ホース代をケチりたい件

トロンメルの話です。

ホースのことなんですが、米国で買えば高くはないんですが安くもないのです。
それで、以前書いたと思うんですが、Brave 13t が計算ほどの速度が出なくて、これはホースやポートサイズの問題じゃないかと思うのです。
なので、太いに越したことはないし、そういう意味では、薪割り機なんかは皆 1/2″ を使っているのでそれに合わせたらいいようにも思ったりもするんですが、今回、薪製造機のベルコンを駆動する圧油を横取りしてやろうという作戦でいます。
そうすると、モータの位置はベルコンの付け根になりますから、ベルコンの長さ + α、さらにトロンメルを駆動するモータは出口側につきますので、トロンメル本体の長さ + α、都合 10m くらいにはなるわけです。
往復 + ドレンですから、3 本必要です。
意外と馬鹿にならないのでは、と思うわけです。

それで、走行減速機ですが、現状 0.12 cu のポンプを使っているわけで、3,000rpm で駆動すると、1.56 GPM で運転されているということになります。

Q をフローレート(GPM), D を配管内径(インチ), V を流速(ft/s)とすると、

Q = 2.45 \times D^2 \times V

となります。

ポンプ側について言えば、そもそも SAE 6 で、この 6 って数字は Dash Size といって、1 = 1/16″ なので、SAE 6 ってのは、6/16″ = 3/8″ ってことになるので、ホース部分を 1/2″ にすれば余裕はあるんだけどね、不必要だよね、ってことになるのかなと思うのです。

それで、最も不利なのはサクション側なんですが、それですら SAE 6 のポンプもあったりして、まあ、K さんのところの初号機は SAE 8 ですが、まあ、ここは一つ 3/8″ にサイズダウンできるのかどうか、というのをちゃんと計算したらどうかと思うわけです。

2.45 \times (3/8)^2 \times 4 = 1.378125

戻り側の速度は、4 — 7 ft/s くらいとされているので最も不利な数字を採用します。
うーん、戻り側は最悪の条件では少し厳しいということになりますね。
まあ、戻り側なんで、Hosebarb を使って 1/2″ にすれば安上がりって話もありますが。
ドレンについても、同様に。

どれだけ安かがりかというと、144″ の場合、3/8″ だと $26.25, 1/2″ だと $28.90 って、ほとんど変わらないですね。
よくわからないんだけど、多分、One-wire の安物だと思いますけど、$16.95 ってのが 1/2″ にはあるから、1/2″ の方が安いってことになりますね。
なんとも。。。
流量の計算方法がわかったので、よしとします。

あと、もう一つの課題は、ベルトコンベアの流量が分からないので、フローディバイダをどうするのか、決められない、ということです。

プロポーショナルフローディバイダを使えば、ベルコンの速度は単純に 1/2 になります。
まあ、1/2 になっても問題ないとは思うんですが、問題は、それでトロンメルが駆動できるのか、ということです。
実際に走行減速機の必要な流量も分かりませんし。
K さんがインバータ駆動にしているので、逆にモータの回転数とスクリーンの回転数から必要流量を逆算した方が早いかもしれません。

流量計は結構高価なので、コンベアの方は、戻り側ホースを外しておいて、一定量が何秒でバケツに貯まるのか、という原始的な方法で当たりをつける程度でいいんじゃないかとも思います。

あ、そうそう、全然関係ないんですが、注文してあったニューマチックストラッピングツール(Pneumatic Strapping Tool)ですが、今朝届きました。
というか、知らない間に置いてありました。

早速試しましたが、引き締めはちょっと弱いような気がしないでもないです。
それと、溶着ですが、タイマーで自動で切れるからそれまで押し続けろ、みたいなことが書いてあるんですが、止まらないですね。適当なタイミングで離すと一応溶着はできているんですが。

マニュアルをざっと読んでみたんですが、タイマーの調整方法のようなことは書いてません。

実際に使う前にちゃんと調べようと思います。
高くはないんですが、安くもないので。

昨日書いた WiFi ですが、夕方、出荷の後、オートバックスに行ってみたんですが、物自体は置いてありませんでした。
なもんで、大きさだとか、そういう部分は全くわからずじまいです。

帰りに DoCoMo ショップに寄ってみたんですが、なんと定休日でした。
それも、月に 1 回の。
定休日男の本領を発揮してしまいました。

こっちは、毎月費用が発生し続けるのでよくよく考えたいと思います。

ドラム缶反転機の初仕事

見ての通りであります。
使い方が微妙にわかってないんですが、なんとかひっくり返せています。
チェンを引っ張ると、ギアでゆっくり回転させることができますし、手を離せばその位置で止まります。

今は鉄屑を 1.5m3 入るバッカンに溜めているんですけど、いっぱいになったら、重すぎるし、そこまで貯まるのに時間がかかりすぎるので、今後はドラム缶に貯めて、ある程度溜まったらこれで反転して軽トラックに積み込んで売りに行ったらいいんじゃないかと思ったんですが、灰を反転する際にそれなりにチェンが重かったので、鉄はちょっと難しいかなと感じました。

灰の比重は、1 くらいですが、鉄は 7.9 くらいなので、空隙率が 8 割でも灰よりは重くなるってことですよね。
口元まで入れておかないと回転時に重心が偏るし、かといっていっぱい入れると耐荷重を越えそうに思います。
一番いいのは、腐りかけのドラム缶ごと捨てて帰ることでしょうけど。

それで、灰の片付けとは別に、竹藪の掃除をしました。
今年は春にしていなかったので、結構伸び放題でしたが、作業道を 20m 程度延伸しました。

それで前々から欲しいと思っているアタッチメントがこれです。
以前は、2 本ツメのものだったんですが、3 本ツメのものも発売されました。
値段が 10 万くらい上がっているんですけど。。。

これがあれば、掴んでカットして、掴み直してカットして、少なくとも数メートル分は楽に竹を切り詰めることができると思うのです。先端の方がうまくカットできるかは分かりませんが。
かなり楽になるんじゃないかと思う反面、おそらく一日で全て片付いて用事がなくなるような気もしないでもありません。
竹も炭に焼くとかして活用できたらと思うんですが。。。

まあ、そんなこんなでおみや駐車場の周りは多少片付きました。
ボチボチ頑張ってお正月までには山の掃除を終わらせたいと思います。

PP バンド結束機 その後

昨日書いた PP バンド結束機のエア漏れの続きです。
修理代に何万もかけるのも馬鹿馬鹿しいので、米国でいくらくらいするものか調べることにしました。
ただ、英語でなんというのか、これがわからないと検索のしようがないのですが、とりあえず、PP strapping tool で検索をしました。

Yaetek A-19 Hand-held Pneumatic Strapping Tool for PP &PET 1/2Inch to 3/4Inch (13~19mm) Portable Strapping Machine、値段は $178.88 でした。

動作は圧縮空気です。

4.3 out of 5 stars, 9 ratings ということで、とりあえずは使えそうです。
修理代よりも安いわけで、注文しておきました。

今のところ、Shipping & Handling で $32.96, Import Fees Deposit が $25.11, Grand Total $236.95 ということになっています。

経験上、このツールは非課税(関税が不要)ですし、個人輸入の場合、消費税は減額されるはずなので、デポジットの $25.11 は高すぎるので払い戻しがあるのではと思いますが。

船便だと時間がかかりすぎるので航空便ですが、Arriving November 12 と表示されているので、2 週間程度かかるようです。

一応、PP と PET のバンドに対応していますから、帯鉄の代わりにこれからは PET バンドに切り替えてもいいようにも思います。送った先で、帯鉄は切るのが大変ですが、PET なら、ハサミで切れなくもないので、多少楽でしょうし。

耐久性等は未知数ですが、これでしばらくは楽ができそうです。

ポータブル冷蔵庫が届きました

今日は M くんが手伝いに来てくれました。
お宮の掃除をしようと思ったんですが、だんだん気温が上がってしまったので、掃除は曇りの日にして、倉庫の片付けをしました。
X27 の検品、梱包等を行い、倉庫もだいぶ片付きました。

散々悩んだポータルブル冷蔵庫ですが、ついに届きました。
思ったよりも 1.5 倍くらいデカイです。
早速明日からの配達に使う予定。

これで、お弁当とか、腐る心配が減るので、途中で買う必要がかくなります。
コンビニで買うと、お弁当も高いし、飲み物も高い。
駐車場が大抵狭いので、極力、寄り道は最低限にしたいんですよね。
それよりも何よりも、支那ウイルスの問題もありますから。

あとは電子レンジが使えるといいんですが、まあ、贅沢を言い出すとキリがありません。

それと、こんなものも届きました。
神社の授与品を作ろうと思います。
あと、レーザー彫刻用のゴムも買ったので、御朱印作りにも挑戦してみます。
まあ、おいおいと。

充電式冷蔵庫 2021 年夏の陣

初めに結果を書いちゃいますが、ハイコーキの圧勝(個人の感想)ですね。

まず、ハイコーキの利点として、本体が充電器を兼ねている点が挙げられます。
なので、例えば車載して使う場合、走行時に充電される訳ですよ。
その後、工事車両などだと、作業している間はバッテリーで駆動されて、休憩時間に冷たい飲み物を買いに行かずに済む。
長距離トラックだと、停車中にも冷蔵庫は機能し続ける訳です。
昔のモデルはペルチェだったんですが、今はコンプレッサで、仕切りを使って -18°C と 5°C とを併用できるそうで、アイスとドリンク、両方冷やせる訳ですよ。
しかも、マルチボルト対応。

それに対して、マキタは、充電機能がない(はず)。
もうこの時点で負け。
さらに、バッテリーの性能でボロ負け。
2 部屋なくて、いいところ、全くなし。
マキタのバッテリーを持っている人でないと、積極的に選択する理由もないんですが、40V max(これ、表示詐欺では?ハイコーキは41V max だそうです)で電池を買い直すタイミングで、マキタに見切りをつけた方がいいんじゃないかと思ったり、思わなかったり。

少なくとも、40V max シリーズを買うことは当面ないと思うのですが、流石にハイコーキで電池から揃える気もない。
それに今から注文していつ届くのかしら、という問題もある。
災害時によろしいのでは、という思いもよぎったんですけど、だったら、ポータブル電源を買っておく方がメリットが大きい様に思うんですよね。

というわけで、来年以降の新モデルまで様子見をしたいと思います。

それはそうと、今日は 15 日なので、神社の巡回をしました。
アブが多量発生していまして、5 号が大騒ぎ。
北海道には虫はあまりいないのか、虫がキモいとかなんとか、かなりどうでもいいんですけど、当人にとっては切実な問題の様です。
自分的には騒いで車に閉じこもって出てこないので、仕事にならないから、そっちは問題なんですけど。
帰り際に、どう言う虫なんだと言い出して何やら調べていて、ハエとかなんとか。
アブ(ハエ)は羽が 2 枚で、ハチは 4 枚なんだそうです。
そのことを知ってなんの得があるのかわかりませんが、とりあえず、アブがハエだということを知って、賢さが 1pt くらいアップしました。
それよりも、どうやったら退治できるかを調べた方が良かったんでは。。。>5 号

この間頑張って草刈りをしたところですが。。。
全く意味がないくらいに伸びてしまいました。。。
半月立たず元通り。
生命力を感じますけど除草剤に頼らず、なんとかしたいものです。

Oregon Speed Cut とやら

すっかり忘れていたんですが、Oregon の Speed Cut とやら がなかなかよろしいと聞いたような、そんなことをふと思い出しました。

これ、確かバーも Speed Cut 用があったと思うんですが、18″ でセットで $55 くらいのもののようです。
今のところセールで $40 ほど。

というわけで、とりあえず買ってみるだけ買ってみました。

日本には直送してくれないので、航空便で取り寄せるか、チェンは何本も残っているし、後 1 年くらいは今持っているのでなんとかなるので、船便でのんびりでもいいのかなと思うところです。

ちなみに日本だと…高い!

それと、メインでは使っていないんですが、新ダイワの 14″、Power Sharp を使っていたんですが、予備のチェンがついに無くなりました。

目立てが瞬間で終わるのは確かにメリットと言えばメリットだし、抜根したものを解体したりで、すぐに切れなくなるようなシーンだと、人件費を考えるとご利益があるんですが、普通に使う分にはどうしてもランニングコストが気になります。

5 号に目立てを教えて、まあ、本人も言っていたんですが、チェンソーを使う訳ではないので、切れるかどうかは謎、ってことで、実際のところ、正直イマイチの切れだったんですけど、まあ、目立てをしておいてくれるので、Power Sharp はいいかなと。

もともとは 25 だったんですが、Power Sharp 化したので、PS になっています。
PS は、多分 91 互換。

91 はというと、今は 91PXL という Low Kickback のものがあるようなんですけど、91VXL の方が 33% カッターが大きい=長持ちということになりますから、91VXL でいいかなと思ったんですけど、別に Oregon 純正を使う必要もないんじゃないかとか思うんですが、米国での Oregon の値段($13.69)は、日本のチャイニーズものと価格差は大してないので、91VXL を注文したんですよ。
ところどっこい、このところ、米国からのお取り寄せ品が、やたら Undeliverable になります。

Track your package for details

ってことなんですけど、

Undeliverable
Unfortunately, a problem occurred during shipping and we had to cancel your delivery. The package is being returned, and we will issue a refund within 3 – 5 business days after the return is processed. We’re very sorry for the inconvenience.

と、具体的な理由自体が書いてないんですよ。
困るなぁ。

それと、Speed Cut といえば、Speed Cut Nano ってのが出たみたいなですけど、これ、うちのトップハンドルで使えるんでしょうかね。

出典 オレゴン

バーとスプロケットもセットで交換しないとダメっぽいんですが、今のところラインナップにマキタの文字は見当たらず。。。
25AP なんですけど、ちょっと太いとすぐにギブアップするんですよね。

だいぶクスノキが大きくなってそろそろ収拾がつかなくなる気がしてきているので、近いうちに高所作業車を借りて、ある程度切り詰めておかないとと思うんですが、書いてある宣伝文句の通りのご利益があったら、すごく楽になりそうな気がしないでもないです。

そういう時にあると楽かなと思ったポールソーですが、実物持ったら重かったので、あれは使い物になりませんね。
よほど体力に自信があれば別ですが、あれじゃあ、小一時間も作業したら、腕が攣ってしまうんじゃないかと思います。
素直に寄って、FISKARS のハサミでチョキチョキ、また寄ってチョキチョキ、ハサミできれないほど太くなったらトップハンドルで切ればいいんじゃないかと思います。

竹の手入れもそろそろしないとだし。。。

それにしても、薪割り機の A/N, 先週届くかと思ったんですが、届きませんでした。
いくらなんでも遅すぎるし、米国側はお届け完了です(運賃は元払いしている)とか訳のわからないことを少し前に言ってきたんですけど、文句を言おうかと思ったら、31 日は Momrial Day(5 月最後の月曜日)でお休みなのでした。
時差があるで、火曜日の朝まで状況がわかりませんが、日本側の代理店と思われるところに電話をして確認してみようとは思います。

あとは、薪割り機の作動油タンクを大型化するために鉄工所にオーダーしてあるんですが、これも先週中にはなんとかしますという返事だったのに、音沙汰なし。

チップ残りが少ないので、注文して、代金を払いにいかないといけません。

自動車税を払うのも危うく忘れるところでしたから、これも払いに行かないとです。

乾燥は終わって、袋詰めも終わっていると思うので、トレーラに積み込み作業を行わないといけません。

土曜日に EX40D のエアクリーナを取り寄せていたものが届いているので、部品屋さんに取りに行かないといけませんし、エンジンの修理もして、薪製造機をとりあえず使えるようにしないと、次の乾燥を始められません。
というか、次の乾燥のためには、貸し出しているメッシュパレットを回収してこないと、もうカゴがないのです。

明日の夜、コンテナを回送して、火曜日, 1 日は、午前中は月次祭があるので、終わったら配達に出かけようと思いますが、2 日の朝到着して、2 箇所回るので、荷下ろしが一日で終わるかどうか、ちょっと微妙なところです。
天気も気になるところですし。
2 日に配達を終えることができたら、3 日中には戻れそうですが、亡父のいわゆる法事(うちは神道だから、正確には法事とは言いません)もあるし、薪割り機が入荷したなら、一刻も早く、内容点検をして、食品衛生法の届出を行わないといけないので、配達に出られるタイミングがかなり微妙なところです。

まあ、ボチボチ頑張ります。