トロンメル用の油圧ユニット

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしに参加しています。 励みになりますので、足あとがわりに、ランクアップにご協力下さい。

結局のところ、トロンメルの油圧ユニットは、流量が多すぎるので、専用で作らないとダメっぽいです。

減速機の仕様として、458.3cc/rev となっているので、毎分 MAX 18rpm で設計する場合、8249.4cc/min となります。
8249.4cc は、2.18 gallon, 約 500 cu in です。
市販されているものの中には 12rpm 位のものもあるので、それくらいでもよいのかもしれませんが、9rpm を MIN とするなら、1.1 gallon, 約 250 cu in は最低でも必要ということになります。

一般的な 3,600rpm のエンジン、またはモータで駆動する場合、0.07 — 0.14 cu in/rev ということになります。

運転圧力は、24MPa 以下ですので、DYNAMIC GP-F20 シリーズあたりがちょうど良さげです。

GPF1020PC の場合、

SPECIFICATIONS
Disp. 0.12 cu. in. / rev.
Pump Type Gear
Rotation CC
Pressure:
3190 PSI rated
3770 PSI peak
Speed:
2000 RPM rated
6000 RPM max.
Flow:
0.97 GPM rated
2.90 GPM max.
Mount 2 bolt SAE AA
Shaft 1/2″ dia. x 1-1/16″ long with 1/8″ wide keyway
Rqd. Filtration 25 micron
Inlet Port SAE 8
Outlet Port SAE 6
Size 3-5/16″ x 4-1/32″ x 3-5/16″
Shpg. 5 lbs.

って感じで、軸の回転方向は、CW と CCW どちらでも選べる(別の商品)なので、エンジンやモータの回転方向に合わせて選ぶ必要があります。

Inlet が SAE8 なので、これは SAE8 の Hose Barb を使うとして、Outlet が SAE6 なので、NPT 1/2″ に変換してやる必要がありますね。

とりあえず、このポンプを使う場合、0.12 cu in /rev, @3,600rpm で 1.87GPM で、運転圧力が 3,190PSI とすると、エンジンだと計算上は 7.8HP くらいの出力が必要になるようです。
電動機だと半分で済むので、2.9kW 以上、ってことですね。2.2kW の上は、3.7kW になるようです。
この計算結果は、かなり安全側に振っていると思うんですよね。

現実問題、2 ステージ型の場合、低圧側(700PSI)で 11GPM のもの、要するにブレイブの往復タイプなど一般的に 6HP, 160cc クラスのエンジンで駆動しています。
このクラスのポンプの場合、仕様書的には、min 5HP となっているわけです。
高圧側は、 1.8GPM@3,000PSI です。
高圧運転だけするのなら、ちょうどよいくらいです。

0.12 cu in/rev の下は、0.07 になってしまうので、3,600rpm で駆動しても、1.09 ということで、下限ギリギリの能力となってしまいます。

エンジン的には、ロビンなき今、ホンダ一択ですが、問題は、GC にするか、GX にするか、ということです。
今はセールやっていないから、GC160 が $220 くらい、GX160 で $320 くらいします。
ブレイブの保守用にエンジンも在庫しておいたほうがいいかなと思うのですが、価格優先なら GC, 品質優先なら GX ですね。

エンジンは、回転が CCW(counterclockwise = 反時計回り) のようですから、向き合わせに取り付けることになるポンプは CW(clockwise = 時計回り)の必要がありますね。

ところで、この回転ってのは、どっちから見て何でしょうかね?
出力軸側から見て、でしょうかね。

まあここは気張って GX にするとして、ポンプは 2,000 — 6,000rpm なので、減速なしの 3,600rpm タイプのエンジンになりますので、(米国で)一般的な Q シャフトとして、GX160UT2QX2 とすると、ポンプとの取り合いで重要な情報は、

  • PTO の回転方向(CCW かどうか)
  • シャフトのサイズ、形状、キーの場合、キーのサイズ
  • B.C.

となりますが、Q シャフトの場合、

Crankshaft Q-type
Shaft Diameter (in.) 3/4
Shaft Length (in.) 2 7/16
Shaft Keyway (in.) 3/16

ってことになってます。

B.C. というのは、Bolt Circle のことで、PTO に対して何かを固定する場合の固定サイズ、ということで、

Bolt Circle (in.) 3 5/8

ってことになってます。

ポンプの方は、2 bolt SAE AA なので、2 bolt SAE AA と B.C. 3-5/8″ の組み合わせのブラケットを買えばいい、ということになります。

写真の製品は、Hydra-Mount model G11-106 でアルミ合金製、価格は $35 程です。

ここで重要な情報は、使用できるカップリングのサイズの上限と、長さです。

Max. Coupling Size 2-1/2″ dia.
Total Length 4.44

G11-106 の場合、それぞれサイズが直径 2-1/2″, 長さ、図では A+B*+C+D で、ここが 4.4″ である、ということです。

まず、A ですが、2-7/16″(2.4375″)です。
B は、1-1/16″ (1.0625″)です。
よって A+B = 4″ です。

D は 1/16″ — 1/2″(0.0625″ — 0.5″)です。
つまり、C+D = 0.4″ ですので、D は 0.3375″ 以下、つまり、5.4/16″ 以下の厚みである必要がある、ということになります。

Directindustry

さて、エンジン側ですが、シャフトが 3/4″ でキーが 3/16″、外寸が 2-1/2″ 以下のものを選ぶ必要があります。これは一つ、$8.2 ですが、キーではなく、スプラインのものは倍以上します。

次に、ポンプ側は、シャフトが 1/2″ でキーが 1/8″、外寸が 2-1/2″ 以下のものを選ぶ必要があります。

あとは、これらのカップリングに挟み込む緩衝材、ヒトデみたいな形をしたものですが、これが悩みどころで、安いものは $3.60 なんですが、ウレタンの高いものは、なんと驚きの $14.95 なんですよね。
厚みですが、0.85725mm 以下である必要があるんですが、書かれていません。
まあ、そんな厚みはないと思います。

後必要なものは、バルブ類、フィルタと、作動油のタンク、です。
バルブ類はすでに購入済みで今回は不要です。

タンクに関しては、連続運転をすることから、最低でも 5 ガロンは欲しいですね。

このサイズの既製品は、内部の仕切り板がないものが多く、また、今回はケースドレンがあるので、戻り側のカプラが 2 箇所必要なので、空のプロパンガスボンベを利用して自作したほうが良いかもしれません。

自作する場合に必要になるのは、ネジをいちいち切るのが面倒くさいので、溶接で取り付けられるポートで、ポンプへ行くのが 1/2″ NPT, 戻ってくるのが 1/2″ NPT と 1/4″ NPT です。
それと、オイルを入れるため(兼、息をするため)のキャップ口、欲を言えば、レベルゲージ(温度計がついているとなお良い)といったところでしょうか。

ただ、買っても $100 ほどなんですけど。

フィルタに関しては、持っているので、それを使おうと思います。

ホース類の相互接続について、口金の変換が大量に発生してややこしいので、後で紙に書いて間違いなく変換金物を取り寄せようと思います。

あまりの暑さにスポットクーラーを買う

このところ暑くて、全く作業が捗りません。

また、夏越祭があるんですが、兼務社はエアコンがありませんので、準備をしている間にも汗でベタベタになって、かなり気持ち悪いことになりそうなのですが、今使っているポータブルクーラーがかれこれなので、思い切って新しいのを購入しました。

買ったのは、スイデンの SS-16MXB-1 で、35,000 円でした。

気になっている点としては、排気ダクトのオプションをどうするのかという点と、タンクに排水するのではなく、連続排水ができるのか、これはよく調べていないのですが、8 月末に泊まり込みの祭典があって、そのと気に連続運転すると、大抵満水で止まってしまうため、連続排水できるならそうしたいと思っています。

ヤードには電気がないんだけど、このクーラー、カタログ上は、60Hz の場合、消費電力は 560W ということになっているので、発電機や擬似正弦波のインバータで壊れないのか、1,500W くらいの能力で起動できるのか、ということが気になります。
使うのは短期間ですから、電気を引くまででもないので、発電機で使えればいいんですけどね。

あと、車中泊にも使えるといいかなと思いますが、運転音の問題もあるし、排熱処理の問題もあるので、まあ、モノが来てから考えてみたいと思います。

あとは、冷蔵庫だなぁ。

やはり、エンゲル かなとは思うんですが、24V に対応していないんですよね。
100V には対応しているので、インバータを噛ませば、解決できるだろうし、ヤードや神社で使うのにも便利、更に、冬は温めまでできて至れり尽くせりで、日本製で、これで文句を言ったら怒られそうなんですが。

クーラーと、冷蔵庫、これが揃えば、夏場の薪割り作業も幾分かは楽になりそうです。

キャンター フィアットエンジン 4P10 搭載車は DH-2 を入れるべし

オイルの件ですが、調べています。
まあ、先に排気量が 13,000cc の D13 を調べたらどうかと思うんですが、まあ、調べやすいので、4P10 から調べました。

表題に結論書いちゃってますが、DH-2 を入れるようです。

で、オイル交換ですが、最近の電気カラクリ仕掛けのディーゼルエンジンは奇妙奇天烈摩訶不思議ですので、今までの常識が全く通用しません。

まず、4P10 はオイルエレメントが側が使いまわしになっているようで、これはハナから知っていたんですが、自分でする気はあまりなかったんで、どういうものかは知らなかったんです。

というわけで調べてみました。

まずは、オイルパンからオイル抜く前にオイルエレメントからオイルを抜きます。
抜き方はオイルエレメントの上に付いてる黄色いエア抜き用のプラグを外しエレメントケースを3回転くらい回し緩めます。そうするとオイルパンの方にエレメントケース内のオイルが落ちていきます。
しかしそれがなかなか落ちなくて時間がかかります。なのでエレメントケースを回したらしばらくそのままにして、オイルパンからオイルを抜き取り、オイル交換作業を進めます。
オイルエレメントケースを外すのは古いオイルを抜き、ドレンプラグを締め、新しいオイルを入れてからくらいが丁度良いです。それでも少し垂れてきます(笑)

こうやって、写真があるのはありがたいですよね。
どれがエレメントかとか、初めてだとそこからでしょうが、写真があれば、ああ、これねということになりますから。

この説明からも分かる通り、エレメントケースは使いまわして、中のエレメントのみ交換するようです。

で、エレメントってどんなもんで、いくらするんだろう、ということになるわけです。

ググったら売ってました。

ええええええ、ひとつ、2,650円(税込)もすんの?
3,000cc のくせに!
しかも、中身だけなのに!

そう思ったんですが、商品コメントを見ると、お値打ちのようです。
まあ、とにかくそれくらいの値段みたい。

後、交換頻度がどれくらいのか、という問題です。

(7) メンテナンスインターバルの延長
オイル交換などのメンテナンスの基本インターバルを従来型の3万kmから4万kmへと33%延長しています。この他にも、「DUONICTM」に湿式クラッチを採用したことにより、従来型では車両ライフで複数回の交換が必要であった高価なクラッチが交換不要となるなど、メンテナンス費用の削減に貢献しています。

ふむふむ、4 万km ですか。
年数が書いてないけど、まあ、これでいくと、車検ごと、ということになりますね。

ぶっちゃけて、今、キャンターは、整備込みになっていて、部品代だけ払ってるわけですよ。

というわけで、三菱ふそうが請求してくるエレメント代+オイル代と、ネットで買うエレメント代+オイル代+自分の手間+素人が整備して壊すリスク、を天秤にかけて考える必要はありますね。

オイルダイリューションって、初めて聞きましたが、そういえば、この前、EX400 でエンジンオイルにガソリンが混ざってえらい目にあったんですが、ああいうのでエンジンがお陀仏になることでしょうかね?

いずれにせよ、オイルの量の点検は、もっと頻繁にしたいと思います。
FH は毎回見てますが、キャンターなんて見たことがない。
FH はキャブを持ち上げなくても、水と、オイルの点検ができるのです。

あと、キャンターでオイル交換をするとマジナイが必要になるようです。

オイル交換作業が終わるとオイルダイリューション値のリセットが必要となります。(オイルダイリューションの説明は次回)
簡単に言うとオイル増量値を計算してまして、それのリセットになります。オイル交換時期(距離数)のリセットではありません。

やり方は簡単。
キーをON にしてアクセルペダルを全開にして20秒待ちます。20秒たったらアクセルペダルはそのままに左足でブレーキペダルを6回踏みます。そーするとメーターの中に写真のようなENGSYS(エンジンシステム)のランプがつき、リセット完了となります。

ふむふむ、なるほど、コンピュータでオイルの量を管理しているってことですね。
ハイテクですけど、オイルダイリューションが何であるのかわかったから、意味がわかりましたが、もう少し、よく勉強しないといけなさそうです。

某トラックディーラー さんのブログは為になるので、時間を見つけて、勉強していきたいと思います。

トラックのオイル交換コストを抑えたい

トラックの維持費のことなんですが、運ぶものが薪ですから、単価が安いのです。
ですので、とにかく輸送費を節約しなければなりません。
その中でなんとかできるのは、タイヤ代と、オイル代、これが大きな部分を占めると思うのです。

ただ、タイヤにしても、キャンターも FH もアルミホイールですし、この近くでトラックのタイヤを交換してくれるお店ってタイヤマンくらいしかありません。
ブリジストンなので高いといえば高いし、そのお金のごく一部でもポッポの友愛に使われているかと思うと、買い物は選挙という考えからしてどうかと自分でも思うのですが、ここをどうにかするのは田舎者ゆえ、難しいんじゃないかと思うのです。
松山にないのなら、上京するタイミングで経由地でなんとかしてもらうことも考慮に入れて、持ち込みのタイヤで対応してくれるショップさんを探す必要があるとは思っていますが。
台車については、ヤフオクで組んであるホイルごと買って、交換してもらえば、単なるホイルごとの交換で済むし、どのみちチューブレスにしたいと思っているので、最初はそれで行こうと思います。

で、オイルなんですが、何リットル入るかすら知らないんですが、ディーラーで 1L 1,000 円とか取られると、仮に 30L 入れば、オイル代だけで 30,000 円かかることになります。
ヤフオクで見ていると、20L でも 5,000 円程度から、化学合成品でも 10,000 円くらいです。
つまり、40L でも 20,000 円で化学合成品(そこそこの)になるわけです。
廃油は、ボイラーで使えます。

問題はどうやって抜くか、ってことなんですよね。

オイルエキストラクタは持っているんですが、あんな小さなものでトラックのオイルを抜いてたら日が暮れます。
ざっと MonotaRO で見てみて 9L くらいまでのもの はあるんですが、構造上、タンク一杯抜いたら不都合が起こると思うので、エンジンオイルの容量>エキストラクタのタンク容量、という状態は極力避けたいところです。

Drainzit みたいなものはないのか!?と思ったら、ありました。

出典 みんカラ

麓技研 さんの、エコオイルチェンジャー fg!!!

ボルボ用はないようなんですけど、UD 用はあるんで、サイズが合えば着くとは思うんですけど、どうなんでしょうかね?
これがあれば簡単に抜くことができるようになると思うので、自分でも楽に交換できそうです。
すくなくとも、ふそう(というか、フィアットエンジン) 4P10 用は FG-7BNS という型番であるようなので、キャンターにも取り付けたほうがいいかもしれません。

リークしないかという心配がないわけではないのですが、運行前にオイル量は点検してから走っているので、そうそう焼くようなことはないとは思いますし、日本製ですから、取付時に問題がなければ、多分大丈夫だと思うのです。

オイルもペール缶ではなく、ドラム缶で買えば、より安く購入できそうですし、ドラム缶ポンプももっている、まあ、ペール缶ポンプももっていますけど、楽になりそうです。

後、よくわからないのですが、ディーゼル用のオイルの品質表示ですが、以前の CD とか CF という表記以外に DL-1 とか書いてあって、DPF に対応とあります。
トラックはすべて AdBlue + DPF 仕様なので、オイルのこともちょっと勉強しないと、時代について行けてないようです。
ガソリンエンジンにも使えるとなおよろしいのですが。

まあ、できることからコツコツやっていこうと思います。

ブレイブの新型 縦横兼用 24t 薪割り機 VH1724GC

H さんが ブレイブの新型 VH1724GC を買ったということで、色々教えてもらったんですが、縦横兼用薪割り機は、それなりに強い需要があると思うので、うちでも扱ってみようか、と思いました。

Engine Honda GC160, 160cc
Operation Horizontal and Vertical
Dislodger Standard
Size 83”L x 41”W x 39”H
Splitting Force 24 Tons
Splitting Height 28″
Cycle Time 13 Seconds
Beam 6″ heavy-duty formed steel
Wedge 8″ High carbon steel
Log Opening 25″
Cylinder Size 4″ x 24″ clevis type, 2″ rod
Hydraulic System 8 gal. capacity
Hitch 2″
Towing Speed 45 MPH
Shipping Weight 500 lbs.

価格的な話ですが、北米での価格としては、往復 20t PCLS2013GC と比べて、約 40% 高くなります。

日本では、ベストセラーということで、VH-2200GC が、定価でですが、495,000 円(税別)、534,600 円(税込)ということになっています。
田中機械さんでは、超弩級 55,440 円引き!! の 450,000円(税込) で販売されていますね。

まあ、うちでは超超弩級の 349,800 円(税込)にしようかなと思います。

20t と比べた場合の 24t のメリットとデメリットですが、まずはメリットとして、

  • 作動油の量が多く、フィルタが標準装備
  • 20t → 24t とより強力
  • 縦でも割れるため、重たくて持ち上がらない太いものも持ち上げずに割ることができる

が挙げられるかと思います。

デメリットとしては、

  • 価格が高い
  • 大きくて重たい(軽トラに積むとはみ出す)
  • 縦横変形できるが、重労働
  • 動作が緩慢(サイクル 14 秒; 20t はサイクル 7 秒)

というところです。

今、20t の方の輸入の依頼を受けているので、24t の方も、興味がある方がいらっしゃれば、同時に輸入することができますので、お問い合わせ ください。

なお、輸入代行 につき、保証条件などが販売とは異なります。(国内の在庫品の提供であっても、薪ストーブ・薪割り機・煙突部材については、輸入代行の扱いとなります)
また、組み立てが必要な商品のため、一定の知識・技能・工具が必要になります。
製品の保守用部品などは、一定範囲で在庫していて、売りっぱなしではありません。

facebook で見かけた広告 — エーモンの接続コネクタ

facebook で見かけて気になった広告ですが、エーモンの接続コネクタで、一つ 7 秒で加工できるということで、謳い文句のとおりなら、なかなか便利かなと思ったりしました。

早速調べてみました。

Amazon.co.jp だと、

あたりで、価格は、20 個で 561 円(対象商品¥ 2,000 以上の注文で通常配送無料)ってことになっていますので、1 つあたり 56 円といったところですね。

通常のギボシ端子が 43 秒に対して 7 秒ですから、36 秒の節約です。
まあ、話半分としても 18 秒の節約ですね。

ギボシはとても安いものなので、差額が 30 円あるとすれば、18 秒というのは、1/200 時間ですので、時給が 6,000 円の人ならペイすることになりますね。
本当に 36 秒節約できれば、時給 3,000 円でペイしますから、一般的な労働環境であれば、十分元が取れることになります。

あと、これは、ひっくり返して接続する形のようで、ギボシ端子のようにオスメスがない、スリーブを付けなくても良いとか、被覆を剥かなくても良いので工具を持っていない人なんかには、それはそれで一定の需要はあるのではと思います。

評価は良いようですが、被覆を剥かないため、慣れないと接触不良になる的レビューが散見されます。

また、引っ張たら抜けたとか、実際に、利用可能な電線の太さの範囲について、そういうレビューをしたユーザがちゃんと理解しているのか、というような部分が怪しいとも感じるんですが、逆説的にいえば、そういう人でも使えるように的な商品でもあるわけですから、まあ、それを含めてそういう評価なのかなと。

あとは、モノ的には、ニチフ 圧接形中継コネクタ セミシェップ(NDC-2824) と同じものだよ、という突っ込みがあったりして、まあ、オーム電機とかと同じ、小分け商法なのではと思うので、まあ、そういうことなのかなと。

ざっと見たところ、防水性がないようですし、この前買った、防水端子がまだ大量にあるので、それがなくなった時点で考えたいかなという感じです。

というわけで、まあ、備忘録的エントリーです。

アッグ 2 号機出陣!即噛み込むの巻

アッグ 2 号機ですが、見ての通り、シャフトが太くなりました。

約 φ55mm といったところ。

そして、ピンは 16mm といったとこで、ピンのアタマは 8mm の六角に、反対側はネジが切ってあって、ドリルに突っ込んで、ネジで固定する仕組みで、初号機に比べて着脱が格段に楽ちんです。

早速使ったら、即噛み込みました。
まだ、ダブルリリーフバルブは組み込んでません。
きれいに組み込む方法が思いつかないんで、放置プレイなんですが。

無理してこねて、壊すといけないんですが、チェンソーを持って行ってなかったので救出できず。

初号機に比べて高トルク型なのでいけるかと思ったんですが、ムリなものはムリで、むしろ、噛み込んだときの始末が余計に悪い気もします。

それ以上に遅いんですよ。

これ、走行モータみたいに自動二速にならないもんですかね。。。

まあ、二速で 30 万ですと言われたら、いや、今のままでいいですってなるような気もしますが。

今日わかったこととして、これ以上高トルクにしても無駄だし、もう少し弱くてもやはりある程度は高速型のほうがいいような気がしました。

結局のところ、噛み込んで割れないようなものは、およそまともに薪にならないので、無理に処理して、手間ひまをかけても割に合わないと思うので、写真のように明らかに割れないものは、チェンソーでより短く切り詰めてから、手で持てる程度の重さになるようにアッグで小割りして、あとは、Balfor のエンジン丸鋸で、ぶつ切りが一番かと思いました。

とりあえず、明日、救出をして、普通に太いだけのものの小割の効率が初号機に比べて、2 号機でどう変化するのか、確認してみたいと思います。

というわけで、噛み込んでしまったんですけど、家にかえるのも癪なので、昨日でんぐり返ったミックス薪のウッドバッグから中身を取り出し、新しいウッドバッグにきれいに詰め直しました。

ミッスクは運賃がでないので、愛媛で売れるといいなと思うんですが、φ 1,200 x 高さ 1,200mm に積めたものを一つ 16,000 円(ウッドバッグ込なら +2,000 円)にしようと思います。

ミックスだから、樹種が一定でないため、重さはばらつきがあると思うので、無保証になります。

ミックスと行っても、クヌギやナラを抜いているわけではなく、自分で伐採したり、氏子さんから頂いた原木を加工したもの、という意味であって、クヌギやナラも含みますし、カシなども含みます。ただ、桜などの比重の軽いものも混ざりますよ、という意味です。

クヌギ・ナラの 2 年ものは、φ 1,200 x 高さ 1,200mm に積めたもの(400kg 入)を一つ 22,500 円(ウッドバッグ込なら +2,000 円)にしようと思います。去年よりも、2,500 円値上がりして申し訳ないのですが、原木が 1t あたり、9,600 円だったものが、10,800 円(10,000 円税別)になり、1.125 倍になりましたので、原材料費の価格上昇分、転嫁せざるをえません。

10 月 — 翌 1 月は、本業が本業ですので、配達までに時間がかかることもありますから、早めにご用命くださいますと、幸いです。

権現山の流しそうめん

土曜日は久しぶりに 権現山の流しそうめん に行ってきました。

かれこれ 3 回目。

Google 先生に聞くと、平家谷あたりもサジェストされたんですけど、夕方から神社の会合があるために間に合わないので、無難なところで、権現山 にしました。

が、行く途中で、坪内家の方もやっていることに気づいたんですけどね。

ジムニー号が出動するものかれこれ久しぶりですが、走行距離もなんだかんだで 168,000km を突破して、いつぶっ壊れてもおかしくないような、そんな気がするんですが、後 2, 3 年、型が変わってしばらくして落ち着くくらいまでは頑張ってもらいたいところです。

それはそうと、扇風機を買いにケーズデンキに行った時に、ゼビオでクロックスを売っていて、お宮カラー(ターコイズブルー?)のがあったので即買いして、早速履いてみました。
今年の夏はこれで行こうと思います。

肝心のそうめんですが、まあ、よくも悪くもそうめんなので、うまいというのもなければ、まずいというのもないと思うんですが、汁を追加で 2 杯分買ったので、3 杯分食べたってことで、元を取ったかどうかはわかりませんけど、満腹にはなりました。

山深くて、沢の水が流れているすぐ脇なので、とても涼しくて雰囲気は最高です。

あと、今回は席がよろしくなかったです。

上流に 2 ペアいたんですが、若い人はおいておくとして、初老の夫婦だと思いますが、おじさんもおばさんもものすごくガツガツしていて、そうめんが流れてこないんですよ。
下流には小さな子連れの夫婦がいるので、こっちまでガツガツするわけにはいかず、なんともな状態でした。
まあ、座ってしまったら、どうすることもできないのですけどね。

権現山の流しそうめん は、9月3日(日曜日)まで、毎日やっているので、ぜひ行ってみてください。

薪を巻き巻き〜薪を巻き巻き〜ひいてひいてトントントン♪

ずっと、エロフィン管だとか、積みっぱなしだったのと、この間、西村ジョイで木パレットをもらってきたので、それをもって、夕方から山に行きました。

まずは、太陽電池小屋の外に放置してあったウッドバッグを倉庫の中に入れましたが、このところの高温で結構乾燥が進んでいるようです。まあ、流石に天日干しでは今度冬に出荷するのは厳しいとは思いますので、乾燥庫も頑張って早めに稼働させたいです。

そのあと、エロフィン管や煙突を下ろして、ボイラーも仕舞っておきました。

その後、ヤードに仕上がっている薪を取りに行ったんですが、適当にやっていたら、ウッドバッグがでんぐり返りそうになりしゃくってしまって、ストラップがちぎれるし、高い袋なんで、もっと慎重に作業しないとダメですね。
まあ、なんだかんだで 2 袋もって帰りました。

試しに 10 程薪巻き君を使って巻いて、巻き終えたものの重さを測ってみたんですが、7 — 9kg 位とばらつきがかなりありました。
どうも貧乏性のため、無理して高さが超えてしまっていて、重たいものができているようです。

後、見ての通り、微妙に長過ぎるものが混じってしまいましたので、ダンボールに梱包する場合、箱に入らない、というような問題が生じるかもしれません。

いずれにせよ、もう少し几帳面に作業をしないといけないと思います。

薪巻き作業自体は、1 分もはかかりませんが、巻くために薪を運んだり、薪終えたものを積み上げたり、というような付随した作業をいかに効率良くやるのか、また、現状トロンメルが稼働していないので、太すぎるものの選別(と小割)、木くずの片付けなども、かなり負担になりそうです。

作業は委託するつもりですが、コスト的に合意できるか、作業的にきちんとこちらの要求を満たしたものが納品されるか、まあ、それ以前に、こちらの要求自体もまだ決め兼ねている状態なので、少しづつ煮詰めていきたいと思います。

とりあえず、今日のところとしては、22 x 22cm にきちんとパッケージングすれば、7kg になるので、7kg 以上にならないように(重すぎると、運賃が割増になってしまうため)バンドルする、ということが一つの目標ということで、あとはそれを同効率的に実現するか、ということをまずは考えていきたいと思います。

写真のひと束を道の駅で 400〜500 円で売り出してみようと思うので、フライヤーのデザインもしないとです。

ボチボチがんばります。

薪の乾燥用コンテナはやっぱり 20 フィートにしようかなと思う件

薪の乾燥用のコンテナの件ですが、以前に、12 フィートコンテナにしようかと思う、ということを書きました。

なぜかというと、20 フィートだと、自分で下ろせないだろうけど、借地のため、いつ叩き出されるかわかりませんから、なるべくそう部分にコストをかけず、自力でなんでもできる状態を保ちたいというのが最大の理由です。

ただ、爆安品は除いて、10 フィートも、12 フィートも、20 フィートも、ほとんど値段は変わらず、20 万円前後です。

たとえば、ヤフオクでよく出品されている oucontainer さんの場合、中古12フィートJR保冷コンテナ 169,560 円、頑丈な10フィートコンテナ 189,000 円、便利な12フィートコンテナ両開き 199,800 円、中古20フィートコンテナ現状 226,800 円、20フィート中古コンテナグレー塗装 264,600 円という状態です。

40 フィートにすれば、容積あたり考えればさらに安いんですが、現状、自力では運べないのと、道が狭くて台車を買っても薪ヤードには到達できません。
もちろん、拡幅工事は地元と地権者さんと了解を貰い、役所にも告げてあるので、私道を整備すればよいんですが、そこまでやっても、やはり借地ですし、便利になったから返して、ということもないとも言い切れない(でも多分 99% はない)、手間も費用も膨大なので、なら 20 フィートが最も経済的ということになるわけです。

で、20 フィートの下ろし方ですが、youtube でみたんですが、こういう感じでどうかと思うのです。

動画は 40 フィートですが、これは自重が 4t あります。
20 フィートは 2.4t です。
なので、約 6 掛けの重さ、というこですね。

使っているリフトは、2.5t なので、6 掛けだと、1.5t ですから、計算上は、うちのリフトでも、下ろすことができそうです。

というわけで、粗方の絵は描けたんですが、最大の壁が立ちはだかりました。
それは、またしても書類の問題、制限外積載許可申請です。

制限外積載許可とは、読んで字の如くですが、一番わかりやすい例でいえば、長い電柱などを運んでいるトラックが赤い布を付けて走っている、あれです。

たとえば電柱や屋根材、珍しいところでは電車などの不可分でかつそれだけで12メートルを超えてしまうようなものを運ぶ場合に必要となる許可です。

例えば電柱だと、それだけで15メートルを超えてしまうものもありますが、積載しようという場合は制限外積載許可が必要になります。

特殊車両通行許可ですと、申請の際に車両の長さや幅を申告しますが、例えば長さであればその10%を超えるものは特車の許可とは別に制限外積載許可が必要になります。

出典 制限外積載許可とは?|特殊車両通行許可だけではダメな場合

で、どうでもいいことですが、あの赤い布、実は、無地でなければいけないとは明文化されていない ようです。
なんと、焼きそばの強者も。w

個人的な解釈では、0.3m 四方、つまり、赤い布の面積は、0.09m2 以上、ということになるわけですから、文字や絵柄で赤くない部分のを差っ引いて各辺が 0.3m 以上、かつ、面積が 0.09m2 であればよい、ということになるのではと思います。

というわけで、この間まで使っていた、赤いタオル、もしかしたら、幅が 0.3m 以上、なかったような気がしてきました。。。違反していたのかも。。。。以後、気をつけます。

ちょっと話がズレましたけど、どういうことかというと、コンテナのサイズですが、これは国際規格のものなので、きっちり決まってまして、長さ(外寸法)が 19’-10”1/2(6,058mm)、幅(外寸法)が 8’(2,438mm)、高さ(外寸法)が 8’-06”(2,591mm)です。

うちの台車は、通称「まな板」と呼ばれるタイプなのですが、鉄板とかの重量物であるとか、長尺のもの(鉄骨とか、屋根材とか、そして丸太なんかも)を運ぶため、平らな荷台になっているのですが、床板がある分、荷台が高くなっていて、約 1.5m くらいはあると思うのです。

そうすると、2,591mm と荷台の高さ 1,500mm 合わせると、4,091mm になって、道路法(車両制限令)で定めらた 3.8m を超えて、高さ指定道路の 4.1m を超えないということになるわけです。

高さ指定道路 といって、高さ制限が緩和されている道路もあるのですが、そこだけを走るのなら、制限外積載許可が必要かどうか、ちょっとよくわかってませんが、事実上そんなことは土台無理な話です。

で、これまた話が長くなったんですが、とどのつまり、許可申請をしないといけないんですが、そういうわけで、警察署に行ってきたわけですよ。

そうすると、こういわれたんですよ。

受付窓口は出発地を管轄する警察署ですから、うちでは受け付けられません。

えええええええ。ということは、弥富だから、愛知県警ですか?

愛知県警に電話しましたよ。

郵送では受け付けてないんですよ、窓口に来てください。即日交付ではありません。

おいおい、2 回行かなきゃならないじゃないか!

管轄は蟹江警察署だということなんですが、通行許可を取っている 23 号からもガッツリ離れています。

とりあえず、作戦その 1 としては、往路で長島のあたりの道の駅か名古屋 TS で台切して、ヘッドのみ(自由走行可)で警察署にいき申請を出し、帰りにはコンテナヤードで台切をして、許可書を取りに行くというパターン。

作戦その 2 としては、コンテナを載せて繰り返し走行する可能性もあるので、その条件であれば、出発地は松山になるので、西署で申請ができるのでそうするパターン。

うーん。。。
無事に許可はいただけるんでしょうか。。。

まあ、がんばります。