水圧を測定しました

まあ見ての通りの結果で、0.15Mpa でした。
0.15Mpa は 21.76PSI です。
Mpa から PSI への変換は 145 を掛けます。(逆は 145 で割ります)

水道法の規定に基づく水道施設の技術的基準を定める省令では、配水管から給水管に分岐する箇所においての水圧の範囲は0.15Mpa以上~0.74Mpa以内となっています。

ある意味ギリギリ下限ではあるんですが、向こうの浄水フィルタがこの圧力で良いのかどうか、後、シャワーなどで水圧が足りるのか、ということが気になりますね。

母屋は丸太小屋よりも 5m くらい低いので、計算上 0.05Mpa くらい圧力が高いはずです。
厳密に言えば、重力加速度が 9.8 なんで、2% ほどズレますけど。

(1.0 x 10^3) x 5.0 x 9.8 = 49,000 Pa = 0.049Mpa

倉庫については、さらに 5m くらい低いので、0.1Mpa くらい高いと思います。
まあ、後で測ってみようとは思いますが、RO の場合、0.3Mpa 必要だとすると、どこに設置するとしても、加圧ポンプがないとダメですね。

whole house タイプの場合、圧力損失がどの程度かにもよるんですが、給湯器なんかは水道法の圧力がある前提で設計されているでしょうから、問題が生じる可能性もなきにあらずですね。
一応、この情報をメーカーに伝えて、加圧の必要があるのかどうか、確認してみようと思います。

まずは水圧の測定が必要

井戸水の汚染対策ですが、選択肢がかなり絞られてきました。
そして、目下のところ最有力の対策ですが、丸太小屋に供給される全ての水を濾過するタイプ、となります。

選択肢を列挙すると、

  • 浄水フィルタタイプ
  • RO(タンクあり・ポンプなし)
  • RO(タンクあり・ポンプあり)
  • RO(タンクレス)

という感じで、値段は下に行くほど高くなります。

RO の場合、浄水能力が高いのが利点なんですけど、タンクがとにかく邪魔です。
さらにうちは井戸水なので、可能性として夏場だとタンクが冷たいので結露したりしないのか、という懸念があります。
タンクレスや、ポンプありの場合、電源も必要になります。
RO で浄化するのは飲用水だけなので、専用の蛇口を追加しないといけません。
蛇口自体はシステムに付属するんですが、うちはキッチンがブラックで、水栓もブラックなのです。
なので、お揃いの浄水蛇口を買うと、これがなかなかの金額になります。
さらに、タンクレスの場合は、蛇口にデジタルメーターがついているので、クロームの専用のものを使わないといけません。
RO の場合、お風呂や洗面、トイレといったそのほかの水回りについては手付かずなので、水垢の問題等は依然残ります。

これに対して全ての生活に使う水を濾過するシステムの場合、水圧が足りていればですが、ポンプは必要ないですし、蛇口を新たに追加する必要もないわけです。
システム自体も安価です。

なので、まずは水圧が足りているのかを調べ、足りているようなら家全体を濾過する方法で進めようと思います。
その上で、汚染の除去が不十分であるとか、なんらかの問題が残ったら、その時はその時で、RO なりを追加で投入すればいいのかなと思います。

というわけで、水圧の測定が必要なので、水圧のテストゲージを注文しました。

「通常2~3日以内に発送します。」って表示があるんですけどね、音沙汰なし。

こちらだと、Prime だし、Amazon が発送するので、明日届きますね。
しかも安いし。
選択ミスですが、注文してしまったので、しばらくは待とうと思います。

RO システムその後

今日は雨かなと思って休みにするつもりだったんですが、結局降りませんでした。
朝、普通に起きたんですが、疲れが溜まっていて、二度寝をしてしまい、起きたら 10 時で、ダメダメスタートとなってしまいました。

それで、昨日書いた RO システムのその後についてです。

まず、iSpring Water System が問い合わせに対して返信がないので他をあたった方がいいじゃないかという件ですが、蕎麦屋の出前じゃないけど、文句を書いた途端に返事がありました。

Any RO system we sell has a very high rejection rate for Nitrates at 93% to 96% so the RO would be a good fit for you. Also any carbon filter can also remove Nitrate such as the WGB32B whole house system.

内容としては、上の通りで、9 割方削減できるということです。
話半分で 5 割削減でも 15ppm なので、10ppm を下回ることは確実です。

それで、昨日リンクを貼った安価、$200 しない RO システムですが、あれはあれで悪くはないと思いますし、日本国内だとその値段では蛇口すら買えないと思われるので、まあ、試しに買ってみても良いとは思うんですが、気になっている点があって、それは丸太小屋が井戸よりも随分と高い位置にあり、水圧が足りるかな、ということです。

濾過した水を溜めるのだと思いますが、タンクについてホースが一本しかないので、構造として アキュムレーター であろうと推測しています。
RO で圧がかなり失われると思うので、その後、タンクに貯めるためにも、そこそこの圧が必要だと思うのです。

トイレなども流れないといけないので、タンクレスではなく、ロータンクを使っているくらいなのですが、今どれくらいの圧力かは把握していません。

この件について、Y さんがメッセンジャーで資料をくれました。
タンクについては、圧力(空気)を確認する的な作業があるようですので、アキュムレーターであることはほぼ間違いないと思います。
それで、水道の圧力としては 40PSI — 100PSI ということのようです。
自分は PSI の方がわかりやすいんですが、0.28Mpa — 0.69Mpa ですね。
水道法だと、0.15Mpa — 0.74Mpa ですから、下限がかなり厳しい数字です。
そういう意味では、加圧ポンプ付きのシステムが安心かなと思うわけです。

いずれにせよ、これも、ちゃんと調べてからの方が良さそうです。

シートを修理しようと思ったんですが。。。

今日、午前中はタカラのショールームに出かけました。

井戸水が汚染されてしまっている件ですが、RO システムを導入しようと思うので、純水を供給するために追加の水栓を設置しようと思うのです。
その件について、仕様を確認したかったのです。
図面をもらったので、あとはどのシステムを導入するか、ということになります。

それで、この前 Amazon.co.jp で売っているものについて、問い合わせをした(しかもわざわざ英語で)のですが、返信がなかったので、他のものにしようと思うのですが、

About this item
Reverse Osmosis Water Filter: Experience what water should taste like with the Express Water reverse osmosis water filtration system reducing up to 99.99% of Lead, Chlorine, Fluoride, Nitrates, Calcium, Arsenic, and more.

ということで、Nitrates が 99.99% 除去できると明記してある(まあ、アテにはしてませんけど)ものがあったし、価格もかなり割安で、導入動画を見るとかなり簡単そうに見えるので、これでいいんじゃないかと思うのです。

問題点というか、よくわからない点として、

  • タンクはホースが一本行くだけのようだけど、どういう仕組みなのか
  • 給水側のネジの規格が不明
  • 水栓は付属のものを使う場合取り合いは問題ないとしても、日本製のものを使う場合、変換をどうするのか
  • RO で純水を作る際に生じた廃棄水を捨てるためのアダプタは、米国仕様のパイプに挟み込む形なので、おそらくサイズが合わないがどうするのか

があります。

ネジ関連は実物を見てから考えるのでもいいんですが、パイプに挟むこむ件については、インストールの説明動画を見ていると、NPS がどうたらこうたらと聞こえたのですが、まあ、JIS 品であるとか、現物であるとかを調べて、どうしてもダメならば、単に排水するだけなので、床に一つ穴を開ければ済む問題でしかなので、下手にパイプに抱かせて老衰するよりもそのほうがいいかなと思うところです。
多分、案ずるより横山やすしで、それほど深く考えるまでもない程度のことかなと思います。

ただまあ、タンクがクソでかいので置き場をどうするのか、シンク下には無理そう。
あと、多分水圧は足りていると思うのですが、井戸よりも丸太小屋は高い位置にあって、水圧が高くないので、トイレとかもタンクレスにはしていないのです。
また、軟水装置は別につけたいと思っているので、圧が下がることはあって上がることはないので、RO 用のポンプがあるものの方がいいようにも思います。

現状、そんなこんなで、最終的にどれを買うか、高くて失敗したら取り返しがつかない、というほどではないのですが、まあいいか、と思える値段でもないので、ちょっと悩んでいます。

それで、午後からは、シートの補修をするつもりで園に行きました。
お昼を食べている時に M さんからローリングタワーが欲しいが持っていないかという電話がかかってきて、脚立の登り下りが嫌だというので、もしやと思ったら、コンテナにシートを午前中にかけてくれていたのです。
なので、補修は諦めて、みかんのカゴを運んで、またまた大量に発生した皮を積んで帰るだけで、仕事が終わってしまいました。

薪の方ですが、原木がほとんどなくなってしまいました。
とりあえず、今あるもので、次の納品はなんとかなりそうです。
一旦、原木を全部片付けたら、機械類の整備をしたいと思います。

愛媛に戻りました & しまなみ海道の通行料金 & 東側の窓が眩しい件

無事に愛媛に到着しました。
あまり寝ていなくて、すごく眠かったので、ゴロゴロしていたら夕方になってしまいました。
猫たちは元気なのはいいんですが、うるさくて今ひとつすっきりと寝られなかったんです。

それはそうと、しまなみ海道の通行料金について思うところがありまして、調べてみました。
特大車なので、勝手にどこでも走れるわけではないのですが、しまなみ海道は通行料金がすごく高いので、もし途中の島で一般道の区間を走ったらどうなるんだろうと思ったわけです。

現在の許可があるルートは、今治北から西瀬戸尾道まで全区間高速道路を走行します。
通行料は、ETC で土日の場合 10,820 円かかります。

比較的島が大きな大島, 生口島は、それぞれハーフインターになっていて、島の一般道へ迂回することができなくもない構造です。
なので、大島南で降りて大島北で乗る、生口島南で降りて大島北で乗る、という経路を選択したらどうなるのか、調べてみました。

そうすると、今治北・大島南が 3,560 円、大島北から生口島南が 3,820 円、生口島北から西瀬戸尾道までが 3,440 円です。
足し算すると、10,820 円です。

その結果、高速料金は同じだと判明しました。
まあ、途中、島による用事がっても、逆に言えば、料金が変わらない、ということにはなるわけですが。

後、朝方帰ったので、午前中はずっとゴロゴロしていたんですが、ベッドが東側にあって、9 時前になると、ちょうど日が差してむちゃくちゃ眩しいということに気づきました。
普段はおニャー様が朝早くから起こしてくれる(朝ご飯のおねだり)から、強制的に規則正しい生活になるんで、その時間まで寝ていることがないので、かれこれ気づかなかったんです。

断熱性に関しては、丸太小屋の割には悪くないし、東側は山しかないし、型ガラスになっていて、窓には何もありません。
カーテンもマンションで使っているものがあるのですが、レールがないのでつけていません。
遮光にすると真っ暗になるし、カーテンって目隠しにはなると思うんですが、ほとんど空気を固定できないので、断熱とかはあまり期待できないので、前々から ハニカム構造のスクリーン に興味があって、取り付けたいと思ってはいるんですが、ものすごく高いんですよね。

今は、セイキ以外に、ニチベイだとか、いろいろなところから出ていて、既製品だとかなり安い値段でもあるんですが、どうせならピッタリにして、断熱(気密)仕様にしたいところです。
そうするなら、夏と冬とでスクリーンの開け方を変える必要が出てきます。
夏場は窓の周りは暖かくなるので、下に隙間を開けるようにした方がいいだろうし、冬はその逆かなと。

ただ、コスト対効果、ということを考えると、インプラスとかの内窓をつける方がいいと思いますが、これ、掃除が面倒くさくなるんですよね。まあ、掃除なんて滅多にしないんですが。

そこまで本格的なものをつける必要もないので、プラスチックのレールを窓枠に貼って、いわゆるプラダンで引き違い内窓を作る方法なんかもあるかなと思うんです。

なんと コメリからキットが出ている ようなんですよ。

ただ、ちょっと見た目がチープですから、今思えば、ここにも障子をつけておけばよかったなと思いました。

予算的には、L サイズが必要になるので、約 1 万です。
インプラスだと、工事してもらうと 4 万くらい、モノだけ弟にとってもらって 3 万弱はすると思うのですが、まあ、作り的には断然インプラスです。

今の選択肢としては、

  • ハニカム系のスクリーン
  • コメリの簡易内窓 or インプラス + カーテン(要レール取り付け)

といったところでしょうか。

確実な気密・断熱という部分では内窓とカーテンに軍配が上がると思いますが、愛媛で安物ではあるものの樹脂アングルのアルミでガラス自体も遮熱コーティングをしてペアガラスではあるので、実際、6 畳用 1 台で 50m2, 天井高さ 3 — 8m の一間の空間が冷房できていますから、コスト対効果という面では、優先順位はかなり低い感じではあるんですが。。。

物珍しいから、一度使ってみたいので、やはりハニカム系のスクリーンになるかなと、思うところですが。
まあ、弟に一度見本を見せてもらって、仕切りを聞こうと思います。

窒素系の汚染は 15ppm

井戸水の汚染の件の続きです。

結果を郵送で戻してもらえるということだったのですが見当たらないので、もしかしたら郵便事故かと思って、研究所に電話をしたら、蕎麦屋の出前のような話で、昨日出したらから、そろそろ着くでしょう的な話で、とにかく肝心の数字だけ教えてほしいということで、確認してもらったところ 15ppm でした。
環境基準は 10ppm です。

それで、一般的な RO の場合、60% 程度除去する能力があるということなので、25ppm 以下であれば、普通に売られている RO で対処可能になるかなと思うところです。

RO でいくとして、問題としては、RO をどこに設置するのか、それと水栓をどうするのか、ということを考えないといけません。米国製のものの場合、それなりに大きさがあります。

キッチン用の床下収納を取り付けて、その中に配置したら室内からメンテナンスが可能になるので楽だし、万一漏水等があっても、被害が室内に及びづらいかなと思うのです。
ただ、機密性や断熱性がどうなのか、という部分が気になります。

水栓は RO で処理した飲用に使う専用のものを追加して取り付けようかなと思います。
ただ、キッチンの天板など合わせて黒いものを使っているので、浄水用の黒い KVK のにしないと、色味が揃わなくてブサイクかなと思うわけです。
K1620GNMB という型番なんですけど、お値段驚きの ¥68,000(税込 ¥74,800)ですよ、奥さん。
実にお高い。

というか、キッチンの既存の水栓ですが、KM6061ECM5 で、これ、¥128,000(税込 ¥140,800)とか、すごい金額が書かれています。
確かに高かった記憶が。。。

それはそうと、この間の給水パイプ破損で砂が入ってしまい水栓が調子が悪いので、KVK のサービスマンを呼ぶ羽目になりました。
そういう値段の水栓なので、修理代も気になりますね。。。。
分解清掃で直ればいいんですが、サーモとかを交換することになると、買い直すくらいかかったりしそうです。

元に戻して、RO ですが、Amazon で買える iSpring Water Systems, LLC のものをとりあえず問い合わせてみようと思います。

ちなみに、同じものを米国で買うと、

と、半額くらいになります。
米国で買って、自分で FedEx で輸入した方が安いと思います。