30t 薪割り機を組み立てました

昨日の夜愛媛に戻ったので、昨日予定していた薪割り機の組み立てができませんでした。

何はともあれ、トラックを点検整備し、最低限必要な修理を済まさないと、原木の引き取りも、配達もままなりません。
なので、まず、トラックを工場に持って行きました。
なるべく急いで欲しい旨伝えましたが、金曜日ですし、相手の保険屋さんの立ち合いも必要でしょうから、ある程度の時間がかかるのは仕方ありませんが、どんだけかかっても来週中にはなんとかして欲しいとだけはお願いしておきました。

それで、事故がなければ、昨日戻って台を切って帰るつもりで、その時、乾燥機の様子もみようと思っていたんですが、それもできなかったので、朝、乾燥を確認してもらったわけです。
時間的に 1 日余分に回しているし、モニター上で温度警告(乾きすぎ)が表示されていたということなんですが、重さは 400kg のカゴが 320kg で 80kg しか減ってないというのです。
カゴの自重は 60kg なので、340kg から 80kg 減ったわけですが、計算上は 30%, 100kg 程は水が抜けないといけません。
あと、20kg 抜けないと、ムラがある可能性があるわけです。
含水率は 15% を切っていたのですが、再起動して、チップの残りが少なくなっているので、チップがある限り運転しよう、ということになりました。
明日の朝くらいまでは、運転できると思います。

次に乾燥させる薪です。
17 カゴしかないです。
今日は、2t 車 3 台分割ったということなのですが、36 カゴ、一度に乾燥させるので、それらを含めて来週の頭までに割っておかないといけないです。
明日、明後日は、薪割りですね。

戻って、薪割り機の組み立てですが、とりあえず、2 時間ほどかかりましたが、組み上がりました。
エンジンオイルを入れるための漏斗がないので、それは明日に持ち越しです。
明日、お客様に引き渡しです。

あと、写真を撮り忘れたんですが、乾燥機の強化バッフル板を鉄工所に発注していたものが出来上がったので、引き取りに行ってきました。6mm のステンレスで作って、リブ等で補強してあるので、ある程度は持つと思うのですが、まあ、やってみるしかないかと思うところです。

交換作業を行わないといけないこと、後、乾燥の初期段階で結露で水が大量に発生するのですが、防水が不十分なので、その対策工事を行わないといけない状態で、釜が冷えている状態でしか作業ができないため、明日の夕方にシャットダウンして、月曜日に作業を行おうと思います。

薪の入れ替えは、釜から薪を出しても、積み込むためのトレーラがありませんので、その状態では出さない方が品質が保てるので、月曜日以降に出荷の目処がついてから触ろうと思います。
本来、今日、入れ替えができたはずですが、それができてないので、山口の納品分の 2 釜目は来週いっぱいかかる可能性が濃厚になっています。

また、チップの製造が間に合ってないのも問題です。
これについても、対策を考えていきたいと思います。

食事難民

ほんとこれ。

■「食堂難民」になるトラックドライバー

 この一律の時短営業の影響を受けるのは、飲食店側だけではない。

 現在、この一律時短営業によって、物流を支えるトラックドライバーが「食堂難民」と化している実態がある。高速道路にあるサービスエリア・パーキングエリア(SA・PA)の多くの飲食店までもが20時で閉店しているためだ。

 仕事柄、その日のうちに帰宅できず車中泊する長距離トラックドライバーたちには、翌日の仕事まで最低8時間、クルマを動かさず休息を取らねばならないというルールがある。

 また、20時という時間は、0時からの「深夜割」を待つトラックドライバーがSA・PAに滞在し始める時間でもあり、大型車専用駐車場は、マスに停まり切らないトラックで溢れ返っている。

 そのため、1日中運転し、ようやく到着した休憩地点で何とか確保した駐車スペースにクルマを停めても、SA・PAの店が閉まっていれば、夕食だけでなく、下手すれば朝食すらも取れなくなる。別のSA・PAに移動しようにも、前出の「8時間ルール」があるため、それもかなわないのだ。

最近は、コンビニなどが併設されている SA, PA もあると思うんですけどね。
自分は全ベタなんで、まだ、タイミングは選べる方だとは思うんですが、トラックが長いので停められる場所があまりない問題があって、そういう意味では似たようなものかもしれません。

その間も、往路は 2 号線で大きな事故があり、進入禁止(という表現の通行止め)があり、大渋滞して、結局楽しみにしていた食堂には間に合いませんでしたし、復路もタッチの差でオーダーストップ時間に間に合わず。。。
結構、休憩の時の食事って、大事なファクターなんです、自分には。
延長の話も出ていて、しばらくは不便が続きそうです。

今日は、朝一、Brave(ブレイブ) 37t の現物確認をしにお客さんが見えられました。
無事に成約いただきました。

帰りに薪工場を案内して、20t で薪割りの様子を見てもらいました。

乾燥機ですが、だいぶ乾燥が進んでいるようです。
薪の温度ですが、100°C を超えました。
供給側と戻り側の温度差がまだ結構大きいので、もう少しかかると思いますが、月曜日くらいには仕上がるんじゃないかと思います。

そうなると、次に入れる 36 カゴが必要になるんですが、現時点で 10 カゴもない感じです。
明日、日曜日ですが、Y 君が手伝い来てくれるので、薪割りをしたいと思います。

薪割り機ですが、梱包をばらしました。

オーダーしてあったストレーナーですが、米国倉庫で検品してもらった時、どこに入っているのかわからない(入っているかどうかもわからず)ということだったんですが、梱包に MIXED, Check contents carefully とシールが貼ってあったので、入れられていることは確かそうだったんですが、なぜか箱ではなくて、タイヤのプチプチの中に突っ込んでありました。

現物が届いたので、買ってあったメスのネジを作るフランジにセットして試しました。
インボイスを確認すると、なんと、ORDER DATE: 11/08/2019 でした。
まるっと一年以上進展がなかったってことですね。

2″ NPT Stamped Weld-In Tank Flange, 1-1/2″ NPT Stamped Weld-In Tank Flange を各 1、3/4″ NPT Stamped Weld-In Tank Flange が 2 の注文で、真ん中のものにサイズが一致したので、ストレーナーのサイズは 1-1/2″ NPT ということになります。
ドレンポート用の 3/4″ NPT Stamped Weld-In Tank Flange と、ドレンボルトも必要です。
ドレンボルトですが、輸送時にブリーザーキャップだと、斜めになると油が漏れるため、スペアがあるとドレンボルトで蓋をすれば、漏れを防げるかと思いますので、これも買っておこうと思います。

それと、2 本行方不明になってしまっているのが、ポンプのブラケットをエンジンに固定するネジです。

この辺りに書いてあるんですが、ネジ自体は UNF 5/16-24 と思うので、長さが 1″ のものを買えばいいですね。
ネジのピッチですが、山の数を数えてみたら、20 以上あるようなので少なくとも 18 では目が粗いってのはその通りですね。
それで、そのあとどうしたのか、すっかり忘れていたのですが、MonotaRO で買ったみたいです。

なんと、販売価格(税別) ¥409、ってボッタクリだな。
まあ、滅多に出るもんじゃないから、仕方ないですね。
とはいえ、また油圧ユニットを作るなら、必要になるわけで、箱で買っておいたほうがいいかもしれません。

ポンプの側のネジも確認して取り寄せないとです。

そんなこんなで、梱包をばらすのに小一時間かかってしまいました。

夕方、雑貨類の出荷をしました。
29 ケース、280kg でした。

そういえば、今日こんな問い合わせをいただきました。

(LODGE の製品が)価格が非常に安くなっているので購入するのに躊躇しています。これらは正真正銘の本物でしょうか?
本物であれば購入したいのですが、模造品・コピーではない正規品である証明は可能でしょうか?

それで、そのことを 5 号に言ったんですよ。
そうすると、5 号がさらりと、

仮に本物でなくて、そういうものを売る手合いが、「はい偽物です」と答えるのか。質問すること自体意味がない。

というのです。
言われてみれば。
たまに頭がいいことを言います。

お問い合わせいただいた方には、うちの値段が安いわけではなく、むしろ高い、米国での原価の計算なんかも含めて、回答しておきました。

しかし、相場より安く提供するために努力をしても、偽物と疑われる。
なんだかな、と思わずにはいられません。
安すぎるダイソン(偽物以前にものを送らない詐欺サイト)とかに引っかかる人もいるし、世の中、狐と狸の化かし合いみたいな様相ですね。
まあ、うちはうちで、のんびり行こうと思います。

チップがなくなりました

薪の乾燥ですが、ぼちぼち進んでいます。
が、チップがなくなって、11 時頃にチップを足して再起動して、供給温度が 105°C で、戻り温度が 88°C で、大体 20°C くらい温度が落ちている状態です。
薪自体の温度もまだ 75 — 80°C くらいなので、乾燥完了までにはまだまだ時間がかかりそうです。

チップですが、みかんカゴに入れて保管してあるんですが、すりきり入っていて 46L です。
パレットに 6 個を 4 段なので、計算上は 1104L あるんですが、まあ、きっちりは入っていないので、一つ 1m3 くらいです。

次のチップの注文に行きたかったんですが、いないってことで、来週にも出かけてこようと思います。

次の釜に入れて乾燥させる薪もどんどん準備中でした。

とりあえず、週末までに配達しないといけないので、1 袋できているものを配達に行きました。

戻って、雑貨の検品、後、明日、37t 薪割り機の現物確認のお客さんがあるので準備をしました。

検品で気付いたのですが、NO-SPILL がモデルチェンジしていますね。
デザインが変わっています。
気持ち、赤みが強くなった気がするんですが、樹脂の色が変わったのか、厚くなったか。
当面は、両デザインが混在すると思います。
(ご注文いただく場合、デザインの指定はできません)

37t ですが、フォークアタッチを載せて梱包してあったので、ばらしました。
フォークアタッチは、パレットを作って、出荷できる状態に梱包して、そこでタイムアップです。

明日は、37t 薪割り機の組み立てを行いたいと思います。

ようやく許可になりました — Brave(ブレイブ)37t 薪割り機も入荷

今日は通関でした。

本当は昨日のつもりだったんですが、待てど暮らせど、検疫所からの書類が届かないので、電話をしたら、「昨日(要するに一昨日)送ったんですが」と言っていたんですが、蓋を開けたら「まだ送られてなかったので、送ります」ということになって、結局、今朝届いたというわけです。

書類がそろって、めでたく許可と、相成りました。

薪ですが、乾燥が終わって選別しているんですが、通気バッグがないということで、急いで持って行きました。

次の乾燥作業が始まっていました。
次の次の薪割も始まっています。
選別は袋がなくなって休止中でした。

乾燥ですが、やはりバッフルがないので、少々温度が低めです。
それでも、一応、100°C 近くまで温度が上がって、薪の温度も 70 — 80°C くらいに上がっている感じです。
とはいえ、その温度では、まだ自由水も抜けていない感じでしょう。
明日、どれくらいまで温度がが上がるかです。
乾燥機出力がおそらく 350 — 400kW くらいに落ちているのではないかと思うのですが、今のところ FGF Freqency Drive Error も起こりにくくなっているのと、チップの送り関連もトラブルが解消しているので、連続して稼働してくれれば、推定では 3 — 4 日くらいで乾燥できるのではと思うところです。
週明けには、答えが出ているでしょう。

それと、通気バッグと一緒に、GX200 と 13GPM のポンプも持って行きました。
20t を 11GPM → 13GPM にアップグレードしようと思います。

Brave(ブレイブ)の 37 トン縦横兼用の薪割り機が入荷しました。
ただし、現在 2 件問い合わせをいただいています。

変わり種では、LODGE のカーボンスチールパンが入荷しました。

タビープロダクツのコーポレートカラーであるオレンジ色のシリコンハンドル付きです。
ごく少量の入荷なので、気になる方は、是非チェックしてみてください。

ステンレスが溶けてしまう件

見ての通りです。

ステンレスのバッフル板がわずか 2 週間で朽ち果ててしまいました。
これは対策を施した第 2 世代のものです。
まだ時間が取れていないので、現物の確認ができていませんが、三角形のとんがり屋根みたいな部分が火室の奥側、突いて軽く曲げてある方がチップ投入口に近い手前側になります。

写真で見る限りですが、手前の部分が溶けるか、熱で柔らかくなり、自重に耐えられず崩れ落ちる感じになり、その影響で下部の遮熱のためのセラミック板が外れ、ダイレクトに熱にさらされて朽ちていった、という感じでしょうか。

材質に関して確認していませんが、ステンレスだと聞いているので、単純に考えると SUS304 でしょう。

オーステナイト系の耐熱性

一般に550℃を超える温度帯域で優れた機械的性質を示しますが、約600℃~980℃以上の長時間加熱すると、常温や低温でのじん性が低下すると言われています。 SUS304にSiを添加して耐酸化性を高めたSUS302Bや、CrとNiの添加量を増やすことでSUS309SやSUS310Sがあります。

https://www.susjis.info/prop/yaki.html

温度としては、センサーの数字が正確かはさておき、正確だったら 1,000°C を超える熱で長時間加熱され、夜間停止すると、常温に戻る、ということを繰り返すわけで、常温時にじん性が低下したということなのかもしれません。

まあ、そういう専門的なことであるとか、材料・材質の問題なんかは、メーカーさんの方で考えてもらうとして、当面どうしようかという話です。

とりあえず、手前側を補強してみようかという話になって補強をしていたんですが、メーカー側から提案がありました。
バッフルボードは、そもそも生チップなどの水分量の高いものを効率よく燃やすためのものであって、乾燥しているチップを想定していない、というのです。
なので、「必要ない」から外していい、と。

それで、昨日外して運転してみました。
燃焼温度の計測は、センサーをバッフル上部に置いていたのですが、モノ自体がないので設置場所が変わっていて、温度が正確に計れていないように見えます。
あと、当たり前ですが空気の流れが変わったようで、燃焼の様子を確認しようと覗き窓を開けると、風が逆流してきます。
とりあえず、しばらくこれで様子を見つつ、チップの品質等について、煮詰めていく必要がありそうです。

それと、ドライブしながらずっと考えていたのは灰の処理方法です。
セメントで固化してしまうのが最も楽かなと。

V-Interlock を使うことで、灰の処分できて、かつ上質のブロックが手に入ります。

V-Interlock はその名の通り、V 字の溝があり嵌合するので、ブロック自体がズレたりしづらい設計になっています。

ブロック自体のサイズは、どうも標準が 2′ x 2′ x 6′ なので、まあ、この辺のトーフと同じようなサイズですね。
溝があって嵌合するので、コーナー部分は専用の型枠が必要です。
あと、積むとなると当たり前ですがずらして積まないといけないので、サイズ違いのものも必要になりますが、差しあたっては、2′ x 2′ x 6′, 2′ x 2′ x 4′ の Combination Block の型枠があればいいんじゃなかと思うのです。
それぞれ、0.6483, 0.432m3 の容積です。

灰の割合としては、10% だと強度がほとんど変化しない、ということです。
重金属とかの問題は生じないようです。
モルタルとかいてあるので、これはコンクリートの話ではないですが、一例として。
あとは、どうやって練るのかも問題です。

そんなこんなで、今日は、薪割り機の引き取りがありました。
組み立ての際に勘所(と思う点)の説明をしながら、お客さんと一緒に作業し、無事引き渡しました。
末長くご愛用いただければと思います。

チッパーの引き取り

今日はチッパーの引き取りに行ってきました。
案内された場所は Google Maps で見るとただの民家だったんですが、行ってみると写真の状態。
よく集めたもんです。

行きは高速を使ったんですが、途中石鎚 SA に食事休憩で立ち寄りました。
そうしたら、モンベルが SA にあるようなんですよ。
思わず立ち寄ってしまいました。

隣には、温泉もあるんです。
温泉は昔行ったことがあるんですが、当時はモンベルはなかったような。。。

まあ、そんなこんなで無事にチッパーを引き取って戻ってきています。

ざっと動作も確認したんですが、思ったよりも小さいので、処理能力がどれほどか少し気になるところです。
大量に発生する皮などのゴミを乾燥機の燃料としてサーマルリサイクルしたいんですが、薪に加工する際に、砂等が皮には付着していることがあるので、刃物ではなくハンマータイプをチョイスしました。
スクリーンのサイズなどは今後調整が必要かなと思うところではありますし、投入についても、改造が必要だろうと思います。

チェンソーダストも行き場がなくなったのですが、これもどうしても砂や小石が混ざる環境で、かつ、薪製造機で薪割りをした際の小さな木片も混じるため、いったん篩って、大きなものを弾いたら、それを再度破砕処理して、燃料化しようと思います。

明日は明日で、薪割り機の引き取りのお客さんがあるので、ボチボチ頑張ろうと思います。
途中、薪製造の様子も見学したいということで、その時にチッパーも持っていこうと思います。