたら、かなり激しく降って、結局、掃除自体はできなかったんですが。

残りの X25, 在庫が切れている Hookaroon, X17 の作業が終わりました。
Hookaroon は多数ご予約いただいているんですが、今回は少し多めに入荷したので、多少の在庫があります。
しばらくは大丈夫だろうと思っています。

それとコンプレッサの件、その後です。

イワタの DIY 向けの 2HP コンプレッサですが、電圧降下で動かなかったので、配電盤のすぐそばに移動して設置しました。
そうしたところ、やはり動きません。
その場所では確実に起動できていたし、起動しようとしている様子はあるので、分解して注油したら、動くようになりました。

ただ、今度は使ってなかったホース類がかなり腐っていて、至る所でエア漏れしてしまいました。
予備のホースは買ってあったので、交換して、交換するついでホースリールの位置も移動しました。
予備タンクや、エアドライヤーについては、やり直す時間がなかったので、省いてあるので、時間が取れたら取り付けようと思います。

出典 MonotaRO

継手ですが、柔らかいホース、なんという材質か知りませんけど、あれが裂けたものの金具を回収して使いまわそうと思ったんですが、あまり柔らかくないオレンジの安いホースには使えませんでした。
金具は結構高いので、なんとかならないものかと思って MonotaRO を見ていたら、やたら安い継手があります。

写真を見てもどうやって使うものなのか、さっぱりわかりません。
これ、単にホースとホースを繋ぐものなのでしょうか?
コンプレッサから予備タンク、予備タンクからエアドライヤの 2 本のホースを作らないといけないんですが。。。

あと、エアドライヤからは、梱包機のところに行くものと、車庫スペースに行くものと 2 本に分岐したいところです。
分岐用のブロックはもっているのですが、今のところ行方不明なので、見つかったらやろうと思いますが、ここでももう 1 本ホースを作らないといけないので、都合 3 本です。

まあ、ホームセンターかアストロに行って、現物合わせするのが確実そうですが、武漢肺炎問題があるので、極力お取り寄せしたいところではあります。
とりあえず使えるようにはなったので、じっくりと煮詰めてからかかりたいと思います。

それで、電源を入れに行くのが面倒臭い件ですが、TP-LINK の スマートプラグ HS105 ですが、届いたので取り付けようと思ったのです。
ただ、どこにも負荷についてきちんと書いていなようで、1500W のものを繋いでいいのか、判断できませんでした。
参考の負荷としては、200W 前後のものの使用例で最大とかいてあるので、無理っぽい。
壊したら目も当てられません。
サポートは、平日のみみたいなので、週明けにも確認を取りたいと思います。
まあ、だめならトレーラヘッドの駐車スペースの照明をリモートで ON/OFF できるようにしたいと思います。