ほぼ完成したトロンメル

【広告】
出典 http://www.braveproducts.com Brave 20t 往復薪割り機 — 共同購入者募集
安価、強力、高速な米国製薪割り機の共同購入者を募集しています。 能力の割には、非常に軽量・コンパクトなので、パーソナルユースに最適です。 チャイニーズ薪割り機と大差のない価格で、数ランク上の薪割り機を手に入れませんか?
【広告】 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしに参加しています。 励みになりますので、足あとがわりに、ランクアップにご協力下さい。

自分で自分をほめたい

今頃の若い人には通じないかもしれませんけど、まあ、そんな心境です。

ちゃんと動いてからにしろ?
ごもっともで。

とりあえず、8 割方完成した感じで、残りは駆動試験と、取り外し式のプレフィルタ・テレスコピック脚の作成、塗装、といった工程が残っている感じです。

コントロールバルブを注文しているんですが、待てど暮らせど届かない、そろそろ確認したほうがよさ気なんですが、不都合なことはシカトするというトンデモぶりなので、最悪はカードの引き落しを止めてそっちから圧力をかけないといけないかもしれませんが、まあ、海外の通販なんてそんなもんかなと。
それでも、eBay のチャイニーズ商売よりは 1 億倍誠実な感じですけど。

ドレン用のカプラ、平行ねじだったんですが、これは届いているので、そろそろ他のものと混ぜて、輸入しようと思います。
カプラがないと、駆動試験ができないのです。

走行減速機からボブキャットへの戻りホースについて、最初は油圧ホースを使おうかとも思っていたんですが、この前ダイキに行った時に、水道用の配管コーナーにたけのこニップルが売っていたので、現物合わせで耐油ホースを切り売りで買ってきて、圧がかかるところでもないので、それで戻して、どれくらいドレンで油が戻っているか見てみたい、という気もしていますが、そのほうが帰って高く付くような気がしないでもない今日このごろです。

雨が続いて全く作業にならない上に、草は伸びるし、崖は崩れるしで、梅雨が明けたら明けたで暑くなってヘロヘロになりそうだし、今年は原木を梅雨までに割り切れなかったのは悔やまれます。

ただ放っておいてもきのこが生えてごみになるだけなので、少しづつでも前進していきたいと思います。

一番重要なこととして、今年は全く薪が売れないんですよね。
予約は 1 件のみ。
常に倒産の危機です。

作るだけではなくて、売る努力もした方がいい感じですね。
そういう意味では、作れば勝手に押し売りができる、再生エネルギーってのは、本当にありえない仕組みだなと。

まあ、ありがたいことに薪は本業ではないので、それほど気に病んではないのですが、というか、本業の神社は薪以上にブラック業界、時給は最低賃金の 1/10 とか 1/100 というレベルを通り越して、働けば働くほど持ち出しが増えるという状態なので、自分でもよく生活が成り立つなぁと感心するのですが、とりあえず、餓死する気配はないので、良しとしようと思います。

今の最大の悩みは、ニャンズの食費のすさまじい増加、というところですが、こっちもボチボチ、お世話を頑張ります。

豪雨の爪あと

昨日はひどい雨だったんですが、お宮の山が 2 箇所ほど崩れました。

1 箇所は去年も崩れたところで、道が埋まっていたのですが、すでに土砂が撤去されていました。
でも、また崩れたようで、水が溢れ出て、小さな川になっています。

抜本的に対策をしないとまた崩れそうです。

もう一箇所は、道路の路肩ですが、前々から危ないと思って、重機で叩いて多少は締固めをしておいたのですが、本格的に崩落したため、道路が壊れてしまいました。
電柱も危ない状態なので、明日にも、村で話をして、復旧工事をしてもらわないといけません。

これ以外にも、対策が必要な箇所が 3 箇所ほどあって、なかなか工事が追いつきませんが、おいおいやっていきたいと思います。

薪ヤードも、総代さんから電話があって、道路の排水口が間に合わなくてオーバーフローし、ヤードに流れ込んだ影響で崩れかけていると、造成を依頼している土建屋さんから連絡があった、ということで、明日点検に行かないといけないなと思っていますが、兼務神社の氏子区域になるため、そっちの方はそっちの町区で話をしてくれ、ということなので、これもそっちの村で話をして、道路の修理をして、ヤードに水が来ないようにしてもらわないといけないかなと思っています。

FISKARS の保証内容について

xWarranty-claims.jpg.pagespeed.ic.FrVYQK0OyZちょっと問い合わせがあったので、書いておきたいと思います。

FISKARS 社の斧の保証(永久保証)ですが、これはうちのお店が保証しているわけではなくて、FISKARS 社が保証しています。

ですから、保証対象となるか否か、というのは、あくまでも FISKARS 社の判断となるわけです。

うち以外のお店で FISKARS 社の保証をしているところは、見たことがないのですが、うち独自の保証ではなくて、あくまでも国内にサポートセンターがない FISKARS 社に、こちらが代わりに保証を申請して、日本にまで商品を輸送するサービスを無償で行いますよ、という保証です。

無償というのは手間賃の話でして、送料自体はいただきますが、いちいち計算するのも面倒くさいですし、2,000 円ということでどんぶり勘定しています。
内訳としては、経験上、国際輸送費(船便のコスト)と国内の輸送費用はほぼ同額なので、斧等の場合、約 1,000 円送料がかかりますので、単純に 2 倍で計算しているだけのことです。

IsoCore Maul のような、大きくて、重たいものの場合、今のところは 2,000 円でお願いしていますが、国内の経費の値上げがありましたので、あまりにコストがかかるようなら、3,000 円の負担をお願いすることになるかもしれません。

個人輸入したことがある人ならわかると思いますが、斧一本だけ、door to door で運ぶと、だいたい安くても 5,000 円くらいの国際宅急便費用がかかります。

2,000 円でどうして運べるのか、と聞かれたのですが、からくりとしては、ウチの在庫を先に払い出して、保証で FISKARS 社から提供された商品は、次回の船便で運ぶ、というやり方をしてるからです。

(ややこしいついでいいますと、先に払い出した商品は正規の商品なので、納税していますが、後から入ってくる商品は、無料なのでこっちは無税なんで、次の輸入の時の税の処理が面倒くさいんですけど、まあ、FISKARS の製品の不良率は極めて低いので、今のところは、税については無税扱いで、お客様からは、輸入消費税・関税も頂いていません)

ですから、国内に在庫がない商品の場合、2,000 円で運んで、といわれますと、今の時期ですと半年くらいお待ちいただく、ということになります。
それが嫌な場合は、アメリカからの場合は、$40〜 の元払い(サイズ・重量の制限が非常に厳しいです)、カナダからの場合は、ヤマト運輸で着払いで発送となります。

無論、直接、アメリカ、または、カナダの FISKARS 社にコンタクトを取っていただき、ご自身で保証を申請することもできます。
ただし、当たり前ですが、アメリカ、または、カナダに住所が必要ですので、普通の方にはかなり敷居が高いかと思います。

なお、うちのお店独自の保証は、初期不良保証のみです。
出荷後一週間以内であれば、FISKARS 社の保証対象外の不具合についても、当方で保証をします。
要するに、佐川が壊した的な事故に対しての保証です。

それとは別に、万一の製品の欠陥に起因する事故等については、PL 保険により対応いたします。

煙突の汚れ方

みなさん、薪ストーブ屋さんが断熱煙突をすすめるときに使う、いつものイラスト、覚えていますか?

ちょっとネットから引用して貼っておきます。

ネットで検索してできたものを無作為に並べましたが、煙突に対してのススのつき方ってのは、図を見ると「上の方」なんですよ。

大抵は、シングルだと排気が冷えて、すすが付いたりするし、ドラフトが弱まるんで、(お高い)断熱二重煙突をおすすめします、というセールストークが展開されるわけです。

ところがです、この前うちの煙突を掃除した時には、この真逆の汚れ方をしていたんです。

ストーブ直上のみ、2m 程度にフカフカのススが付着しており、それより上は、触っても手が黒くならない、というと大げさですが、全く掃除する必要がない状態でした。

ちなみに、導入してかれこれ 5 年になりますが、ストレート部分の掃除は、途中を分解して目視点検して、ススが全くついていないのですから、必要がない、って判断で今まで一度もしていません。

トップに DIY で亀甲網を防鳥のために取り付け、その目が小さすぎて生乾きの桧を燃やしてタールが付着して、一度トップを最初のシーズンの途中に掃除しただけです。

ということは、ストーブ直上ですっかり排気が冷えて、そこでススが付くだけ付いて、それ以上先にはススがつかなかった、ということなのか、そもそも論として、ススが付く理屈がいまいちわかってないんですが、いずれにせよ、今までの思い込みとは全く違う汚れ方をしていました。

あまりまめじゃないので、来年まで覚えているかどうかわかりませんけど、来年も煙突の汚れ方を追跡調査してみたいと思います。

にしても、うちは、屋内は 6m くらい ULTRABlack という空気断熱の 2 重煙突なんですが、温暖な気候だし、必要十分すぎる性能かなと、改めて思いました。

ULTRABlack は軽いので、掃除の際に分解したのですが、その時も楽でよかったです。

本日の散財 — アイリス ペットドライヤー

この前、猫たちを洗ったんですが、乾かすのが大変だったので、思わず買ってしまいました。
通販のほうが安いのはわかってるんだけど、近所のダイキで。
すぐに使いたかったので。
今日は、ちょっと肌寒いので、明日、ノミの件も気になるので、またお風呂に入れてあげようと思います。

それと、離乳食ですが、全く食べません。
腐るものでもないし、無理して食べさせることもないので、当面はミルク継続ということにして、もう一袋買ってきました。

あと、随分と活発になってきて、猫たちと人間とのふれあいの時間を作って、家猫としての生活に慣らす必要があるということなので、オモチャも買ってみました。
早速遊んであげようと思います。

離乳食を始めてみました

が、食べ物と認識してくれないですね。。。
今まであげていたミルクをちょっとかけてみたんですが、おなかがいっぱいなのもあるかと思うんですが、無反応。
結構高いのに、作ったのが無駄になっちゃいそう。
もったいないなぁ。

fla_jpsCatRnyshk01_lとりあえず、買ったのは、日清のやつ
メーカ物で、国産だから、ちゃんとしたもんだと思うんだけどなぁ。

ネットで調べたら、最初は食べ物だとわからないから、顔に塗って舐めさせるそうなので、明日の挑戦してみようと思います。

もうすぐミルクが切れるので、それまでには、食べ物だと教えたいと思います。

あと、ご飯を上げるときに、名前とお手・おかわりを教えていますが、覚えそうな雰囲気です。

トイレの方は、ちゃんとトイレでしてくれているというか、トイレが気にっているのか、いつもトイレの中にいるんで必然的にトイレでするというかなんというか。
結構な勢いで固まって猫砂が減っていくので、猫砂代もバカにならない予感がします。

砂の方はよく見ずに買ったら、支那製でしたので、次からはちゃんと見て買おうと思います。

用品もホームセンターで買うのが安いのか、それともネット通販が良いのか、なんせ 4 匹もいるので、よく調べて安く買わないといけないです。
いいものを使ってあげたいけど、消耗品だから、値段も大事ですし。

しかしフードとか高いなぁ。

猫のミルクはカナダ製だったんですけど、向こうの値段を調べて、価格差があったら通販アイテムに追加、って、ログハウスと薪ストーブ用品のお店か、それとも猫のお店かわからなくなりそうだから、そこは踏みとどまろうと思います。

ぼちぼち頑張って、お世話したいと思います。

猫トイレ設置 & お風呂

猫たちは今日も元気です。
体重ですが、みんな 400g を超えて、これで一安心です。

ただ、親がいないので、ウエットシートで拭いたりしていたのですが、だんだん汚れてきたので、思い切って洗うことにしました。
水を嫌がるかなと思ったのですが、全く抵抗なく、すんなりお風呂に入ってくれました。

で、背中に黒っぽい粒のようなゴミがあったので気になっていたのですが、どうやらノミがいるようです。
洗うと虫っぽいものがいましたので、猫シャンプーで攻撃をしてみましたが、駆除できたかはわかりません。

一応、捨て猫ですから、そういうこともあろうかと、ノミの薬は買っておいたんですが、使おうと思って説明書を見たら、「3 ヶ月以上から」と書いてあったので、まだ無理そうです。

調べたら人には映らないということですが、猫たちが可哀想なので、早くなんとかしてあげたいと思います。
とりあえずは、犬用に買ってあるファーミネーターを探すしかないですね。

それと、猫トイレも設置してみました。
1/3 くらいがトイレになっちゃって、だんだんケージが狭くなってきたので、そっちもなんとかしないといけないんですが、まあ、一度にいろいろは無理なので、これもそのうちなんとかしようと思います。

玉切りするとかさが増えるのか、それとも減るのか

firewood_measures_in_steres玉切りをするとかさが増える、という記事を見ました。

自分の今までの経験では、玉切りをすれば明らかにかさは減るという理解だったので、驚きましたが、ちょうど、薪の長さと乾燥について思うところがあって調べていたのですが、そのことも含めて少し考えてみたいと思います。

画像は、引用元を失念しましたが、1 stere(1RM、1m3)の原木を玉切りした時に、1/2 = 50cm・1/3 = 33cm の時に、それぞれどのように体積が変化するのか、というものです。
無論、原木の太さや曲がり具合などのばらつきにより、減少率はかなりの誤差はあるものと思われますが、増えたりはしていません。

薪の生産販売をはじめたわけですが、毎度、どこまでいっても結論のでない話の一つに、薪の長さをどうするのか、ということがあります。

これについては、基本的に機械で生産しているので、人間が丁寧に玉切りするようには長さは揃いませんが、概ね 30 — 35cm をメインに作っています。

この前もお客さんに、機械で作ってるんだから長さが揃うんじゃないんですか、といわれたんですが、全く逆です。

薪製造機は、テーブル(またはベルトコンベア)に原木をのせて、ストッパー等に当てて採寸、切断する構造になっているものがほとんどです。

原木は、大なり小なり曲がりなど形がいびつですから、時に傾いたり、斜めになったりして、たとえば、ストッパーを 35cm にセットすれば、斜めになったら、斜めになっただけ長くなるわけですから、うちでは 35cm の薪を作る場合には、33cm でストッパーをセットしています。

とまあ、話が脱線したので元に戻りますが、ウッドバッグ等に薪を積める際に、短く切ったもののほうが明らかにかさばらずに多く入ると思います。

理屈的にも、曲がっていたりする部分により発生していた隙間が、切断することに減少するので、かさが増えることはないと思いますが、どういうことなのか、とても気になりました。

後、乾燥の速度として、綺麗に井桁に一列に積み上げたら、当然、短いもののほうが薪の重量に対しての表面積が増えるので、乾燥は早くなると思うんですが、ウッドバッグ等に充填した場合、天日(露天)で雨よけだけの状態での乾燥の場合、短いものののほうがかさが減る=隙間が減る=通風が悪くなるため、乾燥時間がかかるということです。

ウッドバッグで薪の長さによる乾燥速の比較をしたことがなく、また、現状テント式カバーを使う予定なので、単なる雨よけだけの状態での乾燥を行うかどうかは微妙なんですが、テント式カバーは、加温作用の他にドラフトを発生させて内部の空気を強制的に入れ替える仕組みも併せ持つと思うので、うちのように短めの薪を作る事が多いシーンではとても差がでるのではと感じています。

というわけで、薪の長さをどうするのか、ということで言えば、少しでも長く作るほうが、積まないでがさつに保管するなら乾燥が早くなるし、切る回数も割る回数も減るので、商売的には効率がいいんだけど、40cm 薪を作っても、全然売れないので、短めのものばかり作っている、という現状です。

ただら、もし、玉切りをする、短く切る、そうしてかさが本当に増えるってのなら、少なくとも乾燥速度は早くなるので、救われるのかしらと思ったりしたわけです。

でも、キャリアのある先輩薪屋さんと話をした時に、30cm は乾燥が遅いから、一番最初に作る、とおっしゃっていたことからも、やはり、玉切りをする、そして、短く切れば切るほど、かさは減るってのが正解ではないかと思います。

これからの作業の時に少し気にしてみようと思います。

FISKARS IsoCore ハンマー斧の使用レポートブログ

お店で販売している FISKARS IsoCore ハンマー斧 の詳細な使用感のレポートブログがあると知らせていただいたので、リンクしておきたいと思います。

販売開始当初に募集したモニターさんのブログも改めてリンクしておきたいと思います。

他にもモニターの方から URL を送っていただいた気がするのですが、失念。。。
思い出したら、更新したいと主ます。

他には、かわはら薪ストーブ本舗さんの「春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)」 ブログでもご紹介頂いています。

無論、手道具ですから、相性的に合う・合わない(やはり重すぎるとか)はあると思いますし、上記はそれぞれの方のフィーリングですが、今までのところ、8 割方の方に気に入っていただけているのではと思っています。

商品自体は、現在バックオーダーとなっていますが、順調に処理が進んでいて、予定では 6/23 に倉庫に搬入予定です。
6 月末、遅くとも 7 月初旬には出荷可能となる見込みです。

ご予約は以下のボタンからお願いいたします。

ロールシャッハ・テストとか

重い腰を上げて、自動車学校に通い始めました。

久しぶりに視力検査をしたんですが、大分目が悪くなっていて、今度はついにメガネ等の条件が付きそうです。

懸案の深視力ですが、はっきり言ってよくわからないのですが、なんかクリアできました。

というわけで、今日は適性検査をしたんですが、その中でロールシャッハ・テストがあったんですけど、あれって意味あるんでしょうかね。

検査はマークシート式ですから、当然機械処理するので、自由な記述ではなく、3 択でしたし、被験者が意図して回答を歪めることを防げたとしても、どの選択をした人が、その後の運転でどういう事故を起こした、というような情報をどう得ているのか、そういう部分が気になります。

まあ、よく考えて見れば、この適性検査には、「赤信号を無視しする」というようなストレートな、おそらくチャイニーズなら全員ハイと答えるような質問があって、当然、それにハイと答えたらどうなるかくらいは推測が容易なものもあるわけですし、それ以前の問題として、適正が不適格であったとしても、免許は取れる(多分)と思うので、わざわざ時間を掛けて、厳密にテストをする必要があったのか、というような疑問を感じざるを得ませんでした。

facebook にある良いねを押させる情報抜き取りアプリみたいなのの心理テストのようないかがわしいものでは困るのですが。

とりあえず、ストレートで行けたらいいなと思うのですが、ボチボチ頑張りたいと思います。