今日から 7 月

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしに参加しています。 励みになりますので、足あとがわりに、ランクアップにご協力下さい。

早いもので、今日から 7 月です。
つまり、今年も半分終わったということなんですが。。。

今日は病院に行ってきました。
レントゲンの写真を見たんですけど、治っているのか、治ってないのか、今ひとつよくわかりません。

痛いですかと聞かれたんですが、痛くはないんです。
ほぼほぼ。
ただ、コルセットをしないと、負担がかかっているな、というのはありありとわかるんです。
そういう意味では、まだ完治はしていないと感じるし、あと一月はかかるでしょうね、みたいな話になりました。

暑いからコルセットはしたくないならしなくてもいい、的なことはいわれたんですが、ここでなんかあっては元の木阿弥なので、大人しくしていようと思います。

帰りにワークマンに寄って涼しい系のシャツを 2 点ほど買いました。
これで多少蒸れ等が軽減されればと思うんですけどね。

お昼からは神社の巡回です。
相変わらず賽銭泥棒は来ている様子ですし、朔には御神酒のお供えがあるはずなんですが、それもないので、だんだんエスカレートしているようです。
そろそろ本腰を入れて対策しないといけなくなってきました。

それはそうと、今日は面白いネタを 2 件見つけました。

朝見つけたネタはこちら。

詳細はリンク先を読んでいただくとして、

研究チームは、25,000個のプラスチック製のサイコロを透明な円筒に入れました。彼らはその後、最も効果的な圧縮を引き起こす可能性がありそうな、幾つかの撹拌方法をシリンダーに適用しました。すると、交互にひねることが最も効果的でしたが、ひねる速度が十分に速くなった場合にのみ効果がありました。この方法で、サイコロが上から下に並んで、各層に同心円を形成するように並べることができました。

ということなんです。

薪を今メッシュパレットに入れているのですが、当然、隙間だらけになるので、手で並べているんですね。
これ、1 カゴ 1,000 円支払っているんですよ。
400kg 程度しか入りませんので、1kg あたり 2.5 円かかっています。
自分でやれば 30 分かかりませんので、時給 2,000 円ということになるんですが、自分の時間は有限ですから。

ただこの作業、とても不毛なのです。

まず、運賃としては大型を雇って、片道なら 7 万円と税金で近畿まで行きます。
11,200kg 出荷できるので、6.25 円/kg です。
自分で運べばもっと安いわけです。
並べることで輸送効率が向上するわけですが、カゴの中身が並び替えないことで 400kg から 300kg に悪化しても、8,400kg なので、8.33 円/kg ですから、並べるための手間賃 2.5 円/kg よりも安く、並び替えるためには作業時間が必要なので、それも回転効率が落ちる原因になります。
さらに納品した先のお客さんがそのままカゴで売ることはありませんから、そもそも綺麗に並んでいること自体、多少保管スペースが節約になるという以外にメリットがないんです。

以上のことから、カゴに並べる作業は作業委託費が 1,000 円ではなく 500 円程度でないと経済的に成り立たないので、今後は生産方法自体を乾燥させてから並べ直すというのではなく、製品のみを予めこちらである程度効率的に機械で充填したものを乾燥させて、そのまま出荷する、という風にあらためていこうかと思うのです。
乾燥後、10% 程度痩せるため、その分を補充する程度でいいかなと。
この際にこのサイコロの実験のように攪拌する、ということを試してみたら面白いかなと思ったわけです。
無論、大きさや形にもばらつきがあるため、そうそううまく行くものではないかと思うのですが。

もう一つがこれ。
バッカンの中身をヒンジドフォークでひっくり返すやり方です。

いや普通に回転フォークを使えばいいでしょ、と思うんですけどね。
園にはないんですよ、回転フォークが。

作ったチップを今はフレコンバックに充填しているんですけど、この作業自体が不毛かなと思うわけです。
あと、薪についても、いちいちメッシュパレットに入れているんですが、容量が少ないので、頻繁に交換しないといけないのです。
いちいち段積みして、いちいち固縛して、全てにおいて時間の無駄です。
そういう細かな作業のロスをなくしていきたいなと思うわけです。

回転フォークを買って園におけばいいんでしょうけど、今あるものでなんとかならないかなとずっと思っていたんです。

ちょっと職人芸っぽい感じですが、これなら今ある装備で簡単にひっくり返すことができるようになります。
ただまあ、ボブキャットは爪が短いので、両方で使えるようにするとなると、かなり細長い箱になるような気がしないでもないんですが。。。

ただまあこれも新しくバッカンを作らないといけないということで、かなりコストがかかるし、オペレータの技量に依存するやり方というのはあまり好みではないということもあって、決め手にかけるというのが率直なところなんですが。

明日は、また工事の続きをしようと思います。
会所周りの作業を仕上げて、明日で完成させたいと思います。
ボチボチ頑張ります。

ICC 煙突の見積もり

久しぶりに ICC 煙突の見積もり依頼がありました。

平家の寄棟ですが、DIY で天井を抜いて、勾配天井になっていました。
天井は棟の近傍で約 3.7m の高さがありました。

Part No.

部材番号
Parts Description

部材内容
Unit Price


単価
Qty

数量
Amount

小計
BI-6EDRC Deluxe Rain Cap

デラックスレインキャップ
CA$162.90 1 CA$162.90
BI-ERECW Wind/Rain Shield

ウインド/レインシールド
CA$81.90 1 CA$81.90
BI-ERB Roof Brace

ルーフブレイス
CA$135.00 1 CA$135.00
BI-ECR Caulking Roll

コーキングロール
CA$9.90 2 CA$19.80
BI-6EFA Flashing 1/12 — 7/12 incl storm collar

フラッシング 5.8寸勾配まで ストームカラ―含む
CA$123.30 1 CA$123.30
BI-ESR Roof Support

ルーフサポート
CA$112.50 1 CA$112.50
BI-6EL48 Pipe 6″ x 48″ Length Insulated – Excel

断熱 2 重煙突 1,200mm
CA$297.00 1 CA$297.00
BI-ESQSC Square Support Storm Collar CA$40.50 1 CA$40.50
BI-6ESS Square Support incl flue ectension and trim ring
スクエアーサポート、トリムリングフルーエクステンション付き
CA$202.50 1 CA$202.50
BE-6UB3F Pipe 6″ x 36″ Length – Ultra Black

ウルトラブラック 900mm
CA$136.80 1 CA$136.80
BE-6UB2F Pipe 6″ x 24″ Length Ultra Black

ウルトラブラック 610mm
CA$112.50 1 CA$112.50
BE-6UBAF Pipe 6″ x 40″ to 68″ adjust Ultra Black

アジャスタ 1,016mm〜1,727mmまで ウルトラブラック
CA$268.20 1 CA$268.20
BE-6UBD Damper setion

ダンパーセクション
CA$98.10 1 CA$98.10
BE-6UBSE Stove Adapter

ストーブアダプター
CA$27.00 1 CA$27.00
Magnetic Stove Thermometer

ストーブ温度計
CA$26.10 1 CA$26.10
Probe Thermometer

煙突温度計
CA$43.20 1 CA$43.20
Expert Packaging-IPPC

輸出向パレット載せラッピング
CA$65.00 1 CA$65.00
Local delivery to Vancouver

バンクーバー配送
CA$80.00 1 CA$80.00
CA$2,032.30

ざっくり拾い出したら、大体 CA$2,032.30 になりました。

但し、屋外用(含む屋根貫通部)の Excel 断熱煙突は 1,200mm しかないのです。
もしかしたら、ちょっと短いかもしれません。

屋根の勾配は 3/10, 3 寸です。
10 進むと 3 高くなる、30% 勾配です。

お客様のお宅は尺モジュールのため、薪ストーブの煙突を抜く位置は、理想としては、棟から 455mm ズレた位置になるんですが、そうすると、その 30%、つまり 136.5mm ほど下がった位置ということになります。

勾配天井のため、Square Support という一斗缶のような板金の箱を天井から吊り下ろして、その底部で屋外の Excel, 屋内の ULTRABlack の変換も行い、それぞれの煙突の荷重も受け止めるようになります。
写真はうちの矩勾配(10/10)の天井に設置した Saure Support ですが、見ての通り、幾分か室内に突出する構造になり、この箱の中の密閉空間は Excel 煙突ということになります。

屋根の厚み(屋根仕上げ材、通気層、天井材など)も 20cm 程度はあるでしょうし、少なく見積もっても 30 — 40cm 程度は密閉空間内に埋もれると思うんです。

フラッシングの場合、三角コーンの頭を跳ねたような金具が屋根から飛び出る形となるんですが、これも 30cm くらいはあったかと思うのです。
この上に Strom Collar とういエリマキトカゲというか、シャンプハットというか、すみません昭和な単語で、まあそういう水切り金物を巻いて Caulking Roll で防水するわけですが、それも 10cm くらい幅を取ります。

そうするとここまでで 80cm 程度なので、純粋に煙突の立ち上がりってのは 40cm くらいしかないような気がするんですよ。

計算上は棟よりも煙突だけで 60cm くらいは突出すると思うので、トップの一番上はあと 20cm くらい高いので、風圧帯の影響はぎりぎり避けられるかなと思うのですが、Roof Brace で突っ張るほどでもないのかなと思ったり思わなかったり、あと少し、上に伸ばしたほうがいいんじゃないかとも思ったり思わなかったりです。

とりあえず、そういう不測があった場合に備えて、Excel は多少在庫を持っているので、航空便で急いで取り寄せて送料がもったない、なんてことにはならないようにはしています。
念のため、在庫を確認しておかないと。。。

物自体は、CA$2,000 くらいなんですが、運賃が 1m3 あたり 60,000 — 70,000 円かかります。(税抜き)
それと、うちの代行手数料が 10%(運賃にもかかります)。
消費税が 10%。
外貨に対しては、為替手数料が 3.5% くらいかかりますので、購入する際には、報道されているレートの 1.05 倍くらいになります。(例えば今だと、CADJPY は 104.38 円なので 110 円くらいのレートで考えておく必要があるということ)
どんぶり勘定で行くと、(2,000 x 110 + 70,000) x 1.1 x 1.1 = 350,900 円くらい、ということです。

数年前なら、同じ金額で TrueNorth TN20 も含んだ一式が購入できました。

岸田禍なんていわれていますが、あまり政治的なこと言いたくはないところですし、岸田さんの能力だけの問題ではないと思いますが、この 30 年間、我々の所得の額面はほとんど増えなかったわけです。
その間に消費税だけ見ても 10% お金の価値は毀損しています。
そして、今年に入ってから、対ドルでは 20% 以上、日本円の価値が毀損していますから、単純に計算すると、100 万円のお金の価値は 100 x 0.9 x (110 /135) = 73 万に目減りしたことになります。
追い打ちをかけるように原油や小麦を筆頭に、ありとあらゆる資源が値上がりしています。
コツコツ「日本円」を貯めたら、コツコツ損をする、そんな時代です。

だからといって浪費しろというわけではないのですが、長期的に見て必要と思われるものには投資をしたほうがいいと思います。
現金で持っていればもっているほど損をするし、収入も増えないのなら、将来に先送りにすればするほど、どんどん値上がりして購入が難しくなります。

いや、今朝 5 号が、iPhone がすごい値上がりしてるんだけどっていってたんですが、ドルで考えると全然値上がりなんてしてないんですよ。
むしろ値下がりしているレベルなんですけど、円で考えるとガッツリ値上がりしているんですよね。

なんとかと相場には勝てないと言いますが、当面円高になる要素なんて微塵も感じないし、今年の冬に間に合わせるなら、輸入するなら今月いっぱいくらいが手配の期限なので、薪ストーブ関連の輸入代行 については、お早めに ご相談 ください。
ただし、今までの 1.5 倍くらいの値段になっていると思ってください。(物価高、運賃高、為替)

工事 4 日目

今日も暑かったです。

ほとんど終わりました。

会所周りの作業に入ったんですが、パイプの周りに複雑に根が入り組んでいて二進も三進も行かないので、パイプは切ることにしました。
パイプを切って退けたら、ユンボでひと掻きででした。。。
小一時間 3 人で頑張ったのに。
将来的に、また会所周りのパイプの隙間にゴミが溜まったら、掃除に難渋することは火を見るより明らかなので、ソケットで元に戻す際、片方は糊で貼らないで、ビスで揉んで固定しておくことにしました。

なんとか会所も元に戻してパイプも元に戻して本日終了です。

左側のトーフは時間がないので適当に置いただけです。
裏はちゃんとグリ石を込めていますが、コンクリートは練り込んでないので、将来的にはやり直す予定です。
ベースも打ってないし、それ以前に、クスノキの切り株や根を取り除かないと、干渉してしまい、きちんと積めません。
お金と時間ができたら、きちんとしたいと思います。

あとは電柱が短くて、引っ掛けると危ないという話をしたら、金属の 6m のものを電気屋さんが奉納してくださったので、それに交換しようと思います。

明日は、怪我をして 2 ヶ月の検診です。
朔でもあるので、神社の巡回もしないといけないのですが、お供物は 9 時にならないとスーパーが開かないのですが、検診には 10 時過ぎには出ないと間に合わないので、病院が終わってから神社の巡回をしたいと思います。
もう来なくていいよといってもらえるといいんですけど。。。

明後日、完成するように頑張りたいと思います。

夕方帰ったら、ボブキャットのタイヤが 2 本届いていました。
これも、土曜日、時間があったら組み替えしたいと思います。

工事 3 日目

今日で 3 日目です。

いきなり端折って、お昼でここまで進みました。

午後はここまでで切り上げました。

ちょっと高さがあってないように見えるんですが、1, 2 段目が低いだけでした。
低い分には上げることができるんですが、高い分には下げることはできないので、低い方がまだいいんです。
だいぶ進みました。

図面があって作業しているわけではなく、後ろのコンクリート擁壁ができたのはかれこれ 40 年くらいは前だし、石垣にしても 35 年も前になるんで、子供だったので細かいことは覚えてないし、掘削してみたら、石垣の根入れが思ったよりも前に出ていて、トーフを細工しないと干渉して座らないんです。
面倒くさいので、微妙なサイズのものがあったんで、それを据えましたけど、高さが 50cm くらいで 10cm 程低く、小さく薄いのです。
まあ、小さく薄いから座ったんですが、どのみちここは埋まって見えなくなるし、上には会所を据え戻さないとなので、高いよりもこれまた低い方が都合がいいかなと。

薪をちょっと片付けました。

夕方、グリ石が足りなくなるかと思って注文しておいたものが届きました。

いやはや、トーフは 5 段積んであって、計画と実際が違って、ひとつ据えられなかったので、このことはつまり、5 個トーフが余る=5 個の裏込め材がいらなくなった、ということでもあるわけですよ。

腐るもんでもないし、かといっておいておいても値打ちが出るものでもないんですけど。。。
また、ゴミが混ざって使う時にスケルトンで整理しないといけなくなりそうだけど、頼んだものはまあ仕方ありません。

とにかく入り口にあると邪魔なので、奥に運ぼうかと思ったら、ボブキャットが壊れました。
少し調子が悪いから修理してといわれていたんですが。。。
キュルキュルというので、ベルトが滑っているようです。
T さんに電話をしたら、夕方帰った後に寄ってくれて、ベルトを張り直してくれたんですが、交換が必要なようです。
明日ボブキャット九州さんに部品を注文しないとと思います。

明日くらいであらかた積み終えるとは思いますが、会所の周りの細工とか、山側の切ったところは最終的には野面積みで仕上げたいんですが、時間的に無理なので、余ったトーフを適当に積んで、グリ石も余るだろうから、それを適当に裏込めして、お茶を濁そうかなと思います。
まあ、そうやって間に合わせると、その状態で 5 年 10 年放置、となるような気もしないでもないんですが。。。

毎日暑いので死なない程度に頑張ります。

昨日の続きです。

ここ、半分くらいのトーフがないので、1 個丸々にしました。
ベースを打ちます。
地山ですが、随分と柔らかいです。
適当に拾ってきた鉄筋を入れておくことにしました。

生コン待ちです。
ホッパーですが、なんでこんなものを買ったのかわかりませんが、かれこれ 15 年くらいは使っているので、もう十分元は取ったと思います。
この写真を見た SV-100 を譲ってくれた N さんに、吊る時はアタッチメント外した方がいいですよとアドバイスをもらいました。
5 号にもいわれたんですが、なんでバケットつけてるのかと。
OilQuick なので簡単に着脱できるので、明日は外そうと思います。

生コン打設 1 回目完了。
午前の部、暑くてここで終了。
ある程度固まるのを待ちます。

一応、ちゃんと石を詰めます。
昔、2m 程(根入れがあるので、積んだのは 4 段)だからと、土で埋め戻したら、数年で傾いて、結局やりなしたことがあって二度手間だったので、基本的全部石を込めています。

生コン屋さん、かなり忙しいみたいで、でも、2 回目も来てくれました。
生コン打設 2 回目完了。

水抜きの穴を刳ってあるトーフはこれで最後ですけど、よく考えなくても隙間があるし、穴を刳るのはかなり大変なんで、あとは積むだけにしようと思います。

ここまでで少し早いですが、ケンチャナヨ無問題ナンペイライマンペイライ土木本日終了。
役所に行って戻ったら 17 時になりました。
夜まな板台車を回送して閉店です。

ずっと社務所の下、工事しているけど、一体いつ完成するの、と聞かれたんですが、やっている当人もどこまで作ったら完成なのか、思いついたら作っているので、さっぱりわかりません。
とりあえずは今週いっぱいで、社務所が乗っている既存擁壁の補強のトーフ積みは終えたいところです。

まだ前屈姿勢とかは取れないですが、だいぶ動けるようになってきたので、来月になってもう少し体調が改善したら、丸太小屋作りもいい加減再スタートしたいところです。
化粧パネルも 4 月に注文して納品になっているんですが、腰が痛くて延期にしてもらっているのです。

明日は M くんも手伝いに来てくれるですが、彼は焼き鳥屋なので、ここ最近の日差しに耐えられるのか、いささか不安があります。
熱中症に気をつけて、明日もボチボチ頑張ろうと思います。

まずは入り口から

今日は社務所下の擁壁の補強工事の続きです。

まず、進入路を改良することにしました。
ここ、一旦下がって、登るようになるんですが、現状のままだと勾配がきつすぎてまな板(トレーラ)のバンパーや 4t の化粧板が地面に干渉するのです。
なので、水平部分を多く取るために、トーフを二つ分、延長しようと思うのです。

というわけでまずは掘削。

ベースコンクリートを打とうかと思ったんですが、かったるくなったので、グリ石で据えました。
グリ石が動かないように、後でコンクリートを練り込みます。

ここまででお昼になってしまいました。

昼からは、本丸の社務所下の擁壁に取り掛かりましたが、葛が伸びてきて、排水パイプに絡まって大変なことになっていたので、その掃除からする必要がありました。
後、置いてあった石が土と混ざってしまったり、落ち葉などのゴミと混ざってしまったりで、それをスケルトンでコツコツふるい分けて、片付いたら 16 時になってしまったんですが、途中のトーフの横を掘ってみると、ベースは打ってませんでした。
明日打とうと思うんですが、今日の明日なので、予約が微妙で、車が空き次第ということで、午前中には来てもらえそうです。
コンクリートですが、18N のもので、結構値上がりしていて、立米で 2 万円(税込)程のようです。

本日の頑張りの成果。

入口。

明日も頑張ります。