煙突トリートメント剤

Hearth & Home 暖炉家 では、煙突トリートメント剤(煙突掃除用のケミカル)として、RUTLAND 社製のクレオソートクリーナーとリムーバー とを扱っています。

で、リムーバーが売り切れたので、輸入しないとと思っていたところ、facebook で Imperial 製のものが話題になっていて、話そのものはどういう成分なのか、ということだったんですが、個人的にいくつか気になっている点があって、どうしたものかと思ったわけです。

忘れっぽいのでメモしておこうと思います。

まず、Imperial 製について、ラインナップが何種類か ありました。

  • Creosote Cleaner • Liquid (USA Only)
  • Sweep’s Aid Creosote Treatment • Powder
  • Soot Remover (USA Only)
  • Creosote Conditioner (USA Only)

という具合なんですが、非常に気になるのが USA Only っていうのが 3/4 を占めている、ということです。
Imperial がカナダの会社なのに、です。

それと、これはうちの特殊な事情で、自分が使っているのは、リムーバーの方だったんですが、だった、つまり過去形なのは、おニャー様がぶちまけてしまったからなんですが、ちょっと大きめのアイスクリームみたいな容器に入っています。
蓋は単にカチッと嵌っているだけなので、猫パンチで簡単に開いてしまうのです。

それと、お店で扱っているものは 2lb, つまり約 1kg 弱程度の分量なんですが、ケースがそういう形状なので、どうしても宅配で送らねばなりません。
そうすると、送料だけで 864 円かかってしまうわけです。
お店では、送料を 500 円にしていますから、送料は実は赤字ですが、まるっと赤字では潰れてしまうので、商品の利益を削っているので何かを合わせて買ってくださって、同梱できて初めて利益が残る、というような状態なわけです。

商品の調達的にいえば、ちょうど Imperial の灰取りバケツも売り切れてしまっているので、どうしたものかと思うわけですが、カナダ本国から輸入する際、USA Only のものがカナダで調達できるのかとか、また、RUTLAND だと 5lbs のものがあるんですが、まあ、流石にそんなに使う人はないだろうということで扱っていませんけど、容器の形容の問題があるので、小分けにして郵送すれば、送料を大きくセーブできるので、商品価格に含めて、利益も改善できるわけで、まあ、一手間掛ける必要があるのと、重松が内職で小分けにしたものが受け入れられるのか、ってのは甚だ疑問ではありますが、その辺も含めて、今後も RUTLAND 社で行くのか、その場合、小分けにするのか、ということは考えないといけないのかなと思ったわけです。

というわけで、Imperial のものの、それぞれの違い、調達時の価格、その辺を調査して総合的に判断しようと思います。
ちょうどいい時間なんで、カナダに電話してみようと思います。

といっても、今から調達しても、年内には届かないと思うので、商機は逸しているわけですが。。。
毎年こんな感じ。
ボチボチがんばります。

エロフィン管のサイズはどうも 25A のようです

昨日やりたいと書いたことのうち、今日は、

  • 御札の配達
  • ダンボールを交換に行く
  • 制限外積載の許可と道路占用許可の用紙をもらう
  • 配管部材の調査

で、半分くらいこなした感じで終わりました。

やり残しているのが、

  • 12/1 のおがたまの木の手入れ準備(電動チェンソー・高所作業用ゴンドラや安全帯の点検)
  • お宮の前の道路の路肩崩落部分にカラーコーンを立てて、業者に修繕の手配
  • ガレージの東面の板金を依頼、足場部材の計数、近所への挨拶
  • 焚付の配達と空ウッドバッグの回収
  • トロンメル油圧ユニットの組み立て

といったところです。

ダンボールをロールボックスパレット 2 台分交換にいって、戦利品はトイレットペーパーです。
当面、自宅も神社も困らなさそうです。

それと、乾燥庫づくりですが、一向にスタイロ畳がもらえる気配がないので、エロフィン管を細工するために部材を調べに西村ジョイに行ったついでに価格をチェックしたんですが、今は 1mm あたり 40 円ちょっとするようですね。
スタイロエースだと、50 円くらいしそうですが、在庫がないのでその辺不明。

で、肝心のエロフィン管のサイズですが、どうも 25A のようです。

どうも、というのは、若干誤差があるようだからなんですが、それが、細いのならまだしも、やや太めだということで、溶接のソケット が入るんだか、入らないんだか、ちょっと微妙に思うのです。
それと、意外と高い。

なもんで、片方は、長ニップル を半分に切って、段付きなくうまい具合に溶接するのが一番安上がりかなと思うのです。
そうすれば、使う部材の数がかなり減らせますから。

エロフィン管自体、調べてみると、2 年前の今頃に調達している んですよね。
ほんとに、そろそろなんとか形にして、仕事をしてもらわないと、置いておく場所だけでも馬鹿になりません。
まあ、トロンメルについても同じことなんですが。

で、予定になかったけどやったことがあって、

  • 軽トラックの車検の手続きを軽自動車検査協会に確認
  • 柏警察署に制限外積載等の手続きの確認
  • クヌギ・ナラ薪の薪巻くんでのラップの用意

って感じです。

油断していたら、軽ダンプの車検が切れてしまいました。
前回構造変更で自分で車検をしたため車屋さんから車検の案内が来なかったので気づかなかったんです。
危ないところでした。
で、今回も、切れてしまったので、積載していこうと思います。

それと、柏の倉庫の許可申請が国交省から差し戻されてしまって、また出し直したんですが、もともとのルートだと、倉庫進入時に左バックになって、誘導してもらえないので、より安全な右バックでの進入にルートを変更しました。

もともと 6 号の台田交差点を右折して、大型が通行できない経路を走行する予定で、我孫子警察署に確認に行っていた わけですが、あの交差点は我孫子市なのですが、逆方向から入る場合は、柏市で、その時に、入り口の側の警察署に申請するようにといわれていたわけです。

新しいルートは、呼塚を右折して、16 号に入り、柏インター手前の十余二工業団地入口を右折、16 号は当然問題ないし、アクティオのある次の信号までは、重さ指定・高さ指定道路なのでいいんですが、その先、柏たなか駅方面に右折した区間が怪しいわけで、ただまあ、電話だと埒が明かなかったのと、それと、もう一点、千葉県警の場合は、通行許可が降りてから出ないと申請ができないので、どの道、降りてから出向かないといけないわなんです。

その上、柏警察署って、記憶が確かなら大型が通れない先にあるんだけど。。。

制限外積載って、最長でも 3 ヶ月なんですけど、これ、提出と、受取で 2 度出向かないといけないわけですよ。
上京の頻度からして、ほぼ毎回柏署詣でをしないといけない気がするんですが、都度都度、ケロちゃん号で片道 1 時間近くかけて申請するのもかったるいんで、フライイングができる(国交省に申請したらパラレルで申請できる)茨城県警に出せるように、出発を茨城にすればよかった気もしないでもないんですね。
今更ですから、2 年後に頭を使おうと思います。

それと、クヌギ・ナラ薪も束売を始めてみようと思います。
まあ、殆ど売れないんじゃないかとは思うのですが、やってみないことにはわかりませんし。。。
準備ができたら、また、報告したいと思います。
近くの人は、是非買ってくださいと言いたいところですが、ひと束 500 円と、ちょっと強気の値段設定をするつもりなので、薪ストーブ向けにはしんどいかなと思います。
ただ、60 束で 400kg くらいになると思うので、仮に 400 円にすると、24,000 円/1m3 ということになり、配達薪とほとんど変わりませんから、束にする手間賃が出ない、ということになるわけです。
当然、バラなので、販売経費もかさみますから、難しいところではあります。
やってみて駄目なら、それから考えようと思います。

【林業機械展】アクティオブース — ナックルブームクレーン付き小型トラック

アクティオのブースで見かけ、気になったのがこれ。
ナックルブームクレーン付きの小型トラックです。

ナックルブームクレーンは パルフィンガー 製ですが、中型以上に架装する 林業機のイプシロンシリーズ ではなく、小型用の汎用のもので、古河ユニックの扱いではなく、おそらく、マルマテクニカ扱い のものでしょう。
カタログ上ではローテータが付き、各種アタッチメント類も取り付くことは知っていたのですが、実機を見るのは実は初めてでした。

車体は高床 4WD で、ダンプ機構等はないようでした。

ちなみに買うと 1,200 万、レンタルで月 39 万円だそうです。

そういう意味では、この間 I さんが買った、ヒアブのログリフト+マルチリフトは、実によくできた車だと思います。
まあ、普通のシャーシなので、この車よりは不整地の走破性は劣ると思いますが、なんせマルチリフト付きなので、枝葉などのゴミっぽいものをグラップで深箱に掴んで積んで、それをダンプで下ろすこともできれば、このトラックのような着脱式スタンションのフラットデッキで、重機の回送や原木の輸送と、実にマルチに使えるわけで、積載も 3t 取れてるわけですから。

後、イワフジのグラップルソー(ソーアジャスト機能付き)のリース機のデモもやってました。
こちらも月額 40 万ほどだそうで、0.4 しかないそう。
0.4 だと、回送がトレーラになるので、そっちがいくら掛かるかが問題です。

うちの規模の場合、おそらくひと月もあれば、すべての仕事が片付いてしまうと思うので、回送含めて 80 万掛かるとしても、10 年で 800 万なんですよね。
0.4 のクラップルソーの新車は 1,500 万掛かるので、稼働率からして、リースするほうが圧倒的に有利です。
もし、底床台車を手に入れて、回送が自力でできるようになれば、さらにリースするほうが有利です。

それと思ったほど仕事が捗るか、という部分もあります。
後、リースなら、比較的新しい機械に乗れるってのもありますよね。

イワフジのソーアジャスト付きグラップルソーは T さんが買ったので、近いうちに見学に行きたいと思います。

新商品・針葉樹薪を作ってみました

毎年正月前に餅つき用の薪が欲しい、というお客さんがいて、まあ、餅つき用なので大した量は売れないのですが、ホームセンターだと結構な値段しているので、もしかしたら需要があるかも、ということで束売の薪を作ってみました。
薪巻くん、初仕事です。

とりあえず、値段はひと束 324 円にしました。
近所のスーパーで委託販売の予定です。

普通(?)の薪も束にして売ってみようかと思うのですが、そっちはひと束 540 円にしようと思います。

束のサイズは 22cm x 22cm, 長さは 33cm くらいです。
なので 7kg くらいなので、1kg あたり 70 円と、かなり強気です。
432 円だと、束にする手間賃が厳しいので、ホームセンターは 800 円なので。
まあ、様子を見るしかないかなと思います。

それはそうと、薪の間にいたのでしょうか、屁こきことカメムシがキャブの中に入り込んで臭いことになるところでした。
とりあえず、放屁する前に、お引き取りいただきましたが。。。
商品に混入していないといいんですけどね、こればっかりは自然のものなので、なかなか難しいです。

後、ヘッドのスペアの点検をしたら、脱落防止用のピンが 1 本紛失していたので、キチンと直しました。
今日も安全運転〜♪

明日は、地鎮祭、そして、新穀感謝祭と七五三です。
明後日は、祭日なのと、午後から新穀感謝祭と大麻頒布です。

何屋さんですかとよくいわれるのですが、神社です!!!
神社が本業なんです。
生活はとてもできませんけど、それでも、社家に生まれた以上、神社第一なのです。

よって、明日、明後日、2 日ほど、薪仕事はお休みです。
また、月曜日からバリバリ、バリバリと薪を割りたいと思います。

【林業機械展】ロボット型薪ストーブ

林業機械展では、香川で開催されているのになぜか高知県(高知家)が幅を利かせていまして、昨日紹介した薪割り機も高知の企業のものですが、ロボット型薪ストーブも、高知の 小磯鉄工 という会社の出展です。

薪ストーブ関連の出展は、気がついた範囲ではここだけだったと思います。

facebook では、やはりこのオリジナリティ溢れる造形に多くの人が食いついていました。

実際の所の、使い勝手や性能がどうか、という部分はさておき、インパクトはかなりある商品ですね。
買うか、お店で扱いたいか、というと残念ながら、個人的には NO ですが。

国内で薪ストーブを小規模な鉄工所が生産する場合、正直言って、海外の、例えば TrueNorth に勝てるかといえば非常に厳しいと思います。
価格・性能、その両面で合理的に買い物する層にはアピールするのがなかなか困難ではないでしょうか?

そうなると、手作りである、という部分をどうアピールするか、ということになりますから、ロボット型という方向性が正しいかどうかはさておき、こういうやり方はある意味、ビジネス的には正しいのだろうと思います。
それでいいのか、という思いは多分にありますが。

例外的に、宇野さんの カグツチ は、性能に関しては、自分は住宅で使っていないためなんともいえませんが、価格については、直販で TrueNorth 並の値段を実現していますし、そういう意味では、もう少し使いこなして、思う所(外気導入であるとか、温水コイルを仕込むとか)を改造したバージョンを作っていきたいとは思っているんですが、やりたいことは多々あれど、お金も時間も、そして何よりも才能がないので、遅々として進まないのが頭の痛いところです。

まあ、できることしかできないので、マイペースでのんびりやりたいと思います。

【林業機械展】業務用・往復タイプ薪割り機

林業機械展に行ってきたわけですが、備忘録も兼ねてみてきたものを書き留めておきたいと思います。

まず、業務用・往復タイプの薪割り機です。

高知の 西川建設 さんというところが出展していました。

価格が 150 万ということで、もうちょっとするかと思いましたが、意外と安かったです。

尤も、7t ということですから、北米だと $1,500 で売られているブレイブの往復タイプの薪割り機が、20t でストロークが 60cm ですが、それが倍の 120cm ストロークになると、8 倍近い値段になるということですから、受け入れられるのかはかなり微妙なところでしょう。

だって、半分に玉切りして乗せれば、ブレイブのほうが 20t ですから能力が高いということになりますから。
ブレイブの表記の 20t は US 表示なので、かなり鯖を読んでいますが、まあ、15t 程度に思っておけば間違いないので、それでも倍の強さはあります。

値段はさておき、長いまま割りたい、という向きには良いのではと思います。

三相仕様、オイルクーラも搭載しており、連続運転ができるようになっていたり、バルブも nachi だったりと、値段が値段だけにその辺りは押さえているようです。

1m、φ500mm だと、100kg をゆうに超えて 200kg 近く生だとあるんじゃないかと思うのですが、丸太を薪割り台にセットする仕組みはありませんでした。
ちょっと片手落ちに感じました。

薪割り機の出展は、他にはホンダウォークさんが出展していて、通路にまではみ出して展示するほど、賑わっていましたが、個人的に走っていることだけなので、興味がなかったので、写真等は撮っていません。

薪関連は、ほとんど何も展示がなかったです。

で、ぜんぜん違うところで興味があったのは 新庄自動車 さんのブースです。

佐藤社長さんにお会いして話を聞けたんですが、電話で問い合わせたことをきっちり覚えていてくださっていて、すごく頭のいい、記憶のいい人だと感心しました。

新庄自動車さんは、スロベニアの LIV 社のクレーンを輸入して架装しているんですけど、ブースに行くと、TAJFUN LIV ってのぼりが立ってるんですね。

クレーンとかの話はキリがないので、一旦置いておくとして、問題は TAJFUN の方です。

聞くと LIV 社と合併した、ということで、TAJFUN は、林業用の機械、薪製造機(プロセッサ)なども生産しているので、そういうものも、新庄自動車さんを経由して入ってくる可能性があるのではないか、と思いました。

とこにゃんの直ぐ側にきました

薪ストーブの配達で愛知まで来ました。

昨日は林業機械展で坂出に行ったんですが、その後亀山まで移動して宿泊しました。
宿泊といっても、到着したのは朝の 4:30 だったんですけど。。。

朝起きるととてもいい天気で、日中は暑いくらいでした。

朝ごはんは前回の反省を踏まえて、マグロ豪快丼です。

薪ストーブは結構坂の上で、登れるのか、心配なくらいの傾斜でした。
冬場とか、ユニックだと、ちょっと登れなさそうです。
自分で設計して、自分で立てているそうで、かなり完成していました。
自分も頑張って完成させないと。。。

その後、421 号線を通ったんですが、山が白いし、大丈夫かなと心配だったんですが、気温 2°C で凍ってはいませんでした。
山は紅葉していてとてもきれいでした。
寒いけど。。。
途中の道の駅の薪は 500 円でした。

薪の配達もなんとか終了、愛媛に気をつけて戻りたいと思います。

とこにゃんが欲しい件

ネットで見かけたんですが、常滑に巨大な招き猫、とこにゃんがいるそうです。

で、そのステッカーがあるんですが、これがかなりご利益がありそうな感じです。

これ、トラックに貼りたいなぁ。

さて、今日はいよいよ林業機械展です。

寝坊するかと思ったんですが、ニャンズに起こされました。
これから出発します。

林業機械展の後は、愛知に TrueNorth TN20 の配達にいって、その帰りに滋賀に薪の配達に行きたいと思います。
京都は定休日ってことで、また別の機会に訪問しようと思います。

ボチボチがんばります。

キャッペ = キャット+カーペット — ギャッベではない

この子は 1 号です。
DCM ダイキで悩んで買った 498 円(税別)のカーペットです。
多分 MADE IN CHINA。

この子は 3 号です。
キャッペの上で寝てくれました。

ギャッベではない、キャッペです。
キャット+カーペット、略して、キャッペ。

いらない絨毯の切れ端でもいいんですが、オーバーロックミシン、要するにですね、「かがり縫い」をしてもらわないといけないのですが、この加工費が結構掛かるので、買った方が安いってわけです。

尤もほつれても困らないし、まあ、そういうものが置いてあっても、何ら支障がないといえばないんですが、奮発してみました。

それにしても、うちの子は可愛いなぁ。
皆さんもそう思いませんか?
間違いなく、世界一、いや、宇宙一の可愛さ。

午後から白(柴犬)ちゃんをおいぬえん(犬の美容室)に連れて行って、洗ってもらったんですが、預けた帰りに山にいって、コロ薪を持って帰りました。
ちょうど 500kg あるようです。
よく見ると、製品として出荷できそうな長いものが混ざってたりするんだけど、どういうことだろう。。。

その後、林業機械展+αで遠距離でかけるので冬タイヤに履き替えようとしたんです。
そうした所、今はアルミなのでアルコアの専用ナットを使っているんですが、鉄に戻す場合純正ナットが必要になるんですが、道具箱に入れてあったら蓋がちゃんとしまってなくて、ナットが前用 2 個、後ろ用が 2 個で、都合 4 x 2 x 2 = 16 個も不足しているんです。
タイヤマンには当然在庫がなくて、ふそうにまで行ったんですが、やはり在庫なし。
履き替えることができません。。。
大丈夫かな、雪とか。。。