ゴムパッドが届きました

書類上の不備があったようで、今日にずれ込みましたが、取り寄せていたゴムパッドが届き、通関に出掛けてきました。
午前中に無事に許可になり、午後イチで引き取りました。

早速取り付けました。

実は SV100 の専用品ではないんです。
0.25 用のもので、ボルトのピッチ等は合わせてあるんですが、溝の形状などに違いがあり、MonotaRO で取り寄せたものは取り付かなかったんです。
念のため、細かく採寸してもらって、どちらも取り付くだろうとは思ったんですが、安い方は、少しボルトの頭が干渉することがわかっていました。
高い方は、当たるかもしれないと思って 1 枚だけ、フィッティングをテストするために取り寄せたんですが、そちらの方がしっくり馴染みました。
まあ、消耗品なんで、遅かれ早かれ交換することになると思うので、次回は高い方にしようと思います。

元々 SV100 用は数が出ないためかものすごく高くて 1 枚 5,720 円もするんですよ。
76 枚使ったので、437,760 円もかかることになります。
今回の輸入にかかった費用を計算したところ、12 万円弱だったので、1/4 くらいの計算です。
少量の輸入だったので、運賃がかなりの割合を占めています。
有名サイトだと、大体 13.5 万円程度(税・送料込)で販売されています。
少し安く買えたようです。

品物的には国内で普通に売られているものと比べると仕上げが雑に感じますけど、消耗品なので、個人的には問題を感じません。
ある程度数をまとめて輸入すると、運賃がかなり抑えられると思うので、有名サイトよりも安く販売できそうです。
しばらくは適合を調べつつ、新しい商品に加えていこうと思います。
重機部品屋さんの名前は有名店にあやかってチゃん乃蔵にしようかなと思います。

そうこういっていたら、早速 K さんからクボタ用の引き合いがありました。
0.25 用について、うちにサンプルがあるので、適合を調べるために貸し出すことができます。
興味がある方は お問合せ ください。

ボブキャットのタイヤなんかも国内で買っているので、これも直輸入した場合の値段を調べてみようと思います。

配達完了

配達は無事に終了です。

Brave PCLS2013GC ですが、このモデルの持病というか、エンジンブラケットの付け根から作動油が漏れる症状が出たので、修理預かりして帰ります。
とりあえずの作戦としては、外付けタンク、それがうまく行かなそうなら、溶接修理にします。
外付けタンクは結構大掛かりなので、溶接で直すほうがいい気もするんですが、このモデルは業務用と考えると作動油の量が少なめなので、タンクを外付けの大きなのにしておきたいってのもあるんです。

椿峠のラーメンショップです。
初めて寄りました。
ここ、駐車場広くていいんですけどね、なんかホイルを磨いたり、ちょっと微妙な人たちもいました。
味は。。。ものすごーーーーーーく薄いです。
塩のはずが、豚骨スープのままみたいな感じ。
5 号は味噌頼んだみたいだけど、注文間違えてない、といってたくらい、味が全くしません。
不味くはないんですけど、もう少しちゃんと味付けしてもらいたい感じ。

そうそう、モノハウスの近くのラーメンショップ、熊毛店?
ここも丸に椿のマークなんですけど、系列店なんでしょうかね?
こっちも行ったことはないんですが。

今回、椿峠が一部新道に切り替わって、走りやすくなってました。
でもまあ、防府へ抜けるトンネルは 1 車線だから、あそこで詰まりそうな気はしないでもないですが、さすが 2 号線、どんどん道が良くなります。

あと、西条に新しくできた 道の駅西条のん太の酒蔵 に寄ってみました。
いやあ、素晴らし過ぎます、駐車場が。
広くて、大型の枠が普通車よりも全然多く整備されています。
とても停めやすい。
また、利用したいと思います。

そんなこんなで、無事に愛媛に辿り着きました。

明日は、ゴムパッドが届くので、通関・引き取りをしたいと思います。
ボチボチ頑張ります。

薪の配達 — 山口に出発

今日は配達に出発です。

午前中に積み終える予定が、社内のシガー電源ソケットが一つ死んでいて、買い出しに行ったりしていてお昼を回ってしまいました。。。

今回、積み方を工夫して、前回の 26 カゴから 28 カゴと 2 カゴ余分に積むことができました。
が、積む時にカゴを引っ掛けて一つ痛めてしまったのえ、戻ってきたら溶接して修理しないとですが。。。

配達先が狭いので、40ft は進入することができません。
なので、まな板での配達になります。

西条の立体工事はまだまだかかりそうですが、東広島・安芸バイパスと、木原道路が開通して、本当に、一気に走りやすくなりました。

あとは、観音本町までで途切れている西広島バイパスですよね。
延伸することが決まったみたいですが、7 — 8 年はかかるとかなんとか。
その上片側 1 車線みたいだし、東広島バイパスまで繋がるわけでもないし、少しは便利になるのかなくらいに感じます。

出発が遅れてしまったので、長沢ガーデンのレストランの営業時間には間に合いませんでした。。。
いや、間に合ってはいたんだけど、ラストオーダーまでには入ることができず、夕飯は抜きになりました。
なんとも。

明日もそれなりに頑張ります。

薪割り機の引き取り

今日は薪割り機の引き取りがありました。
オイル等を充填して、動作確認をしておきます。

作動油ですが、小分けにしたものは園に持っていったので、ドラム缶から直接入れました。
で、入れ過ぎちゃったんですけど。。。

エンジンオイルもなかったんでイエローハットに買いに行ったんですが、なんかえらく色が濃いオイルですね。
缶のままだと使いにくいので小分けにして、早速ラベラーでラベルを印刷して貼っておきました。
オイルは 10W-30 で、0.5 — 0.6L くらい入ります。

タイヤのハブのカバーですが、他の部品も、こんなふうに厚紙にパックしてあるんです。
なもんで、欠品していることがまずない。
非常に良い工夫だと思います。

で、このカバーの取り付けにはちょっとしたコツがあって、普通に叩いてしまうとカバーが痛むので、VP50 のパイプを短く切ったものがシンデレラフィットするので、パイプの中にカバーを入れて、それでパイプを叩いてやると簡単に傷をつけずに装着できます。
VH1724GC には、取り付け時に使うパイプを短く切ったものがついてきて、それでやり方がわかったわけです。
PLCS2013GC にはついてこないんで、何度失敗したことやら。。。
まあ、VH1724GC についてくるものもショボいので、VP50 に行き着いたわけです。

引き渡しは無事に終わって、お土産のだんごをいただき、早速美味しくいただきました。

これで PREDATOR も在庫は完売です。
次回入荷は、これほどの円安なので、未定です。

Brave はまだ在庫があります。
チャイニーズ品に比べると、ちょっと高いからか、滅多に売れません。
いい薪割り機なんだけどなぁ。。。

明日は薪の配達なので、トレーラに積んだままになっている荷物を下ろして、本日終了です。
今度は山口に行ってきます。
ボチボチ頑張ります。

往復型 薪割り機 PREDATOR 組み立て

今日は父の式年祭でした。

午前中、5 号がお宮のことをやってくれている間に、済ませました。

薪割り機の注文をいただき、月曜日に引き取りがあるので、組み立てです。

PREDATOR ですが、非常にパッケージングが良くできています。
特に、ボルトやナット、そういう細かな部品が厚紙に並んで、それをパックしてあるので、不足がないことが一目瞭然なのです。

これで PREDATOR も完売です。

仕入れが $999 で、米国内の送料が $200 くらいして、それを日本に持ってくると大体、仕入れ価格の 1/3 くらいの運賃がかかります。
なもんで、$1,600 くらいが仕入れ価格ということになってしまい、今の為替レートだと、為替手数料やら保険代を加味すると、$1 = 160 円を軽く超えて 170 円に近い金額になるわけですが、仮に 160 円だったとしても、ここまでで 256,000 円かかります。
これに消費税が課税され、販売時の手数料(約 5%)が差し引かれますので、実際のところ、30 万くらいで販売しないといけないわけです。
うちの儲けが全くなくても、です。
実際には組み立ても必要だし、その時に作動油やエンジンオイルだって必要です。
そうなると、同じようなホンダウォークのものでいいじゃないの、ということになってしまうかと思うのです。
まあ、米国からの輸入にコストがかかり過ぎているし、もともと MADE IN CHINA なので、直接中国から送って貰えば、大幅にコストカットはできると思うんですよね。とはいえ、そこまで台数が出るわけでもないし、似たものがあるわけだから、わざわざうちでやる必要があるのかなというのは思うところです。

組み立てただけで、オイル等はまだなので、月曜日までに動作を確認するところまで済ませたいと思います。

在庫の薪割り機は Brave の 24t のみとなりました。
こちらも今のような酷い円安の前に仕入れてあるものなので、それなりにリーズナブルな価格になっています。
在庫がなくなると多少なりとも値上げしないといけなくなると思うので、米国製の安定した品質の薪割り機をお探しなら、おすすめのモデルです。

完成納品なので、エリア限定ですが、自分で組み立てる、引き取る、等も対応できますので、ご相談 ください。

除草剤散布と薪割り機見学と

お参り陸ちゃんです。
この子は、このお宮で出会いました。
かれこれもう 5 年ですかね。

春祭りには間に合わず、それでも放置するわけにはいかないので除草剤の散布です。
今度の総代さんは、動噴を持っているので、お願いしました。
買い置きの除草剤の残りが 2L で 100 倍に希釈し 200L です。
除草剤がなくなってしまったので、買わないとなんですが、結構バカにならない出費です。

その後、徳島から NP1, NP2 をはじめとした薪割り機の見学で来訪がありました。
NP1 は、実際に操作して、薪割りを体験していただきました。

薪製造機は高価な機械なので、実物を確認するのが一番だと思います。

うちのものは、大体軽トラック 1 台分くらいの値段なので、薪屋を始めるにあたって新車のハイゼットジャンボと某国産薪割り機あたりを買おうとしてたならば、軽トラの方を中古にすれば、同じ予算で製造機なる、そんな感じで企画したものです。
もっと安く作ろうと思えばできなくもないんですが、薪を実際に生産しているなかで、必要だと思う機能を追加しているので、そこそこの価格になってしまっていますが、使えばあってよかったと感じていただける機能だと思っています。

そのあたりのことも含めて、実際にデモをご覧いただければと思っていますので、見学ご希望の方はお気軽に お問い合わせ ください。