Husqvarna Gas-Powered Screed

マニアックすぎてごめんなさい。

昨日土間打ちをしたんですが、結構大変な作業です。

まあ、どの工程も大変なんですが、前々から気になっているものが Powered Screed と呼ばれる道具で、日本国内だと、マジックタンパーという名前で友定から出ていたりする んですが。
電動タイプとエンジンタイプとがあります。

日本国内だと結構高いんです。

米国内だと、例えば、Northern Tool の PB だと思うんですが、NorthStar の GX35(1.5HP)を搭載して 7,000 VPM と記載されているものだと、約 $1,000 なんです。
ただ、コテ部分は別売りっぽくて、$250 くらいします。

微妙かなと思っていたんですが、ちょっと気になったのが、Husqvarna のもの。

こちらもコテ部分は別売りで、$1,900 もします。
コテは 6ft から 14ft くらいまで 2ft くらい刻みであって、$300 — $500 くらいするんですが、10ft あれば、広い土間を打つ場合、かなり平滑に仕上げられるんじゃないかと思うんです。

ここでかなり平滑に仕上げておかないと、トロウェルが跳ねるし、ライトウエイトトロウェルだと、ほぼフリクをとることができない(スムージングディスクのオプションがない)ので、さらに重要性が増す気がします。

でもまあ、いくらなんでも高い。

ちっちゃい方は、$1,500 で 6ft で DIY にはちょうどいいサイズかなと思います。
動力がついてないものが $500 — $600 ほどするので、エンジン部分は、$1,000 ってことになるんですが、運賃は無視して、友定の電池タイプを買うなら、こっちの方が個人的には Husqvarna なので好きかもしれません。

Husqvarna のトロウェルもあるみたい。
ちょっと欲しいかも。

最大の問題は、もう土間打ちは済んだということです。
とはいえ、神社の駐車場もいつかは舗装をしたいので、ゆっくりじっくり考えて、頑張って貯金をしたいと思います。

FISKARS の気になる新型斧

今日から秋祭りです。
武漢肺炎・チャイニーズウイルス蔓延防止のため、祭典のみで、例年とは打って変わってひっそりで、寂しい限りです。
この疫病の早期の収束を願わずにはいられません。

fiskars.com だと、Norden という新しいシリーズの斧が出ていますね。
fiskars.ca だと出てませんけど。

N12 Splitting Axe (19 in.), N10 Chopping Axe (17 in.) (写真のモデル), N7 Hatchet (14 in.) というラインナップです。

N12 は、X17 が 23.5″, X11 が 17″ なので、その中間くらい。
N10 は、X15 が 23.5″ なので、それより小ぶりで、GERBER のFreescape Hachet の同等くらい。
N7 は、まんま X7 のサイズです。

N シリーズですが、見た目の通り、シャフトが木(ヒッコリーのようです)で、これはこれでアリなデザインだと思います。
Reddot winner 2019 ということなので、去年には出ていたのでしょうか、全然そんな話は仕入れ先からは、アナウンスがなかったんですが。

あと、fiskars.com にはないんですが、Amazon.com で X10 が売られていました。

アメリカモデルではなくて、ヨーロッパ向けでしょうか、ただ、ヨーロッパ向けは、テフロンの色がもっと明るい銀色で、シースもオレンジだったと思うのです。

ちなみに、アメリカモデルであっても、Home Depot あたりでは、テフロンの色はガンメタっぽい暗い色で、シースはペラペラのオレンジ、というものが売られていました。

結構 FISKARS 製品については詳しい方だと思うんですが、本国の FISKARS 村にも行ったことはないし、チャイニーズウイルスが収束しないまでも、コントロールされているところまでになり、海外との往来がもう少し楽になれば、フィンランドにも一度は行って見たいなと思うんですが、そんな日は、当面こなさそうな気がします。

雑多な日曜日

今日は Y くんが手伝いに来てくれました。

午前中は、倉庫の片付けをしたんですが、まず、既に売れているんですが預かり状態の JØTUL(ヨツール) F500 を検品して、梱包しました。

個人的に、F400, F500 あたりは、まさに薪ストーブ、という印象があって、特にこのマジョリカブラウンはいい色だなーと思っているんですが、結構、というか、かなりお高くて、扱ってはいるんですが、とても自分では手が出ない高嶺の花ってところです。
ソープストーンもそうですが。

溜まっているダンボールも片付けました。
重石でぺったんこにします。
今までの倍くらい入る感じ。
捨てに行くのも手間なのです。

それで、ふと、Kreg Accu-Cut & Rip-Cut が届いたまま、放置してあるのを思い出して組み立てようと試みましたが。。。
難しくてよくわかりませんでした。
説明書を読めってことかなと思うのですが。
まあ、時間があるときに続きをやろうと思います。

天気がいいので、おニャー様のトイレ丸洗いです。
Omega Paw の回転式の猫トイレ(旧型)です。

ロボットはまだ試していませんが、それ以外では、おそらくこのトイレが最も自分の性格にはあっている感じ。
見ての通り、シンプルな構成なので、簡単にバラして丸洗いできますし、とても軽くて丈夫です。

何よりも掃除はひっくり返すだけなのでほんの数秒。
ニャン糞は、その場でトレーに回収して、その場で捨てるので、きわめてシンプルです。

神社に移動して、この前洗った箇所が乾燥したので、防腐剤を塗り込みました。
最低でも、2, 3 度は塗らないとかなと思いますが、ちょっとクサイです。
平成元年に落成したので、早 30 年以上になりますので、少しでも長持ちするように手入れをしていきたいと思います。

高圧洗浄日和

今日は朝一兼務神社で秋祭りの準備からのスタートです。

2 週間前なので、ちょっとタイミングとしては遅いんじゃ無いのか、と思ったりするんですが。。。総代さんたちは、除草剤の散布と、草刈りです。

枯れるのは枯れると思うんですが、2 週間だと朽ちるところまではちょっといかない感じだと思うんですが、今年は武漢肺炎・チャイニーズウイルスの感染防止のため、祭典のみとなってしまいました。
なもんで、一般の方の参列はないのです。
だから、いいのかもしれませんが。

自分ですが、Y くんが手伝いに来てくれて、高圧洗浄をしました。
お湯がないので CPR の効きがよろしくないです。
まあ、まめに洗浄をしろということなのかなと思います。

サッシュを洗ったり、格子になっている建具や案、真榊台も丸洗いしてすっかりきれいになりました。

拝殿の床も洗おうかと思ったんですが、大して汚れていないし、大した量ではないとはいえ、床下に水が入るのは避けられればそれに越したことはないので、マイクロファイバーモップで拭くだけにしておきました。
どうしても、吹き曝しなので、すぐに埃等で汚れてしまうのです。

昼食をとって、帰りにマンションの駐車場の砂利に除草剤を散布しました。
ちょっと、アンダーが減っているところがあるので、ユンボが戻ってきたら 1 台くらい入れて、整地しないとです。
ここは隣接地を買い足したものなのですが、既存の駐車場は狭くて形状が悪いのですが、段差があるので、繋がっていません。
段差を解消して舗装したらどうかとも思うんですが、舗装だけで 100 万くらいは簡単にかかるので、元は取れないでしょうね。
なもんで、車が汚れない程度に、アンダーを追加してお茶を濁そうと思います。

戻ってからは、草刈りとか、倉庫に大雨の時に水が流れ込むことがあるので、犬走をもっと下げて排水路を整備するために、コンクリートをはつるかしようと思っていたんですが、なんとなくインターロッキングを洗い始めてしまいました。

トレーラヘッドも洗車して、気がついたら、17 時でした。

駐車場がきれいになって清々しい感じがしたんですが、5 号が、「修理代で 40 万も払わないといけないのに、1 円にもならない仕事しかしていない」という鋭いツッコミを入れてきて、トレーラヘッドの修理代に、ユンボの修理代に、今度はユニックの修理代と、雑貨屋の経営的にはかなりのピンチなので、やってもやらなくてもいいことなら、やるべきことをした方がいいのかなと。

あと、夕方 5 号がダンボール薪を作っていたんですが、2 箱詰めるのに小一時間かかって、手間を考えると大赤字です、ということをいってきたので、ダンボール薪も売り方を考えないといけないのかな、と思うところです。

問題点としては、今のものは原木を置いておいた期間がちょっと長くて品質にばらつきがあるため、一箱に 22 — 24kg と表示して売っているのですが、適当に詰めると 21kg くらいしか入らなくて、パズルのように丁寧に組み合わせて 23kg ようやく詰めることができた、ということなのです。
まあ、乾燥機にかけてカラカラなので、天日干しのものよりも軽い、というのもあります。
なので、重量表示を 20kg 以上、24kg くらいまで、と幅を広げるか、薪の品質が高くなり、短いものや曲がっているものを弾いておけば、隙間が減るのできっちり 24kg 詰められるのかなとも思うのです。
いずれにせよ、今の在庫はあと 1 箱か、せいぜい 2 箱分のストックなので、それが売り切れたら、その頃には乾燥機も治って次の薪の生産が始められると思うので、配送方法も含めて考えたいと思います。

夕方、疲れて帰ると全ニャン揃ってお出迎えです。
すっ飛んできて、おじさんの相手をしてくれるのは、おニャー様たちくらいです。

明日は、午前中、O さんが原木を引き取りに来るということと、乾燥機のチェックのため、園に行きたいと思います。
4 連休と聞くと、勤労意欲がわかないところですので、昼からは特に何をするのかは考えていませんが、修理代のこともあるので、なんか仕事をしないとと思います。
ボチボチ頑張ります。

キャンター入院・マンションの掃除

今日は朝一は宿の予約をしました。

いつもお世話になっている滋賀の K さんたちが松山に来られるんですが、Go To で道後に泊まってみたい、ということなのでふなやさんを予約したわけです。
ふなやさんは、皇室御用達なので、間違いはないと思います。
しかし、35% off とはありがたいですね。
それだけ、業界の方は大変なんでしょうけど。

昼からは、ユンボを第 2 ヤードに回送しようとしたんです。
クローラが切れかけたので修理を頼んであったんですが、出来上がっていたので、昨日積んで帰っていたのです。
昨日、オートマのくせにエンストしたりしておかしいなと思っていたんですが。。。
ユンボを積んでいるんで平地から行こうかと思ったんですが、てんやに行きたかったので、12% の勾配の道を登っていたら、やたら重たい。。。
あれよあれよという間に速度が落ちて、ついには止まってしまいました。
ENGSYS 警告が点灯しています。
1 速に入れても 1mm も前に進みません。
峠で止まるとはなんと危ない。。。

ふそうさんに電話をかけると、いったんエンジンを切り 5 分待ってからかけ直して欲しいとのこと。
それで警告が消えると思うけど、点検したいと言われました。

というわけで、ユンボを下ろして、点検に持っていくことにしました。
5 号がいるので、2 台で行けるから、キャンターを置いて帰れるので、とても助かります。
一人だと代車を借りないとですからね。
16 日くらいまでにはなんかしますということだったんですが、回送もできないし、出荷もできないし、早く直るといいんですが、費用が心配ですね。
9 月なので、6 ヶ月点検もお願いしました。

あとは予定通り、マンションの供用部分を清掃しました。
高圧ホースが長くなったので、本体は移動せずに、高圧洗浄できるようになりました。

最初はバリオスプレーノズルを使っていたんですが、このマンションは排水がクランク状になっている箇所が多く、泥跳ねが酷いので、洗浄ムラ(洗浄力が強すぎる)と騒音の問題があるんですが、サイクロンノズルに切り替えました。
倍くらい作業効率が良くなりました。
最初はパートさんたちでできるかと思ったんですが、女性にはちょっと無理そうなので、結局、5 号と二人で全部やってしまいました。

思い返すと、こういう作業の担当の T さんが亡くなってもう 2 年になるのですが、自分が洗いに来たのは初めでなので、そういうことはつまり 2 年、廊下を洗浄していなかった、ということになります。
なので、汚れが酷かったです。

それはそうと、最近 OxiClean(オキシクリーン) が気に入っているんです。

神社の丸洗いでもそうなんですが、CPR はかなり高価だし、コストコではかなり安くオキシクリーンを売っている(量がものすごい)ので、木部や、コンクリートや重歩行フロアに対して使えるようなら、輸入してみようかなと思っています。
愛媛にはコストコがないですから。

毎月 Amazon.com で買っている(というか、Subscribe している)ので、少しあまり気味なので、テストしてみようかなと思っています。

夕方、小屋に帰ると、ピュアクリスタルが空気を噛んでいる音がしていました。
水がなくなってしまっていたわけです。
早速、水を補給すると、水をあまり飲まない猫たちがガブ飲みです。。。
カリカリだから喉が乾いたよね。
4 号は、おっしっこが出なくなる持病があるので、気をつけたいと思います。

明日は 15 日なので、午前中は月次祭で、午後からは、免許の書き換えに行って来たいと思います。
最近視力が落ちた自覚があるんですが、ついに眼鏡等になってしまうんでしょうか、心配です。
ボチボチ頑張ろうと思いますが、視力はどう頑張ればいいのやら。。。

お宮丸洗い

今日は Y くんが手伝いに来てくれました。
で、お宮からスタートです。

まず、CPR で洗います。
通常の半分くらいの濃さで作りました。
気温は十分に高いのですが、瞬間湯沸かし器でお風呂くらいの温度の温水を作って、マキタのバッテリー式噴霧器で吹きかけました。

しばらく放置した後に、ケルヒャーで洗浄します。
無論、CPR をかけなくても、高圧洗浄だけでも、相当汚れは落ちたと思います。

それで、まあ、見ての通りで、ものすごく色の汚水が出るわけで、インターロッキングブロックなどに汚れが残るので、エンジン式の高圧洗浄機も引っ張り出してきて、Y くんと二人でせっせと洗いました。

午前中で終わるかなと思ったんですけど微妙に終わらず、午後も続けてやっていたんですが、あちこち気になって、結局夕方までガッツリ作業してしまいました。

まあ、それなりにきれいになったんですが、帰り際、神門の汚れも気になるようね、という話になりました。
調べてみたら、かれこれ 5 年間、洗っていないようです。

前回は足場を組んだようですが、次回はフォークリフトの安全カゴがあるので、足場は組まなくても大丈夫なんじゃないかなと思っています。

寒くなる前に時間が取れたら作業をしたいと思いますが、まあ、その前に、今日洗ったところが乾いたら防腐処理したいですし、建具屋なんかの汚れも気になるし、透水コンクリート舗装ですが、南側のみで、北側は舗装できていないので、これも続きをやりたいし、コンテナの修理もやりかけているし、擁壁の補強工事も 2 年前から中断したままになっているし、直すよりも壊れたり傷んだりする方が早い感じです。

できる範囲のことしかできないので、小さなことからコツコツと(© 西川きよし)頑張りたいと思います。

それで、新しいホースリールについてです。

この間、ケルヒャーの高圧ホースが裂けしまった んです。
当然ですが、高圧ホースがないと使えないのですが、純正品は品質が悪いので、社外品を買おうと思ったわけです。
10m くらいでいいかなと思ったんですが、マンションの供用部分の掃除にあったら便利かなと、5 のつく日に思い切ってホースリールを買った わけです。

ホースの長さは 50m なのですが、1/4″ なので、水が入った状態でも、一人で普通に持てる程度の重さです。
軽くはありませんが、重くて大変というほどではない感じ。

今日は、当然 50m もホースを引き回すようなことはしませんでしたが、それでも 20m くらいは使った気がします。
今までだと、しょっちゅう本体を移動しないといけなかったので、格段に楽になりました。
ただまあ、50m は少々やりすぎたような気もしないでもないです。

それで、人間等のは一つ問題が解決すると、また一つ思いつく生き物なのか、今度はホースを片付けるのがかったるいのです。
うちのは本体と高圧ホースの接続がねじ式なので、結構手間なんですよね。
ガンはフックのようなもので固定するタイプなので、基本的につけっぱなしになりますし。
なので、台車に本体とホースとをセットしてしまったらどうかなと思うのです。
ただまあ、ブレーキ付きでないと、ホースを引き出す際、勝手に動いて調子が悪いのではと思うのですが。

エンジン式も、ホースリールを収納できるように、改造したいと思いつつ、10 年くらい経っちゃってる感じですし、思っているだけで実行しないような気がしないでもないんですが。。。

なんだかんだで、今日はマンションの掃除はできなかったので、明日ボチボチ頑張ろうと思います。