ログテーブルの改造

昨日組み立てたログテーブルですが、最終的にはこんな感じにしたいと思うところです。

ただ、これは電動なんですけど、うちのものはエンジンでリコイルのため、エンジンをかける際にスターターロープを引く必要があり、その作業スペースが必要です。
なので、現状、オペレータ側から原木を供給するようにしているんですが、少しでもソー側に寄せて供給する方が、原木を送る距離が短くなるので作業性が向上します。
エンジンをセル付きに載せ替えるとか、油圧ユニットを別体にするとか、色々と改善したいことはあるんですが、時間も費用もかかるので、そっちは、おいおい検討していこうと思います。

それで、シャフトですが、この動画を見る範囲では、チェンとチェンの間隔が狭いなら、問題になる可能性は低そうに見えますね。
薪の長さは 33cm — 36cm 程度にセットされていて、3 回カットしているので、140 — 150cm 程度の原木の長さのように思います。
そうすると、3 本あるチェンのそれぞれの間隔は大体 60cm くらいなのかなと思います。

丸太を乗せる台についているチェンですが、60 と書いてあります。
ローラを駆動するチェンについては 50 と書いてあります。
60 の方が 50 よりも大きなサイズのチェンです。
チェンについて、少し調べてみました。
この数字は、チェンのピッチのようで、例えば 60 の場合、6/8″ のピッチになるようです。

MonotaRO を見てみたのですが、MonotaRO ブランドのものだと、50 の 3m は 2,490 円(税別) のようです。
60 だと、3,490 円(税別) でした。

ピッチが 15.875mm とあり、計算をすると、0.625″ = 5/8″ であると分かります。
寸法 L (mm) 20.7, リンク内幅 (mm) 9.53, 寸法 LC (mm) 22.2 ということなので、現物を測ってみようと思います。

もし、チェンがこの「標準型」であれば、MonotaRO で売っているスプロケット等が使えると思うのです。
スプロケットは 完成品 がそれなりに安く売られているんですが、キー溝加工済みのシャフトが見当たらないです。
米国だと、Keyed Shafting といって、キー溝が端から端まで彫ってあるものが売られているので、これならば適当な長さに切って使えるんですが。。。。
シャフトを下げようかと思ったんですが、それなりにかったるそうなので、既にあるものを加工して対処した方が楽そうです。
それでダメなら、次の手を考えるとします。

材料となるログテーブルはもう一台あるので、チェン 4 本の台を作ろうと思うのですが、感覚をだんだん広くするようにしたらと思います。
それで、チェンの間隔について考えてみました。

現状の木製のログテーブルですが、全幅で 1,300mm くらいです。
材料ですが、105mm 角だと思うので、間隔として 50cm くらいなのですが、リフトの爪を最大開いている状態だと、台に当たってしまうことがあります。
また、爪を最大に広げると、曲がりが強いものが落ちてしまうことがあります。
そのため、一番狭い部分は 50cm くらい、フォークリフトの全幅ですが、1.5t で 1,115mm, 3t で 1,240mm という数字があるので、大体 1 本目と 3 本目の間隔(内々の寸法)として、130cm あればいいのかなと思います。
チェン自体の幅が 10cm とすると、1 — 2 本目の感覚が 50cm(内々の寸法) なら、2 — 3 本目の間隔(内々の寸法)は 70cm ということになりますね。
全体(外々)だと、150cm くらいです。
これだと長いものの扱いが難しいので、4 本目もあった方がいいように思います。
この辺りは実際に作業をして煮詰めた方がいいと思うんです。
今のものは幸い幅がある程度調整できる構造になっているので、しばらく試してみてから考えたいと思います。

それと、乾燥機のクロスフィーダの件です。

不調の原因ですが、ソレノイドの故障かと思ったんですが、そうではないと思い直しました。
その理由ですが、DIN コネクタを外してやると、また動くようになるからです。
もし、ソレノイドの不調であれば、DIN コネクタを外そうと、動くようにはならないはずです。
なので、圧力センサの問題ではないかという考えに至りました。

そうこうしていると、ベラルーシの D さんから返事がありました。

What is the latest situation around the hydrailic station?

After I spoke with Niels, I can tell you the following:
– Cross feeder left and right motions work on the same cylinder
– Once cross feeder extends all the way to one side it goes back to the other side
– Cross feeder stops when the system sences enough pressure on the high pressure switch
– Seams like the system can not reach that pressure and tries to build up more pressure and keeps pushing the cylinder
– That is why the motor keeps working and LED stays on

The reasons:
– Minor pressure leak somewhere in the system on the hoses, cylinder, fittings, etc
– Too big of a pressure setting on the Hight pressure switch

Solution:
– Lower the pressure setting a little bit on the High pressure switch (look on the attached drawing)
– Monitor for where the pressure is escaping

まあ、思っている通りの回答ではあります。

明日は神社の祭日なのですが、夕方調整を試みたいと思います。
今週末は残り 1 社の春祭りがあります。
来週から本格的に再稼働したいので、ボチボチ頑張ります。
納期も遅れに遅れているので乾燥を仕上げないとです。
故障続きで本当に大変ではあるんですが、配達に行ったら「品質がすごくいいのでお客さんに喜んでもらえてます」と言ってくださるので、少しで早く納品できるようにしたいと思います。

封筒張りの内職でした

今週末は神社の大祭です。
こういう社会情勢なので、餅まき行事はできそうにありません。
外出禁止というほどではないので、祭典は行うことにしましたので、その案内状の内職をしました。
あまりにのんびりやりすぎて、夕方郵便局が閉まる直前に持ち込んでバタバタしましたが、一応、発送し終えて一安心、といったところです。

勝手口周りは仕上がりましたが、写真を撮り忘れました。
これで一応、リビングというか、広間の作業はひと段落です。
まあ、また思いついたことはあるんですが、それはしばらく先送りしたいと思います。
勝手口、ドアを開けても床はないので、外には出られません。
そっちを先になんとかしろという話です。

あと、乾燥機の件です。
センサのテストは良好だった、ここまでは良かったんですが、また問題が発生しました。
受注生産で納期が 3 ヶ月です。
なんとも。

それで、色々と考えたんですが、すでに 2 ヶ月停止しているので、なんとか誤魔化しながらでも運転しないといけません。
というか、今まで動いていて、それが動かなくなったわけです。
その理由というのが、センサメーカさんにチップを送って試験してもらってわかったんですが、既存のセンサ, capacive proximity sonsor というものなんですが、このセンサではチップの水分量が少なすぎて正確性に欠ける、ということだったわけです。
要するにある意味チップの品質が良すぎ、乾きすぎ、ということなんです。

一杯になっても検出しないので溢れるわけで、たまに確認して溜まっていたら場当たり的に対策をして、これでとりあえず昼間は運転できます。
ただ、これだと、一日のうち 1/3 しか運転できないので、夜の間に冷えてしまって乾燥に時間がものすごくかかるので、乾き過ぎが良くないのなら、水でも撒いてチップを濡らしたら、それで検出できるのではないか、とも思うわけです。

あと、新しいセンサは既存のものと配線の数が違うので、その件も確認しています。
いずれにせよ、新しいセンサが届くのは当面先になるので、それまでにチップの生産体制などを整えたいと思います。

そんなこんなで夕方、郵便受けを見ると届かないなと思っていた原木の請求書が届いていました。
昨日だったか軽トラック 1 台分くらいの原木代を支払ったんですが、今日の請求は、軽乗用車 1 台分くらいでした。
別の表現をすると、メッシュパレットコンテナ 1 基分くらい、です。
操業していないので、収入はないのですが、原木は今手配しておかないと、夏場には手に入りませんので仕方ないです。
しかし、そろそろ自動車税もあるし、5 月にはまな板の車検もあるし、まあ、ボチボチ頑張るしかないですね。

すっかり忘れていたんですが、オープントップのシートの件です。

コンテナの番号を教えて、と言われていたんですが、写真を撮ったままで、そのあと何もしてなかったんです。
見積もりを取ったのは 1 月のことだったようです。
結果、普通のドライをオープントップに改造したものだから、汎用品が使えないということで、現物を工場に送って欲しい、という話になりました。
というか、クソでかいから送料だけでも結構バカにならない感じです。
ずっと予定が合わずに薪割り機の配達に行けていないのですが、そのタイミングでシートを持っていこうと思います。
受注生産になるので、シートも値上がりして 70,000 円(税抜)だそうです。
まあ、薪を濡らすわけにもいかないし、仕方ありません。

頼んであった 50 x 100mm ピッチのメッシュパレットですが、ようやく出荷されるようです。
間に合えば、薪割り機とシート、多少できた薪、それとメッシュパレットをまとめて運びたいところです。
K さんには、2t か、3t ユニックを貸して欲しいとお願いしてあるので、トレーラで行って、名古屋まで借りたトラックで配達したいところです。

そのついでに、根がらみが全く足りないので、これも買い出しに行きたいところです。

根がらみもあり、在庫用確認、ということだったんで電話したら、在庫はそれなりにあるような口ぶりで、数が決まったらまた連絡して的な話だったので、少し買っておこうと思うのです。
奈良だから、通り道ですし。

センサのテスト — 結果は良好でしたが。。。

乾燥機ですが、チップを燃料として使っています。
そのチップの量を検出するセンサの精度が低く、チップが溢れるほどの量あるにもかかわらず検出できないので、最近チップを過剰供給してしまうことがあり、機械の周りに可燃物が落ちている、というような煎餅工場の火災のように万一のことがあってはいけないので、操業を停止しています。

この問題を解決するにはセンサの精度を上げる必要があるのではということで、新しいセンサを探していました。
メーカさん側では既にテストしてもらっているのですが、こちらでも念のためテストをとしました。

センサですが、電源が必要なので、さくりと電源を作りました。
本番環境は 24VDC なのですが、100VAC でも動くので。
コンセントの材料がなかったので、フロアライト、昇天です。

写真のように水平(やや斜め下)に設置して使うのが借りたタイプの本来の使い方です。
テスト結果ですが、感度を標準にした場合、先端の 1/2 程度にチップが触れた状態で検出しました。
比重が低いので、検出が甘いですが、それでも先端が 2/3 程度触れるとテストした限りでは 100% 検出します。
溢れると困る部位には 2 台設置すると思うので、これだけの精度があれば、検出漏れで過剰供給することはなくなると思います。

チップだけでなく、蕎麦殻でも試してみたんです。
蕎麦殻はチップよりもさらに軽くてサラサラとしています。
チップよりも検出が甘い気がしたので、感度を高に設定しました。
この場合、標準の設定でチップを試した時と同じくらいの感度でした。
蕎麦殻でも安定して検出できると判断しました。

さらに水平ではなく、垂直でも試したんですが、こちらの方が感度が良い気がします。
実際には吊り下げタイプのものを使うので、より正確に運転できるのではと感じました。

ここまでは良かったんですが。。。

結果良好なので発注しようと T さんがメーカに連絡を入れたら「受注生産で納期が 1 ヶ月から 1.5 ヶ月程度 早くても かかります」ということなのです。。。
ゴールデンウイークとかもありますしね。。。
なんとも。

それはそうと、朝一、ミニ(ViO30)が修理できた、と連絡があったので引き取りに行ってきました。

OilQuick の件ですが、これも昨日部品の一覧(図面)と見積書が来ていたので、引き取りの際に確認して発注しておきました。
ちなみに電気コード 1 本、7 万以上します(税抜き)。
とんでもなく高いです。
なんとも、その 2。

今日は Y くんが来てくれているので、気分を取り直して、おうち工事です。

昨日、取り付け直したダクトレールです。
見ての通りダイコーのものはビスが黒くありません。
VVF ケーブルの取り出しの穴ですが、見えてます
非常にダサいです。

タッチペンを発掘しました。
なので、塗りました、5 号が。
適当に塗っているので、ビスの頭以外も塗られているんですが、近眼+遠視+乱視+老眼なので、ちょっと離れると判らないので無問題。

早速監督が仕上がりのチェックをしました。
合格にゃ、だそうです。(多分)

それと、エアコンのコンセントですが、なぜかスイッチがあります。
このスイッチはシーリングファンのスイッチなんです。
本来、このスイッチは壁にあったですが、上に送れる VVF ケーブルの本数に限りがあって、シーリングファンの回路だったところを 4 路回路に使ってしまったため、エアコンの電気をシーリングファンが拝借する格好となりました。
シーリングファン自体は切ることはまずないし、操作自体リモコンでできるのです。
ただ、掃除とかしたいこともあるだろうし、そういう時に、電源が切れないというのはアレなので、こういうブサイクな格好になってもスイッチ自体は必要かなと思ったわけです。
自分の行き当たりばったり人生の縮図のような仕上がりだなとしみじみと思いました。

あと、ダクトレールですけど、かなりどうでもいい情報として、コンセントを作れます。
フックも売っているので、植木を吊ったりもしています。
地味に便利。

漆喰うま~くヌレールを塗りました。
説明書を読まずにやりましたが、説明書は読みましょう。

まず、最初にシーラーを塗ったんですが、シーラー不要と書いてありました。
下塗りして乾かしてから 2 度目を塗るのかと持ったら、1 — 2 時間待ってから 2 度塗りするようです。
完全に乾くと霧吹きで濡らしてから塗るようで二度手間です。

とりあえず、見た感じの仕上がり。(下塗り)

Y くんは石垣の手入れ担当。
目塗りしてもらいました。
1/2 くらいできた感じですかね。

この作業、地味に大変なのです。
本当に。
ちょっとでも楽したいと思って、N つま~る を買ったんですけどね。
確かに、つま~るんですよ、N つま~るの中に。

明日も来てくれるので、まあ、なんとか完成してほしいです。
ここ積んだの、もう 12 年くらい前なので、随分と仕上げまでかかってますから。

それにしても、本当に昼間は暖かくなりました。
窓を開けていたら、ウグイスがないてみニャさんが興奮して、窓に集合です。
どこで鳴いているのか、気になって仕方ないようです。

夜、太陽熱温水器の制御器 S-3 の修理と改造をしたんですが、S-3 の 1 号機はやはり壊れていて、多分 IC だと思うので、どうしようもないです。ただ、部品取りには使えそう。
今は S-3 の 2 号機で運転中です。
新品がもう一台あるので、2 号機を改造したいと思います。
S-3 は 100VAC 電源が必要なんですが、水位・水温センサや電磁弁の結線は制御器裏から配線できて、コード類を隠蔽できます。
100VAC は横からコードが生えていて、しかも短くて手元につけると床付近コンセントには届かない長さでブサイクなんてもんじゃないんですよね。
それで、グロメットの部分でぶち切って、電源ははんだ付けし直して制御器裏から電源を取れるようにしました。
正直言えば、センサの配線も手も入れたかったんですけど、キャプタイヤケーブルはびっくりするほど高かった(1m 300 円)ので、ちゃんと測ってからにしようと思います。

明日は、春祭りの祭典があるので日中ちょっと抜けて、本業です。
Y くんが来てくれるので、5 号と、続きをやってもらおうと思います。

石積みした材料がまだ残っている(つまり 12 年庭に置いてある)ので、夕方お宮駐車場(予定地)に運びたいと思います。
お宮で余ったら第 1 ヤードに運ぼうと思うんですが、逆に取りに行かないと足りないかも。

明日もボチボチ頑張ります。

薪割り日和

今日はいい天気でした。
午前中は、雑貨の納品と出荷です。

それと、新しい工場に発注してあったメッシュパレットのサンプル品ですが、これも発送の連絡がありました。
2 枚だけなのですが、なんだかんだで $400 かかったので、日本側での受け取りの際の費用も合わせると、結構な高級品になりますね。
今までの工場のものとスタックできるか脚の位置とか、現物合わせで確認したいと思います。
50 x 50 ピッチに関しては、販売前提で互換性の問題がないので、こちらの工場でいいかなとも思います。
しかしまあ、いつの間にやらドル円も 120 円を軽く突破して、122 円で、どこまで安くなるんでしょうか。
程々で落ち着いてほしいところです。

暑くもなく寒くもなく、外作業にはうってつけの天気で、午後からは 2 時間ほど薪割りをしました。
少しだけ下ろした原木があったのですが、とりあえず、全部片付けました。
トレーラ 1 台分片付いたことになります。
かなりペースが遅い気がしないでもないんですが。。。

それで、懸案のチップです。

岡持ち型のふるいをテストしようと持ち出したまではよかったんですが、グラップルの動きが変なのです。
時計回りに回りません。
それ以外は動きます。

一旦、着脱したら、今度は、全く動かなくなりました。
操作をするとホースが動いているので、圧油はアタッチメントに送られているようです。
ただ、ソレノイドが機能していないようで、信号が送られていないと思われるので、パーツクリーナーで洗ってみました。
パーツクリーナーですが、スプレーのノズルが行方不明で使いにくいったりゃありゃしない。
なもんで、カプラ周りも相当汚いので、ざっと、ヤニクリーンで洗いました。
結果変化なし。
明日、接点グリス(誘電グリス)を試してみます。

そんなこんなで 15 時になってしまったのですが、4t ユニックが車検なので、預けに出かけました。
早めに出たのに、がっつり渋滞してました。

そうこうしていると、T さんから電話がありました。
チップが溢れる問題ですが、センサのメーカーにチップを送って、テストをしてもらっていた結果が出たということです。

結論を書くと、含水率の問題だと思うのですが、チップ自体が絶縁体に近く、静電容量式は検出に向かないということで、振動式のセンサーの提案がありました。
とりあえず、実機の貸し出しサービスがあるようなので、試験運転をしてみるしかないかなと思っています。

チップの製造の問題と、チップの搬送の問題が解決すれば、乾燥機も安定して稼働できるんですが、ボチボチ頑張ります。

乾燥機のエラー確認に出かけたものの

乾燥機の不具合の件ですが、frequency drive のエラー番号を確認してほしい、という連絡があったわけです。
それで、確認に出かけたのですが。。。
横着をして、写真を撮って控えておこうと思った結果が、上の写真です。
記憶では、05 だったんですけどね。。。
とりあえず、05 だと思うといっておきました。

圧力センサーについては特に問題はなさそうでした。

乾燥についてはあらかた仕上がっているところなので、明後日にも再度確認をしてみようと思います。

帰りに浴室のマグネットを買いに行きました。

お風呂もタカラなので、壁はホーローでマグネットがくっつくのです。
100 均のものを使っていたら、サビてしまいました。

歯ブラシ立てとか、マーナのものを使っているので、統一してみました。

ついでに無印のブラシが古くなっているので、ブラシもマーナで統一してみました。
古いブラシは掃除用に使いたいと思います。

乾燥機の修理の件

今日は M くんが手伝いに来てくれたので、雑貨の出荷をしました。

かれこれずっと、作業スペースに荷物が積み上がってしまっています。
元々、車庫だった部分まで物置になっていて、4t トラックは青空駐車になっているし、ひどいとリフトまで雨ざらしになっています。
理由は単純で、在庫がある時に注文しておかないと品物自体仕入れることができないため、通常であれば、2 ヶ月分くらいを仕入れるところ、半年分とかまとめて仕入れているからなんですが。。。
流石にこの状態はまずいので、大きくて嵩張るもので、ある程度動きがあるものを FBA 納品することにしました。

3 人で作業をしたので、4 パレット分、納品できて多少は片付いたのかと思いきや、みかんのカゴに小分けにして整理してあったわけで、みかんのカゴ自体を片付けないと、全く空きスペースは生まれないのでした。
なんとも。

作業スペースは、ロケットストーブで燃料代を気にせず暖房できるようになりました。

ただ、一部壁がなく、200m2 くらいあるので、ある程度で ビニールカーテン でもで区切らないと、ちょっと暖房仕切らない感じですね。
冷房も同じなので、いい加減、これも手当てした方が良さそうです。
毎年同じことをいっている気がするんですよね。
自分だけなら死ぬまでこの調子かもしれないんですが、仕事の効率というものを考えると、劣悪な環境を放置するというのはかえって高くつくんじゃないかと思います。

それと、先週末壊れて、まだ直せていない乾燥機の件です。
ようやくメーカーの担当技術者と連絡がつきましたが、連絡がついた理由は、アメリカに入国できた、ということのようです。
音沙汰がなかったのは、コロナに感染した、というのもあったようです。
とりあえず、アメリカに戻っているので、しばらくはスムーズにことが運ぶのではないかと期待したいところですが。

Next thing is the flue gas fan frequency drive error. If I am not mistaken, we have done some of that before, but I would still like you to go over the steps again.

1.
Adjust vacuum sensor per the attached pdf document.
The document has 5 stems, you need to do only fust 4.
If you are not able to adjust the sensor, then it may be broken, and you would need a new one.
Broken sensor would shut down the frequency drive.

2.
Read the errors from the frequency drive.
On the FGF frequency drive go to its settings and find values P 6.31, P 6.32, P 6.33, P 6.34, P 6.35 and P 6.36.
Those are the latest recorded frequency drive error type.
Let me know those values.

3.
Set the frequency drive to run all the time in the manual mode.
I am attaching a small manual explaining how to do that.
Last page of the manual is about switching between the automatic and manual modes.
Let me know if the drive runs in the manual mode.

Please do the above things and let me know the results.

そうですね、そういえば、前にも同じようなことをしたことがあります。
Frequency drive や vacuum sensor のスペアはなかったと思うので、ここのトラブルでないことを祈りたいのですが。。。
明日にも、これらの確認を行って対策をしたいと思います。