JØTUL(ヨツール) Outdoor Fireplaces

スライドショーには JavaScript が必要です。

JØTUL(ヨツール)から屋外用の焚き火台が知らない間に 4 種類出ていました。

Model Height Width Depth Weight Log Size Price
FRØYA 1,460mm 580mm 580mm 15kg n/a CA$765.00
LOKE 1,480mm 450mm 400mm 26kg up to 40.00cm CA$1,080.00
TERRAZZA 1,180mm 500mm 500mm 30kg up to 60.00cm CA$720.00
TERRAZZA XL 1,600mm 560mm 560mm 41kg up to 60.00cm CA$1,170.00

国内だと同様の商品にファイヤーサイド扱いの Tipi があります。
3 サイズの展開で、TERRAZZA XL が Tipi 150, それ以外が Tipi 120 くらいのサイズかなと思うところです。

そうなると問題になるのは価格ですね。

Tipi は、価格はそれぞれ、90 が 44,000 円(定価・税込)から始まり、120 が 63,800 円、150 が 88,000 円です。

一方、JØTUL はというと、一番安い TERRAZZA でも CA$720.00 しますので、これに送料であるとか、消費税であるとか、諸々の経費を考慮すると、どれだけ安く見積もっても、今のレートで国内送料含まず 100,000 円程度になるかなというところです。カナダ国内の送料がいくらかかるのかによって、上がる可能性がありますが。

Tipi も流石に定価で売ったりはしないでしょう。
ネット販売ならポイント還元などもあるので、20% off くらいにはなると思うので、Tipi 120 であれば、実質 50,000 円以下が相場であると推定されます。

そうなると、倍以上してしまうので、JØTUL にそこまでのブランド力があるのか、ファンがいるのか、という部分がこの商品の人気を左右するキーになりますね。

あくまでも個人的にはですが、Tipi の三角錐のデザインは非常に洗練され、また国内でコールテン鋼の常設型焚き火台のはしりでもあり、とても人気があるように感じていますし、ファイヤーサイド、Paul さんという超一流代理店・カリスマの扱う商品であるという不動の看板も背負っていますからね。

ただまあ、お店からいうところの売れる売れない、お客さんの視点いえば買う買わないという部分ですが、これって結局自分が判断することではないなと思うのです。
例えば、Iso Core Maul は自分は売れないと判断していたんですが、蓋を開けるとそこそこ売れています。
基本的にお店で扱うものは自分は少しは売れる、或いは良いものだから使って貰えばそのうちに良さが世の中に伝わると思っているわけですが、実際のところはほとんどが鳴かず飛ばずだし、ちょっと売れたらセドリ連中がパクってくるわけです。
幸いなのか、扱っているものがニッチすぎて、競合しづらいというのはあるのですが。

欲しい!という方がいらっしゃいましたら、取り寄せ対応はいたします。

価格は上に書いてある通りですが、どんぶり勘定で言えば、海外での港までの送料が CA$50 — CA$100 程度、為替手数料が 3.5%、国際輸送費は経験則上、商品価格の 20% くらいです。それに消費税が 10%, うちの手間賃が 10% かかり、CADJPY が 90 なら、135 くらいで考えると、それなりに近い数字になるかと思います。
これに国内の送料がかかりますが、梱包サイズがわからないので、その辺はなんとも言えません。
組み立てになっているので最悪バラして梱包し直せば、ヤマト便で出せるとは思いますが。

うちは、ウッドデッキには屋根があるから、拡張して、青天井の部分を作らないと使えないかな。。。
どなたか、お庭にいかがでしょうか?

JØTUL(ヨツール)の新型 F500

今日は、午前中、薪割り機の見学のお客さんがあって、午後から地鎮祭でした。
朝起きた時点お腹が痛くて調子がイマイチだったんですが、地鎮祭は終わりには立っているのも辛いくらい、目眩や吐き気がして、熱中症でしょうか、夜までずっと寝込んでしました。
まあ、無理は効かない年齢になっているということでしょう。
体温調整などもうまくいかないし、これからの夏場の体調管理をしっかりしないとと思いました。

それはそうと表題の件です。
少し前のことなんですが、新しい JØTUL(ヨツール)の F500 を見る機会がありました。

北米では、去年くらいにモデルチェンジして、順次切り替わっていたんですが、価格が恐ろしいほどに値上がりしたんです。
値上がりの理由は JØTUL FUSION TECHNOLOGY, 触媒を搭載した ことによるものです。
ちなみに、触媒は 20 年保証 だそうです。
それで、うちでは在庫を持つのをやめて、希望する方がいらっしゃる時にだけ手配するように変更しまして、今のところ、1 台も引き合いはありません。

これに対して、日本国内の ECO と称する新モデルは、定価は据え置きなんです。
もともと JØTUL は北米では、日本の定価の半額以下が一般小売価格ですから、初めは他所のストーブの値段に合わせて値上げが難しいため、仕入れ価格の何倍もで売るという戦略を維持できなくなっただけかとも思ったんですが、実は違ってました。
小規模な改良を行ったクリーンバーン機だったのです。

よって、北米の F500 V3 と日本の F500 ECO とは、見た目は同じでも、構造は全く別のストーブと言えます。

当たり前ですが、今までクリンバーンだったものをコストをかけて触媒を追加したのは、そうしなければ北米では環境基準をクリアできなかったから、ということではないかと思います。

はてさて、日本に、EPA 2020 に対応しているからと言って、高い触媒付きを選択する人はいるのでしょうか。
自分なら。。。
クリンバーンでも十分に思いますので、いくら 20 年保証と言っても、壊れる可能性の高い触媒機を積極的にチョイスしようという気はあまり起こりません。
ただ、煤の量はかなり減るようなので、煙突の汚れだとか、燃費の改善だとかが、どの程度の差があるのかは、いまだに触媒気を使ったことがないものですから、ちょっと気になってはいます。

それはそうと、F45 も V2 になっていて、EPA 2020 Certificated ですけど、こちらは、Jøtul Turbulator non-catalytic technology とやらで、触媒機ではありません。

Efficiency LHV 76.55% HHV 71%

ということです。

F500 V3 の効率は、

Efficiency LHV 84.7% HHV 78.4%

ということなので、燃費の差はかなりあるようです。

JØTUL(ヨツール) F 500 の値段が跳ね上がった理由

無事に愛媛に到着しています。
与島で仮眠を取る予定を省いたので、4:00 くらいになる予定が、2:00 くらいに着きました。

TrueNorth を Facebook 経由で引き合いがあるようで、納期を確認していたんですが、メール連絡があり、ちょうど良い時間なので、電話をしていろいろ確認をしました。

要点をまとめると、

  • TrueNorth TN20 と取り寄せを受けている補修用パーツの納期は問題ない
  • JØTUL(ヨツール) F 500 の価格がべらぼうともいえる値上がりをした理由は、触媒機になったから

ということでした。

まず、TrueNorth 関連については、来週中にもパレタイズ等の輸出準備作業を終える見込みです。
チャイニーズウイルスが物流どのような影響を与えるのか、また、ホリデーシーズンということもあるので、通常よりも時間がかかることが予想されますが、月内に船積みされたら、来年の 1 月半ばくらいには入荷するのではないかと思います。
思うだけ。
予定は未定です。
通常 2 ヶ月、なので、最悪 3 ヶ月を見込むと、12, 1, 2 というとで、2 月末〜3 月頭、といったところになります。

次に JØTUL の件です。
今日現在、日本の JØTUL の価格は特に値上がりしていないようで、要するに本国仕様を日本に入れている、ということでしょうね。
日本では、触媒がないモデルと思いますが、定価 550,000円となっていて、うちでは税込で 329,999 円で提供させていただけていたんです。

ところがすっとこどっこい、仕入れ価格で、為替があるのですが大体の金額ですが、BP(マットブラック)で 35 万、マジョリカブランで 45 万といったところに値上がりました。
これは純粋に商品代(と消費税)なので、輸送費等が別途かかってしまいます。
なので、BP でも、運賃を 5 万円としても、仕入れ価格が 40 万になりますから、うちの手数料を入れると 44 万となって、2 割程度安いくらいにしかなりません。
というわけで、今は販売を中止している、というわけです。

商品自体はどうなったかというと、EPA 2020 Certificated ということで、

Emission 0.50 gr/hr

ということで、かなりクリーンになっていますね。
これがコストアップの元凶でしょう。

動画の説明によると、単に 0.50 gr/hr というだけではなくて、他のストーブが時間あたりの薪の消費により大きく環境性能が低下しているのに対して、F 500 v3 は広範囲で安定した性能を発揮していることが分かります。(=広範囲で、高い燃焼効率発揮する)

いうまでもないことですが、排ガスがクリーンなほうが良いことです。
ただ、こういうとアレなんですけど、触媒なしの本国仕様と、触媒付きの北米仕様、二つの F 500 があって、価格が大きく上がるのなら、それで排ガスがクリーンなものが売れるのか、ということです。
もっとも、定価比では 20% off になっていますし、専門店さんは設置工事の抱き合わせ販売だったりするし、諸般の事情で多少の引き合いはあるのだろうと思うのですが、それにしても高くなりすぎですから、在庫を持つまでではないなと。

動画では触媒についても語られていますが、かなり大きく、触媒なしに対して 98% の透過率とかで、焚きつけ時や薪を使いする際にドアを開ける際に必要だったバイパスダンパーをなくし、触媒自体も 20 年の保証があるということで、まあ、能書きどおりにことが運ぶかは別として、鵜呑みにするなら、今までモデルとほぼ同じ使い勝手で、触媒の交換コストをほぼ気にする必要がなくなり、燃費は向上する、ということにはなりますね。

長々と書きましたけど、一言で言えば、現物を見てないから、なんとも言えない、というところです。
どなたか人柱で輸入して、是非、焚いてみてください。
JØTUL なので、大きく外れ、ということはないかと思いますので。

個人的には、マジョリカブラウンの F 400 か、F 500 を余裕があれば、据たいところです。
ただ、現状 TrueNorth があり、全く困ってない、というところです。

今日は、昼から 753 なので、ボチボチ頑張ります。

クレオトップを買いに行ったはずが

トランプ大統領夫妻がチャイニーズウイルスに感染した、というニュースには驚きました。
大統領選挙や、それに伴う経済・米国と支那をはじめ国際関係にどのような影響を及ぼすのか、実際に、株価や為替は影響を受けたようです。
今後、お店にどういう影響があるのか、心配です。

ボチボチ出荷作業をしたあと、ひさしぶりに真中に行ったんですが、ダイキ、西村ジョイにクレオトップ(クリア)は置いてなかったので、コーナンにないかなと思って、立ち寄りました。

そうしたら、コーナン PRO ができていて、どうでもいいことですけど、PayPay が使えるようになっていて、溜まっているポイントの消化を多少したんですが、肝心のクレオトップは置いてあったもののブラウンしかなくて、PRO じゃない方のコーナンにあるかも、といわれてそっちも見に行ったんです。

そうしたら、入り口に処分品コーナーがあって、いろいろ興味を惹かれるものがあったんですが、特にめぼしいものが写真の扇風機です。
これ、3 万は軽くする奴なんですが、2 万の値札がついていて、思わず買ってしまいました。
来年の夏まで用事はないんですが。。。

それはそうと、JØTUL(ヨツール)のストーブの件です。
先日、F500 のマジョリカブラウン を出荷したんですが、購入してくださった方はラッキーだったと思います。

というのも、モデルチェンジがあるという話ですが、ようやく詳細が見えてきたんですが、値段について、うちの仕入れ価格ですが、

F500 Black Matte CA$3510
F500 Majolica Brown CA$4455

という案内がありました。
値上がりですが、仮に CADJPY が 80 円(為替手数料含む)だとしても、356,400 円です。
当然、税抜き。
日本までの送料が 0.6m3 くらいはあるので、30,000 円くらいはかかるし、国内の送料も結構かかります。
もちろん現地での送料もかかりますし、為替手数料を含んで 80 円は今の時点では無理な数字です。
仕入れ自体で 40 万は軽く超えるので、税金入れて、一円も利益をのせなくとも 45 万くらい。

ただ、こんな値段になっては、正規品と大差ない価格でしか提供することができないので、在庫を持って積極的に展開するのは控えた方が良いかなと思います。
まあ、国内品の価格がそのままだったら、という前提ですが。

明後日はいよいよ秋祭りのスタートです。
明日は準備を進めたいと思います。

今年も残り 3 ヶ月

今日から 10 月ですね。
早いもので今年も残り 3 ヶ月となりました。

朔なので、午前中は神社の巡回です。

午後からは、薪ストーブの出荷に出かけました。
集荷に来てもらうと時間がかかるのです。

4t 車がないので、軽トラで出掛けたんですが、今日は風がないし気温も高くて、走っている間はいいですが、止まるとちょっと暑かったです。軽トラにはエアコンはありません。

そうこうしていると電話があって、乾燥機の調子が悪いということで、見にいきました。
チップの残量と、火室の温度センサ異常の警告が出ていました。

リセットすると消えたんですが、チップについては、見ての通り満タンですが、満タンすぎるんですよね。
入れすぎです。
今回はよく乾燥しているのですが、水分があると重たくて、ウエッジフロアがうまく動かなくなることがありました。
あと、修理している間、ずっとチップを入れたままになっていたので、固まった、というのもあるように思います。
手動でウエッジフロアを起動したんですが、特に問題は見当たらなかったので、様子見です。

温度センサについては、頻繁に数字が読めなくなっているんですが、実際に温度が高すぎるのか、それともセンサの故障なのかはわかりません。
交換用のセンサがあるので、今窯の中にあるものの乾燥が終了したら、交換する必要があるように思います。

温度が読み取れない、ということで、乾燥モードが AUTO LOW で運転されていたんですが、この場合、薪の温度が 90°C くらいまでしか上がっていなかったんです。
これは由々しき問題です。

Wang, Xiping & Bergman, Richard & Mace, T.. (2010). Heat sterilization of ash (Fraxinus spp.) firewood: Heat-treating options, temperature monitoring and thermal verification. Wood Material Science and Engineering. 5. 104-109. 10.1080/17480272.2010.496535. Because of the potential risk associated with moving emerald ash borer (EAB)-infested firewood, the interstate movement of all hardwood firewood in the USA is currently restricted under the Federal quarantine. Communities and firewood producers are now faced with decisions on how to treat their firewood for interstate commerce. The new US Federal regulations for heat sterilization of ash firewood require holding a core temperature of 71°C for 75 min, which is higher than current international standard for heat treating solid wood packaging materials (ISPM 15). A study funded by the US Forest Service Wood Education and Resource Center examined the efficacy of different heat-treatment schemes for meeting the new regulations and developed empirical models for estimating heating times under various heating conditions. This paper addresses some practical issues of the heat-treatment process in terms of meeting the current heating standard for EAB, monitoring temperature changes during heating process and providing thermal verification after the heat-treatment operations.

邦訳

王, 西平, バーグマン, リチャード&メイス、T. (2010). アッシュ(トリネコ)(Fraxinus spp.)薪の加熱殺菌:熱処理オプション、温度モニタリング、熱検証。木材材料科学とエンジニアリング.5. 104-109. 10.1080/17480272.2010.496535.
エメラルドアッシュボーラー(EAB)に感染した薪の移動に関連した潜在的なリスクがあるため、米国内のすべての広葉樹薪の州間移動は、現在、連邦検疫の下で制限されています。地域社会や薪の生産者は、州間取引のために薪をどのように処理するかの決定を迫られています。灰の薪の加熱殺菌に関する米国の新しい連邦規制では、芯材温度を 71°C で 75 分間保持することが要求されており、これは現在の無垢材包装材の加熱処理に関する国際基準(ISPM 15)よりも高い値です。米国森林サービス木材教育資源センターの資金提供を受けた研究では、この新しい規制を満たすためのさまざまな熱処理スキームの有効性を調査し、さまざまな加熱条件での加熱時間を推定するための実証モデルを開発しました。本論文では、EAB の現行の加熱基準を満たすこと、加熱プロセス中の温度変化を監視すること、加熱処理作業後の熱検証を行うことなどの観点から、加熱処理プロセスの実用的な問題点をいくつか取り上げています。

まあ、フリはさておき、要するに、窯の温度を下げると処理時間が伸びるということです。

このことは、ISPM 15 よりも要求する値が高いことにも起因すると思うのですが、国内で昨今問題になっているナラ枯れの問題などもあって、熱処理をしていない薪を移動するのはリスクがあるのではないかなと思うこともありますが、まあ、それは今回の趣旨ではないので、かつ解します。

樹種であるとか、木材の寸法であるとか、元の温度や水分量など、様々な要因で時間等は変化するわけですが、基本的な傾向として、80°C 程度までは温度が上がるにつれ劇的に処理時間が短縮され、そこから 120°C になるにつれ緩やかなカーブを描き、それ以降は、非常に緩やかになります。
120°C を超えると、温度を上げてもあまり短縮は見込めず、燃料の消費率の悪化、火災のリスクなど、メリットよりもデメリットが目立つ格好になります。

薪の温度が低いのは、薪を入れ替えたばかりで、水分の影響であるのか、AUTO LOW で出力を絞ったのが原因なのか、明日、1日運転すればはっきりするかとは思いますが、いずれにせよ、バッフル(shield)は今作成中で、オレゴンに納品されるのが来週、そこから到着に 2 ヶ月近くかかると思われるので、年内に間に合うかどうか、といったところでしょうか。

それはそうと、7 月末にカットを依頼した荷物ですが、今日 B/L が届いたんですね。
A/N ではなくて。
一体どうなっているのか、ETA が書いてないので、いつ届くのかわかりませんが、積み込み 9/23 という数字が見えて、本船の居所を調べたら、カナダ RTB を 9/26 に出たばかりのようです。
もし、それであっていれば、釜山に着くのが 10/11 で、積み替えは一週間から 10 日程度かかりますので、食品衛生法関連の書類仕事や、通関、そして検査になることも十二分に考えられるので、月内になんとかなるのかどうか、というところです。
7 月末の荷物ですから、5, 6 月にオーダーしたものもあったりして、あまりに時間がかかりすぎです。
支払いですが、5 月にしているわけです。
ほとんど 11 月に入荷し、それがすぐ売れればいいんですが、売れ残ったりすると 1 年に 1 回しか資金が回りません。
粗利で数 % というアイテムもあるので、リスクを考えると、タンス預金の方がいいレベルです。
儲けたいとは思いませんが、モノには限度があるので、ここまで物流が滞ると、値上げ等を考えないといけません。
永遠に生きていられるわけではないし、お店も大きくして、少しでも多くの方にリーズナブルに商品をお届けしたい、それを実現するためには、回転率を上げるしかありません。しかし、回転率が上がらないのです。

それと県森連の椎茸センターに寄りました。
原木の相談です。
今年は春に原木を仕入れいないため、原木の在庫がない、というかあるにはあるんですが、古くて傷んでいるのが少々残っている程度で、とても今年の冬の需要を賄えないのです。
まあ、年内にはなんとかなりそうな感じがしました。

そんなこんなで、1 日終わって、帰りにダイキに寄りました。
この前、神社にクレオトップのクリアを塗ったんですが、ものすごく吸い込んでほとんど残ってないので、それを探しに行ったんです。
記憶が確かなら、前は 大橋塗料 さんのお世話になったような気がしたんですが。

クレオトップはなかったんですが、代わりに面白いものを見かけました。
Facebook なんかで、最近、よく宣伝が出るんですよね。

箱詰めした薪は 20kg を超えるので、まあ、今はたいした量売れないので問題に感じないのですが、今後量が増えるなら、こういうものも必要になるのかなと思っていたのでした。

早速、試着してみたんですが。。。

空気を溜めるのが面倒くさいw
適当につけたからかもしれませんが、違いがイマイチわかりませんでした。

そして、これを言っちゃあ失礼かもしれませんが、正直高過ぎます。
せめて 10 万は切って欲しいところですよ。

まあ、違いがいまいちわからないからそう感じるのでしょう。
このスーツの名誉のために言っておくと、使用者の評価は結構良いようです。

雑多な日曜日

今日は Y くんが手伝いに来てくれました。

午前中は、倉庫の片付けをしたんですが、まず、既に売れているんですが預かり状態の JØTUL(ヨツール) F500 を検品して、梱包しました。

個人的に、F400, F500 あたりは、まさに薪ストーブ、という印象があって、特にこのマジョリカブラウンはいい色だなーと思っているんですが、結構、というか、かなりお高くて、扱ってはいるんですが、とても自分では手が出ない高嶺の花ってところです。
ソープストーンもそうですが。

溜まっているダンボールも片付けました。
重石でぺったんこにします。
今までの倍くらい入る感じ。
捨てに行くのも手間なのです。

それで、ふと、Kreg Accu-Cut & Rip-Cut が届いたまま、放置してあるのを思い出して組み立てようと試みましたが。。。
難しくてよくわかりませんでした。
説明書を読めってことかなと思うのですが。
まあ、時間があるときに続きをやろうと思います。

天気がいいので、おニャー様のトイレ丸洗いです。
Omega Paw の回転式の猫トイレ(旧型)です。

ロボットはまだ試していませんが、それ以外では、おそらくこのトイレが最も自分の性格にはあっている感じ。
見ての通り、シンプルな構成なので、簡単にバラして丸洗いできますし、とても軽くて丈夫です。

何よりも掃除はひっくり返すだけなのでほんの数秒。
ニャン糞は、その場でトレーに回収して、その場で捨てるので、きわめてシンプルです。

神社に移動して、この前洗った箇所が乾燥したので、防腐剤を塗り込みました。
最低でも、2, 3 度は塗らないとかなと思いますが、ちょっとクサイです。
平成元年に落成したので、早 30 年以上になりますので、少しでも長持ちするように手入れをしていきたいと思います。