ボロ坊、また入院する

今日は、午前中で鉄カゴを降ろして、ウッドバッグ 12 個積み込み、福祉施設に運びました。
12 個運んでも一つ 400 — 500kg といったところなので、5 — 6t しかないんですよね。
あまりあっちこっち動かしても、手間と燃料が掛かるだけなんですが、今はまだうまく作業が組み立てられていません。。。

その後、残りの原木を山に取りに行ってきました。
ざっと 10t ちょっとと思ったんですが、11.5t でした。
最近見ただけでほぼほぼ重さがわかるようになりました。

うどんを食べたりのんびりしていたら、すっかり日が暮れて、月が出ました。
今日は仲秋の名月だとかなんとか、フォークで掴んでみましたよ。

で、ボロ坊ですが、この前の台風でドアが吹き飛ばされてあらぬ方向に曲がって、パネルが浮いたりしていた件ですが、立て付けが悪いのも無視して開け閉めしていたら、ついに開かなくなりました。

仕方ないので、助手席から乗り降りしているんですが、不便で仕方ないので、入院です。

車検時には、ブローバイのホース交換、レンズ ASSY 交換、ワイパーブレード交換、この辺をやってもらおうと思っています。

後、台車の積載量を増やす件、もともとは車両総重量 22,000kg → 29,900kg ということだったようです。
とどのつまりが 7,900kg 増やせるわけで、現状 16,000kg なので、23,900kg になるというわけ。
そんなには要らないといえば要らないし、約 8t 分、自動車税が上がるので、考えものです。

だって、今日は、行きは 6t で、帰りは 11.5t なわけで、24t 積むことは鉄筋でも積まない限りまずないわけで。

とりあえず、台車もかなりのご老体なので、気になっているのはブレーキの引きずり、あと、エマージェンシーリレーバルブは O/H するなり、新品交換したほうが良さそうだし、ハブもばらしてグリスアップしてもらったほうがいいんじゃないかと思うんだけど、バンプラバーもないとかなんとか言われた(けど、持ち込みで車検を通したときの下回り検査はパスしたので、車検的には問題はない模様)し、まあ、底づきするほど積まないし。

まとめてきたらエラいことなんで、ぶっ壊れる前に、ちまちま怪しい部分は補修していきたいと思います。

ていうか、いい加減、サイドマーカーつけろと言われそうなので、次の状況までには、肩の車幅灯はつけておこうと思います。
後、買ったタイヤ灯。

事務所車は。。。全く手付かず。。。頑張ろう、俺。

コンテナの荷下ろしと、エアホース周り

今日は午前中は、兼務神社の改修が終わって、その奉告の祭典でした。

まあ、どの道雨だったので、外の仕事はできなかったわけですが、午後から上がる予報も、結局降り続けて、夕方、とりあえず、止んだというか、小ぶりになったので、積んだままだったコンテナを下ろしました。

安定のクロックス。
2.6m ほどあるんで、よろしくないですね。

エアホース周りですが、結局、中のゴムの交換でバッチリっぽいです。
ゴムだから、定期的な交換が必要のようですね。
台車に至っては、平成一桁、ABS 規制の直前のものなので、20 年くらい前の車ですし、今後も、いろいろ出てくるでしょう。

あと、どうにかならないかと思っているのが電源等のケーブル。

連結しているときには、当然外れないんですが、台切して、ヘッド側のコネクタというか、なんていうんでしょう、ボイドというといいんですかね、コネクタを差し込むだけで、コネクタとしては機能しない差込口、ここが馬鹿になってるっぽくて、走っている途中で外れて転がっていることがあります。

ゴムかなんかで引っ張っておけばいいんしょうけど、それも不細工だし、スプリングか何か、爪を引っ掛けて押さえておく力が弱くて外れるのだと思うのですが。

ちょっと話がずれましたけど、コンテナも揃ったことなので、あとはボイラー等を運んで、水と電気をどうにかしないといけないのですが、乾燥庫として機能するように組み立てていきたいと思います。

コンテナ自体、鍵がかかるので、道具の保管にも最適だし、2 本並べてその間に屋根をかけるキットが安く売られているので、重機の保管スペースにもいいかなと思います。

あと、追加で薪の保管スペースを借りる話が前に進みそうなので、火曜日くらいに打ち合わせとした見に行ってきたいと思います。

ただ、月々の固定費用が発生するので、それに見合った売上と利益の確保が必要になってきます。

昨日 K さんと電話で話したことでもあるんですが、ある程度生産量を増やしていくと、お客さんに対しての供給責任も出てくるということで、薪ストーブには当然薪は必要ですから、うちの薪を待ってくれている人がいる限り、売り切れましたとか、そういうことがあってはいけないということです。

そのためには、必然的に、原材料であるところの原木の安定した調達という課題が出てきます。

今年は保管スペースの兼ね合いで引き取りに時間がかかり、組合に迷惑をかけてしまったので、まずはスペースを十二分に確保し、在庫も十二分に確保して、注文に備えたいと思います。

乾燥庫がうまく稼働すれば、より安定した、熱処理済みの薪を出荷できるようになり、商品力を強化できます。

今から楽しみです。

安定して生産できるようになれば、販売パートナーさんを探していかないとと思っています。

やはりツイてなかったようです

今朝はターンに寄りました。

というのも、夜走るとリアのタイヤの位置とかがわかりづらくて危ないんで、なんとかならないものかと思ったんですけど、サイドマーカーの裏につけて地面を照らす LED が売っていたので、試しに買ってみました。

よかったらキャンターにもつけたいので、12/24V 共用のちょっといいやつを買いました。

球の数が少なくて、向きが調整できないものは、980 円だったので、そっちでもよかったんですが、それは 24V 専用だったのです。

めずらしく明るいうちに香川に着いたので、香の香に行こうと思ったんですが、なんと、定休日でした。
なんかツイてないと思ってたんですが、やはり、ツイてなかったようです。

仕方ないとかいうと怒られそうですが、新しくできて駐車場の広い将八というところに行ってみました。

こんなことを言うと失礼かもしれませんけど、まあ、香川のうどん屋でまずいところのほうが珍しいと思うので、そういう意味では、不味くはありません。

ただ、写真の内容で 470 円はちょっと高い。

何店舗かあるので、そこそこなんだろうと思いますし、麺はいいし、ボリュームもいいんだけど、出汁が薄い。
この辺は好みの問題ですが、個人的には、香の香がいい。

まあ、そんなこんなで、微妙に思いつつも、おニャー様の餌がないので、急いで愛媛に戻りました。

まだコンテナは降ろしてないのですが、明日、祭典が終わったら、荷降ろししたいと思います。

亀山まで戻ってきました

今朝は朝 3 時くらいに出発して、7 時過ぎに箱根峠に到着、仮眠を取りました。
2 時間と思ったんですが、二度寝して、10 時過ぎに出発。

その時に、擬装したスパーグレートを発見しました。
ツーデフのヘッドですね。
その後ろに、ちょっと見えてますが、ダンプもいました。
荷台にはウエイトを積んでいました。
なんかパソコンで作業をしていたのでデータを取っていたようです。

二度寝のせいでもあるんですが、カーナビアプリをトラックというトラック用のを使い始めたんですが、このアプリ、予定時間がかなりきつめに出る傾向があります。

コンテナの引取に間に合わない雰囲気の表示になったので、朝も、昼も食べずに、ひたすら走って、四日市に 16 時過ぎについて、ようやく安心して、まぐろレストランです。
ちなみに 1,000 円の豪快丼。

コンテナはなんとか積み込んで、今しがた亀山 TS につきました。

明日、薪割り機の引取の予定でしたが、船が今日入港する、午前中はまだ接岸もしてない、とか言う始末で、どれだけ急いでも明日の夕方引き渡しということで、通関(というよりも検査)が無理なので、出直そうと思います。

福島のパレットの引取は、延期にしてもらったんですが、そんなことなら、そっちを引き取ればよかった。。。

まあ、ちょっとちょっとついてないので、気をつけたいと思います。

薪の配達に無事に関東に到着したというか何というか台風の被害

台風一過、気持ちのいい天気でしたね。
昼間で、明日の荷降ろしの準備などをして、4 時間ほど、昼寝をしました。

無事に到着したような、なんというか、微妙です。

昨日は、結局、朝 6 時に、瀬戸大橋の与島を朝 6 時に出発してから、今朝の朝の 5 時まで 23 時間ほどで 700km あまり走りました。

朝ごはんを 11 時に別所で食べて、晩御飯の前に亀山 TS でお風呂に入ったごはんを食べるつもりが、祝祭日は 14 — 17 時は食堂が休みで、30 分程で 17 時になったんですが、まぐろレストランに行くことにしたら、こっちは、防水のゲートが閉まってて行くことができない始末。

くそしばチャンネルで横綱ラーメンのことをいっていたので、行こうと決意するも、山岡家と違って明らかにトラックガン無視の駐車場に、一般のお客さんの車がいっぱいで、断念。
で、山岡家という気分にはならず。

仕方ないので名古屋 TS 行くかと思って、念のため調べてもらうと、休み。。。

そうこうしていると、大型対応すき家 7km 先的な看板を発見するも、この看板、前回も騙された(店はすでに存在しない)ことを思い出して、ショボーンと走っていると、長島で大型が停められる吉牛を発見、18 時に「昼飯」にありつけました。
当然、定期券を出して、80 円引きで食べたのはいうまでもありません。

クーポンを使う、そして、釣り銭が切りが良いように小銭を出して調整するキモいおっさんがここにいます。
つかさ、580 円の会計なら、1,080 円とか、1,130 円とか、最悪でも 1,100 円出すでしょ、普通?

晩御飯は、安定の宇津ノ谷峠上りのスマル亭。

台風に追いつかれた感を持ちながらも、ボチボチ走って箱根峠で仮眠を取ろうかと思ったんですが、寝ている間に雨がガンガン降って、箱根新道通行止めになると悲惨かなと思いまして。

こんな具合に。

というわけで、その先、休憩が取れなさそうだったんですが、我慢して、箱根新道を下りました。

猛烈な雨風出前が見えないし、乗用車が張り付いたりして、ヒヤヒヤもんでしたが、排気 3 段 MAX で、迷惑でしょうが、制限速度で亀になって下りました。

そう、リターダーついてないんですよ、VOLVO VEB とかいうのがついていて、エンブレで十分とかいって。
リターダーついているのに乗ったことないんで、あれがどれくらい効いているのかよくわからないんですけど。

その後、エッソ 茅ヶ崎海岸SSの前を通ると、軽油 90 円の表示を発見。
寄りました。

〒253-0064 神奈川県茅ヶ崎市柳島 茅ケ崎市柳島1792

〒253-0064 神奈川県茅ヶ崎市柳島 茅ケ崎市柳島1792

プリカ 89 円、カードだと 92 円で、スピードパスを車に積んだままだったので、取りに戻ろうとしたら、猛烈な雨風でずぶ濡れになりそうで、あきらめて 92 円で入れたんですが、車に乗り込もうとしたら、風でドアを持って行かれて、写真のとおりヒンジがぶっ壊れたわけですよ。

ちょっと安く油が入れられたんですが、修理代で大損ですね。

その後、東京ゲートブリッジを超えた若洲海浜公園あたりで仮眠を取ろうと思っていたんですが、東京ゲートブリッジが通行止めのためやむなく(以下自粛)。
というわけで、仮眠を取れず。。。結局、龍ケ崎まで走りました。

エア漏れ件のですが、とりあえず、ゴムの修理できちんと直っているっぽいです。

明日の薪の小運搬、明後日以降の引き取り、愛媛までの戻り、そして、22 日の祭典、頑張りたいと思います。

原木運搬の続きとエアがだだ漏れになった件

今朝は 8 時スタートで、台車は新ヤードに置きっぱなしだったので、取りに行ったんですが、抜け道が起伏が激しいので、燃料をケチりたくて平坦な道を走ったら渋滞にハマったので、時間も燃料もロスしてしまった残念な一日のスタートでした。
ヘッドだけなので、山を抜ければよかった。

とりあえず、昨日の続きで、2 台分運びました。

2 台目を積み終えたあたりで小雨が降り出して、濡れた丸太は滑って危ないんだよなぁなどと思いながらも、クロックスです。
ちなみに、クロックスの色にもこだわりがあって、ターコイズブルーというか、正式にはピーコックグリーンなんですが、自分の道具の色なんですよ。
まあ、めんどくさいときは、コベルコの色で塗っちゃいますけど。

あと、10t 程度積み残してしまったんですが、どうもコントロール側のエアが漏れているようで、ブレーキを踏むとシューシューいって圧力が下がってしまい、危ないのです。

帰りにふそうさんに持っていたんですが、やはりコントロール側がダダ漏れで、即入院です。
まあ、そろそろ漏れる気配は感じていたのですが、供給側でなくてよかったです。
ヘッド側の部品はすでに買って積んであったりするんで、必要なら交換しもらおうと思います。

ていうか、農協大豆號は供給側が微妙に漏れるんで、そっちの修理も必要といえば、必要ではあるんですが。

連休、お宮が終わったら即配達で上京しようと思っていたんですが台風が来ているみたいなんで、どうしたものか考えあぐねています。

エア漏れの修理の件も、当然ですが、直らないと危なくて走れません。

22 日は、お宮の修繕が終わったので、その奉告のための祭典が入っているので、それまでには戻らないといけません。
特大車になるので、絶対に高速には乗りたくありません、というよりも、無許可なので乗れませんので、そうなると、行きに 24 時間、帰りに 24 時間かかります。
流石に 24 時間連続で運転するわけには行きませんので、12 時間づつ走っても、4 日間はかかります。
納品は、トレーラー進入不可なので、4t ユニック車をレンタルして小運搬する予定ですが、丸 1 日かかると思いますし、ロールボックスパレットの引取は無理としても、樹脂の T11 パレットと、20′ 海コンは絶対に積んで帰らねばなりません。
となると、16 日の夜か、17 日の早朝に出発しないと、22 日に戻ってこられそうにありません。
その時はその時で、トレーラを置いて、飛行機で往復しようと思います。
事故を起こすよりはマシです。

このタイミングを外すと、秋祭りの準備などがあって、長く空けられないのです。

神戸に依頼されている薪割り機が届く予定もあるのですが、こっちはまだ A/N が届いていません。
明日くらいには届くと思うんですが、その通関などの準備も、出発前に済ませておきたいと思います。

まあ、ボチボチがんばります。

新しい薪ヤード

考えなしに停めた台車ですが、引っ張り出すのに 3 時間もかかってしまいました。
ボブキャットのフォークアタッチは壊れました。
結局のところ、また、お隣さんに助けてもらったのでした。
学習能力がないようです。

そんなこんなで、昼から、新しいヤードに原木を運びました。
無性にカップヌードルが食べたくなったんですが、BIG を買うあたり、痩せる気があるんだか、ないんだか、ついつい量の割に安いので、でかいのを買ってしまうんですよね。

2 往復くらいしたかったんですが、1 回で終了です。

明日はもうちょっと頑張ろうと思います。

やる気になると雨。。。

ウッドバッグを積んでみました。

8 個 x 2 列は流石に無理としても、7 個は行けると思ったんですが、6 個でした。
一つ 400kg だとすると、12 個だから、たったの 4.8t しかないんですよ。

なんてこったい。

メッシュパレットも積んでみました。

W 1,200mm x D 1,000mm なので、2 列積めると思ったんだけど、積めません。

仕方がないので、1,200 + 1,000 という積み方をしましたが、ものすごく丁寧に積んだら、1,200 の 2 列で行けるのか、それとも無理なのか、そこんところが気になります。
仮に積めたとしても、長い距離を走る過程で振動だとかで、荷崩れしたら大変です。
荷台はフラットで全く引っかかりがないので、滑って落ちたらクレーンもついていないので、修正することも出来ませんから、当面は、1,000 x 2 列でないと怖いかなと思いました。

そうすると、1,200 x n < 8,600 ということになり、7 枚 x 2 列 x 2 段 = 28 パレット積載、ということになります。

一つ 400kg, 風体 60kg なので、製品自体重さは 11.2t、都合 12.88t ということですね。

燃費が 3km/L として、走行距離を 2,100km とすると、軽油 700L 消費します。
1L 100 円(含む AdBlue 消費分)として、70,000 円。
経験則上、車の損耗を無視しても、エンジンオイル・タイヤ等のメンテナンス費用が燃料と同等かかかります。
瀬戸大橋の通行料は、平日の割引を受けたとしても、4,760 円かかりますから、まあ、丼でいえば、10,000 円。
よって、車両の損料と人件費を一切無視して、150,000 円程度の輸送コストがかかるので、1t あたり 13,400 円程度の運賃、ということになってしまいますね。
まあ、人件費と車両の損料は、帰りに必要な資材を調達して、極力空で走らないことで回収するしかありません。

一つだけ確かなことは、せっかくトレーラなので、単車と大して変わらない重量で走ったんでは意味が無いということです。
意味が無いというよりも、むしろ、タイヤの本数的にも、頭が 6 本、尻が 8 本で 14 本もあるし、その分、転がり抵抗もあり、4 軸 = 特大料金なので、極めて不経済です。

まあ、タイヤに関しては、まだもぎ取れるか定かではありませんが、農協アルミ箱號にバリ山のタイヤがついているので、あれを使い回せば、1 本 4 万と言われるコストを劇的に下げられるわけで、今後もバスなどのバリ山中古タイヤをオクで探して調達して、タイヤコスを絞り込めば、1t あたり 10,000 円くらいでは運行できるんじゃないかと思うのです。
どこまで絞っても 80,000 円はかかるわけですから、積載 11.2t なら、110,000 円でやるなら、メンテナンスコストを 30,000 円に抑える必要があります。

取らぬ狸の皮算用というやつでしょうが。

まずはやってみて、それから問題点を洗い出し、ひとつづつ対策をしていこうと思いますし、より近い場所で、うちの薪を販売してくれるパートナーを増やしていく必要がありそうです。

で、今日は昼から原木回収の続きをしようかと思ったのです。

ただ、戻ってきたら 14 時で、お腹がすいたので、北京飯店でご飯を食べて、山に戻ったら 15 時で、しんどいので 30 分昼寝をし、チェンソーオイルを補給して、さてやるかと思って山についたら、途端に本降りですよ。

メッシュパレットの薪も台切りしただけで積んだままですし、予報をちゃんと見て予定を立てないと駄目ですね。

明日も雨なら、原木を取りに行きたいと思うのですが、それには、メッシュパレットを降ろさないといけないし、それよりもなによりも、整地したばかりのところが広いからと停めたんですが、おそらく雨が降ったあとに入るとスタックして出られなくなる可能性が極めて高いので、無理はしないでおこうと思います。

起きたら 16 時だった。。。

朝、掃除に行く予定がおじさんが遅れますということで、二度寝をしてしまい、起きたら、なんと 16 時でした。
たまには、そんな日もあっていいよね。

というわけで、掃除も、原木の回収もできていません。。。

明日は、福祉施設に委託している薪の選別作業のため、薪を搬入しないといけません。

買った 20′ コンテナを取りに行くのに合わせて、薪を関東に輸送しようと思うのですが、計算上、32 カゴ積めるはずで、在庫は後で数えないとですが、まだそんなにできていないと思うので、ぼちぼち頑張ろうと思いますが、でも、32 カゴといっても、中身は 1 カゴ 400kg 程なので、商品自体の自重は、12.8t なのです。

関東まで往復すると 2,000km あるので、4km/l だったら、5 万円くらい、3km/l だったら 7 万近く、軽油代だけでかかります。それ以外に、通行料、タイヤなどの消耗品もあります。
人件費は無視するとしても、せめて食費くらいは出たら嬉しいところではあります。
なんだかんだで、どれだけ安く見積もっても 1t 1 万円で運ぶのは難しそうで、薪の製造販売も、ほんの少しは利益が出るようなことも考えないとかなとは思います。

一番の問題点は、一度に運ぶ量がたったの 12.8t だということなので、将来的には、トレーラのさらなる大型化を図りたいところですが、ヤードに入れないものはどうしようもないのと、台車が高すぎるてペイしない、ペイするほど運ぶ商品がない、ということで、当面は、今ある車両で頑張りたいです。

とりあえず、明日は、ちゃんと薪を運ぼうと思います。

それと、ヤフオクの毎日くじ のことです。
また、20% 当たったので、カゴ台車(中間棚なし) を落札しておきました。
使いそこねた T ポイント 9,000 円分も消費できてよかったです。

カゴ台車はあと 1 台は欲しいと思っています。

でもまあ、普通の(?)カゴ台車は、五常さんの加古川のヤードでも受け渡しができるそうで、神戸あたりまで行った帰りにも買って帰れるわけで、最低でも 20% くらいが当たった時に、買い揃えていきたいなと思います。

ただ、高さが 170cm まで、耐荷重も 500kg までなので、輸送効率が劣るのが問題です。

落札できるかどうかはわかりませんが、短いバン型セミトレーラ、細かいスペックは謎なので、推定で書きますが、荷箱の内寸が W 2,200mm 以上、L 8,000mm 以上あるとして、カゴ台車が 2 x 10 で 20 台詰めます。

目一杯積んでも、製品 10t + 風体 1t で 11t しか積めないのです。

そんだけしか積まない(積めない)のなら、2 軸である必要なんてないんだけど、まあ、リフト機構があったりするものは、クソ高いし、海コン 20′ よりは積めるので、20′ シャーシ+海コンでやるよりはマシかと思って、入札するだけしてみています。

今のところ、他の入札者は出てきていませんが、どうなることやら。。。
出品者も売り切りで出しておいて、取り消しを匂わせたりして、ちょっとどうなの、という雰囲気になっていますし。

オークションのルールやマナーを守る、つまり、自分の気に入らない値段で落札されたとしても、落札された=売買の契約が成立ですから、それならハナから売る気のない値段で売り切り出品しないでもらいたいと思いますし、れっきとした契約の不履行ですからね。

こちらがやっぱりよそで安いのがあったらかやめますと言われたら、そういう人はどう思うんでしょうね。

まあ、そういう人に当たるのも含めて、オークションなんでしょうが。

それと、こういうバンなどにカゴ台車を積み込んだ際の隙間の処理についてなんですが、荷崩れ防止用のエアバックなるものがあるようです。

上記に、海上コンテナ輸送時にダメージを避ける方法が色々解説されていて、大変参考になったわけですが、エアバックってのは初めて知りました。

MonotaRO あたりでは、バラ売りもしているので、耐久性などを含めて未知の部分が多いので、まとめ買いは危険かなと思うので、雑貨の輸送を含めて、バン型セミトレーラでの輸送を始めたら、試験的に使って見ようと思います。

上記は、ワンウェイ用ですが、リピートして使えるタイプ、材質も紙や樹脂製など、幅広くあるようです。

わざわざコンプレッサを引っ張り出してきてふくらませるのが面倒くさいんだけど、ブレーキラインから圧縮空気を拝借してもいいものなんでしょうかね?

Scania の S580 の紹介ビデオでは、キャブにエアダスターが用意されていることが紹介されていますが、キャブから 30m 近くホースを引きずり回すのもあれ(雨が降ってたら、ホースが泥で汚れたりして始末が大変)かと思うのと、それ以前に、VOLVO には、ダスターって用意されていないと思うんですよね。

それにしても、新型はかっこいいです。

今までの R に S が追加になったんですが、R と S の違いは、センターのエンジントンネルの有無で、S はフルフラットになっているのです。

うちの FH だと、15cm くらい、エンジントンネルがあるわけですが、S だと、要するに床面が 15cm さらに上がっている、キャブの天井高は同じなので、必然的に車高全体が上がるわけで、ヨーロッパでは、車両の高さ制限が 4,000mm なので問題はないようですが、日本だと 3,800mm なので、2 デフの FH にグローブトロッターキャブがないのと同じように、日本では、S は発売されないかもしれませんね。

頑張って、いつかは Scania V8 に乗れるように精進したいと思います。