配達出発前にいろいろと野暮用を片付けた件

今日は、配達に出かける前に色々と準備をしました。

ユニック車にはベッドがないので、車中泊とまではいかないんですが、ちょっと仮眠くらいは取りたいのですが、アイドリングで暖房をしたら燃料がもったいないし、環境にも良くないので、USB 暖房ベストを買ってみました。
使い物になるかどうかはわかりませんが、それでも 4,000 円くらいはしました。

ダメなら、マキタの暖房ベスト を買え、ということかとは思うのですが、いかんせん高すぎます。
バッテリホルダーですが、なんと、冷房用と兼用ではなくて、これも別に買わないといけないようなんですよ。
愛媛はそれほど寒くないので、普段は全然必要ない感じで、実際、ペラペラのジャケット 1 枚羽織るだけで、その下は、普通に半袖です。
当然素足にクロックスで、なんの問題もないのです。

流石に北陸で 2 時間屋外で組み立て、となると寒いんじゃないだろうか、とは思うんですよ。
来月には北海道にも行く予定があるし。

今回は、現地で組み立てをするのですが、面倒くさいので作動油はドラム缶で持っていこうかと思ったんですが、落としたら大変だし、そんなに大量には要らないので、ポリタンクを買ってきて小分けにしました。
注ぐのが面倒くさいので、加圧式の灯油ポンプも買ってみたんですが、はてさて、作動油に対しては使い物になるのでしょうか?
作動のドラム缶ですが、風袋込みで 80kg くらいでした。
ドラム缶の自重ですが、1.2mm のものだと 20kg くらい、これにポンプだのリフターだのが 5kg だとすると、55kg なので、比重 0.9 とすると、あと 60L くらい残っているようです。
縦横兼用タイプは 36L ほど使うので、2 台は組立たない感じです。
横型往復タイプは 12L ほど使います。
昨日、エンジンオイルは交換したんですが、作動油は交換していないので、そろそろフィルタくらいは交換しておかないとと思います。
汚れを見て、作動油も交換しておきたいと思います。
まあ、戻ってからになりますが。

ポリタンクと灯油用の加圧ポンプの他には、組立作業時に油やグリスで手が汚れるのを防ぐため使い捨ての手袋だとか、あと、エンジンオイルが注ぎにくいので、水槽掃除用のポンプ(切って漏斗を作る予定)などを買ってみました。
汚さずにきれいに組み立てをしたいと思います。

それと、浄化槽のふたにかかった状態で薪入りのみかんカゴのパレットを積み上げてあったのですが、点検ができないので明日までに片付けるように言われました。
結構時間が経ったので、そろそろ載ってもいいかなと思ったので、リフトで薪を運んでちょっとだけ片付けました。
埋まる心配がなくなったし、傾くこともないので、もっと早く舗装をしておけばよかったと思いましたが、今度は、ウッドデッキが狭いをなんとかしたくなります。

頑張って準備をしたわけですが、なんか忘れてそうな予感がするんですが、まあ、なんとかなるでしょう。

薪割り機配達の予定

今回はユニック車です。
あくまでも予定の上、北陸方面は行ったことがないので、予定が狂う可能性はかなり濃厚ですが。。。

  • 1/30 夕方出発
  • 1/31 午後 兵庫県 配達
  • 1/31 亀山 TS 泊
  • 2/1 朝 三重県 配達
  • 2/1 夕方 富山県 配達
  • 2/1 金沢 TS 泊
  • 2/2 山口県 泊
  • 2/3 山口県 配達
  • 2/4 夜到着

雪を含めて天候が少し心配なんですが、まあ、なるようになるでしょう。
配達は 1 件がキャンセルになったため、都合 4 台の予定です。

山口方面ですが、久しぶりに 雷神さん と落ち合えるのでしょうか?

山口では、フォレストファンクラブ さんを訪問して、イワフジのグラップルソーを見学させていただこうと思っています。
原木の処理がどの程度効率的になるのか、雰囲気をつかみたいと思います。

ただ、コストが 0.25(7t 級)で 1,200 万くらい、0.4(12t 級)で 1,500 万ほどかかります。
玉切りの経費としては、1m3 あたり 3,000 円程度のようですが、0.4 の価格を考えると月に 20 万程度の維持コストがかかるため、年間で 240 万、つまり 800m3 ほど取り扱ってもなお、人件費や燃料代を無視してようやくトントンだ、ということになります。
なので、実際には、その倍の 1,600m3 程度は処理しないとダメだろうと思いますし、そうなると、月に 133m3 ほど扱わねばなりません。トレーラは 16t 積みのため、1t = 1m3 として、16m3 とすると、8 台分以上です。
それだけの量の薪もできてくるわけで、歩留まり 50% としても、製品もコンテナトレーラで 8 台分できるということです。
山からの原木の輸送に 1 日、製品の出荷に 1 日としても、16 日トレーラで走り回ることになります。
お宮のこともあるし、一人では到底無理そうですから、少なくとも人が雇える規模になってからということになるんでしょうけど、じゃあ、その規模になるまでチェンソーでやってられるのか、それで規模を拡大するため、人を雇用するための利益を生み出せるのか、というとまったくもって無理なので、予定は未定、ってことになるわけですが、千里の道も一歩からといいますしね。

せっかく山口まで行くなら、角島の橋だとか、見てみたい気もするんですけど、そんな時間はなさそうです。

無事故、無検挙で頑張りたいと思います。

相変わらずチェンソーの箱はスカスカ

Husqvarna 440, 16″ です。
バーが組み立てているので、箱はスカスカ、空気を運んだようなものです。
440e だとツールレスになるんですが、あのクラッチカバーは個人的に好きでないので、440 で、普通にボルトで締めるタイプです。
薪活ビギナーにはかなり良い機種だと思うんですけどね。

昼からは、薪割り機の組み立てをやったんですが、手に油がついたりで、写真は撮っていません。
最後の最後に、作動油を入れすぎたんですが、気にせずやったら吹いて、えらい目に会いました。。。

組み立てはだいぶ慣れては来たんですが、のんびりやりすぎているのか、1 台 2 時間くらいかかってしまいます。

天井クレーンを買ってあるんですが、かったるくて放置プレイなんですが、リフマグでも買って、フレームなどの重い部品を箱から吊って出せるようにすると、かなり楽になるのかなと思うのと、タイヤの取付の時にどうしてグリスでベタベタになるので、使い捨てのゴム手袋を準備するとか、綺麗に仕事をするようにしないとなと思います。

まあ、作動油やエンジンオイルをこぼさないようにしないととも思うんですけど。

エンジンオイルに関しては、パウチのタイプは注ぎ口も小さくていいんですが、0.6L しかはいらないので、1L だと入れすぎることがあるし、そもそも入れにくすぎる位置にあるんですが、今日は専用の漏斗を忘れて、紙で作ったものの少々こぼしてしまって、そういうのをクリーナで掃除したりで時間をロスしまくってるし、オイルももったいないし、地面も汚れるわけです。

今日は 2 台組み立てていっぱいいっぱいだったのですが、明日の夕方に出発しないとですし、今後、機会があれば、組み立てて配達して行きたいと思っているため、しっかり固縛する方法を模索してみたいと思います。
具体的には、専用のパレットを作ろうと思っているのですが、どういう作りが良いのか、いろいろと考えてみたいと思います。

薪割り機を組み立てようと思ったけど寒すぎた件

今日は昨日とはうって変わって怪しい天気でした。

雑貨類は検品して、さしあたって品切れしているものは、納品に行っている余裕が無いので、ヤマト便で倉庫に送りました。
7 箱で、6,000 円弱かかりました。本当に、国内送料は馬鹿になりません。
まあ、今回送ったものは重たいものばかりだったので仕方ないのですが。

薪割り機の組み立てをしようと思ったんですが、あまりに寒いし、天気も微妙なので、薪の配達をしました。
2 件で、1 件目はコロ薪もセットで注文いただきました。
道が狭いので大丈夫かなと思ったんですが、ユニックでなんとかなったので、次からはユニックで行こうと思います。

薪の在庫はたくさんありますが、配達は一人でやっているため、早めにご相談ください。
なお、ネット価格と、直販価格は異なります。(カード手数料などが高いため)

薪割り小屋ですが、基礎工事は木曜日って聞いていたんですが、生コン来てませんでした。
原木が入ってくるまでには、屋根の修理もしたいと思います。

薪割り機の配達ツアーのお知らせ

長らくおまたせしていた Brave(ブレイブ)20t 横型・往復式 薪割り機 PCLS2013GC ですが、ようやく入荷しました。
ご予約いただいている方々に配達して回るツアーに出発します。
今のところ、水曜日に出発しようかと思っているのですが、中国・近畿地方をぐるっと一周する予定です。

今、薪割り機をご注文いただきますと、

  • 組み立て済みで配達できます(自分で修理ができるように説明はさせていただきます)
  • 配送と異なり、個人宅でも 4t ユニック車が進入できる場所まで配達して、クレーンで吊って下ろすので、荷降ろしが安心です
  • ただし、日時は相談の上で決めるものの、交通事情で予定が狂うことがあります

というようなメリット(デメリット)があります。

組み立て済み・動作確認済みでの配達は、動作に必要な作動油等は価格には含まれていませんので、別途購入して頂く必要があります。
組み立て費用は 10,000 円です。(作動油等を含む)
カード等で支払われる方は、薪ストーブ輸入代行サービス 1,000 円 x 10 をご注文ください。

なお、現金振込でお支払い頂ける場合、組み立て、もしくは、フィルタなどのアップグレードパーツセット、そのどちらかをサービスいたします。

Brave(ブレイブ)20t 横型・往復式 薪割り機 PCLS2013GC の場合、アップグレードパーツは、作動油フィルタ追加・Drainzit(エンジンオイルドレン用ホース)追加、となります。

あまり時間がありませんが、組み立て済み・動作確認済みの配達を希望される方は、この機会にご検討ください。

荷降ろしをしました

昨日とはうって変わって、今日はいい天気で、午後から荷降ろしをしました。

縦横兼用タイプの薪割り機ですが、コンテナの幅いっぱいいっぱいです。

フォークリフトには、ロードセンサ(荷重計)がついているのですが、24t x 2 台は 538kg だそうです。
いまいち正確じゃないんですが、およその荷物の重さを把握できるので、とても便利です。

まず、1 台目。
縦横兼用タイプの薪割り機や、薪割り機パーツ, チェンソーなどです。

2 台目。
薪のワンウェイ出荷用の通気バッグが入荷しています。
あと、雑貨諸々。

3 台目。
20t 横型往復式の薪割り機です。

全部で、10m3 強、重さは 3.3t ちょっとでした。

今回入荷したものの中で、新商品ってのはないんですが、個人用のキワモノは 2 点ばかり。

1 点目はドリル煙突掃除ブラシ。

前に書いたとおりなんですが、既存のものは、モノが良いにせよかなり高額ですし、煙突掃除の仕事でも始めるのならいいんでしょうが、個人で使うにはあまりに高すぎますし、それ以前に、自分は クレオソートリムーバー を使っているんで、煙突掃除なんてする必要がないんですけど、どっち向いている商品なのかよくわからないのですよ。

たかが煙突の掃除用のブラシですからね。
されど煙突の掃除用のブラシですが。

まあ、使いものにならないとは聞いているのですが、自分で試さないと気がすまないので、買いました。
お値段 $45 でしたので、送料や税金を入れても、1/10 位の値段でしょうから、シーズンオフに試したいと思います。
その前に、掃除するほど煙突が汚れてくれたらの話ですが。

2 点目は Torque Multiplier です。

ボブキャットのホイル交換に使うくらいかなと思いつつ、薪製造機に噛み込んだものを外すのにも使えないかとも思案しています。
キャンペーンで $58.49 になっていたので買いました。

キワモノたちは、おいおい、試してレポートしていこうと思います。

寒波到来!

今日はお宮でした。

お昼前にちょっと外が薄暗くなって、様子を見ていると、雪が降ってきて、どおりで寒いわけです。
お参りの人もまばらで、15 時過ぎに切り上げました。

早速入荷した Brave(ブレイブ)20t 横型・往復式 薪割り機 PCLS2013GC を注文いただいたので、昨日のうちにボルト類の欠品がないことを確認したので、夕方、発送してきました。

それで、ふと気になったのが、今回出荷分で初めて見たパッキング材料です。
発泡ウレタンみたいな感じのものですが、あれほどカチカチにならず、EPS くらいの硬さなのですが、内容物の形になっているのです。
多分、梱包時に中で薬剤を反応させて、しばらく後に膨らんでそのまま固まるんじゃないかと思いました。

なんでこれが気になったのかというと、鋳物のドラム缶ストーブキット ですが、輸送時の破損が多いので、よりしっかりと中で固定したいのですが、重量があるので通常の緩衝材では保たないのです。

NC でスタイロをくり抜こうかとか、レーザーでダンボールを型抜きしようかとか、いろいろ考えて入るんですが、コストは極力抑えたいですし。

URL が書いてあったので、調べてみたいと思います。

それはそうと、ようやく入荷した Brave(ブレイブ)20t 横型・往復式 薪割り機 PCLS2013GC ですが、1 台はキャンセルになったものの、おかげさまで予約注文を多数頂いていて、新年早々なかなかいい感じの滑り出し、とか思ったのもの束の間、本国の在庫が切れそうだし、値上げするよ、という連絡があったのです。

値上げが凄まじく、この間若干値上げされて、お店の値段も値上げしたばかりだと言うのに、一台あたり $200 程上がるので、またまた値上げしないといけなくなりそうです。
その上、最低注文数が 4 台単位になるというので、体力のない個人商店ですから、とてもしんどいわけです。

それと、7 月くらいまで在庫が切れても生産しないということらしく、そうなると、日本につくのは 9 月頃ですから、今回の入荷分が売り切れると半年待ち、ということになる可能性が出てきました。

今までの付き合いもあるのですが、在庫を持ってそうな大手にまとめて買うから、ということで見積もりを依頼してみているので、その結果次第では、在庫を確保できそうですが、ちょっとどうなるのか、先が見通せません。

薪割り機の導入を検討されている場合、今月末から配達ツアーに出かけるので、中四国・近畿圏内は、完成配達も可能です(ただし、自力で修理ができるように、ウンチクを小一時間聞いていただきたく思います)ので、お早めに ご相談 いただければと思います。

それと薪のお客様も、配達ツアーに出かけるので、しばらく薪の配達ができなくなるので、ストックが心もとない方は早めに ご連絡 ください。

薪の配達完了

薪の配達は無事に完了しました。
予定よりも 1 日押しています。

当初は、

  • 21 日 午前までに積み込み、午後 3 時頃出発(コンテナトレーラ)、翌日早朝和歌山到着
  • 22 日 荷降ろし、午後神戸へ 夕刻までに CFS にて貨物確認後、食品衛生法届け出
  • 23 日 通関、積み込み、(検査)、愛媛に向けて出発
  • 24 日 正午頃、愛媛着
  • 25 日 荷降ろし

という予定だったんですが、出発の午後 3 時が午後 8 時と 5 時間押した上に、サインをせがまれたりで、この調子だと、25 日の正午ごろ愛媛着の見込みです。

しんどいだろうと思うんですが、夕方、修理して引き取ってある子供神輿の組み立てと、夜には新年会があるんですが、まあ、なんとか頑張りたいと思います。

それで、今回の気づいた事項です。

まず、シートですが、前日、中が蒸れて結露していると、寒い時期は凍結して、シートが固くなるし、重たくなる、という問題がありました。

昔のことを思い出したのですが、こういうシートは劣化してくると低温時に硬いときに曲げたりすると裂けるということを経験しているので、コンテナ内部を換気して湿気を排出しておいたり、シートをめくる前に、小型のカセットガスのストーブ等で加温するくらいの一手間をかけたらどうかと思いました。
一番いいのは、昼間暖かい時間にすることでしょうが。

それと、そもそもの話なんですが、ユニックでいちいち吊らなくても、2 段重ねたままフォークリフトで取り出せればよい、という話でもあるかなと思うのです。

配達の際に 2 段積んで、もちろん、固縛はしっかりしたそうなんですが、それで崩れることはなかった、鉄帯でもでしっかりと締めておけば、荷降ろしの手間を半減でき、かつ、シートをめくる必要がなくなるのではないか、と思うのです。
帰ったら、実験してみたいと思います。

荷降ろしは 12 時半前に終わって、神戸についたら 15 時半といったところでした。

検疫所で書類を受け取り、税関に申告に行ったんですが、検疫所からもらった書類に不備があった上、税関に提出する書類にも不備があり、検疫所の書類は修正してもらいに出向く羽目になり、申告自体、時間的に無理になったので、明日の朝一で申告をしたいと思います。

貨物の量的には、10m3 以上あるので、開披検査だけは勘弁してもらいたいところですが、前回は大型 X 線, 前々回は書類審査のみ、という具合なので、そろそろ開披にあたる予感がする今日このごろです。

最近ツイている(憑いている?)ので、この予感が当たりそうで怖いんですが。。。

明日もボチボチ頑張って、帰りはコナカでとんかつにしようと思います。

なんとか到着したものの真っ暗です

薪の配達ですが、なんとか到着しました。

無事にと言いたいところですが、人気者過ぎて白いバイク野郎にサインをせがまれて青い紙と振込用紙をもらってしまいました。
信号赤でしたよ、気づいてますか、と言われたんだけど、気づいたら止まってるし、そもそも論として、確認してサインしてと言われたんですけど、何をどう確認するんだか。
まあ、おまわりさんがそういうんだからそうなんだと思います。
後でドラレコをみてみようと思って、メモリカードを差し替えておきました。

今日はやたら捕まってる人がいたんですが、なんかあったんでしょうかね。

12,000 円もお国に寄付しないといけないようですが、事故よりはマシ、というふうに前向きに考えたいと思います。
記憶が確かなら捕まるのは四半世紀ぶりくらいです。

自分でいうのもなんだけど、安全運転だなー、なんて思ってて、これです。

どの道、荷降ろしできる時間には到着できなさそうだったので、先に六甲に寄って、検疫所と税関に書類を出しておきました。

それはそうと、今日は別所に停めることができました。
サービスランチ 750 円+たまご 60 円。

上りはちょっと駐車場が広めなので停められる確率が高い気がします。

それと、下りですが、トレーラー枠と思っていたところが、実はトレーラー枠でないことが判明。。。
もうちょっと、停められるところ整備してほしいと思いました。

明日もボチボチがんばります。

36 袋で 14.4t 積み込み

今朝は寝坊で、8:30 まで寝てしまいました。
10 時過ぎにスタートで、結局 17 時頃までかかってしまいました。

とりあえず、前回の反省点として、シートをはぐ時に、芯になる棒を使うべきだった、という部分は改善してみたんですが、かなり楽になりました。

ただワイヤーでいちいち留めていくのは、かなり面倒くさいので、これはカラビナか何かに置き換えたいところです。
前後は、ワイヤーでないと不都合かなとも思うのですが、まあ、試してみて考えたいと思います。
ハトメよりも小さすぎるのは不都合なので、大きさを合わせてから購入したいと思います。

今回は、40 袋積むつもりが、前後で 9 列、左右で 2 列、上下に 2 段で、9 x 2 x 2 = 36 袋、一つ 400kg 入なので、14.4t です。
40 袋積むのは難しそうですが、今後の課題です。
高さ的には、ハイキューブにしても、3 段は不可能だと思うので、16t でいっぱいいっぱいというところですね。

メッシュパレットの場合、おそらく 40 カゴ積めると思うのですが、この場合、風袋が 60kg あるので、460kg x 40 = 18.4t で、やはり積載には多少余裕があります。

生でない限り過積載になることはなさそうです。

ユニックで帰る時に、焚付を積んで帰りました。
第 2 ヤードも幾分かは片付いてきましたが、原木の入荷もあるので、一向に広くなったり狭くなったりです。

後、もう 36 袋くらいは今シーズンに出荷したいところですので、戻ったらボチボチ頑張りたいと思います。