久しぶりに休業

このところ全く休みがなかったので、久しぶりに自分は休業です。

5 号は薪屋さんでした。
とりあえず、トレーラ 1 台分くらい割れたということなので、夕方持っていこうかと思っていたんですが、気がついたら寝てしまって、明日に持ち越しですね。

まあ、休業といっても完全にオフというわけではなくて、頼まれている野暮用をごそごとと片付けています。

Hearth & Home では、ICC 社の煙突を輸入販売していて、日本の住宅事情などに合わせて、オリジナルの部材の開発をしているんですが、細々と引き合いがある商品が煙突貫通部分を塞ぐ化粧板です。
勾配天井などでは貫通部分が斜めになるので真円にならないのですが、既製品だと角度が大まかな範囲で用意されていたりで、美しく収まりません。
現場ごとに特殊な形状やサイズがあるので、都度、制作しています。
今回は、なんか蓋だけ作ってほしいということで、その打ち合わせをしています。
ちなみに、ステンレス製の切りっぱなしなので、現場に合わせて、バリ取りや塗装は自分でやってもらうスタイルです。
床用は t = 1.5mm, 天井用は t = 1mm がデフォルトです。

滅多に売れないし、今は在庫がない(一度に 2 台づつ作ります)のですが、オリジナルの角トップもあります。

代を重ねて今はバージョン 3 まで進化しました。
これも無塗装のみ。

溶接で作ってあるので、コーキングのように短いライフサイクルでの補修が必要ありません。
煙突は ICC 社製以外も、高木煙突にも対応します(実績あり)。
煙突掃除の際の落下防止用のハーネス等を固定できるアイボルトを取り付けられるようにもなっています。
また、パンチングメタルの防鳥スクリーンを搭載しています。
強風時の騒音対策も一部工夫をしています。

新宮煙突で使えるのか、ちょっと気になっています。

今日薪の移動ができなかったので、明日はちゃんと移動しようと思います。

バーが行方不明。。。

今日は薪割りをしたかったんですが、その前に、製造機のバーを探さないといけません。

最近製造機が不調なんですが、おそらくなんですが、バーの摩耗が原因じゃないのかと推測しています。
なので、新品のバーと交換して様子を見て、それで解決すればバーが原因、そうでなければ、それ以外の可能性と原因の切り分けができます。

それと、次の荷物も入ってくるので、バーを探すのも兼ねて、倉庫を掃除しました。

まず、ICC 社の煙突ですが、かなり微妙な在庫具合です。
EXCEL, ULTRABlack それぞれ、直管は一応在庫がありますが、どちらもスライドについては在庫がありません。
EXCEL ですが、フラッシング納めの場合にはスライドは必要ないんですが、角トップで納める場合にはあったほうが楽になります。
ULTRABlack については、個人的には必須と思っています。
ただすごく値上がりしていて、BE-6UBAF は CA$268.2 しますので、運賃や代行費用は別としても 30,000 円程度、現地でもします。
もっとスライドの範囲の狭いものもありますが、BE-6UBAF、40″ — 68″ と 28″, 70cm ほどの長さの調整ができるので、とても楽なのです。
Square Support も在庫がありません。勾配天井には必須なんですが、普通の天井に使う Round Support は 2 つも在庫があるんですけどね。
基本的にストレート抜き以外は曲げ部材は取り寄せになるため、2 つも在庫を持つ必要はないように思います。
Damper Section も 2 つ在庫がありました。
今回、余剰品については在庫で、ないものは余分を取り寄せてストックを持っておいて、平家をストレートで抜く場合には、急な問い合わせにも在庫で対応できるようにしたいと思います。

倉庫はそれなりに片付けつつ探したのですが、結局肝心のバーは見つけることができませんでした。
記録を調べたんですが、今年の 1 月に出荷されていて、3 月に到着していることは確認しました。

その後、予備パーツをどうしたのか書いてないか、みてみたんですが、特に何も書いてない。
園に持っていったよな記憶があるんですけど、それも定かではないし、ざっと探した範囲では見つけられていません。

バーについては、$309.5 もしているので、また買えばいいや、とはならない金額です。
ただ、ないと仕事にならないので、なんとか探さないとなんですが。

それはそうと、ちょっと油断していたら、ドル円が結構悲惨なことになっていますね。
中には日本終わり、みたいなニュース記事も流れてきていて半分は同意するんですが、半分は違うんじゃないの、みたいな。

これユーロドルなんですが、1 を割り込みそうです。
1 ユーロの価値が $1 の価値を下回りそうだ、ということです。
ドルに対して、ユーロの価値も下落し続けています。
つまり、ドルがユーロに対しても強くなっている、ということに他なりません。

それで、円安というのも本来であれば悪いことばかりではなくて、製造業が輸出する際には、同じ金額(ドル建て)なら、より多くの円になるわけですから、輸入よりも輸出の方が多い我が国の場合、円安にもそれなりのメリットがあると思うんですが、今回、そういう話が全く報道されてこない。
むしろ原油であるとか、小麦などの値上がりがあって、これは円安だけではなくて、ウクライナなどの情勢も絡んでいると思うのですが、そちらの方のデメリットがかなり目立っているように思います。

そんな中、検討使なんて揶揄されていた岸田さんですけど、安倍晋三氏の国葬, 原発稼働の決定など、急に決断する男になってちょっとびっくりしています。

とはいえ、円安というのは、岸田さんが云々というよりも米国の問題で、米国は米国ですごいインフレなので、これもまた危険なことなのかな、というのが自分の感覚です。
当面、この傾向は続くと思うのですが、こういう変化があるタイミングというのはチャンスでもあるので、儲けている人は儲けているんだろうななどと思います。

うちのような超零細の輸入雑貨屋にはとにかく厳しい時代になりました。

明日は 15 日なので神社の巡回をして、バーについて、もっとよく探してみます。
しかし、生産がストップして本当に困ります。
どうしたものか。。。
バーについて、ステンレスをレーザーで切り出して、それをラミネートして、応急でハードノーズバーが作れないものなのかなと思います。

善人なおもて往生を遂ぐ、況んや悪人をや

安倍晋三元総理の襲撃事件から一夜明けました。
まだまだ事件の詳細は明らかになっていませんが、さまざまな妄想が渦巻いていますね。
今はわからないことだらけですから、妄言にいちいち付き合う必要もないですし、振り回せることもないのでしょうが。

非常に早い段階で、「やらせ」だとか「血糊」なんていう妄言について、デマと断じていたんですが、案の定、そういうデマに食いついてしまう人っているんですよね。
自分が不遇なのはアベのせい, ナントカ教のせい、そういう妄想の矛先がいつ自分達に向くかわかったものではない。
そのことに気づいて、ちょっと空恐ろしく思ってもいるわけです。
社会とは斯くも複雑怪奇なもので、皆思い通りにいかない中、少しでもよりよく生きたいともがいているのだなと思うわけです。
安倍さんを襲撃した山上なる人物にも、彼には彼なりの理屈があり、ああいう行動を起こしたのでしょう。

善人なおもて往生を遂ぐ、況んや悪人をや

親鸞聖人の言葉を思い出しました。
今度の選挙もそうですが、それぞれの陣営、善と善との戦いなのです。
それ以前に、絶対的な善悪があるのかしら、なんても思ったりするのですが。

色々な疑問がある中、それに対する誠実な tweet も見られます。
例えば、100 単位もの輸血は VIP だから、というものに対しての返答です。

つまり 100 単位の輸血というのは、特別なことであるものの、安倍さんだからといいいきることもできない、そのように感じました。
100 単位以上の輸血をして助かった方もいるし、安倍さんの 4 倍程度の輸血を行っても助からなかったケースもある。
じゃあ、その 400 単位に近い血液を使った医療行為は非難されるべきなのか。
「現場でプロが判断したこと」なんだろうと思います。
今回は特に会見の様子からみても、極めて倫理観も高く、非常に優秀な医師の方々が対応されたんだなと感じました。

安倍さんは、病院に搬送後は「結果として」一度も心拍を再開することはなかったようですが、昭恵夫人が到着するまで懸命に対処され、到着をもって婦人と共に判断して医療行為を停止したんだろう、そう推測した時に、涙を禁じることができませんでした。
同様の経験を多くの方が tweet していて、中には到着時に一時持ち直して最後のお別れの言葉を交わせた、という体験談もありました。

このやり取りを見て思ったことで一番大切なことは、この輸血に使われた血液は、善意によるものだということではないでしょうか。
選挙もそうですが、自分も献血にもいかないと、しばらく献血していないなと。
献血も自分でもできることの一つだと思います。

まあ、そんなこんなで、事件の衝撃が大きすぎて、まだ気持ちの整理がつきませんが、何ができるのか、何をすべきなのか、考えずにはいられません。

今日は、煙突の件でお客さんがうちに見えられました。
実際に実物を見ていただけたのでイメージがよりクリアになったのではと思っています。
冬だと、実際に焚いている様子とかも見ていただけ、よりリアルに感じていただけたと思うんですが。
今までは、見学に来たいというような方がいらっしゃらなかったんですが、今後は希望される方には極力対応していこうと思います。

実物を見ていただいた後、在庫の状況も確認したのですが、3 年ほど前に倉庫移転で引き上げて、しっかり仕舞い込んだままったです。
思ったよりもストックがあって、万一不足しても、在庫で十分対処できそうです。
なんでこんなものを在庫しているのか、と思うようなものもあって、例えば、Round Supprt だとか、Damper Section だとか、2 点づつ在庫がありました。
基本的にそれぞれのお宅に合わせて取り寄せるので、在庫を持っている必要はないんですが。。。
フラッシングも、ステンレスとガルバと両方在庫がありました。

シンプルな構成の煙突ならほぼ 2 件分に近い在庫があったのですが、ULTRABlack(屋内)煙突の在庫がほとんどなく、スライドなどの肝心の部品がなかったため、取り寄せ自体が必要です。

今回受注することができたら、もう少し在庫状態改善して、ストーブも含めて平家のストレートに抜くパターンは在庫で対応できるように準備をしておきたいなと思いました。

ただまあ、円安で、いつ売れるともわからない煙突を在庫するのはそれなりに負担ではあるんですが。。。

畳の上で死ねるのだろうか

選挙で応援演説中だった安倍晋三元総理が襲撃されて命を奪われるという、およそ文明国とは思えない大事件が起こってしまいました。
ただただ驚き、恐怖しています。

本当に日本の劣化が止まりません。
国際社会から見ても、警護すらまともにできず、スパイやテロリストが野放しになっているような国ではとても信頼されないでしょう。
今後、政治がどのような方向に進むのか、どのような影響があるのか、そして、我々の生活にどのように影を落とすのか、とても不安になります。

今はただ御霊の安らかならんことをお祈り申し上げることしかできません。
ご家族、関係者の皆様、衷心よりお悔やみ申し上げます。
安倍さん、これまで、ありがとうございます。

多くの人々が自分と同じ不安な気持ちであると思いますが、まさか自分が生きているうちにこのような事件が起こるとはゆめゆめ思いませんでした。
ロシアのウクライナ侵攻であるとか、スリランカの破産とか、米国にしてもインフレが止まらず大変な状態になってきているようです。
それ以外の国でも、食用油や小麦などの著しい値上げもあり、冗談抜きで庭でさつまいもでも栽培しないといけない雰囲気になってきました。
自分は、畳の上で死ぬことができるのか、世界がますます混迷を深めるような気がしてなりません。
個人一人一人の力は小さく無力に近いかもしれません。
社会はそういう小さな個人が集まって成り立っているわけで、自分もできることをできる範囲で、責任と義務を果たしていく、そういう意味では、今度の選挙には必ず投票に行く、そこからかなと思います。

今日は、このニュースが飛び込んできて以来、ほとんど何も手につかなかったんですが。。。

明日は、TrueNorth TN20 や ICC 社の煙突について、うちに設置してある実物の見学にお客さんが来られるので、骨折して以来散らかり放題の部屋でも、上がっていただける状態にと、多少は掃除をしてみました。

階段の吹き抜け上部なんですが、結局照明器具は灯具のコードの長さが足りない(あるいは長すぎる)のはそのままになったままです。
これも作り直そうと思っていたんですが、全く手に付かず。。。
梁やなんかにうっすらと埃が溜まってしまっているものは、ワイパーで掃除をして、脚立を出したので、エアコンのフィルタも掃除をしておきました。

それと勝手口にある死に節ですが、結構抜け落ちていて、間に猫砂とかが溜まって汚くて、気になってしまって、パテ埋めしました。
ただ、がっつり穴なので、一度に埋め切らないのですが、安い軽量パテでまずは埋めることにしました。
痩せるので何度かに分けて埋めていこうと思いますが、ここまで埋めておけば、とりあえず、猫砂なんかが詰まって掃除するのに難渋するということはなくなるかなと思います。

肝心の薪ストーブは、灰の掃除はしておきました。

他にも、うちには収納がないので、基本的に棚などがごちゃごちゃしていて、ボロ隠しで壁代よろしく、適当な布を吊って目隠ししようと思ったんですが、材料を買いに出たはずが 100 均により忘れてしまいました。
なんとも。。。

明日も、部屋の片付けの続きをやりたいと思います。

ICC 煙突の見積もり

久しぶりに ICC 煙突の見積もり依頼がありました。

平家の寄棟ですが、DIY で天井を抜いて、勾配天井になっていました。
天井は棟の近傍で約 3.7m の高さがありました。

Part No.

部材番号
Parts Description

部材内容
Unit Price


単価
Qty

数量
Amount

小計
BI-6EDRC Deluxe Rain Cap

デラックスレインキャップ
CA$162.90 1 CA$162.90
BI-ERECW Wind/Rain Shield

ウインド/レインシールド
CA$81.90 1 CA$81.90
BI-ERB Roof Brace

ルーフブレイス
CA$135.00 1 CA$135.00
BI-ECR Caulking Roll

コーキングロール
CA$9.90 2 CA$19.80
BI-6EFA Flashing 1/12 — 7/12 incl storm collar

フラッシング 5.8寸勾配まで ストームカラ―含む
CA$123.30 1 CA$123.30
BI-ESR Roof Support

ルーフサポート
CA$112.50 1 CA$112.50
BI-6EL48 Pipe 6″ x 48″ Length Insulated – Excel

断熱 2 重煙突 1,200mm
CA$297.00 1 CA$297.00
BI-ESQSC Square Support Storm Collar CA$40.50 1 CA$40.50
BI-6ESS Square Support incl flue ectension and trim ring
スクエアーサポート、トリムリングフルーエクステンション付き
CA$202.50 1 CA$202.50
BE-6UB3F Pipe 6″ x 36″ Length – Ultra Black

ウルトラブラック 900mm
CA$136.80 1 CA$136.80
BE-6UB2F Pipe 6″ x 24″ Length Ultra Black

ウルトラブラック 610mm
CA$112.50 1 CA$112.50
BE-6UBAF Pipe 6″ x 40″ to 68″ adjust Ultra Black

アジャスタ 1,016mm〜1,727mmまで ウルトラブラック
CA$268.20 1 CA$268.20
BE-6UBD Damper setion

ダンパーセクション
CA$98.10 1 CA$98.10
BE-6UBSE Stove Adapter

ストーブアダプター
CA$27.00 1 CA$27.00
Magnetic Stove Thermometer

ストーブ温度計
CA$26.10 1 CA$26.10
Probe Thermometer

煙突温度計
CA$43.20 1 CA$43.20
Expert Packaging-IPPC

輸出向パレット載せラッピング
CA$65.00 1 CA$65.00
Local delivery to Vancouver

バンクーバー配送
CA$80.00 1 CA$80.00
CA$2,032.30

ざっくり拾い出したら、大体 CA$2,032.30 になりました。

但し、屋外用(含む屋根貫通部)の Excel 断熱煙突は 1,200mm しかないのです。
もしかしたら、ちょっと短いかもしれません。

屋根の勾配は 3/10, 3 寸です。
10 進むと 3 高くなる、30% 勾配です。

お客様のお宅は尺モジュールのため、薪ストーブの煙突を抜く位置は、理想としては、棟から 455mm ズレた位置になるんですが、そうすると、その 30%、つまり 136.5mm ほど下がった位置ということになります。

勾配天井のため、Square Support という一斗缶のような板金の箱を天井から吊り下ろして、その底部で屋外の Excel, 屋内の ULTRABlack の変換も行い、それぞれの煙突の荷重も受け止めるようになります。
写真はうちの矩勾配(10/10)の天井に設置した Saure Support ですが、見ての通り、幾分か室内に突出する構造になり、この箱の中の密閉空間は Excel 煙突ということになります。

屋根の厚み(屋根仕上げ材、通気層、天井材など)も 20cm 程度はあるでしょうし、少なく見積もっても 30 — 40cm 程度は密閉空間内に埋もれると思うんです。

フラッシングの場合、三角コーンの頭を跳ねたような金具が屋根から飛び出る形となるんですが、これも 30cm くらいはあったかと思うのです。
この上に Strom Collar とういエリマキトカゲというか、シャンプハットというか、すみません昭和な単語で、まあそういう水切り金物を巻いて Caulking Roll で防水するわけですが、それも 10cm くらい幅を取ります。

そうするとここまでで 80cm 程度なので、純粋に煙突の立ち上がりってのは 40cm くらいしかないような気がするんですよ。

計算上は棟よりも煙突だけで 60cm くらいは突出すると思うので、トップの一番上はあと 20cm くらい高いので、風圧帯の影響はぎりぎり避けられるかなと思うのですが、Roof Brace で突っ張るほどでもないのかなと思ったり思わなかったり、あと少し、上に伸ばしたほうがいいんじゃないかとも思ったり思わなかったりです。

とりあえず、そういう不測があった場合に備えて、Excel は多少在庫を持っているので、航空便で急いで取り寄せて送料がもったない、なんてことにはならないようにはしています。
念のため、在庫を確認しておかないと。。。

物自体は、CA$2,000 くらいなんですが、運賃が 1m3 あたり 60,000 — 70,000 円かかります。(税抜き)
それと、うちの代行手数料が 10%(運賃にもかかります)。
消費税が 10%。
外貨に対しては、為替手数料が 3.5% くらいかかりますので、購入する際には、報道されているレートの 1.05 倍くらいになります。(例えば今だと、CADJPY は 104.38 円なので 110 円くらいのレートで考えておく必要があるということ)
どんぶり勘定で行くと、(2,000 x 110 + 70,000) x 1.1 x 1.1 = 350,900 円くらい、ということです。

数年前なら、同じ金額で TrueNorth TN20 も含んだ一式が購入できました。

岸田禍なんていわれていますが、あまり政治的なこと言いたくはないところですし、岸田さんの能力だけの問題ではないと思いますが、この 30 年間、我々の所得の額面はほとんど増えなかったわけです。
その間に消費税だけ見ても 10% お金の価値は毀損しています。
そして、今年に入ってから、対ドルでは 20% 以上、日本円の価値が毀損していますから、単純に計算すると、100 万円のお金の価値は 100 x 0.9 x (110 /135) = 73 万に目減りしたことになります。
追い打ちをかけるように原油や小麦を筆頭に、ありとあらゆる資源が値上がりしています。
コツコツ「日本円」を貯めたら、コツコツ損をする、そんな時代です。

だからといって浪費しろというわけではないのですが、長期的に見て必要と思われるものには投資をしたほうがいいと思います。
現金で持っていればもっているほど損をするし、収入も増えないのなら、将来に先送りにすればするほど、どんどん値上がりして購入が難しくなります。

いや、今朝 5 号が、iPhone がすごい値上がりしてるんだけどっていってたんですが、ドルで考えると全然値上がりなんてしてないんですよ。
むしろ値下がりしているレベルなんですけど、円で考えるとガッツリ値上がりしているんですよね。

なんとかと相場には勝てないと言いますが、当面円高になる要素なんて微塵も感じないし、今年の冬に間に合わせるなら、輸入するなら今月いっぱいくらいが手配の期限なので、薪ストーブ関連の輸入代行 については、お早めに ご相談 ください。
ただし、今までの 1.5 倍くらいの値段になっていると思ってください。(物価高、運賃高、為替)

エンペラータマリンをポチ

ネットを彷徨っていてこんな記事を見つけてしまいました。

???
レバ刺しって、今は販売は禁止されているはずですが。。。
種を明かすと、調音調理、つまり、茹でてあるということがわかりました。

法律的には、中心が 63°C 以上で 30 分加熱する必要があるようです。

そういえば、ISPM No.15 でも触れましたが、このおよそ 60°C くらいの温度というのがミソで、タンパク質が変質しはじめる温度、といういことのようです。
原理的には、ゆで玉子が生卵に戻らないのと同じで、病原菌や害虫を構成するタンパク質が固まることにより、機能できなくなる、ということなのかしらと思うわけです。

だとすると、レバーも生レバーではなく、茹でレバーになるわけですけど、玉子に関して言えば、固茹でもあれば、半熟もあるし、もっとドロドロの温泉玉子もあるわけで、茹で時間や温度により固まり方に差がある、ってことなんでしょう。

かなり絶妙な茹で加減を必要とするんじゃないかなと思うわけで、低温調理器を買うことにしたんですが、値段で言うとアイリスオーヤマはお手頃なんですけど個人的に不買対象で、BONIQ は高いのでパス、消去法で行くと、ちょっと聞いたことがないんですが、エンペラータマリンというものがそこそこ安価で、評判が良さげなので、思い切って購入しました。

エンペラータマリンってのは、なんか小さい猿っぽい動物 のようです。
なんで猿?

元々クラウドファンディングで商品化されたもののようで、往時は 5,000 円程度の低価格スタートだったようですが、今は直売は Amazon だと 12,000 円 です。

今から届くの楽しみですが、レバーは下処理が大切なようで、いろいろ試してみたいと思います。

今日は、雨だったので、午前中はゆっくりスタートです。

午後から、煙突の打ち合わせがあり、お客さんのところに出向きました。
平家で、結構 DIY でリフォームをされている方なので、薪ストーブも自力で設置できそうかなと思いますが、搬入は多少お手伝いできればと思います。
天井は 4m ないので、室内の煙突は大体 3m くらい、屋外も 2m も出せば十分だと思います。
屋根は図面上はアスファルトシングルになっているのですが、ぱっと見コロニアル(カラーベスト)です。
コスト優先だとフラッシングで、煙突の振れ止めのブレースと、海が近いのでデラックスレインキャップとウインドシールド、屋根貫通部でルーフサーポートで固定して、勾配天井のため、スクエアサポート(含むストームカラー+コーキングロール)、スクエアサポート以下もストレートで、スライド煙突と、ダンパーセクション、あとは直管が 2m ちょっとかなと思いますので、それほどコストはかからなさそうです。
ただ、ストレートに抜くことができたら、ですが。
屋根勾配は 3 寸で、実測もそれくらいでした。

煙突の打ち合わせの後、5 号のスーツができた、ということで取りに行ってきました。

その前に、丁張り用に杭を買いに西村ジョイに行きました。
買ったのは杭と、2t 用のシャックルです。
薪を入れる袋の口を止めるシャックルだと、耐荷重が足らなくてトーフを吊ると変形してしまいます。
その時に、屋根材もみたんですが、ポリカだと 12 尺で 2,442 円でした。
縦方向の重ねしろは無視するとして、働き幅は 575mm 程度のため、1 枚でだいたい 2m2 ということになるので、平米単価だと、1,200 円強、ということでしょうかね。
塩ビだと半額ですが、寿命が半分だし、劣化するとぶつけたりすると簡単に割れてしまううえ、張り直す手間を考えると、ちょっとない選択かなと思います。
あとは、ガルバだと重くなります(ポリカ比で倍以上)が、寿命が格段に伸びる上に、不要になって破棄する際も金属としての価値は残るので、光を通さなくて良いなら、ガルバ一択です。

スーツでですが、思ったよりも派手でした。
無難なのが良いようにも思うのは歳をとった証拠なのでしょうか。

今どき上は個人的な好みで三つボタン(オーセンティック)だったり、そういう部分は個性といえば個性なのかなと思います。
二つボタン(クラッシック)は確かにシュッとしてシルエットは綺麗に見えるっちゃ見えるんですが、赤いラインが入らないし、そもそもらしくない気がするんですよ。
ジャケットはやっぱり寸胴でないと。
裏地ですが、J.PRESS 120 周年記念の限定ものです。

自分も若かりし頃は細かった、というか 5 号よりも細かったので、スーツは J.PRESS だったんですが、勤め人を辞めてからほぼほぼ着る機会がなくなりました。
あくまでも個人的な印象ですが、細い場合、Brooks Brothers はちょっと合わないように思うんですけど、気のせいですかね。

基本的に祭典等の参列なので、TPO 的には落ち着いた色柄を選ぶべきだし、一着しかないのでなおさらなんですが、自分が着るわけではないので、当人が気にいるのが一番です。
パターンオーダーですけど、体型に合わせてきっちり作ってあるので、とても綺麗に見えます。
体型にあってない、シワができたり、肩が落ちたり突っ張ったり、どれだけ良い生地や仕立てでも、そういうのは一番良くないと思うんですが、あ、自分のことですかね、体型が変わってスーツが合わないので。
まあ、とにかく、喜んでくれていたので、よかったです。

あとは、まだ礼服がないので、それも必要ですが、そこそこかかるので、またそのうちです。

明日は神社の祭日なので、ボチボチ頑張ります。