MADE IN USA でドイツ製の梱包機

久しぶりにフォークアタッチが落札されたので、出荷しました。

北海道に嫁いで行ったんですが、距離があり送料が高いので、少しでも安く送れるようにパレットを作りました。

在庫が 2 点あったので、写真とは別のものをもう一点も作ったんですが、見ての通りラス板とあまりものの 2×4 で作っています。
普通、ボードは釘で打つんですが、鉄砲(ロールネイラー)が水没したみたいで、サビ錆になっていて、CRC を吹いたんですが、どうも分解清掃が必要なようで、まともに打てません。

仕方がないので、4mm 幅でタッカーで打ちましたが、ちょっと弱くて、一つは帯鉄で引き締めた時にパレットが壊れてしまいました。

まあ、引き締めた箇所が写真同様、よろしくなくて、桁にしかかかってなかったので、強く引っ張ったことで桁がうちに引き込まれてタッカーの針が細くて破断しました。

修理するか、作り直さないといけないんですが、次からは、デッキボードのある位置で締めようと思います。

それはそうと、表題の件です。

使っている帯鉄ですが、安いのか高いのか知りませんけど、約 30kg のロールを大体 6,000 円弱で買っています。
メッキ品だし、厚みもあって、足場なんかの重量物にはぴったりなんですが。
ただ、PP バンドに比べると同じ長さで考えると圧倒的に高いのです。

もともとは、メッシュパレットを回収する際に、ガッチャで締めるとワイヤが錆びている箇所のラッシングベルトが輸送の振動で摩耗して破断して、1 号線でラッシングベルトを落としかけて引きずり後ろのトラックに教えてもらって助けてもらった経験があり、そういうことがないようにまずは帯鉄でガチガチに括っておこうと思って購入したんです。

現状、小物の梱包は半自動梱包機をゲットして以来、ほぼそれでやっているんですが、テーブルに乗らないようなものは、手動の引き締め機 を使っています。

別に悪くはないんですが、封かん機は持っていないので、樹脂製のストッパーを使っていて、たくさん荷造りすると結構手間がかかります。

この間、薪を出荷する際に 通気バッグを 2 段積みしてみた んですが、これの固縛に帯鉄を使いました。
数を増やせば、PP バンドでも耐えられないかと思っているんですが、そうなると、かなりの数を固縛しないといけないし、同様に、みかんカゴでの納品時にも固縛したいと思っているのです。

パレットフォークも売れて、軍資金ができたので、ハンディータイプの梱包機で、PP バンドを溶着して固定を物色中です。
それで見つけたものがこちらの、MADE IN USA でドイツ製の梱包機です。

本当はバッテリー式がいいんですけど、専用バッテリーってのは勘弁してもらいたいんですよね。
国産品で、安いものは 20 万を切っていて、マキタ のバッテリーが使えるんですが、安いには理由があって、引き締めが手動なんで、それはない感じです。
引き締めも自動になると、恐ろしい金額になります。

商品の説明に詳しいことは書いてなんですが、写真から推測すると、

  • まずは梱包するものに PP バンドをかけて
  • 引き締め機をセット
  • 黒い 1 と書いてあるボタンを押下して、引き締め操作
  • 青い 2 と書いてあるボタンを押下して、融着操作
  • 外して完成

といったところでしょう。
切断も自動とあるので、融着操作後、自動で切断させるものと思います。

あとは、空気をどれくらい食うかってのが気になるところですし、エアホースの取り回しがあるんで、下手をするとストッパーでやった方が早かったなんてオチがあるかもしれませんが、まあ、ある程度数を梱包するとなると、ストッパーが入らない分、楽になるし早いんじゃないかと思うのと、ストッパーの出っ張りがないはメリットかなと思います。

しかしまあ、梱包用品も実に色々揃えてきたものです。
これが落とせたら、倉庫も広くなって置き場もできたことだし、次は くるくる MAC を狙いたいです。

落とせなかった落とせなかったでバッテリータイプをのんびり狙いたいと思います。

ていうか、薪って、全く儲かってないのに、いいんですかね、道具ばっかりそろって。。。
まあ、維持費がかかるものでもないし、いらなくなったら買った値段の半分くらいにはなると思うので、あまり細かいことは気にしない方がいいように思います。

道具の充実は、心の充足!
道具は財産、道具で貯金!
勤労意欲が沸きます!

これをいっちゃあおしまいですが、そういうことを言って、倉庫に道具が溢れかえって、昨日難儀をして片付けた気がするんですが。。。まだ、使わない道具達を奥に出品するための写真すら撮ってません。。。

まあ、絶対に必要でもなく、あったらいいなくらいなので、ボチボチ頑張ります。

新型ピンレス含水率計

ヤフオクで見かけました。

新型のピンレスタイプ, MD916 ですが、アンテナの形状が今までのピンレスのようにフラットではないので、もしかしたら薪のように多少凹凸があるものでもいけるのではないかなという気がします。

で、こういうものの場合、MADE IN CHINA ですから、現地で買うのが安いわけですが、詐欺の補償付きの eBay でざっと見ただけで 4,000 円台くらいであるので、ヤフオクで買う意味はあまりないように思います。

最近は、Amazon にもチャイニーズが直接出品するようになっているのでそっちも調べてみました。

安くない。。。

それはそうと、バリエーションとして、

AR971 MD2G+ MD7820 MD7821 MD7822 MD812(2Pins) MD814(4Pins) MD816 MD818 MD912 MD914 MD916 MD917 MD918 MD919

のように表示されていました。
結構種類がありますね。

個人的には、正直高いし、あまり必要ではないんですが、以前は MD812 のように現地から 1 つ買っても $10 しないものが、5,000 円近い定価で売られていたわけです。今は価格が改定されていますが、それでも 税別 4,000 円近い値札 がついています。

尤も、ブランドロゴを本体に印刷されていましたし、化粧箱もカラー印刷で、マニュアルも翻訳したものがついていましたから、下手をしたら本体よりもパッケージの方が高額だったかもしれません。

なので、うちが扱うことで、そういうサービスが不要な場合に、現地の価格に近い相場を形成して、より多くの選択肢を薪ストーブユーザのみなさんに提示できるのかなと思うところです。

それで、どうして針(プローブ)のないピンレスタイプにこだわるのかというと、薪ストーブで使うのはクヌギ・ナラといった広葉樹がメインになるので、乾燥すると結構硬く、ピンをきっちり差し込むのがなかなか大変だからです。
ピンの挿し方加減で数字はいくらでも変わってきますから。

それと、挿した部分を計るため、より正確に測ろうとすると、いちいち割らないといけません。
中心部分を計るために、半分に割って、そこを計るわけですね。
測り方や、含水率とはどういうものか、以下のエントリーで説明しています。

なので、簡単に、より正確に測れるものが、多少高い程度であれば、そちらを提供していきたいなと常々思っていたわけです。

MD918 との違いも気になるし、一台取り寄せてみようかなと思います。

ゆうパック(お手軽版)を利用してみた件

ヤフオク(と PayPay フリマ)で売り出してみた段ボール入りの薪ですが、早速出荷してみました。

ざっくり詰めたら 25kg を超えてしまったため、キンクラで割って量を調整しました。

ゆうゆうパック(お手軽版)を利用すると、25kg までは、全国同じ料金でおくることができます。(送料込みで出品した場合)
ただ、送料込み、ということは、送料に対しても落札手数料がかかっている、ということは無視できません。

それで、昨日は土曜日だったので、郵便局はお休みのため、ローソンから発送を行いました。
ヤフオクはアプリを入れてあるんですが、出荷画面でローソンを選択すると QR コードが表示され、Loppi にかざすとレシート的なものが出る仕組みです。
それをレジに持っていくと、伝票を主力してくれるので、貼り付けて出荷完了です。
ローソンでの発送は、スペースの制限からだと思いますが、5 個まで、ということになっています。
実際のところ、薪はかなり大きいので、せいぜい 2, 3 個までで、それ以上は無理があるかなと思いました。

ローソンは、ヤマト運輸の向かいなので、差出の手間はそれほど増えないと思います。

あとは、店頭で運賃の支払いがなかったんですが、それがどのように精算されるのか、おそらく売り上げから天引きされるのではないかなとは思うのですが、支払いがない分楽でいいです。

とりあえず、薪は 5 箱作っておきました。
2 箱出荷したので、残りは 3 箱なんですが、売れるのにどれくらいの時間かかるんでしょうかね。
箱が腐る前に売れるといいなと思います。

スプロケットを落札

今日から 2 月ですね。
朔なので、毎度ですが、午前中は神社の巡回です。
ちょうど兼務社の下のミカン山でミカンの収穫をしていて、甘平 をもらいました。
結構好きな味でした。でも、剥くのが面倒くさいです。

昼からは検品と納品をしようと思っていたんですが、ちょっと体調が悪いというか、このところろくに休みがないので、最低限の出荷だけして、のんびりしようと思って帰りました。

4 号は一度尿路結石で死にかけたので、この間定期検診に連れて行ったんですが、エコーでちょっと石ができかけているような話になり、おしっこの具合を見て欲しいと言われました。
1, 2, 3 と一緒だとわからないので、マンションの方に移動しました。
6 号との距離感が微妙ですが、早速タワーを占拠しています。
まだ、うーうーいっている感じで、ちょっとは仲良くして欲しいです。

表題のスプロケットの件です。

かれこれなんですが、動かないわけではないので、伸ばし伸ばし凌いできたスプロケットの摩耗ですが、限界突破状態で、キー Kii 言いそうな具合になってきたので、観念して落札しました。

1 枚 14,000 円+送料 1,000 円。
それと、ボルトが 9 本。
それが左右となります。

今ついているものの摩耗具合が分かるというものです。

ゴム足を一旦脱がないと交換できないような気がするし、片側は今まで一度も交換したことがないのですが、その片側を交換したのは 3,000Hr ちょっとで、4 年前 のようです。

この時、両側同時に変えようかなと思っていたわけですが、変えなくても 4 年は持ったわけですから、今回も切れるまでは変えずに粘ろうと思います。

「即納・全塗装」魚谷鉄工所 AK-3 2002年車 低アワー 林業フォワーダー 最大積載2500kg クローラー運搬車 林業機械

魚谷の AK シーリーズの出品は初めて見たかもしれません!

★品名★
「即納・全塗装」魚谷鉄工所 AK-3 2002年車 低アワー 林業フォワーダー 最大積載2500kg クローラー運搬車 林業機械

★状態★
エンジン始動・走行、旋回動作・グラップル各動作・その他動作・エンジン停止の動作確認できました。

型式:AK-3
年式:2002年12月
運転質量:4000kg
最大積載量:2500kg
定格出力:51kW (51馬力)

ギリギリ 4t ですから、4t 車で運べますね。
これさえあれば、原木の扱いが劇的に楽になりそうです。

が、今の型の新車でも 1,000 万しないと思うのに、20 年近くも前のものが 1/3 くらいするってのも、さすが専門の機械というべきでしょうか。
まして、補助金が出ているような業者だと、70% くらい補助金でしょうから、新車を補助金の期間使って売っても、一円も損をしない、ってことになりそうですね。
仮に 1/3 出ても、1/3 で使えるってことになるわけで、補助金なしだと、補助金漬けの「黒木林産」のようなところに太刀打ちできませんね。
まあ、「黒木林産」は、盗伐ですから、泥棒に泥棒の道具まで税金で買い与えていたってことになりますけど。

先立つ物がないので、どうすることもできませんけど、いつか買えるように頑張りたいと思います。

電動の小型キネティック型薪割り機がヤフーに登場!

キネティック型、一部界隈では「ドドンパ」と呼ばれているようですが、フライホイールに運動エネルギーをためて、ドカンと割るタイプの 100V 家庭用電源で動作する小型のモデルが BAUHAUS さんから登場しました。

facebook 情報ですが。

色は何色かあるようですが、ヤフオクよりもヤフーショッピングのほうが基本的に安い感じです。

価格は、69,980 円ということで、相当微妙な値付けと思うんですが、まあ仕方ないかなと思うところです。
北米では、$450 — $600 ですので、やはりちょっと高い気はしますが、数が出るわけでもないだろうし、BAUHAUS さんはきっとチャイニーズ輸入のエキスパートで、モーターなどを PSE 対応させるノウハウをお持ちなんでしょう。
こういうノウハウで稼いでいるともいえますしね。

それで使い物になるかしら、という話です。

電動(油圧)については、正直、残念な思いをしたんですけど、まあ、その辺の感想は昔も書いたのです。

もう一度いうと、電動(油圧)については、使いものにならないというのが個人的な考えです。

理由は 100V だから。当たり前ですが、1500W 以上の仕事はしないのです。
1500W = 1.5kW です。
小型のエンジン、例えば、GC160 など 160cc クラスのガソリンエンジンだと、大体 4kW 以上あります。
なので倍以上の仕事をするわけです。

小型の油圧機械の場合、アキュムレータ, Hydraulic Accumlator を導入するのは現実的ではありません。
アキュムレータは、蓄圧器で、用途の一つとして、圧油を蓄える、バッファとしての機能があります。

薪割り機の場合、薪を割っていない間、つまり、シリンダが伸びる動作をしていないときには圧油は使用しない(小型の家庭用薪割り機は大部分が単動です)のですが、常に油圧ポンプを駆動し続けることにより、アイドル時間も電気エネルギーを圧油に変換して蓄えることができるため、薪を割っている間の見かけの仕事量として 1.5kW 以上の仕事をさせることができます。

そういえば、少し前に話したんですけど、シトロエンの油圧サスペンションはアキュムレータをショックアブソーバとして利用 していました。
古い話です。

話をもとに戻すと、費用対効果で考えると、これはあまりうまい方法とはいえません。

エアコンプレッサと同じ理屈なので、なら、エアを使えばということも思ったんですが、薪割り機は 20MPa くらい、エアコンプレッサは常圧のもので 0.7MPa, 高圧でも 4.6MPa なので、随分と低い圧力なのです。
仮に高圧で使い物になるとしても、高圧コンプレッサがいくらするのかというと。。。まあ、そういうことです。

そこで、キネティック型です。
キネティック, Kinetic とは「運動の」という意味です。
電気エネルギーを重たいフライホイールを高速に回転させる事により運動エネルギーとして蓄え、それを一気に薪割りに使おう、という乱暴なアイデアを形にした、とても乱暴な薪割り機です。
乱暴といっても、まあ斧でぶっ叩いて、かち割る行為も乱暴以外の何物でもないんですけどね。

このタイプの問題点としては、油圧のように粘るということは全くありませんし、ラムの速度を調整したり任意に止めたりすることはできない、ということでしょう。

それと、フライホイールの軸にいきなりギアを噛ませてラムを押し出すという構造のため、その部分に大きな負担がかかることは想像に難くないわけです。(他の構造のものがあるかも知れませんし、BAUHAUS さんのキネティック型の動作構造を理解して、それがそうだと言っているわけではなく、あくまでも自分の知っている範囲での話です)

ただ、電動の場合、もともとの入力が 1.5kW なので、エンジンに比べたら負荷が小さく、なんとかなるんじゃないだろうか、と思うんです。
かといって、MADE IN CHINA の売りっぱなしを買うのはかなり勇気がいるかなと思いますけど。

あと、気になることとしては、電動を使わないといけない環境で、果たしてキネティック型が使えるのか、という疑問もあります。
要するに動作時の騒音等の問題です。

実物を使ったことがない以上、これ以上推測で書いても仕方ないのですが、個人的に買うか買わないか聞かれたら、「今はまだ買わない」というところでしょうかね。
流石に 7 万も出す勇気はないのです。

もし良いものなら、一気に普及するんでしょうけど、かれこれ前から海外ではこのタイプが販売されているわけですけど、一向に普及する気配がないことからも、活用できるシーンが限定されているのか、根本的になにか問題があるのか、何れにせよ、油圧式を置き換えるレベルには至っていないと思います。

もう少し、5 万円を切る程度にまで値下がりすれば、買ってみても損はないのではとは思いますから、もうしばらく様子を見てみようと思います。

あと、BAUHAUS さんですが、前々から興味関心のある出品をされているので知ってはいますが、一度も取引をした経験はないので、確かかどうかを含めて全く知りません。
おすすめするわけでも、しないわけでもありません。

いちいち書くことではないと思いますが、嘘を書くつもりはないですけど、書いてある内容が正確かどうかということについて、保証したり責任を取ったりすることはできませんので、自分で考えて、裏を取って、自分の責任で判断してください。
嘘があれば、当然訂正はしますが。